■戻る■ 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 最新50  

のだめカンタービレ17

301 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 16:31:54 ID:jQIzfnul
相談もせずに勝手にスレ立て乱立って…むしろ、そちらの方が
荒らしに等しいよこれは

なんでマイノリティに凝り固まったスレがエロパロにあってエロパロ的なスレが隔離されるの?
少数派が出て行く
べきじゃん


302 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 17:13:41 ID:pFnqFOR4
>>296
スレ取り下げてきなよ!
誰も頼んでるワケじゃないのに一人で突っ走って
それでなくてものだめスレは多くていろいろ言われているのに

もともとノーマル作品なのに中田氏ってだけで
ここではフルボッコにされるから
黒くないのにあっちに落としてる職人て
沢山いるのくらい読んでいても分かるでしょ。
(住み分けしてても読みに言っている人いるんだからw)
住民も少しずつ変わってきてるんだから
規制も少し変えても良いんじゃないですか?
そりゃ、結婚してないのに中出しして
孕んだって言う作品は叩かれても仕方ないけど
所詮虹なわけでどんなに中出し生入れでも子供は出来ないという観念で
職人も書いてると思うし
1度決まったことだから何度も蒸し返すなじゃなくて
今考え直すところき来てるんじゃないかな?

303 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 17:57:24 ID:sIKpD1ez
そうだよね。あと、
何度も蒸し返される状況って言うこと自体が問題なんだよ。
本当にそれがふさわしいローカルルールなら、ずっとそれで行けるはずでしょ。
こんなに何度も問題になるってことはあってないんだよ。このスレに
みんな納得してないのに。
このままでいいって言い張るのは、そっちの方がずっと我侭に見える。

304 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 18:55:38 ID:v4cM075Q
1.中田氏がいやなのか
2.中田氏にいたるまでのやり取りがキャラらしくないからいやなのか

結局のところそこでしょ
作品の良し悪しを中田氏があるからと決め付けるのはイクナイ

305 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 18:57:20 ID:v4cM075Q
整理中が比較的受け入れられたのも
整理中が云々というより、やりとりがどことなく
原作キャラらしかったからだと思っていたんだが

連投スマソ

306 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 19:33:22 ID:Y0UKC4k0
整理中にセックスしてるなんかどこにあんの?

307 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 19:50:13 ID:iEhtthcV
>>306
問題はそこからもうはるか斜め上に離脱してしまって、

このキャラクタが生で入れて中出しなんてするはずがない、
絶対このキャラクタはゴム付けるはず。
私はそうイメージしてるから諸君もそういうふうに書きなさい
できればエッチ表現はキス止まりにするように。

えー何ソレちょっとズレすぎじゃないの?

と言うのが過去からの内乱の発端です。

308 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 20:04:16 ID:Y0UKC4k0
おいおい
>できればエッチ表現はキス止まりにするように。

これは何処に書いてあるんだよwww

309 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 20:06:46 ID:NKsrvxqj
いくら、原作キャラらしいと言ってても、
整理中Hは、黒でしょう!

310 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 20:12:52 ID:e+hGsYnu
>>307
エッチ表現はキス止まり

どこにそんなのあった?w

もともとここは中田氏やキャラ崩壊だけで
全部がフルボッコにあってた訳じゃないじゃん。

そういう類いのもの投下する職人に限って
テンプレや前置き必須のローカルルール無視の突っ込み所があったりして
そっから延々と荒れるのを繰り返したから
そういうのが出て来ただけで条件反射みたいになったんだよ。

中田氏だけを忌み嫌ってたわけじゃなく
荒れる元を煽る態度が叩かれる原因だったのに
話しがずいぶん摺り代わったもんだと呆れたけどね。

311 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 20:32:51 ID:Nlu60C+/
しっかし、何回も誰かが言ってるのにいまだにわかんないのかねぇ
テンプレに中出しは不可とは書いてない
冒頭注意書き必須、荒れる元なので投下には覚悟が必要、ってだけじゃん


312 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 20:45:37 ID:pFnqFOR4
じゃあ、書き逃げしても良いって事?
荒れるのは住民が言い合うだけだから。

313 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 21:18:47 ID:M9vbXNfE
キスまででエロパロなの?www
どんだけ住民純情ww


314 名前:311[sage]:2008/07/02(水) 21:20:28 ID:Nlu60C+/
>>312
いいんじゃね?ほんとに書き逃げできるなら。
書き手ってどういう評価受けたかどうしたって気になるけど
そんときフルボッコされてる可能性もあるから覚悟しなよってだけだから。
だけど、今まで書いてた職人は自分が叩かれるのももちろんいやだけど
おそらくは無用の荒れを招きたくないから、ゴム有り無しのこだわりがあってもなくても、
とりあえず描写入れといたんじゃないの?
ま、少なくとも自分はどっちでもいい派。
だから人が無しで書いても気にしないが、自分は有にしとく、って感じ。

315 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 22:06:02 ID:pFnqFOR4
>>311
みんなあなたのように融通が効く人だ沢山いたら
ここもあまりもめることもないんだろうね。

316 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/02(水) 23:29:56 ID:pFnqFOR4
>>306
過去ログの6の307から
整理中中出しだけどGJがいっぱい!

317 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 01:48:30 ID:2b3W+GnH
・生入れ中田氏は荒れる元なので投下は覚悟が必要。

このテンプレ自体が問題
荒れる元って事は中出し書いたら荒らしますって
宣言みたいなもんだからね。
むしろ作者よりイメージと違うって暴れた人を追い出せよ。
テンプレが間接的にNG出しているんだよ。
拒否反応されたり
荒れると分かっているのに書きますって
よほどKYか度胸のある人じゃない限り無理。
書き手は中出し書きたかったら、書き逃げすれば?って何を偉そうに
本当に書き逃げしたしたら、謝れとか言う馬鹿もいるのにさ。
たかが自分のイメージと違うってだけで逃げる事も許していないじゃん。
中出し以外にも問題?
それって個人のイメージ上の問題でしょ?

>>316
ゴム有しか許さないのが最も暴れ出したのは
7スレ目辺りから
6あたりはまだ容認する人も許されたよ。

318 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 03:27:04 ID:KU/S+X9v
>>296
乗っとるとか、お前だけのスレじゃねぇだろw
乱立させたバカが責任もって削除しろ!
過去ログ管理者が怒ってるじゃね〜か。



319 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 03:37:57 ID:/HDR5cCZ
新ローカルルール

挿入 NG
おさわり NG
キス 夢落ちのみOK
手つなぎ ギリギリOK

320 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 06:35:23 ID:a+dntidX
>>317
まったくもって同意。

向こうにスレ作ったって根本的なことが変わってない限り同じだよね。



321 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 09:03:04 ID:WP00E2zh
じゃあ、根本的なことを変えればいいじゃん。

・生入れ中田氏可。
 ただしNGの住人もいるので冒頭注意書きを。

322 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 09:17:55 ID:5qckrGqv
このスレにどのくらい中田氏OKがいてNGがいるのか知りたい。

323 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 09:56:39 ID:0d37Mtml
>>292
ヴィエラでしょw
ゴワゴワしてそうで ヨイ感じでは・・・と
でも両巨匠とも早そうなイメージが・・・

324 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 10:23:42 ID:0d37Mtml
別に中田氏も気にならないし、そのストーリーにあってればOkay。
それから千秋がゴムをつけてる様子も想像すると萌え〜ですw

嫌いな人はスルーでいいのでは・・・



325 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 11:36:13 ID:J3SBX4y0
私も中田氏でもゴムありでも、内容が面白ければいい。


326 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 13:35:56 ID:dNG0T79b
何故こんなことごときで揉めるのかがわからない
話の流れが不自然でなければ付けようが付けまいがOK

ゴムが間に合わなくて生→お腹の上に放出
ってのも全然OK

327 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 13:57:38 ID:5qckrGqv
反対派の意見はないんですか?

328 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 14:01:18 ID:7y1WH0r0
>>321
いや、冒頭注意書きとか説明は中出し限定にせずに
全部だと思う。
限定するのはまずいよ。
生うんぬんって文句言うの出てきたら
ピンク難民誘導して、向こうにスレたてて下さいでおk

てことで、ここから先は生おkで↓

329 名前:[sage]:2008/07/03(木) 16:44:14 ID:5qckrGqv
■千秋×のだめ
■生、中出し
■シチュは何処でもあるような物です。
■中田氏苦手な方はスルー股は脳内変換お願いします、
決して荒らすつもりで落としていませんので
よろしくお願いします


330 名前:[sage]:2008/07/03(木) 16:44:57 ID:5qckrGqv
いつもならうるさいぐらい、フガフガ言いながらが
朝飯を、食うのだめだが、今朝は半分も食べない。
顔を覗くと目は潤んでいて、頬は真っ赤だ。

「お前、熱でもあるんじゃないか」と額をくっつけると熱い。
「やっぱ熱があるじゃないか、いつからだ調子が悪かったの」
「昨夜から…デス…」
「何でその時言わないんだ」
「だって真一君…のだめのピアノ聴きたいって…だから…」
「お前な………体調が悪けば…
 もう良い、とにかく今日は学校休め。俺から連絡しておく」

千秋はそう言って、のだめを自分のベットに連れて行く。
「…お姫さま抱っこ…」
普通ならギャビーとかギャボーとか奇声を上げるが、その元気もないようだ。

千秋はのだめをベットに寝かせ熱を測った。
ピピッ、ピピッ、体温計の音が鳴ったので見ると、体温計は38度5分を表示していた。

「高いな、熱下げないとな、それから薬」

千秋は冷凍室からアイスノンを取りだし、タオルでまいてのだめの頭の下に入れた。

「はぅん、冷たくてきもちがいいれすぅ」
「これ薬、飲んで大人しく寝てろ」
「しんいちくん…お仕事…?」
「なるだけ早く帰ってくる。ミネラルウォーターここに置いておくから、こまめに飲むんだぞ、わかったな
 それから具合が悪くなったら直ぐ連絡するんだ」

真っ赤な顔をして、苦しそうな息づかいをしているのだめを、一人で置いていくのは心配だったが
どうしても今日は、仕事に穴を開けることが出来ない。
千秋はのだめの額にキスをし、部屋を出て行った。

331 名前:[sage]:2008/07/03(木) 16:46:44 ID:5qckrGqv
なるだけ仕事を早く切り上げ、買い物をして帰ってきたら、のだめは薬が効いているのか寝息を立て寝ていた。

アイスノンを変えようとのだめの頭を少し持ち上げた時
「し…んいち…くん?」
「ゴメン起こしたか」
起きたついでに体温計を渡した。

「37度2分か、もう一息だな」
「しんいちくん…汗でパジャマがベトベトで気持ち悪いデス」
触ると確かにしっとりと湿っていた。

「パジャマの着替えは」と言いながらクローゼットを探す千秋、一緒に下着も持ってきた。
「ちょっと待ってろ」

千秋は熱いお湯とタオルを持って
「身体拭いて着替えろ」
とタオルをのだめに渡して向こうへ行こうとした。

「しんいちくんが拭いてくだサイ…まだ身体がだるいデス」
潤んだ目でそう訴えるのだめ

千秋は仕方なく拭いてやる事にした。


332 名前:[sage]:2008/07/03(木) 16:48:23 ID:5qckrGqv
パジャマのボタンを外させ片腕を抜く。
暖かいタオルで優しく拭いていくと
「気持ちがいいデス」嬉しそうに言う
「次はこっち」
のだめはパジャマの上着を全部脱ぎ、もう片方の腕を拭いてもらう。
「しんいちくん優しいデスね」

「胸は自分で拭け」とタオルをのだめに渡す。
のだめはブラを外しのろのろと拭く
「そんなにゆっくり拭いていたら、また熱が上がるぞ、かせ」
と言って千秋はタオルをのだめから奪い、手際よく胸と背中を拭いて、のだめに新しいパジャマを着せた。

「次は…」
と言うと同時にのだめはパジャマのズボンを抜き
「拭いてくだサイ」足を千秋の目の前に出す。
千秋は渋々足下から太股へ、そしてもう片方の足拭いた。

のだめは紐パンに手を掛け、千秋の前にさらけ出した。
「ここも綺麗に拭いてくだサイ」
「はぁ〜」溜息をつく千秋


333 名前:[sage]:2008/07/03(木) 16:50:04 ID:5qckrGqv
千秋は暖かいタオルをのだめの秘所にあてた
「あ…ん…」
「お前、病人が何感じてんだ」
「でも…暖かくて、気持ちよくて…」
「お前バカか」
しかし千秋は悪戯心が起き、のだめの花芯の中に指を入れてみた。
「あっ…ゃん…しんいち…くん…」
のだめのそこは蜜でヌルヌルしていた。

千秋はのだめに耳打ちした
「のだめ、汗かくと熱が下がるって事知ってるか」
「へっ?」と言ったが、千秋はさっき着せたパジャマを脱がせにかかった。

「しんいちくん…のだめ病人なんデスよ」
「誘ったのは、のだめの方だろう」
「冗談だったのに…」
「冗談で済まされることと済まされないことがある」
そう言うと、ピンク色の乳首を口に含み、片方の胸を揉みしだいた。
優しく優しく胸を揉み、乳輪を舐め、そのまま身体中舌を這わせた。

「あぁっ…んぅ…」のだめは腰をくねらせ
「しんいちくん…焦らさないで…あっちも…」
「お前病人だろう」
「だってしんいちくんが気持ちよくするからぁ〜」
千秋は下半身に手をやった。
濡れているのは先ほど確認済みだ。
指をのだめの中にするすると埋めていき、ぐりっと廻す。

「あっ…ああんっ!はぁっ…」
ゆっくりと抜き差ししながら反応を見、親指で突起を触るとぴくんと腰が浮いた。
さらに突起をつんつん付くと、そのたびにのだめの身体がピクンピクン反応する。
突起をグリグリと揉んでやると甲高い声で喘ぎ始める。

どんどん乱れていくのだめの中に指を2本入れて、奥を突いた。同時に突起への刺激も忘れずに。

「あんっ…ん、ふぁ…あぁっ!はぁ…んっ…んっ…ああっ…んんんっ………ふぁん…ああぁっ!」
のだめの身体がピクピク痙攣するのと同時に、奥まで入れていた指がちぎれそうなくらい締め付けられた。

334 名前:[sage]:2008/07/03(木) 16:52:06 ID:5qckrGqv
息が落ち着いたのだめは自ら足を広げ
「しんいちくん…来て下さい」と誘う
そこからはヌラヌラと光る蜜が溢れ出していた。
千秋は顔を近づけ蜜をじゅるりと飲み込んだ。

「ひゃん!あっ…んん」
千秋は時間をかけてのだめのそこを責め上げたかったが
やはりのだめの身体のことを思って、今日は蜜を吸うだけでやめてしまった。
そこから顔を外すと、のだめは恨めしそうに千秋を見た。

千秋は自らの服を脱ぎ、のだめの膣口に大きくなった己自身をあてがい
ゆっくり押し込んで行くと、のだめの方からも腰を押しつけてきた。
千秋はしばらくのだめの中を感じていた。
溢れる愛液により、ぬるぬると纏わり付いてくる内壁
ザワザワザワザワと千秋を刺激する。
「ああ…のだめ…良すぎ…」と千秋が小さく囁く
「んっ…あ…しんいち…くん…あっ!ああん…うごいて…奥まで」

千秋は足を持ち上げ小刻みな抽送をし、上部のざらついた場所を擦り上げる。

「あ…やあんっ!そこ…だめ…」
吐息交じりの声に身体が反応する。
ぐちゅぐちゅぐちゅといやらしい音が聞こえる。

身体を密着させ、奥を思い切り突き上げる。子宮口を突きあげるがごとくのように。
のだめの中が小刻みに痙攣を始めた

「んぁっ!やぁっ…ああんっ!あんっ!もぉ…いっ…いくぅ……」

のだめの痙攣は次第に強くなり、ぎゅうぎゅうと千秋を締めつける。
最奥を強く突いた瞬間、のだめの身体が反り返り力が抜けていった。
「くぅ…出る…うううぅぅっ…」
千秋は射精感に逆らえず堪えていたものを、のだめの中で爆発させた。
のだめはしばらく千秋を咥えて離さなかった…
「のだめ?」
「もう少し…」

335 名前:[sage]:2008/07/03(木) 16:53:19 ID:5qckrGqv
のだめの身体でキラキラと汗が光る、
大きな息をしているのだめの胸の谷間に、小さな水玉がコロコロと転がっていた。

のだめの身体を、千秋は綺麗に拭き、パジャマを着せ布団に寝かせつけた。

のだめの額に手を置き
「ごめんな無理させて」
「ううん、のだめもデス、もし熱が下がらなくても真一君のせいじゃないデスから」
のだめはそう言って目を閉じた。

朝、千秋は自分の身体を揺すられているのに気がつき起きた。

「真一君、真一君、お腹空きマシタ、何か食べたいデス」
身体を揺すっていたのはベットの上に正座していた、のだめだった。

千秋は昨夜無理させたこともあって心配になり
額に手を当てたが熱は下がっていた。

「卵がゆでも食うか?」
とのだめに問うと
「ハイ!」

と言ったのだめの顔は、千秋の知っているいつもの笑顔だった。



336 名前:[sage]:2008/07/03(木) 16:58:17 ID:5qckrGqv
完、忘れてました

お目汚しして済みませんでした。

337 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 17:28:31 ID:WP00E2zh
待ってました〜!GJです。
ちあのだやっぱいいですね!萌えましたw

勢いづいて投下が続けばいいな。
またよろしくお願いします!

338 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 17:29:02 ID:2NM8EWpJ
上の不毛な議論が面倒くさくなって
うだうだやってるくらいなら、問答無用で投下しちゃえば?

って書こうとしたら落ちてた
>>329
乙〜

339 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/03(木) 19:05:10 ID:pOzkKdS3
>>329
乙そしてGJ!
世話焼き千秋よいなあw

340 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/04(金) 04:33:13 ID:QV4QrGbZ
>329GJ!いいですな。
しかし、自由度のあるスレになって良かった。
他所であの基地外スレpgrと言われるたびに辛かったから
後は各それぞれスルー力がついたらいいとおも。平和なスレの繁栄を祈ってます。

341 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/04(金) 09:50:22 ID:Qj6umAwq
ついに、ここも中田氏派に乗っ取られたかw

342 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/04(金) 10:01:50 ID:PrNtpIOn
変な言いがかりと難癖つけて「のっとった」とか言ってるようだけど
のっとるほどのスレでもないのに……なんだか笑うわ。
やたら対抗意識持ってるようだけど、過去に空気嫁ない中田氏書いてボコられた人?
中田氏がいいとか悪いとかいうより空気嫁ない方が痛いわ。

もうどうでもいいんじゃない?
書けるひとはもう関連スレに落とすなんて無駄なことしないだろ。
活性化すればといくつか落としてきたけれど、落とすほど愛着ないわ。
書き手のいなくなったスレでせいぜい吠えてればよろしいよ。

343 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/04(金) 10:27:23 ID:QV4QrGbZ
みなさんスルーで↑

344 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/04(金) 11:22:43 ID:YAHAN3Ds
>>329
GJ
ピンク難民でこれからフルボッコに合うとかって、間接的に荒らします宣言していたのが
暴れにくると思うけど少数派の生き残りが
ピンク難民もエロパロからも追いだそうとしているだけだから気にするなよ
向こうの荒らしもそのキチガイ乙女ババアとしか思えない。

345 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/04(金) 13:44:45 ID:qoVHSOMp
わざわざ何を書いているかと思えば…
KYなのは自分だと気づけ>>342

346 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/04(金) 13:57:31 ID:XEXwNtky
くだらぬ

347 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/04(金) 17:46:39 ID:+xgm3FAu
結局、エロパロ見てる=一人エッチのおかずにしてるわけだよね?
自分はそう。まったくそういうつもり無く見ている人いるのかな?
ヘタなSSだとおかずにできないから怒るんだよね?性欲の捌け口がなくて。
自分は「あー、この人はうまくないな」と思ったら感想投下せず過去ログか他のとこを見るまでだ。


348 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/04(金) 17:49:12 ID:SFg3Zg39
>>329
は少し書いた経験のある人なら書ける程度のレベルの駄作だってさw

349 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/04(金) 20:45:20 ID:e2qMMB38
>>347は、>>329の作品は上手くないと思っているんだ!w

350 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/04(金) 21:01:03 ID:S8h/Y/k+
>>347
そうなの?
むしろ、そんなヤシはここでは一部で、本誌に出てこないエロ部分の
補完っていうか妄想SSって感じでしょw
そこで、読ませるSSかそうじゃないかの問題だと思うけどねw



351 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/05(土) 00:37:50 ID:sGDtx0L4
なんでもありの駄作厨とゴム有マンセー論者が
作品を駄作と言う形で叩きに入っていますねw
この程度と言うなら、ぜひ参考までに良作願います。

352 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/05(土) 02:03:58 ID:la6BEVhx
現実では絶対にしないからこそ萌えるんだが。中田氏
ここではリアルと二次創作を繋げて考えてる人が多いのか?
割り切ろうぜ。

353 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/05(土) 09:26:11 ID:zqUTVvho
論争もうやめようよ。
17も続いてきたこのスレの存続がかかってる。
なんでもありができて、ここの、原作補完を重視した
良作のありがたみがよくわかった。
 なんでもありも楽しいけど、やっぱここがあってこそ
あっちも面白くなるんだし。
ホントGJでした!

354 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/05(土) 22:09:28 ID:FtpiR439
久しぶりに覗いたらスレが伸びてて…
でもいつもの展開だったんだ。
しかしこのスレ中田氏容認になったの。
そうだと嬉しいな〜
自分の中田氏もゴムありもピルも萌える作品だったらOKだから。
>>329遅くなったけど
なかなか落としにくいのに頑張って中田氏それもちあのだらしい作品落としてくれて
GJだったよ。


355 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/06(日) 00:12:17 ID:dpN+CkPY
ちあのだだったら、中田氏こっちに落として大丈夫?

356 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/06(日) 00:32:36 ID:cXXmZmio
お伺いなんて必要ないよ。
落とす気あるならサクッと落としたほうが、この前のような不要な論争を起こさないと思うが。

357 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/07(月) 00:37:45 ID:6mRYssW5
お伺いなしでどんどんドゾー! 待ってます。

358 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/07(月) 00:47:24 ID:w3fUF5FQ
正座して待ってますヨロシコ

359 名前:nightmare[sage]:2008/07/07(月) 09:07:55 ID:AExi1hJ8
※チアノダ
※のだめが千秋とRuiの仲のいい姿の夢を見て…
※中出し(苦手な方はスルーで)


360 名前:nightmare[sage]:2008/07/07(月) 09:08:46 ID:AExi1hJ8
「ううっ…んんっ……」
隣で眠っているのだめが、苦しそうにうなされているのに気がつき、千秋は目が覚めた。
のだめの方を見ると目からは涙が一筋流れていた。

「のだめ!のだめ!」揺すりながら声を掛けると
ハッ!とベットから身体を起こし、ハァ…ハァ…と大きく肩で息をしている。
のだめの背中をさすりながら
「大丈夫か?」と千秋は尋ねた。

千秋はベットから降り、キッチンへ向かい、水の入ったペットボトルを持ってきて蓋を開け
「飲め、少しは落ち着くから」と言ってのだめに手渡した。
ペットボトルを持ったのだめの手は、ブルブル震えている。
飲もうとして口に持っていくが、上手く飲むことが出来ずこぼしてしまう。

千秋はペットボトルをのだめの手から取り返し
自分の口に水を含み、のだめの顎に手を添え、顔を上に向かせ少しずつのだめの口に水を流し込む。
コックン、コックン、のだめは流し込まれた水を飲んでゆく。

「ハァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」大きく息をするのだめ

「少しは楽になったか、何か嫌な夢でも見たのか?」
のだめは、しばらく俯いていたが千秋にしがみつき
「…嫌な…夢を、先輩とRuiがキスをして…それから二人で…」
のだめのは泣いているのか肩が小刻みに震えていた。
千秋はのだめの身体を優しく包むように抱きしめた。


361 名前:nightmare[sage]:2008/07/07(月) 09:09:55 ID:AExi1hJ8
のだめの息が落ち着くのを見計らって
「のだめ?今のだめを抱いているのは誰だ」
「だって、先輩、のだめとはただの成り行きで、本当に好きなのはRuiだって…Ruiを抱きしめて…」
「それは、お前の見た夢だろう。前にもいったよな、俺とRuiは何でもないって」
「そうデスけど、あまりにもリアルな夢だったから」
「リアルってどんな風に」
「そんなこと…思い出したくありまセン…」
口を尖らせてそっぽを向くのだめ。

千秋はベットに仰向けに寝転がりその上にのだめの身体を乗せ
のだめを胸元に埋めるように抱きしめた。
「先輩の匂い…」と言って、のだめはしばらく千秋の胸に顔を埋め匂いを嗅ぎ鼓動を聞いていた。
どのくらいの時間が過ぎたのだろうかのだめは
「先輩、もう大丈夫です」と顔を見上げて来た。

千秋はのだめの瞳を見つめながらキスをすると、のだめもすぐに応えてきた。
激しく深いキス、しばらくの間かすかな水音とのだめの吐息だけが部屋に響いた。
唇が離された後、大きく呼吸をしているのだめの体位を入れ替えキャミソールをたくし上げ脱がした。
「ゃん…」
「嫌か」
「…いゃじゃ、ないデス…」

のだめの柔らかい胸に触れる、両手で持ち上げるように揺らすとだんだん立ち上がって硬くなる乳首
「あんっ…や…はぁ、んっ…」
ピンクの乳首に舌を這わす、片方の手で乳首を弄りギュッと摘み上げると
「ひゃんっ…やぁ…」
千秋の指と舌は、絶えず動きを変えながら胸元でのだめに快感を送り続ける。


362 名前:nightmare[sage]:2008/07/07(月) 09:12:13 ID:AExi1hJ8
のだめの胸の谷間に思いっきり吸い付き真っ赤な花を咲かせる。
「っや…!いたぁ…」
「しばらく消えないな」
「先輩…いじわる、デス!」
「でも、これは俺の物だって言う印」
「じゃあ、のだめもお返しデス」
と言って千秋のシャツを脱がせ胸元に吸い付く。

「んんっ…はぁ〜」
のだめは顔を離し自分が吸い付いた場所を見る。
「ん?あまり付いてまセン」
「お前ヘタなんだよ」とクスクス笑う。
のだめは悔しがって胸元に何度も吸い付く。
「や…やめろ、くすぐったい」

「こうやってやるんだよ」
千秋は鎖骨や胸元に吸い付いた。
「っあん!…や、あっ…」
硬くなっている乳首を口に含み、中で転がす。ぴくんと背が浮いて一層高い声が漏れる。

千秋はのだめの紐パンに手を掛けた。
「腰、上げて…」
スルリと剥ぎ取りベットの下に落とした。
千秋は優しく腿を撫でる。

のだめの足を開かせ、秘所の入り口を指でかき回すと、くちゅ…くちゅ…と音が響く。
「あんっ…や…はぁ、んっ…」
「こんなに濡れて嫌らしい身体だな」
千秋にそう言われて恥ずかしいのに、気持ちいい…
「あっん…せんぱいが、そうさせたんデスよ…」
のだめが小さく囁いた。

363 名前:nightmare[sage]:2008/07/07(月) 09:14:14 ID:AExi1hJ8
千秋は濡れそぼったそこに顔を埋め、割れ目に舌を這わしていく。
まだ皮をかぶったままの突起を舐め上げる。
舌を膣口の入り口ふきんをぴちゃっぴちゃっ舐め回す。
「いやぁっ、だめ……あぁんっ」
のだめのは女の喜びの声を上げる。

千秋はのだめの秘所に再び指を差し込んだ。
先ほどより深く2本の指を使い女の一番感じる場所を責める。
「はぁ……んっ…あぁ……んっ」
千秋の一番長い指が奥まで到達し内壁を擦ると
のだめの身体がピクンピクンと跳ねる。

指を3本に増やしのだめの柔らかい内壁をリズミカルにぐちゅっぐちゅっ掻き混ぜる。
のだめは快感に耐えきれないのか腰を振り
「あ…あぁっ、せんぱ…い…もっと…」
可愛いおねだりをする。

千秋は指と舌で容赦なくのだめを刺激する。

「っああぁ!いや……ああぁっ…だめ……あぁんっ…もうだめぇ!!」
指がきつく締め付けられる、食いちぎられそうで、引き抜く事さえ出来ないくらいだった。


364 名前:nightmare[sage]:2008/07/07(月) 09:15:00 ID:AExi1hJ8
のだめは少し落ち着くと
「せんぱい、来て下サイ…」
「ん、大丈夫か」
「ハイ…」
薄紅に染まった身体で千秋を誘う。

千秋は早く一つになりたかったが、時間をかけてゆっくりゆっくり根元まで埋めていった。

「あぁ……っ、んぁ…はぁんっ…ふぁ……」

のだめの中は柔らかくじっとしていても内壁が締め付けてくる。
「動かなくても、これだけで、十分気持ちいい…」千秋はのだめに囁いた。

入れただけで自分の気持ちが満たされていくのはのだめだからこそ
絶対他の女だと、ここまで満たされないだろうと千秋は思った。

「でも…のだめはもっと気持ちよくなりたいデス」

背中に回されたのだめの手に力が入った、千秋は思いっきり腰を引き一気に奥まで突き上げた。

「ああぁんっ!やぁ……っ」高い声で啼くのだめ。
千秋に合わせて腰を揺らす。

千秋はもう我慢ができなくなり本能のままにのだめを突いていた。

「ああぁんっ…ああっ…んんっ…もう…イっちゃ…」
「くっ…出そう…」

のだめの中が痙攣を起こし、きつく締まりそれに合わせて千秋の亀頭が広がり
のだめの中に全てを解放してしまった。


365 名前:nightmare[sage]:2008/07/07(月) 09:17:13 ID:AExi1hJ8
息も絶え絶えの二人は身体を寄せ合って余韻に浸っていた。

千秋はのだめの耳元で
「俺がこうやって抱きたいと思う女は今はのだめだけだ。それは信じて欲しい」
「今だけデスカ?」
「…多分これからもそう言う女に出会うことはないと思っている」
「せんぱい…」
「ん?」
「大好きデス」そう言って首に手を回し抱きついてきた。
「…ん、知ってる…」
「せんぱいは、のだめのこと好きデスカ?」

千秋は一瞬間考えて

「好きじゃなくて……………………愛してる………恵…」

そう言ってのだめの鼻先に優しくキスをした。



ーーーーーーーーーーfinーーーーーーーーーー


366 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/07(月) 10:01:02 ID:6CYq1Y9i
きゃ〜 ありがとうです!
千秋に萌え〜ですw 仕事が手につきませんww

367 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/07(月) 11:07:45 ID:Hpg07LaR
こんなの、ちあのだじゃあねェ!

368 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/07(月) 16:44:45 ID:juq8RCaV
日本語おかしいぞ
高校生は立ち入り禁止

369 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/07(月) 17:30:31 ID:mCzCmPy8
>>367
んじゃ、どんななら、ちあのだなんだよw
自分のちあのだ像でSS書いて落として見ろ!

>>359
最後は千秋語りすぎ?って感もあるけど、
こんなに語る千秋ならのだめも不安にならないのになぁ…ってことでGJですた

370 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/07(月) 17:55:42 ID:w3fUF5FQ
あくまでパロですから。
でも美味しくいただきました。GJですv

371 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/07(月) 18:18:09 ID:fQnHDoDe
乙です。
これなら中田氏って書かなくてもいいんジャマイカ?
脳内処理でおk

372 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/07(月) 19:47:54 ID:QU4C3rhm
「出る」とか「出そう」とかって普通に言うもの?

373 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/07(月) 20:24:58 ID:3/1zwpjs
前々から気になってたんだけど亀頭って出す時広がるの?
食虫植物がぶわっと広がるみたいに?


374 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/07(月) 23:51:09 ID:xmWwtomr
なんだそりゃー
見た事ないんですか?

375 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/08(火) 00:06:46 ID:2YR5hHWy
じっと見たことない。

376 名前:七夕[sage]:2008/07/08(火) 00:13:09 ID:ZG8OntCo
ちあのだ
微エロ…多分

七夕だと言うことを思いだして仕事から帰ってきて
さっと書き上げた物です。
物足らないと思いますが
読んでもらえると嬉しいです。

377 名前:七夕[sage]:2008/07/08(火) 00:16:15 ID:ZG8OntCo
のだめは千秋の上に跨って、じっとしている。
時々思い出したかのようにゆっくり腰を振る。
「…あっん…ふぁ…」
さっきからその繰り返しだ。
「のだめ…どうしたんだ」
と言って上半身を起こそうとした時

「…もうすこし…このまま…だめデスカ…」
「のだめが良いなら良いけど」

千秋は下から少し突いてやると
「ゃん…はぁん…だめぇ」と啼く。

「せんぱい…日本では今日は…七夕デスね」
そう言いながら千秋の胸板を押しつけ腰をうねらす。
「そうか?」

「彦星と、織り姫って一年に一回しか会えないんデスよね。こうやって繋がることも…一年に一回
今、のだめは先輩と一つに繋がって、幸せを感じてるんデス」

千秋はだからか、と思ったが何も言わなかった。

「先輩は、のだめと一年に一回しか会えないのって、我慢できマスか?のだめは絶対嫌デス…」
と言いながら千秋を締め付ける。

「…くっ…俺も無理かな」

そう言いながら千秋はのだめと体制を入れ替える。


378 名前:七夕[sage]:2008/07/08(火) 00:19:12 ID:ZG8OntCo
確かにのだめの中に入れているだけで、十分気持ちがいいが
どうせなら二人で一緒に登り詰めたい、千秋はそう思った。

のだめの足を肩に掛け、腰を大きくグラインドさせる。
「あっ…ふっ…んんっ…あぁ……」
のだめの手は千秋を離すまいかと、背中をギュッと掴み一緒に腰を揺らしてくる。

千秋は一旦入り口付近まで引き抜き、奥をめがけて何ども突き上げる。

「あ…ぁあっ…あん…あっ…あっ…あ、んん、あ…」
のだめは体の奥底から襲い来る快感に身震いしていた。

のだめの中が激しい痙攣を起こす。
内壁が千秋を扱くようにうねりギュウギュウ締め付けてくる。

千秋ものだめの奥のやわらかな壁を砕くかのように打ち付ける。

「ひゃん…ああ…っん…あぁ…んっ…やあっ…もう…だめぇ……」
のだめの身体がガクガクと痙攣を起こし、ふわっと力が抜けてしまった。
と同時に千秋ものだめの上に倒れ込んだ。

「ごめん重かったな」
のだめは顔をブンブン横に振って
「一緒に…デシタね」と嬉しそうに囁いた。


379 名前:七夕[sage]:2008/07/08(火) 00:24:42 ID:ZG8OntCo
千秋がシャワーを使い出てきたら、のだめがそわそわしながら
「先輩、願い事書いてくだサイ、短冊に願い事書くんですよ〜」
と紙切れとマジックを手渡された。

「そんなこっぱずかしいこと出来るか。それにこれただの紙切れじゃないか」
「夢のない先輩ですね。のだめは書きましたよ。ほら」と紙切れを見せた。
そこには『いつか先輩とコンチェルトが出来ますように』と書かれていた。

のだめが先輩も早く早くとうるさく言うので
千秋は、ほら書いたぞとのだめに見せる。
そこには『のだめが家事一般出来るように』と書かれていた。
「ムキャー先輩のカズオ!」
「カズオじゃねぇ」

「所でこれどうするつもりだ。ここには笹なんて無いぞ」
「ぎゃぼー!大事な物を忘れてマシタ」とあたふたする。

千秋はさっき書いた紙切れをテープで窓ガラスに貼った。

「笹の葉じゃないけどこれで我慢しろ」
「のだめと先輩だけの七夕デス」と窓から空を見つめる。

「天の川見えませんね〜」
「日本とここじゃ見える時期が違うんだよ」
「先輩、物知りデスね」
「お前がバカなだけだ」
二人は見つめ合いクスクス笑う。
「彦星と織り姫も今日はのだめ達のように、激しい事してるんでしょうね。一年ぶりだと朝までやってるんでしょうかねぇ」
「お前なぁ、そんな夢のないような事言うな」とのだめの唇を塞いだ。

チュッ!チュッ!チュッ!
軽く触れるキスを何度も繰り返していると
「先輩…来年も、これから先の七夕も、きっと二人一緒でデスよね」
と言いながら耳を赤く染めながら千秋の胸に顔を埋めた。
千秋はのだめを抱きしめ髪に優しくキスをした。

========完========

380 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/08(火) 04:29:57 ID:EmNC5vBx
GJ!可愛さ半分エッチ半分でいいじゃないです?
七夕だったし。(・ω・)

ところでこのスレって、
GJのかわりにブラボー!!って言ってもいいですよねw

381 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/08(火) 04:47:51 ID:EmNC5vBx
ローカルルール文面案

◆職人向けローカルルール◆
・投下は完成してから一気に!他の書き手の投下中に投下しない!うまく合わせて!
・固定ハンドル&トリップは、できればでいいデスよ〜。タイトル付けは推奨です〜 。
・全レス返し・感想キボンは、鬼門だね・・。
・原作にあまりに忠実なキレイすぎる世界観はブログへ行きなサーイ!もっとクネクネして!
・パクリは逝ってヨシよ!誰かロープ持ってきてちょうだいっ!
・カップルや内容の傾向は明記!大事だよな・・。
・キャラを理解しろ!一番大事なのはキャラへの偏愛やイメージの押しつけやない!「理解」や!

◆住人向けローカルルール◆
・過剰マンセーは×、感想は簡潔に
・萌シチュのリクはOK、ただしスルーされても泣かない
・スルーできない人は荒らしです。わがままもほどほどに……


一時期ここを使おうかと言っていた>296の先にあるスレの、
ローカルルールが面白かったので、
持ってきてもう少し作ってみました。同意があればこれからこれで・・どうスかね



382 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/08(火) 07:29:05 ID:YBitpfvc
>>381
>原作にあまりに忠実なキレイすぎる世界観はブログへ行きなサーイ!もっとクネクネして!
てなんでもありでしょうw

383 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/08(火) 07:56:00 ID:nuM7ZFjQ
>>381
気持ち悪いから反対。また他で笑われそう。

384 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/08(火) 10:19:31 ID:8O2L8zy2
して!ちょうだい!サーイ!

だとか…文体が嫌だ。

385 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/08(火) 11:19:33 ID:ZG8OntCo
◆職人向けローカルルール◆
・投下は完成してから一気に
・他の書き手の投下中に投下しない
・固定ハンドル&トリップ推奨(出来なければ別にしなくてもかまわない)
・タイトルはなるべく入れること
・全レス返し・感想キボンは鬼門
・長編は自サイト・自ブログで
・パクリは逝ってよし
・カップルや内容の傾向(生入れ、中田氏)は明記
・数字、陵辱、鬼畜、強姦、オリキャラ物はあちらへ

◆住人向けローカルルール◆
・過剰マンセーは×
・GJ、乙、ブラボーは○
・感想は書かない
・気に入らなければスルー
・萌シチュのリクはOK、ただしスルーされても泣かない
・スルーできない人は荒らしとみなされます

こんなので良いんじゃないですか?


386 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/08(火) 11:20:31 ID:qXaZtCOS
それ荒らしが勝手に立てて作ったスレのテンプレだからな。
みんな抵抗あるんじゃないのか?

387 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/08(火) 12:13:23 ID:Jl8OAix2
キモイ!キモイですよ、ヨーコ!>>381

388 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/08(火) 12:22:57 ID:mflhQyu9
つか向こうのローカルルールなんて持ってきて
どうするの?
馬鹿にして叩きをしたいだけ?
それともここのローカルルールを変えたいって事?
ならわざわざ厨が立てたスレのルールなんか
パクらないで自分で提案してみなよ。

それにこれもいらないだろ

・GJ、乙、ブラボーは○
・感想は書かない

どういう風に褒めようと人の勝手だし
GJと感想の区分けがよく分からない。

389 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/08(火) 12:42:27 ID:qXaZtCOS
そこまで変える必要はないよ。
生入れ中田氏は荒れる元なので投下は覚悟が必要だけ取ればいいよ。
冒頭注意書き必須。だけで

390 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/09(水) 00:46:03 ID:f5BZqzMT
>>376
イベントSS乙です!

中田氏認めるだけで、投下増えるって…
どんだけ書き手を今まで迫害してたかだねw
これで、スレが活性化すれば言う事なし

391 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/09(水) 04:22:47 ID:E7yPDpwm
>>63



> 「やだ……」
> 「気持ちいいんだろ?」
> 「ん………」
> 「自分で触っても、気持ちがいい?」
> 「ちが……先輩が、のだめのてっぺんに、…あ……触ってる、から……」
> 「オレは、おまえの手伝い、してるだけだぞ……ほら」
> 「あっ!……あ……っ!……ん!」
> 弾いたり、摘んで捏ねたり、転がしたり。
> 千秋の指が自分の乳首を弄んでいる。
> でも自分の手からはみ出している部分なのだから、逃げようがなかった。
> そうして快感が襲うたびに、手の中にある自分の乳房をついぎゅっと握りしめると
> ピンと尖った頂きは指の隙間から存在を主張して、さらに千秋の指が容赦なく襲う。
> のだめはほっそりとした首、白い喉元、そして胸へのラインを見せつけるように
> 頭をそらしている。そこに触れてほしいと語りかけるような光景に千秋の目には
> 映っているのだが、のだめは気付いていない。
> 「今度はオレの番」
> 「あ……」
> ぎゅっと目を閉じているのだめの表情を見ていた千秋は、のだめの手をどけさせて
> 自分でその膨らみを包み込んだ。
> 「……やっぱり、おれが触りたい」
> 「のだめも、先輩に触って欲しいデス……自分でじゃなくって」」
> 改めて千秋の手の中に収まった乳房が揺れる。
> 器用な指先はあっという間に乳首を爪弾いて、のだめを高めさせて行った。
> 千秋が触れると快感が走る。でもそれだけではなく、
> どうしていいのかわからなくなるくらい幸せな気持ちになる。
> 「先輩が触ると身体がぐるぐるしてきて、奥のほうにも、もっと触って……って思うんデス」
> 「……じゃあ、ご希望のとおりに」
> 「あ……や…っ……!」

> -------まだまだ、夜は長い。

> (end)


392 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/09(水) 09:01:19 ID:3j2Y6YcQ
>>391

なんだ突然?

393 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/09(水) 15:54:33 ID:TiwY5ncu
ただのコピペ厨

394 名前:bathroom[sage]:2008/07/10(木) 14:08:27 ID:gxxcfH82
ちあのだ
バスルームプレイ?
LESSON123の補完とまでは行かないと思いますが
のだめの誘い言葉でバスルームに二人が行ったとしたら
こうなっていたのではなんて思いながら書いてみました。

まだ初心者なので上手く表現しきれてないと思いますが
折角書き上げたので落とさせてもらいます。


395 名前:bathroom[sage]:2008/07/10(木) 14:08:57 ID:gxxcfH82
千秋は今日のコンサートの感激に浸りながらは帰路についていた。

マンションについて、ドアを開けるとそこにはのだめが…
(こいつ、いつ帰ってきたんだ、いつもだったら楽屋に来るのに、
 今日は顔も出さずに…やはりいろいろショックだったのか)
と思っていたら笑顔で

「先輩!ご飯にしますか?お風呂にしますか?それとも、の・だ・め?」
まさか今ののだめから、そんな言葉が出ると思わなかったから

「えっ、あ……じゃあ、風呂とのだめ」

と言って荷物を適当に置き、嬉しそうにのだめの腕を取ってバスルームに向かった。

「せ…せんぱい、冗談デスから。それに今日の演奏で疲れているんじゃ…」

「疲れなんか、風呂に入ればふっとぶさ」

バスタブの中に2人で入り、のだめは千秋の腕の中にすっぽりと収まってしまうように凭れ掛かる。
「あの」
「…なに」
「今日の演奏会、先輩もRUIもすごくよかったデス」
「そりゃどうも」



396 名前:bathroom[sage]:2008/07/10(木) 14:09:47 ID:gxxcfH82
「先輩手が……Hデス…」
千秋の手が、胸をゆっくりと揉み上げる。

そのうち本気で胸を揉まれ、指先で乳首を弄られる。
「んっ…!ん、ふ…ッ」

両方の乳首を同時に弄られると、お湯の中でぴくんと身体が跳ねお湯が零れる。
千秋の唇が背中、うなじ、耳の方へと上がっていく。
耳の中に舌を入れると、クチュッと音がした。
「あ、ぁ…ッひぁ!」
「やっぱり弱いなここ」

それとともに千秋の手が、下半身の方に伸びてゆく、のだめの両足を広げ千秋の指が入ってきた。

「あ…っ!ゃ、やぁっ…」

耳元で響く千秋の息遣いにのだめは自分の欲情も抑えきれなくなって来ていた。

「あぁ、あっ、あっん、あぁ、ん…」
「まだあまりしてないのに結構濡れてる」
「あんっ…お湯ですってばぁ…」

千秋の指が中で最も弱い部分を捉えて擦られる。
「あ、ぁん…あ、あっ…はぅ…」
再び身体がびくっと跳ね上がった。



397 名前:bathroom[sage]:2008/07/10(木) 14:10:20 ID:gxxcfH82


「ごめん、のだめ今日はもう入れたい」

千秋はのだめの手をバスタブの縁に置かせた。
「しっかり掴んでるんだぞ」
そう言うと千秋はのだめの腰を持ち上げ、秘所に大きくなった自分を後ろからゆっくりと押し込んでいった。
「んん…あ、あっ、あぁ、あ…」
千秋はのだめの腰を掴み激しく出し入れをする。
そのたびバスタブのお湯がチャプチャプと揺れるゆっくりバスタブに。

「せんぱい…今日の演奏はとても気持ちよかったんデスね…」
「ああ最高だった、のだめも聴いてただろう」
「ハ…イ……」

のだめは千秋がどんどん自分の手から離れていくような気がして
千秋を離したくなくて、ギュッと下半身に力を入れて締め付けた。

「…くぅ…のだめ…締めるな…バカ!」

のだめはクスクス笑いながら、ゆっくりとゆるめてゆくと、千秋ははさらに激しく腰を打ち付け奥深く突き上げる。
バスルームにに響き渡る嫌らしい水音、肌のぶつかる音、それだけで千秋ものだめも興奮してしまう。



398 名前:bathroom[sage]:2008/07/10(木) 14:11:00 ID:gxxcfH82
千秋の先端がのだめの中の敏感なを執拗に擦り上げる。
「あぁ、あ、あっ、だ、め…もう、だめ…っ!ぁ、あッん、ん…ッッゃ、あぁあッ!!」
強い絶頂感が体を襲う。

身体の内側から痙攣が起きそれと同時に無意識に千秋を締め付け
バスタブを掴んでいるのだめの手が振るえる
足もガクガク震えもうバスタブの中に倒れ込みそうになっていた。
「…んっ、あ……!」
千秋は必死でのだめを抱え我慢していた物をの解放した。

のだめの太股から白い液体がお湯の中と伝わり表面に広がってゆく。

バスルームには抱き合った二人の荒い息だけが聞こえていた。

「せんぱい…気持ちよかったデスか?」
「…ん…、のだめは?」
「気持ちよかったデスよ……」

のだめはシャワーで軽く身体を流し、千秋はお湯を入れ替える。

「先輩は、お疲れだと思うからゆっくり入って出てきて下サイ。
 その間、のだめ何かおつまみでも作っておきます。今日は二人でお疲れパーティーデス」
と言って軽くキスをし一足先にバスルームから出て行った。

千秋は今日の公演の演奏、さっきののだめの紅潮した肌、切なげに啼き、喘ぐ姿を思い出しながら
ゆっくりバスタブに浸かり余韻にひたっていた。




千秋は次の朝まさかあんな事がおこるとは今はまだ知るよしもなかった。



399 名前:bathroom[sage]:2008/07/10(木) 14:13:46 ID:gxxcfH82
すみませんFINです。

400 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2008/07/10(木) 22:31:16 ID:PuZCkMsM
GJです〜誰も書いてくれなかった難しいシチュ
ありがとうございました。

>>376さんもGJ!なんで七夕の日にこなかったんだ>自分orz


戻る 1- 前100 次100 最新50 動画 アダルト動画 ライブチャット