■戻る■ 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50  

のだめカンタービレ13

501 名前:月のしずく[sage]:2007/04/20(金) 00:17:05 ID:5K6p8ZL4
月はいつも何を思っているのだろう。
自分の何分の1か程の薄い空気をまとって、
自分の海にずっと波を引き上げながら、
太陽の光で淡々と自分の姿を変えつつ、自分の周りを回り続けている。ずっと。

『もしもし……、オレ』
『…あひゃ〜、千秋先輩。何ですかー?』

自分に渦巻く暴風が吹こうと、雲ひとつ無い青空が差し込もうと、
お構い無しにずっと自分の軌道を周り続ける月の気持ちは、
どんなに波を高くしても直接触れられないようで。

『お前、昨日ウチに来なかったか?』
『へ? 昨日ですか? 行ってませんケド…』
『ホントか?』
『嘘言ってどうするんですか〜。…夜這いなんてかけませんヨ』
『かけそうなんだよ! お前の場合!』

502 名前:月のしずく[sage]:2007/04/20(金) 00:17:44 ID:5K6p8ZL4

でも確実に、潮を満ち引きさせる力だけは持ち続けている。

『ぎゃぼっ。どーゆー意味ですか!』
『言ったまんまの意味だよ! つーかお前マジに来てないんだな?』
『…なんでデスか?』
『灰皿がねーんだよ…。ちょっと一服しようと思ったら…』
『……のだめ、盗んでまセンよ?』
『本当か? 吸殻と一緒に持ってったんじゃねーのか!?』
『本当デス。のだめ灰皿には用はありませんから』
『っお前なぁ…だから普通の人間に……!』

だけど、このくらいのことなら言ってもいい。きっと。



503 名前:月のしずく[sage]:2007/04/20(金) 00:18:14 ID:5K6p8ZL4

『灰皿なら、洗濯機の上に置いてあるんじゃないですか?』
『…え?』
『洗濯機の上デス。先輩洗濯しながらご機嫌にタバコ吸いますから』
『洗濯機?』
『多分吸殻の本数は3本デス』
『…はぁ?』
『ちなみに2本は洗濯中、1本は乾燥中に吸ってマス』
『………』

宇宙の中で、地球と月の寿命がどのくらいなのかは知らない。
自分たちに当たるのは、太陽だけじゃなく、幾億もの星の光。
どのくらいちっぽけなのか、計り知れないけど。

『……あった…』
『ネ? 先輩洗濯物に夢中で、灰皿忘れたんデス』
『………怖い……』
『ハイ?』
『お前、なんでうちに洗濯機入れたこと知ってんの? この間来た時はまだ買ってなかったのに…』

4年も追い続けた、あなたの光。
地動説も天動説も知らない。私から見れば太陽の光でもあなたの光にしか見えなくて。
どんなに私に向ける光が細くなっても、時には姿を消しても。


504 名前:月のしずく[sage]:2007/04/20(金) 00:18:57 ID:5K6p8ZL4

『愛の力ですヨ。何当たり前のことを言ってんデスか』
『覗いてんじゃねーだろーな!?』
『そんな離れたところにまで覗きに行きませんヨ! のだめだって色々忙しいんデス!』
『離れてても覗かれてるよーな気がするんだよ!!』
『ギャハっ!そんなにのだめの愛を感じてるんデスね!』
『…ふざけんなーーーーーーーーーーーー!!!』

あの時摘み取った、あなたの光。
滅多に姿を見せない、見せても自分が雲で覆っていたり、なかなか刻が合わない。
―――”満月”は。

『…まぁいい…わかった、サンキュ。じゃ…』
『あ、先輩、ちょっと待って!』
『…何?』


505 名前:月のしずく[sage]:2007/04/20(金) 00:19:34 ID:5K6p8ZL4

全てを言葉に出さなくても、あなたがあなた自身を全て私に向けてくれた瞬間だったから。

『先輩、今どこにいます?』
『…自分の部屋に決まってんだろーが』
『じゃなくて。部屋のどこにいますか?』
『お前バカか? 洗濯機のところで灰皿見つけて礼言ってんだろ!』
『ムキャー! お礼言う相手にバカとはなんデスか!』
『バカなんだからバカとしか言えないだろ!』
『………。も、いいデスから、窓のところに行って下さい』
『はぁ? 窓?』

あなたのいない広いこの部屋で、窓を見上げてみて。
かすかなあなたの残り香と、電話の声。
差し込む月の光の形は、少しずれているかもしれないけれど。



506 名前:月のしずく[sage]:2007/04/20(金) 00:20:12 ID:5K6p8ZL4

「…今日は何月(ナニヅキ)ですかね?」
「月?」
「あとどのくらいで満月ですか? もう少しデスよね?」
「…月がどうかしたのか?」
「見えマス?」
「…見えるけど」

きちんと満月を受け止めてあるから、
少し軌道が離れても、もうあなた本来の姿を見失うことはない。

「月って…」
「29.53日」
「フギャッ、まだのだめ何も言ってないですヨ? 早押しウルトラクイズですか?」
「お前の言いそうなことぐらいわかる。土曜日でいいか?」
「…ハイ?」
「土曜日ならオレもオフだし。お前も学校午前中で終わりだろ?」


507 名前:月のしずく[sage]:2007/04/20(金) 00:20:46 ID:5K6p8ZL4

だから大丈夫。
月だって、ぐるぐる粘着質にずーっと地球の周りを回り続けてるんですヨ?

「フフーン、先輩も充電切れですネ?」
「…やめた。じゃな」
「あっ! 嘘デス嘘デス(汗)! 今度はどこで待ち合わせしますかね」

相変わらず頑なで、全然甘くなくて、近づくのは大変デスし。
空気が薄くて、密着して嗅がないと、すぐに薄れてしまいますケド。

「ブローニュの森なんてどうデスか?」
「お前、それ意味分かって言ってんのか…?(ブローニュの森は別名ホモの森)」
「もちろんデス! 先輩の貞操はのだめがお守りしますから」
「…ふざけんなーーーーーーーーー!!!」

そんなのはもうご愛嬌デス。
夫婦ですから、慣れたもんデスよ。



508 名前:月のしずく[sage]:2007/04/20(金) 00:21:50 ID:5K6p8ZL4

約束をして、電話を切って、
ベッドサイドに携帯を置いて、無意識に左側をあけて。

(………)

言われたとおりの、3本の吸殻をゴミ箱に捨てて。
つい作りすぎてしまって、味が落ちて捨てた料理の上に。

約束をして、電話を切って、
ベッドサイドに灰皿と携帯を置いて、1本ふかしながら、無意識に右側の枕を抱いて。

(…あの部屋に来い、とは、言わないんだな…)



パリの2つの窓に降り注ぐ、少し欠けただけの、月のしずく。



509 名前:月のしずく[sage]:2007/04/20(金) 00:23:34 ID:5K6p8ZL4
終わりです〜。エロ無しですみませんでした。
Ruiカンタービレの前夜Telデス。
私的「満月のうちに摘まないと」解釈でした。
では〜。

510 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 00:26:19 ID:GpvSLK4s
エロなしすみませんって…エロパロなんだが。

511 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 00:38:31 ID:8hF0xVLR
「」と『』の使い分けは何か意味が?

512 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 00:44:19 ID:+rITXZu1
良かったですよ〜。GJ!のだめと千秋の精神的カラミが・・・。
いつか2人のコンチェルトが実現した時の描写は、
ストレートなラブシーンより萌えるのではないかと思っている自分としては、
こういうのもアリです。


513 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 00:46:59 ID:+rITXZu1
ところで、エロじゃないパロを落とせるのだめスレってあるのですか?

514 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 06:02:10 ID:CgS9z14H
エロなし、ありよりも
自分語り、自作の詩の公開っぽいのが気になったw

515 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 08:04:45 ID:AueQg6N2
エロなしの箸休めなんて求められていないし

516 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 08:47:10 ID:CvC8fjrb
このスレはエロなしにも結構寛大な方なんだけどね・・・

517 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 08:57:13 ID:OGHQ2/lk
それは物にも(ry

518 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 09:17:29 ID:GlCCjlgL
コメディっぽいSSやほのぼのSSならエロなしでもいーが、
ポエムっぽいのはこのスレだと「エロいの読むぜ」って気持ちで来てるのに…と
思っちゃうのは私だけ?
新作カモンですよ〜

519 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 09:56:49 ID:c1l84RJT
マイナス意見多いな〜。私は好きだったけど。
とりあえずGJ。構成とか文章とかうまいね。

520 名前:月のしずく[sage]:2007/04/20(金) 10:13:19 ID:eucbVcKu
賛否両論でしたかが、GJくださった方ありがとうございました
エロじゃないパロを落とせるところが無いので、申し訳ない
『』は回想、「」は現行って感じです(分かりづらい…)
自ブログはイヤン
ではこれにて

521 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 10:33:48 ID:MNpwtKSO
ブログに載せる程でもないしな。

522 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 10:35:16 ID:OGHQ2/lk
賛否両論と言うよりは
賛否否否論くらいのような(ボソッ)

523 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 10:42:47 ID:g8R62K/8
ブログだったとしても、自己満足ポエム系は一度訪問したらその次は
よっぽど良いお話でない限り私はあまりいかないなぁ。
それだけポエム系で、読み手に受け入れてもらうのはは難しいと思う。

524 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 12:42:29 ID:GpvSLK4s
>エロ以外排除な方はスルーでよろしくです
と書いてあったので読まずにスルーしつつレスだけしたんだけど、そのせいか雰囲気悪くなっただろうか。でも、エロパロスレなのに堂々とエロナシ投下でビックリしちゃってさ。
上で言ってる人もいるが「エロ」がなくても「パロ」度が高くて萌え要素が強ければOKな人もいるし、頑張ってエロを混ぜる人もいると思うよ。投下する人は色々工夫して書いてるのだからエロナシオケな雰囲気は嫌なのだ。


525 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 12:49:23 ID:8hF0xVLR
エロなしおけーになると、↑のようなものが氾濫しそうでイヤだ。
萌えアリと言ってるけど、自分的に「?」だったし。
すまんけど、この手の物は他所行ってくれという感じだ。

526 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 13:21:04 ID:c1l84RJT
そぉ?過疎るよりマシ。
ココは書き手にきびしいからな〜。
今回「箸休めに」って注意書きしてるんだから気に入らなければスルー。
物足りなければ「次回はエロ入れてね」で、いいんじゃない?
たまに調子に乗ってくる人いるけど。
時には誉めつつ、時には辛口に上手に書き手さんを育てる。


でも所詮2ちゃん(ry


527 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 13:39:01 ID:08Wurxgf
そんなに厳しい?甘い方だと思うけどね。


528 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 13:45:54 ID:qWrqAYVW
エロなしでもそれなりに楽しめれば評価は得られる。
エロ入りでも面白くなければ皆スルーしている。
ちょっと厳しい言い方かも知れないけど、
今回はどちらにもあてはまらないと感じた人が多かったという事でしょう。

529 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 13:56:02 ID:5sVKTvYy
エロパロスレなんだからエロ必須
エロ入らないんだったらブログ
それがイヤならチラシの裏

530 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 14:47:26 ID:3EbyXE/N
微でもなんでもエロ混ぜとけばここまで荒れなかったのかしらんw
でもここの住人はどうもちょっと気に入らない作品が投下されると
かみつきすぎな気はするよ。
自分と似たような意見の人がいるなら黙っておけば無駄に容量も消費しないし
荒れないしいいこと尽くめだよ!

531 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 15:45:57 ID:m98MTQcc
>>528
それに尽きる

532 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 17:35:30 ID:EdCBl/86
踊る阿呆に見る阿呆  同じ阿呆なら踊らにゃ損!
ここもそうだよ。
住人がだれでも職人になれるかどうかわからないけど
いろいろ考えて書いて参加してみれば?噛み付く前に。

533 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 23:23:02 ID:+rITXZu1
萌えシチュのネタ、話しませんか?行き詰まってるんで。
車モノ、とか。千秋の車の中じゃ狭い?
ボンネットの上で、とかも千秋なら結構カッコいい気がします。
脚長くないと、押し倒した時ポーズがきまらない。

534 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 23:35:24 ID:Wen8vtP/
自分で書かないで、書いてくれた人に気に入らないと
罵詈雑言はかっこ悪いぞ。気に入らなければ黙ってスルー。

車モノ・・・
某萩尾なんちゃらの残神を思い出してしまうので萌えられない
ボンネットの上って、青姦ですかい?

535 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 23:37:21 ID:wNDMPN0Q
>>496
ずれてないか?

536 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 23:39:26 ID:zuSdvNWl
車って今までなかったかもね
でもあの車ってすごく狭そう…そんなことないのかな?


537 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 23:54:43 ID:+rITXZu1
>>534
ハイ、外です。知り合いがそういうシチュでドキドキしたらしいので。
>>536
動けない制約と、バックミラーとかを利用するのもいいかも。
でも、狭いか。。

538 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/20(金) 23:56:42 ID:bipD+1ue
狭いとオモ。

539 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 00:11:15 ID:FMkP+JB4
ボンネットって洗車直後ならともかく、ちょっと走った後はもう服が汚れるから、
きれい好きの千秋がその気になるとはあまり思えん・・・。

540 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 00:14:37 ID:TUxqLWLH
狭い車内…書きようによっては
萌え(燃え?)るシチュな気がする!
密室だし上手く身動き取れないし。
でもあまり濃ゆいエロは難しいかな〜

541 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 00:20:09 ID:hgk9DRwz
日産のサニーで試したときは
めいっぱい助手席を後退させる+背もたれ倒す、で結構広くなったけど
あの車ではどうなんでしょね。


542 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 00:24:49 ID:hgk9DRwz
>>

543 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 00:28:23 ID:hgk9DRwz
ぎゃー間違えてクリックしちゃいました。ごめんなさい。
>>539
服汚れる、なるほど、結構イイですね。それ。
ちょっとオチに使わせてもらいたいかも。って、539サンの意図と違いますね。。

544 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 11:31:35 ID:Sm+PRVlg
立ちバックがいいです

545 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 14:41:57 ID:+NkiiZ7F
遊園地に行く千秋とのだめ。(ディズニーでも可)
どうエロにつなげよーか。帰りとか?
千秋と遊園地、今まで結びつかなかったが…千秋絶叫マシンにはトラウマがないだろうが、なんとなく苦手そう。
父親と離婚以来(その前から?)行ってないだろうし。

546 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 15:25:57 ID:thibUxrO
エロなしスレッド、つくりゃあいじゃないですか。
俺は立て方しらねんだけど。
できたら教えてね。見に行くから。

547 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 21:41:05 ID:FMkP+JB4
>>543
どぞどぞ、お好きにネタにして投下してくださいです

548 名前:名無しさん@ピンキー[]:2007/04/21(土) 21:44:57 ID:atlQK7Iy
あげ

549 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 22:02:56 ID:rikB6xtX
休載長い…。今回すごく長く感じる。萌えネタ枯渇。今SSかいたら勝幸か、OUTの人になりそう…。

550 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/21(土) 22:45:59 ID:beW1YXo6
エロなしスレなんて需要ないだろ・・・・
ポエムならチラ裏に書いてろ
それがいやなら自サイト持て

551 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 00:15:00 ID:q6LJWD3a
月のしずくさん、GJっす。次はエロでプリーズ

552 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 00:49:38 ID:LOR5epoH
擁護キター

553 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 03:40:38 ID:1hAhlNZl
休載の辛さに1巻から読み直しているところですが
LESSON20の扉絵がなんかエロいw

554 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:28:14 ID:3nud05hC
エロパロ投下します〜
どうだろ、評価分かれそう〜

555 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:28:56 ID:3nud05hC
それは自分が今の部屋に引っ越してから、はじめてのだめがうちにやってきた日だった。
ピアノはまだ買っていなかったので、のだめのピアノは聴けなかったのだが。
(そういえば…、なんとなく、最近こいつのピアノ聴いてないな…)
のだめは夕食の後、千秋の新居を、検分するようにつらつら見てまわってる。
「先輩の部屋って、いつもなにもないデスね…」
「なにもないことはない。必要なものは揃ってる。言ったろ、俺はなるべく部屋に物を置か

ない主義なんだ」
「寂しいですね〜」
「…寂しいとはなんだ…」
のだめは部屋を一通りめぐった後、ヴィエラ先生との写真の前で止まった。
「でもコレは置いておくんデスね」
「当たり前だろ」
「のだめのは置かないくせに…」
「お前とはいつも会ってんだから、わざわざ写真なんか置く必要ないだろ!」
「先輩には愛が足りまセン」
「………」
確かに恋人の写真を飾るのは、セオリーなのかもしれないが。
なんとなく、こいつの写真を置く気にはなれない。
存在感が大きすぎるのかもしれない。

556 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:29:41 ID:3nud05hC
(………)
のだめが屈みこんでヴィエラ先生の写真をのぞいているので、
髪が前に落ちて、白いうなじが見えた。
そっと近寄って、そのうなじにキスをする。
「ひゃ…っ! びっくりするじゃないですか。ムードないデスよ、先輩」
「そう?」
俺はそういって、後ろからのだめの体を包み込むように抱きしめた。
髪に顔をうずめてみる。
「…シャンプーしてるんだ…」
「当たり前じゃないですか〜。愛される妻にキレイな髪は必須デス!」
「俺が言うからしぶしぶ洗ってるだけのくせに…」
「…う、うぅ…。でもちゃんとお風呂は入ってますよ。広いですから…ネ……」
のだめの語尾があやふやに消える。
身をよじろうとしたのだめをがっちりと押さえ込んで、胸元のボタンに手をかける。
「……あ…あの、先輩…」
「……何……?」
ボタンを一つ一つゆっくりはずしながら、のんびりと答えてやる。
「…あの……あ…のだめ、今日は…もう……」
「…『もう』、なに?」
「あ……の…、ぁっ」
前ボタンを全部はずした後、つけたままのブラジャーの中に手を入れると、のだめの語尾が

はねた。
のだめは抵抗するように胸をまさぐる自分の手を押さえのけようとしたが、構わずゆっくり

と、左の乳房を愛撫する。
「…ぁ……あ、あの、今日は…もう……かえ…んっ」
言いかけた言葉をさえぎるように、乳首をつまんでやる。
「……今日は?」

557 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:31:10 ID:3nud05hC
「きょ、今日は……のだめ、ピアノ…、あっ、ちょっとっ……」
左の手でスカートを捲くり上げ、太ももの間に指をねじ込ませ、下着の上から敏感な部分を
指でこすりつける。
「……ピアノが、何?」
「あっ…んっ……ぴ、ピアノの…練…っ、あ……!」
下着の薄い布を横にずらし、直接肌に触れる。中指で入り口あたりをまさぐった。
のだめは逃げるように腰を後ろに引き、なんとか手で動きを押さえようとしたが、構わず続
ける。
意を決したようにのだめが言葉を出しなおした。
「あ、あの…っ!、のだめピアノの練習があるので、今日は帰……や、んん…っ」
後ろから顔を回して、のだめの唇を自分の唇でふさぎ、同時に入り口あたりで遊ばせていた
中指を、一気に入れた。
「んっ…!ん、んん…!んー……んん!」
この期に及んでまだ逃げようとするのだめの唇を、しつこく唇でふさぎ続け、思い切り舌を
割り込ませ、絡ませる。のだめの中に入れた中指で、かき回すと、段々と蜜が溢れてきて、
ぴちゃ、ぴちゃと音を立て始めた。
「ん……ふっ…んぅ…」
胸をまさぐっていた右手は既に、のだめワンピースの前をはだけさせ、ブラの肩紐はずらし
落とし、両胸だけかろうじて覆っている。
「………ん、んう…んん……」
しばらく立ったまま、のだめの性感をいじり続けると、のだめの体から力が抜けていく。抵
抗するように添えられていた手も、力をなくしてつかまっているだけになった。
「………ん……あ……は…セン…パイ……」
力が抜け、立っていられなくなったように、体重が自分にかかるのを見計らって、
左手を一旦抜き、のだめの体を腕で抱きかかえると、ベッドまでひきずり、ドサリと横たえ
た。
「…もう…今日、は、のだめ帰りマスって…!」
「なに言ってんだ、こんなに感じてるくせに」

558 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:32:10 ID:3nud05hC
「な…!そ、それは、先輩…が…っ、あ、や!」
まだ言うことを聞かないのだめを責めるように、ワンピースのスカートを一気に捲くり上げ
、紐パンを軽々と取り払う。
「も、もうちょっと、ゆっくり…あ、あっ、やぁ!!」
のだめの内腿をつかみ、ぐっとあそこを広げると、顔をうずめ、舌を這わせる。舌を中に入
れ、舐め、うごめかし、クリトリスを歯で刺激して、蹂躙する。
「あ…あ…!は…あ!や、やぁ…!せんっ、ぱ…あ、あ…ん……!!」
いきなり足を広げられ、直接攻められることに抵抗し、何とか足を閉め、上体を起こそうと
するが、のだめが千秋の力にかなうはずも無く、なすがままにもっとも敏感な部分を攻め続
けられた。
「あ、あ、んっ…!んんっ!!は、はぁ…ん…!!」
執拗に自分の中心を攻められ続け、力がうまく入らない。頭の中はすでに真っ白で、いきな
りの集中攻撃に、力なく宙に足を揺らし続け、あまりの快感にシーツに爪を立て、文字通り
、悶えるしかなかった。
のだめの足の力が抜け、手で押さえる必要がなくなると、千秋は手を上に伸ばし、肩紐だけ
下ろされていたブラをわしづかむと、ぐっと下にずり下げた。露わになった胸を、手で覆い
包み、のだめのもっとも感じるやり方で、揉みしだく。
「あっあん…!あ…あぁ!あん!!あ…ア…あ、あああ…!!」
電撃のように快感が襲う。あまりにも急にイかされて、のだめは恥ずかしさと、混乱で、体
中火がついたように熱くなった。

559 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:34:00 ID:3nud05hC
熱い呼吸を繰り返すのだめから、一旦千秋は身を離す。のだめのワンピースは前だけはだけ
られ、ブラはずらされ形のいい胸が晒されており、足は広げられたまま、ワンピースの下は
全て露わになって、腰のところで淫らにからまっている。
千秋も自分の中心に熱が集まる。
「…すげーやらしい…」
「ハァ…ハァ……え?」
「今ののだめ、すっげぇやらしいカッコしてる」
「な…はぁ…そ、それは、先輩がっ、んっ…」
生意気な言葉をキスで押し黙らせて、頭の下に手を入れ、力強く自分に押し付ける。のだめ
のポイントをじっくりと攻め、のだめの体が震えるのを確かめた。
「ん…ふ……っんん…!ぅ…ん…!」
その間に千秋は空いた片方の手で、シャツのボタンを全てはずし、ベルトをとり、ファスナ
ーを下げ下着を下ろし、ベッドの引き出しからゴムを出して、すばやく取り付けた。のだめ
が気配を察したのか、抗議するように背中を叩いたが、構わず膝の裏に手を添え、グッと力
を入れ入り口を広げ、千秋自身をのだめにあてがった。
「ん、んんー!ぇんぁい…!や……!」
首を振って身を捩るのだめを軽々と押さえつけ、構わず千秋は自身をのだめの中にうずめて
いった。熱い粘膜が千秋を包み込み、奥に行くほど、快感が高まる。
「ん…!ん、ん!んぅ…!、っ、は、ぁぁ…ん!!」

560 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:34:58 ID:3nud05hC
声を出させたくて、唇を離す。のだめの口から熱い吐息がもれるのを聞き、満足する。一度
イかされ高められたのだめは、敏感になっており、自分の中に入ってくる熱いかたまりに、
なすすべもなく感じ、目は潤み、頬は上気し、背中を叩いていた手は、千秋の髪に絡みつか
せるのが精一杯だった。
千秋もそんなのだめの痴態に興奮し、もっとイかせてやりたい欲求にかられると、のだめの
腰の下に手を入れ、力をこめて自分を最奥まで入れ込む。
「あ…あ、ぁん…!!」
のだめが悶え、喘ぐのを楽しむために、まだ背中を覆っているワンピースと肌の間に腕を入
れ、自分とのだめをこれ以上なく密着させる。のだめの腰の下の手に力を込め、しっかりと
のだめを押さえると、円を描くように、自分の腰を回した。のだめの中をかき、えぐり回す
ように。
「あ、ああ!!ぁ、は、あ!はぁ!ああん!、はっ、せ、んぱ…、あ、ぁあ!!」
深く強く千秋は自分をのだめに繋げ、最奥で動き続ける。のだめは何もできず、蹂躙される
快感に身を任せるしかなかった。自分を締め付ける千秋の体に全てを投げ出し、自分の意思
とは関係なく、乱れた吐息を吐き出し続ける。
「はぁ…!!あ、はあ…っん…!!は、はぁ、あ…!!」
かすかに痙攣するようにのだめの中が動いたのを感じ、千秋は動きを止める。イかされる寸
前で止められたのだめは、困惑したように、千秋を目で探した。今まで焦点があってなかっ
たことに気付く。
「は………ハァ…ハァ…、あ…、先輩…?」
ずるりと、何を思ったか千秋は自身を抜いた。高められているのだめは、それだけでも感じ
、”んんっ…”と吐息を漏らした。

561 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:36:08 ID:3nud05hC
「やっぱ、ちゃんとやりたいな」
「…え…?」
「とりあえず、これ、邪魔」
「は…? …あっ」
焦らしプレイか、と高められた体に困惑していたのだめから、まず千秋は中途半端に絡まっ
ていたワンピースを、頭まで持ち上げて引き抜いた。
「あ、あぁ…そ、です、ネ」
次にウエストの辺りにずらされたままのブラを、きちんとフックをはずして、取り去る。
千秋自身も、前だけはずしたシャツをきちんと脱ぎ、下も全て脱ぎはらった。
「…ハァ…あ、あの、先輩」
お互い生まれたままの状態になって、少し間が生まれると、のだめも息を整え、千秋に奪わ
れていた自分を取り戻すように、言葉を発した。
「何?」
「あ、あの……」
「…なんだよ、はじめるぞ?」
「あのっ、のだめホントに、明日までにやらなきゃいけない曲があって、だから…」
「…だから?」
「あ、の………。お……お手柔らかに、お願いしマス」
「うん、わかった」
わかったのかわかってないのか、生返事にも聞こえる答えに、もう一度念を押そうとした口
は、改めて千秋の唇に奪われた。
「…んん……
今度は強引に押し付けるのではなく、優しく、ゆっくりとした、キス。長い間、角度を変え
、深さを変え、絡められる舌に、のだめも少し安心し、自分も舌を出し、千秋と絡める。
長い長いキス。キスの間に、どちらからともなく腕を出し、お互いの体に回し、自然に抱き
合った。
抱きしめあいながら、思う存分唇で愛を確かめ合うと、千秋はゆっくりと、唇をずらしてい
く。目、鼻、耳、首筋、鎖骨…。鎖骨で感じる癖のあるのだめは、熱い吐息を漏らす。
それを聞き、千秋の片手が自然に動く。のだめの乳房の形を、確かめるように、包み込むと
、さっきの急なやり方とはうって変わって、柔らかく、揉みはじめた。
「あ…はぁ……、あ、ん…、あ…あっ」
乳首はのだめの体の高まりそのままに、ピンと立っていて、千秋が口で含むと、簡単にのだ
めの声がはねる。手で片方を優しく揉み、乳首を指先でつまみ、軽くしごき、片方は舌でね
ぶりながら、優しく吸い上げた。
「ん…はぁ…ああ…ん、ん……」

562 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:37:07 ID:3nud05hC
気持ちよさそうなのだめの吐息。もっと聞きたくて、少しずつ、千秋は力を込めていった。
丁寧に、段々と激しさを増してくる愛撫に、のだめの声も色を帯びていく。頭を抱きかかえ
るように回していたのだめの腕が、千秋が乳首に歯をそっと立てた瞬間、ピクンと震えた。
「んっ………!」
強く吸い、歯と舌でのだめの乳首を愛でると同時に、千秋はそっと手を下に下ろし、さっき
は強引に攻めあげた、のだめの中心を、そっと撫でた。
「ぁん…っ」
熱を帯びた喘ぎが段々高くなる。千秋はまず手を両足の間に差し入れると、手のひら全体を
使って、のだめのクリトリスから入り口のまわりを、なでさする。乳首を含んでいた口を反
対側に移し、空いていたもう片方の手で、胸の愛撫を続ける。
「あ…あ…ん、は、ああ…、あん、あ…、んん…」
やさしく三箇所を感じさせられ、のだめの色は艶かしさを増す。頭を包み込んでいた腕から
は既に力が抜け、のだめの顔の横に投げ出されており、足も自然に開いている。
自覚しているのかしていないのか、完全に自分を全て千秋にゆだねている状態で、
この上も無く男を誘う表情を、惜しげもなく出している。
(………)
それを見て、千秋はふと、誘惑にかられた。
胸から口を話、のだめの耳元に囁く。
「…のだめ」
「ん…は…はい……?あん…」
手の動きは止めていないので、声は乱れたままだ。
「確か生理、もうすぐ来るよな?」
「…は…あん…え…?わ…、あっ、わから…ない…、デス…んん…」
「二十日以上前だった。大丈夫だろ」
「…え…?何が…ん…デスか…?はぁ…、あ…!」

563 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:39:07 ID:3nud05hC
まわりをなでさすっていた指が一本、急に中に入れられて、のだめの声と一緒に、足もはね
る。じっくりとやり続けた甲斐あって、のだめの性感は最高潮のようだ。
「…あん…あぁ!はぁ…んん、んん…!」
耳元から離した口を、再び胸に移し、三箇所の性感を今度は強く、刺激する。のだめの声を
煽り、それにまた煽られるように、どんどんと刺激を強めていく。指を2本、3本とと増や
していくごとに、のだめの中はぐちゅぐちゅと音を立て、充分に潤っていった。指に絡まる
粘膜が、ときおりひくつく。両足は力なく投げ出されていて、間に体を入れるのは簡単だっ
た。
その時、パチン、と音がした。なんだろう、と一瞬思ったが、目を開けて確かめる余裕は、
もうのだめにはなかった。
「のだめ、いくぞ」
「あぁ…んっ…ハ…イ…あっ…」
熱くそそり立ったものが、のだめの入り口あたりにあたる。その感触に、のだめは少し、違
和感を感じたが、それが何かもわからぬまま、千秋のモノがのだめの中に突き進んできた。
「あっ…はぁぁん…!あ、え…!?センパ、い…!!?」
今までとは比べ物にならないほど、快感を伴って、千秋の熱いかたまりが、自分の中に入り
込んでくる。いつもの少し冷たい、痛みを伴う挿入とは全然違う。感じたこともない快感と
、困惑が、のだめのなかで渦巻いた。
「はぁぁ…!!せ、先輩…!!生…デス、か…!!?」
「そう」
「あ、ああぁん!!、でも、まずい…ですっ、ヨ…!!んん…!!」
「大丈夫、出すとき抜くから」
「で、でもっ…!!ん、んんん!!あっ、はぁ…!!」
「気持ちいいだろ?」
「で、もっ…!!はぁ、はぁぁん…!!」

564 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:40:37 ID:3nud05hC
のだめは抗議しようと思ったが、あまりの快感に、まともに考えることができなかった。ま
ずいとは分かっていても、何もできない。ただ首を振り、拒否は一応示すが、これまでにな
い快感に、自分の中心が今までの行為とは桁違いなほど、うずくのも本当で。
求めてしまう自分を、抑えることができない。
千秋はさっきと同じように、のだめの腰に手を添えると、力強く最奥まで押し込んだ。そし
て同じように、のだめの腰をしっかり支え、もう片方の腕でのだめを強く抱きかかえると、
のだめの中をえぐり回すように、腰を動かす。
「あ…!!ああ…!!はぁぁん!!あぁぁ、セン、パイ…!!あんん!!」
しっかりと前戯で仕込まれたのだめの体は、千秋の意図以上に感じるようだ。あまり時間も
かからず、絶頂を迎える。痙攣を起こし、すごい力で締めつける。自分もイきそうになった
千秋だが、全力で耐え、イったのだめをさらに蹂躙した。
「はぁぁ…!あぁ…ん!!セン、パイっ…、のだめ、もう…っ…!!」
片方の手でのだめの胸を揉みしだく。腰は複雑な動きを加え、痙攣を起こし続けるのだめの
中でさらに蠢かした。
「あぁ…!!はぁ、ダメ…!も、だ…め…!!んん…!!んんん…!!」
のだめの首はのけぞり、宙に浮いた足は千秋の動きに揺らされるだけ。指はシーツに絡まり
、痙攣するように震えている。首は自分の意思とは関係なく、左右に振れ、悶えることしか
できない。声はかすれ、限界を訴えるが千秋は動きをやめなかった。
「ん…!!んうぅ…!は…ぁああ…!!ああ…ん…んんぅ…!!」
のだめの中の痙攣は収まらず、立て続けに伸縮をつづけた。千秋は限界まで我慢したが、
寸前で抜き、シーツの上に自分を解き放った。
「…あ……ハァ…ん、ハァ…」
「ハァ…、フゥ」
お互い荒い息を吐き出しながら、しばらくベッドに横たわる。
(………そういえば…)
千秋は引越しや新居の用意、公演などに忙しくて、しばらくのだめと寝ていなかったことを
思い出した。出したにもかかわらず元気なままだ。
「…はぁ、はぁ…、っ、え? せんぱいっ、ちょっと待…あ!」
ぐったりとベッドに沈み込んでいたのだめの体を仰向かせ、簡単に開かせると、再び自分を
飲み込ませた。
「あ…あ、あぁんん…!待っ…て…っ!あぁ…ん!!」
のだめの額から汗が伝う。あまりに感じすぎて、苦しそうな表情をしていたが、千秋は
自分を止められなかった。

565 名前:名無しさん@ピンキー[]:2007/04/22(日) 22:41:16 ID:3nud05hC
今度は抽挿をはじめる。のだめをベッドに押し付けるように、両の胸をもみしだきながら、
深く抜き差しする。生なので自分の快感もいつもの倍以上だ。
「あ…ああ…!あんん…!!はぁ、あ、んん…!!」
「ん……!ふっ…」
もうのだめはどこにも力が入らないようだった。仰向かされ開かされた体勢のまま、
なすがままに千秋を受け入れている。熱い粘膜だけが力を持ってダイレクトに千秋に絡みつ
き、うごめき続ける。
「…っ、のだめ?」
「は…あ……!は、い…?」
「気持ちいいか?生?」
「あ…は……い…っ、きも…ち…いっ!デス…っ、あ、ん…っ」
「…そうか」
言うと千秋は、体を折り曲げ、のだめの胸に吸い付いた。
のだめの背に手を入れ、のだめを起こすと、のだめの胸を口で攻めながら、腰を手で押さえ
動かし続ける。
「は…ぁん…!だ…め…、もう…っ!はぁあ、のだ、め、げんか…っい…!っ…」
あそこだけでなくのだめの全身がひくひくと痙攣する。
お手柔らかに、ののだめの要望はあっけなくスルーされ、千秋がやり終えたことを認識する
かしないかのうちに、のだめは意識を手放した。



566 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:42:27 ID:3nud05hC
---
「千秋先輩は鬼デス!悪魔デス!!」
「…いつかも聞いたな、その台詞」
「なに落ち着いてるんですかっ!のだめ授業3回休んだら、退学なんですよ、タイガク!!」
「だから起こしてやっただろーが」
「……そういう問題じゃないですヨ!!のだめピアノの練習するっていったじゃないですか!!」
「だから練習できる時間取れるように、早めに起こしてやっただろ?」
「……ムキー!!だからこの状態で、どうやってピアノ弾けと!?」
「だから今、CDで聞かせてやってるじゃないか。聞けばいいだろ?お前の場合」
「ヨーダはそういうの見抜くんですよ!!そう甘いもんじゃないんデス!!」
「聞いた後で練習すりゃいいだろ?」
「……ぼきゅー!!!先輩はのだめをバカにしすぎです!!」
案の定足腰が立たなくなったのだめを、学校まで車で送りにいく千秋であった。
「バカになんかしてないだろ」
「軽く扱いすぎです!!もう先輩の部屋には行きません…!!」
「…そう?」
「そうですヨ!!もう別居です!!離婚です!!!」
「…その台詞も、いつか聞いたな」
「のだめ本気ですよ!?」
「つーかもう別居してるじゃねーか。そもそも同居してねぇし」
「…うぅ〜!!そういうの屁理屈って言うんですよ!!」
「どこがだよ…」
早朝のパリに、痴話げんかとしか思えない日本語がこだまする…。
「………ホントに?」
「………へ?」
「ホントに、もう、俺の部屋には来ないわけ?」
「……………う…ぅ…、それは……」
千秋はのだめに顔を寄せる。のだめは警戒して、身を引いた。
「のだめ」
「なっなんデスかっ」
「……たまには来いよ。昨日みたいになりたくないなら」
顰めた千秋の声に、のだめは真っ赤になった。
「………むきゃーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
立たない足腰はどこへやら、奇声をあげてコンヴァトの練習室に突っ走るのだめであった。

567 名前:554[sage]:2007/04/22(日) 22:43:36 ID:3nud05hC
終わり
なんか最初のほう改行失敗してるし、なぜか途中でageた…なぜ?orz
日干しにされた自己中千秋の末路を書いてみました
んでは

568 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 22:44:58 ID:QKvE+4tS
避妊の知識が全く無い千秋様に萎えた

569 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 22:46:29 ID:HQqB3Knx
生かよ。
がっくり。
最初に書いてくれ。
読んで損した。

570 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 23:18:47 ID:INdXydqY
>のだめをバカにしすぎです!!」

…笑えない

571 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 23:23:02 ID:xRB+DhCM
みんな生に厳しいな。私は面白かったよ。GJ!

ただ、最初に一言書いてあった方が良かったかもね。ちょっと前にもそれで揉めてたから。

572 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 23:31:23 ID:LOR5epoH
話しの流れ上しかたないなら生でもありかな?と思うけど、今回の場合なら、先に一言付けた方がよかったかも。
嫌な人かなりいる訳だし。

573 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 23:36:13 ID:6Uoe0LYc
千秋目線だったのがいきなり第3者目線に変わっていて、ちょっと読みづらかった。
あと、改行の位置をもっと考えてくれ。

バカにしすぎ、軽く扱いすぎ、まさにそのとおりだとオモタ。
書き手の人が千秋ものだめも、って意味で。

574 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 23:39:16 ID:cUe1oMKc
つい最近あれだけ揉めたのに事前表記なし>生
しかも内容もさっぱり

575 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 23:52:03 ID:Iqb/fU+t
スルーできない位ダメダメです。
生、しかも練習サボらせる千秋。全然性格把握してないでしょ?
エロパロだからって、やりゃあいいってもんじゃないだろう?
駄作ですね。

576 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/22(日) 23:58:24 ID:aYETDqro
わざとかよってくらい逆ツボを付いていてポカン…

577 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 00:17:55 ID:a4ocTC4v
すごいなこれはw
ここのとこ物議をかもした作は色々あったが軽く更新したな。

578 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 00:23:24 ID:Nxqi3XyZ
>「だから今、CDで聞かせてやってるじゃないか。聞けばいいだろ?お前の場合」

原作でも近いセリフがあるけど、使う場所がこうも違うと
まったく原作と違ってしまう。

前半は良かったですよ。

579 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 00:28:04 ID:Fl++t3x+
本当に書き手に厳しいよなー、ここ

580 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 00:35:54 ID:uJK9p6RW
それだけ原作のキャラが確立していて、原作そのもののキャラを大事にしているって事。
名前だけすりかえたようなエロパロは要らない。
あの原作のキャラのままで、エロが読みたい。
だから、キャラの人格がずれると、厳しい意見が出るんだよ。

581 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 00:36:10 ID:+Yj7+CwA
自分は書けないくせに書き手に文句つけるなとか
気に入らないならスルーすればいいだけの話し、と言うけれど

流れやルールも読めない作品の書き手は、自分がスルーされてる空気も読めてないように見えるから
(少ないGJにだけ「GJありがとう!がんばってみました」で否定は無視)

こっちもつい苛ついて、言いたくもなってしまうんだ。仕方がない。

582 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 00:36:38 ID:wPjtGETj
しょうがないでしょ書いた本人も覚悟の上だったようだし
評価分かれるっつーか、分かれてはいないけどw
ここって普通に下手でもスルーしてくれるけど空気読まないとボロクソだから

583 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 00:41:41 ID:uJK9p6RW
>自分は書けないくせに書き手に文句つけるな
こういう書き込みよくあるけど、いちいち「私は○○を書いた書き手ですが言わせて貰います」
なんて誰が書くんだよw
書けないくせに、なんて決め付けもおかしいよな。
書き手が「それはねーよ」って名無しで突っ込んでる可能性だってあんのに。

584 名前:名無しさん@ピンキー[眠いsage]:2007/04/23(月) 00:46:25 ID:D9piIiER
生じゃなくても違和感あったろうねー。


ハイ、じゃ次の作品ドゾ↓

585 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 00:51:04 ID:0gegPLZU
>>579
確かに制約はある。それは「のだめ」ワールドへの愛情でしょ。
読み手としては、なるべく本来のキャラを活かしたSSがいい。
書き手としては、原作から離れたカップリングや凌辱系は読み手が嫌うし(自分も嫌)イメージ湧かないから書かない。
書き手がいなきゃなりたたないが読み手がいなくてもなりたたない。
そこら辺考えて、投下前にもう一言必要だったんじゃないかな。


586 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 00:53:42 ID:a4ocTC4v
>生じゃなくても違和感あったろうねー。
そのとおり〜

587 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 01:34:21 ID:beEy36ME
ゴムでも、生でも、外だしでも、生中出しでもいいじゃんよ。
色々、あって面白いじゃない、毎回ゴムなんてつまんないよ。
なんで、避妊でそこまでナーバスになって、職人を責めることもねーだろ。
そのあたり、理解できん。
気に入らなきゃ華麗にスルーしろよ、半年以上ロムてけどこのやりとり飽きたよ。
作品とキャラクターに愛情もつのは良いけど、職人の作品の千秋がゴムつけ生ぐらいどうでも良いじゃん、それぞれの千秋の下半身の事情にいちいち
ケチつけんなて感じ、特にこのレスの住人は息苦しい。
原作そのままの千秋、のだめで読みたいてのは分かる気がすけど、それぞれ個々のイメージがあると思うし、こうならなを萌えるとか有ってもイイと
思うけど。
生でも、ゴムでも、外でも、パイずりでもフェラ、顔射でも、お口でごっくんでも、職人が書きたいものを書けばいいし、それに対して評価が付かないが付くは技量しだい。
制限をかけるようなのはやめてくれ、と言いたい。

長くなってすまん、554さん、自分的にGJ !!です。


588 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 01:42:39 ID:Y/qWiry9
私も生でもなんでも気にしないです。
萌えシチュが入ってれば。
あんまり制限しすぎて投下がなくなるのが寂しいし
職人さんには最初に傾向を表記してもらえばいいかと思います。

589 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 02:18:52 ID:gOP7ywIA
>>587
逆ギレで自演かよw
生がどーとかだけで叩かれてると思っているところがとんでもない勘違い

590 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 02:19:48 ID:WgiWpJDM
パロなんだから生でも出来ないでしょ
書き手が望むまで
別にどっちでもいい

591 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 02:29:10 ID:XYX1xEwP
私、生は好きだけど
ナイスな理由付けが必要だと思う。

千秋が無責任じゃなければいいんだし。

592 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 02:48:57 ID:beEy36ME
587だけど。
554さんと自分は別人だから、自演でもねーよ。
生だけていゅか、お綺麗で真面目な千秋しか認めないて感じかなて思った。
野郎に汚さとか、狡さとか無いほうが喜ばれる?。
作品だけなら、気に入る、気に入らないはなおさらオトナな対応でスルーしてくれ。
文章が稚拙だとか、視点がぶれるのは職人の今後の努力だろし、キャラクター感はそれぞれだと重ねて言いたい。
自分も書き手だから投下するときは注意書きをするの厳守するよ。
出来れば、気持ちよく、色々読めて楽しみたいからね、居心地いいほうがいいし。
避妊は大切で重大な問題だけど、架空の人物にそこまで真剣にならんでもいいだろと、それ言ったらおしまいだけど。


593 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 03:16:37 ID:AF8m9hcB
投下の際には簡単にでいいんで注意書きしてね、てことで終了。

594 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 06:57:18 ID:lPGl1RA2
途中まで強引な千秋設定は面白かったんだけどゴム外した瞬間に正直萎えたw
いやいや、こういう自分の性欲の事しか考えないバカな男が出来婚しちゃうんだよね〜
時期外して外出しすればいいってもんじゃないだろwなんて突っ込んでしまったよ。
架空の人物にそこまで真剣にならんでもいいだろうという意見もわかるけど
千秋に限ってあり得んとやっぱり思ってしまう。
逆にそんな強引な時でも、のだめの為にちゃんとゴムを着ける千秋に萌えるんだよね。

595 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 07:50:05 ID:NkdoXxKV
皆さん、今回の休載が相当お辛いようで…かく言うアテクシも。
イライラしてしまいますよね
そんなときは、考えよう新たな萌シチュを!
立ちバックも、車中も以前に話が出てたけど、
作品的にあんまり無いシチュでつよね。

職人様、漏れはなんでもおいしくいただきますw


596 名前:名無しさん@ピンキー[]:2007/04/23(月) 08:33:52 ID:zRI3+ixQ
女体盛りって出たっけ

597 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 09:43:19 ID:Y/qWiry9
出てないけど、千秋が女体盛りするようにはとても思えないw

598 名前:544[sage]:2007/04/23(月) 09:59:11 ID:x2HgBU7P
うぉぉ…、ここまでこのスレを荒らす投下だったとは……orz
本当にスマン
早く新作出して、datの海に埋めてください
バレスレで出既婚の話の話が出たり、軽く扱いすぎ、とか出てたので、
つい調子に乗りました。本当にスマンorz
もう書きませんので許してください

599 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 11:14:07 ID:MHuwxRXz
スマンって…。
軽すぎ。
ここの雰囲気つかんでくださいね。
お疲れ様でした。

学生の本業は勉強のハズなんだがね。
生とか、練習サボらせるとかはいただけないと思った。

600 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/23(月) 11:23:50 ID:YsWYGyuT
内容見ながらそんな感じはしてたけど、ほんとに空気嫁ない人だったのか。
バレスレの雰囲気なんか持ち込まないでくれよ。
あっちはキャラのこきおろしの仕合で居心地悪い、でもここはマターリでいい。
そんな流れがあったのを知らないくらい新参ものなのか?


戻る 1- 前100 次100 最新50 動画 アダルト動画 ライブチャット