■戻る■ 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50  

のだめカンタービレ13

1 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 02:00:51 ID:Yk616Y5A
ここは、のだめカンタービレのエロパロです。
職人も住民もローカルルールを守りながら、まったりsage進行で行きましょう。

前スレ
のだめカンタービレ12
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1171713809/
のだめカンタービレエロパロ保管庫
http://un1travail2de3dieux.web.fc2.com/index.html

※容量が500KBを超えたら書き込みできなくなるので、そのまえに次スレを立てましょう。

過去スレ、ローカルルールは>>2-4を参照。


2 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 02:03:12 ID:FJ7Le4pZ

◆職人向けローカルルール◆
・投下は完成してから一気に
・他の書き手の投下中に投下しない
・固定ハンドル&トリップ推奨(タイトル入れると最強)
・全レス返し・感想キボンは鬼門
・長編は自サイト・自ブログで
・パクリは逝ってよし
・カップルや内容の傾向は明記

◆住人向けローカルルール◆
・過剰マンセーは×、感想は簡潔に
・萌シチュのリクはOK、ただしスルーされても泣かない




3 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 02:03:46 ID:FJ7Le4pZ



過去スレ

のだめカンタービレ11
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1167583871/
のだめカンタービレ10
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1164532030/
のだめカンタービレ9
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1158801243/
のだめカンタービレ8
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1150995398/
のだめカンタービレ7
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1141572371/
のだめカンタービレ6
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1135775671/
のだめカンタービレ5
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1157787340/
のだめカンタービレ4
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1155475062/
のだめカンタービレ3
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1150261583/
のだめカンタービレ2
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1129389486/
のだめカンタービレ  
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1122293635/



4 名前:ローカルルール[sage]:2007/03/30(金) 02:04:01 ID:LAO7YS8B
◆職人向けローカルルール◆
・投下は完成してから一気に
・他の書き手の投下中に投下しない
・固定ハンドル&トリップ推奨(タイトル入れると最強)
・全レス返し・感想キボンは鬼門
・長編は自サイト・自ブログで
・パクリは逝ってよし
・カップルや内容の傾向は明記

◆住人向けローカルルール◆
・過剰マンセーは×、感想は簡潔に
・萌シチュのリクはOK、ただしスルーされても泣かない

5 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 02:05:04 ID:FJ7Le4pZ



関連スレ

(少女漫画板)【のだめカンタービレ】二ノ宮知子 第73楽章
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1174349787/
(難民板)【読者の叫び】のだめネタバレ36【ムキャァァァ】
http://ex20.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1174997296/
(クラシック板)のだめカンタービレ18th Auftakt
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1172249659/
(既女板)【のだめ】千秋真一に萌える奥様6【原作もオススメ】
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/ms/1165261123/

☆ドラマ、アニメ関連は自分で検索汁

6 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 02:18:20 ID:LAO7YS8B
ごめん、かぶっちゃった。
1乙。

7 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 02:46:25 ID:gLNeDsmd
乙!
飢えすぎ

8 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 03:57:16 ID:qB689sQJ
のだめカンタービレ@エロパロ板 過去ログ

http://eroparolog.h.fc2.com/

9 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 04:14:56 ID:oUukCCcj
>>1さん
乙です!

自分なりに書いてみたのですが投下してみてもよろしいですか?

10 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 04:27:55 ID:hH6WUMN4
どうぞどうぞ〜

11 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 06:58:00 ID:9hXgg5I+
>>1
乙です。
前スレがあとちょっと残ってるから
皆さんお気をつけて

12 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 10:06:54 ID:oUukCCcj
>>10さんありがとうございます。
それじゃあ投下します。
設定はサロコン終了後です。(エロはありません)
出来れば感想等いただければ幸いです。


13 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 10:08:58 ID:oUukCCcj
AM3:00。
すっかり遅くなってしまった。(ヴィエラ先生に飲みに連れ回されて)
やっぱりケータイにでない。
あいつ…もう帰ってるだろ。寝てるかもな…
オレは三善のアパルトマンへと向かっていた。
とりあえず謝って…それから今日のことを全部話そう。
オレは合鍵でドアを開けた。
………アレ?人の気配がしない。
「のだめーおーい」
…いないのか。
いや。この時間にいない訳がない。ここ以外のどこか…
とりあえずターニャの部屋を尋ねた。
「何よ千秋〜こんな時間に〜ハァ?のだめ?知らないわよ!そんなことで起こさないでよ!あ〜眠い。オヤスミナサイ!」
バタン!
乱暴にドアを閉められた。かなり機嫌が悪かった。フランクとユンロンも同じく。
まぁこんな時間に起こされれば誰でもそうなるだろうが。


14 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 10:14:22 ID:oUukCCcj
オレはアパルトマンから飛び出した。
どこにいるんだ?
ランベール夫人のところを出たのは電話で確認した。
だとすると………駅、か?
車を駅へと走らせる。
ホームのベンチにのだめは横たわっていた。
「のだめ!!」
返事が無い。寝てるのか…
近付いて寝顔を見て驚いた。
目の周りが信じられないくらいに真っ赤に腫れていて…それを見ただけでこいつがどれほど辛かったのかが一瞬で理解できた。
それと同時に罪悪感で胸がいっぱいになった。
とりあえずのだめをアパルトマンに運んだ。
そしてベッドに寝かせた時に寝言が一言。
「しん…ぃちく…の…ばか…」
夢の中でまでこいつを苦しめているのか。
感じていた罪悪感はさらに大きくなった。
「…でも…大…すき…デス…よ…」

今までさんざん言われたことのある言葉なのに…
今は他のどんな言葉より嬉しかった。
嬉しくて涙が止まらなかった。
今日はこいつが起きるまでココにいよう。
そして起きたらとにかく謝ろう。
こいつが許してくれるまで何度でも。
ずっと一緒にいたいから。

こいつを失いたくないから。


END


15 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 10:18:58 ID:oUukCCcj
短いですが以上です。
自分の妄想を書いてみたのですが…
どうでしょう?

16 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 10:36:24 ID:xIZADtj9
前スレのいやな流れは引きずりたくないんだけどさ
ここはエロパロ→ちょっとでもいいからエロポイントいれてくれ
やっぱり今は本誌ネタいやだな




17 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 10:41:56 ID:RcOrebrj
なんでここの読み手って偉そうなのばっかりなの…?
あれはだめこれはだめって言い過ぎじゃない?
文句があるなら自分で書け。

でもエロ入れてほしいには同意するw
>>14乙ですた、次はエロもよろしく〜。

18 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 11:09:31 ID:CBTVOY+I
本誌補完っていうより、本誌ではまだはっきりしていない部分を書いていて
若干パラレル気味になってるから拒否反応起こす人が多いのかと。

19 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 11:12:19 ID:CBTVOY+I
あと、これくらいの短いのだったら前のスレがまだ40程残っているんだから
前スレに投稿した方がよかったかもね。

20 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 12:10:47 ID:REuz91JC
>>16
流れを引きずる=荒れ ならスルーしてればいんじゃないかな。サロコン後だって書いてくれてるし。
=欝SSが嫌という意味だったまた違うけどね。

他の人と同じくエロ風味があった方がいいのは同意。だからサロコン後の補完はムズカシイ…のだ。

21 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 12:38:11 ID:Gi7JTYgI
補完というのは、描かれてない隙間を埋めるものだから、
上のは補完じゃないし、只の未来への希望でしかない。
補完の意味間違ってる書き手が結構いるけど。
前スレでも、今の本誌展開に絡まないもので、欝気分を飛ばそうと
言っていただけに、空気嫁ない投下でしかないし。
基本の「萌え」がないじゃん。だからいろいろ言われる。

22 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 12:40:17 ID:Gi7JTYgI
しかも感想求めてるじゃないか。
>2を読んできたらどうだ。

23 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 16:39:44 ID:BytoSWTA
エロ風味ありで昔のエピソードから拾ってきていいですか?

24 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 16:44:41 ID:CBTVOY+I
そういうのキボン

25 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 16:45:28 ID:uOLs0QAD
前スレの男装のだめリレーは結局続かないの?

26 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 17:25:50 ID:lJXDq7IN
千秋が嫉妬するストーリーが読みたいです‥

27 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 20:23:17 ID:MZaQMqTc
>>14さん、乙でした。
千秋、フランスといえど飲酒運転はイクナイですよ
それからパリ夜中のベンチなんて物騒すぎです。
のだめ絶対無事じゃ済まないです。今度かくときには、
せめてアパルトマンの敷地内くらいににしてあげて。

過去話か、ちあのだ以外のカポーで読んでみたいです


28 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 20:53:58 ID:Gb+SsPZE
せっかくの新スレ、雰囲気悪くしたくないですね。
やっぱりここはエロありのリレーを進めるのが無難ではないでしょうか。
単体投下だと、書き手個人が色々と責められてしまう可能性が普段より増している様なので……。

今は投下したくないっていう職人さんも多いようだから、リレーを始めてもあまり
進まないかもしれませんが、前スレ後半の状況が続くよりは良いですよね。
あまり鬱にならず、まったりと休載期間を乗り切りたいものです。

29 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 20:55:44 ID:U5hmcZ0z
リレーやってみたいけど最初のネタが思いつきません
誰か最初のきっかけを下さい〜

30 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 21:14:10 ID:qrdXFUoR
リレー…自分はノクターンの後か
前スレにあった『サロコンまではお泊まりしないのだめ』の話から、
「充電のために一回だけ泊まる」(←久しぶりだから濃厚だろうな)…みたいなやつを読みたいなと思います。

31 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 21:16:44 ID:REuz91JC
リレーなら個人が叩かれないからいいかもですね。
どんなシチュがいいのかな。
前スレのコスプレのだめは続かない?

32 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 21:32:31 ID:TzhQE+/J
とりあえず、前スレ埋めません?
リレーはそれからでも・・・

33 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 21:50:11 ID:YqxIPD4c
自分もシチュに苦しんでます。
オーソドックスに誕生日とか行事で考えてるんですけど、
ズレてていまいち萌えない。
産みの苦しみ。


34 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 22:16:28 ID:qrdXFUoR
コスプレまではいかなくても、
着替えがなくて、千秋の白シャツ一枚はおってるだけでもかなり萌えな姿ですが…
いかがでしょ?

35 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 22:37:59 ID:7h21IMh3
それ萌えるw

36 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 23:52:38 ID:TywC8Hn1
水に濡れて透けちゃったりねw

37 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/30(金) 23:55:52 ID:sWs4oIKb
ノエル直後のニューイヤーの設定を希望。
パリで2人で迎える新年w。
前の年は大川で「あけましておめでとうございます」、今年は‥。

白いシャツはおってあけまして?‥とか。

38 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 00:01:41 ID:SzijCPs6
>>36
真一くん鼻血ブーw

39 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 00:09:44 ID:f33BsOFb
リレーの冒頭は思いつかない
パロ書いたけどエロじゃないので投下できない
萌えはあると思うんだけど・・・

こんな私はどこへ行けば?

40 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 00:28:21 ID:eHdC3e73
>>39
つ自ブログ

41 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 00:29:56 ID:yjhhByFP
>>39
ここで私と一緒に神を待つってのはどう?

42 名前:ミカン[sage]:2007/03/31(土) 00:36:19 ID:22n535sb
初めて投下しますー
千秋×のだめ、
6巻の卒業飲み会の後に踊りながらのだめの部屋に来た、というシチュでの妄想です。
エロくなったかどうか、自分ではわかりませんが…微エロ?


43 名前:ミカン 1[sage]:2007/03/31(土) 00:39:17 ID:22n535sb
「…ん…」

頭がガンガンに痛い。目を開けると、いきなりのだめの寝顔が視界に飛びこんできた。
オレはのだめの部屋のコタツに寝ていた。隣にのだめ。
・・・そうだ、昨日Sオケの卒業飲み会に出て…
朝の5時まで飲んでいたのに、さらに帰りにコンビニで大量の酒を買いこんで
「コタツで飲みたい」と言ってのだめの部屋に入ったことを思い出した。
コタツ机の上にはビール缶が散らばっている。
カーテン越しに光が差込んでいる。
ふとのだめの姿を見て…驚いた。
こたつ布団を肩までかけて寝ているが、その肩は素肌だった。

えええええっ!?
そっと、こたつ布団をめくってみる。のだめは上半身裸で寝ていた。
(なっ、なんでだよっ!?オレ、何にもしてないよな!?)
してないという確信はあった。自分の服は、スーツのジャケットを脱いだだけの
シャツとパンツのままだし・・・。
オレが脱がせた…?そんなハズは…
記憶の糸を必死でたどる。…そうだ、確か…
オレが先にこたつに横になった後、
「のだめ、ビールをワンピにこぼしちゃいました!着替えなくちゃ…」
とか、遠のく意識の中で聞いたような気がする。
着替えの途中で酔って、力尽きたのか?
確かにこのゴミの山の中から、酔っ払って着替えを探すのは面倒だろうが…
それにしたって…。
まだ酔いが残ってぼぅっとする頭をかかえながら、のだめを見る。
昨日は鈴木姉妹に「たまにはのだめちゃんもお化粧、してみない?」とメイクしてもらったらしく
ほんのりと目元と唇にメイクが残っている。
ちゃんとした格好して、黙っていればこいつも可愛いんだよな…。
さっき一瞬しか見なかったけど、胸も…結構あったような気がする…

しかし、どーすんだ?これ。
ここでのだめが起きたら、ぎゃぼー!とか言って、オレが脱がせたことになるんじゃないか?
それだけは困る!
適当な衣服をオレが着せた方がいいのか?
でも途中でのだめが目覚めたら…


44 名前:ミカン 2[sage]:2007/03/31(土) 00:41:37 ID:22n535sb
「んー…喉が乾きました…」のだめが目をこすりながら体を起こそうとした。
「まっ、待て!」体を起こしたら胸が見えてしまうじゃないか!

「?せんぱい…、ビールとって…」
「まだ飲むのかよ…」ウーロン茶を渡そうと思ったがビールと酒しかない。
仕方なくビールを渡すと、のだめは体をほんの少し起こして一気飲みした。
布団は体にかかったままだ。なんとなくホッとするオレ。
自分も喉が乾いたので、フタの開いてなかったビールを一気飲みする。
のだめはまた横になって目を閉じた。そうだ、自分も寝てしまおう。
そしてのだめが先に起きれば、勝手に服も着るだろうし、それで解決じゃないか?
と、のだめに背を向けて寝ようとしたその時、さらっ…と後ろ髪を指で梳かれた。

「!?」
振り向くとのだめの顔が真横にあった。
「先輩の髪、サラサラですね〜…」
いつのまにかのだめはオレの真横に入ってきていた。やばいだろ、こんなカッコで!
「ちょ、おまえ…」
「せんぱい…シャンプーの匂いがしますー」のだめはオレの首の後ろに両腕を回した。
のだめの胸が自分の胸に押しつけられる。シャツ越しにやわらかい感触が伝わる。温かい。
これは完全にヤバい!

自分の下半身が緊張しはじめる。
なんで、こんなところで、いきなり、のだめに…。
でも頭もぼぅっとしてるし、のだめも脱力したように首に手をまわしたままだ。
のだめの顔が自分の顔のすぐ横にある。吐息が耳にかかる。
「はぅん…」のだめはまだかなり酒が残っているのか、苦しそうな声を上げる。
「離れろって…」とのだめの肩に手をかけた時、
よろめいたのだめがオレの耳たぶにキスをした。
というか、よろめいて結果的にキスになってしまったという感じだった。
オレの耳に、やわらかな唇の感触が残る。


45 名前:ミカン 3[sage]:2007/03/31(土) 00:44:30 ID:22n535sb
「んー…」
のだめは、オレの肩に顔をのせて、気持ちよさそうな顔をして目を閉じた。
腕枕のような体制になった。
こいつ、わかってて誘ってるのか?
のだめの肩にかかっていた布団はいつのまにかはだけて、自分に体を預けるのだめの胸はすべて見えてしまっていた。
「えっ…」予想外に大きい胸にオレは驚いた。それに、白いし…肌も綺麗だし…
ち…乳首も淡いピンク色だし…
このガサツな女が、こんな女っぽい体をしていたなんて。
思わず、はだけついでに布団を下までめくってみると、紐のパンツを履いていた。ホッとするオレ。しかし、紐か…

オレの中で何かがはずれたように、気づくとオレはのだめの髪をなでていた。
酔っているからだ。酔ってなくちゃ、すぐにのだめを起こして服を着せてる。こんな格好させてない…。
もう少しだけこうしていたい気もするが、いったいどうやってこの場を収拾つければいいんだ…?

自分の下半身に緊張を感じ続けていたが、これも酔ってるから、朝だからであって…
「!」
髪をなでられていたのだめが急に顔を上げてオレを見た。
寝ているオレに、上半身裸でのしかかっているのだめ。
今度こそ意識覚醒か?と思ったが、目はとろんとしているので、そうではないのか…
「せんぱいの唇って、きれいな形ですよネ…」と顔を近づけてくる。
次の行動は読めたのに、オレは動かなかった。

その瞬間、唇が重なった。
(・…やっべー・…)
と思いつつも、自分から動くわけにはいかないとのだめの動きを待った。
5秒、6秒…のだめは動かない。俺の顔の上にのしかかって唇を押し付けてくるだけだ。
そうだよな、多分、こいつ、初めて…。しかも酔っ払い。
なんだか自分でもわけがわからないうちに、オレはのだめの頬に手を添えて
一度のだめの唇を自分の唇から離すと、また口付けしてのだめの下唇を自分の舌先で舐めた。
のだめは目を閉じたまま、「んっ…」と吐息をもらした。
やわらかい感触…。頭がしびれてくる。
のだめの頭を抱えて、のだめを下にして寝かせる。のだめの耳たぶに口づける。
頬にキスをして、また唇にキスする。のだめは起きているのか、いないのか…
薄く目を開けたり閉じたりしている。


46 名前:ミカン 4[sage]:2007/03/31(土) 00:45:58 ID:22n535sb
気づくとオレの手はのだめの胸にのびていた。そっと、のだめのふくらみを包み込む。
見た目通りの、やわらかくて、手のひらにしっとりとはりつくような感触。
小さなピンク色の乳首を指先でちょっとつまみあげると、のだめは目を閉じたまま
「あっ」と小さな声を上げて体をよじった。

なんなんだ、どーすんだ、オレ?何やってるんだ?このままやっちゃうのか?
酔ったはずみで、ごまかされるのか?いくら普段好き好きって言われててもこれじゃ強姦じゃねーのか?
そう思いながらものだめの乳首を口に含んだ瞬間、
のだめの携帯からにぎやかな着信音が鳴った。
プリごろ太のオープニングテーマだ。
千秋ははっとのだめから体を離して、こたつ布団に頭までもぐりこんだ。

着信音は10秒くらい鳴って止まった。メールだったのか…。
のだめは「うー…ん」と目をこすっている。
「はふ〜、寝ちゃいましたね…。」
「むきゃ!何デスか、このカッコは!」布団の向こう側で叫ぶのだめ。
オレは寝てる、寝てるんだ…。
「パジャマ、パジャマ…」ガサガサとゴミの山?を探る音が聞こえる。
しばらくたって、静かになったのでそっと布団から顔を出すと、
のだめはパジャマを着て再び眠りについていた。


47 名前:ミカン 5[sage]:2007/03/31(土) 00:46:48 ID:22n535sb
オレはさっきまで何をしてたんだろう。のだめの裸の残像も、唇の感触も、
まだはっきりとこの体に残っている。
あれは確かに事実だ。でも、のだめが覚えていないなら…。
オレにだってさっきの行動の意味が自分で説明がつかない。

オレはまたビールを1缶一気飲みして、眠ることにした。
のだめが覚えていたら、どうすればいいんだろう…?

「しんいちくん、でんわ…、起きてぇ」のだめに体をゆすぶられた。
竹叔父さんからの電話だった。
それにもあせったが、のだめが先に竹叔父さんからの電話に出てしまったことにも…。
「電話…だれからですか?」
のだめはまだ寝ぼけてるがけろっとしている所を見ると、あの事は覚えてないらしい。
「なんでオレ、おまえの部屋に?」と聞いてみた。
「え〜 おぼえてないんですかあ?」と笑うのだめ。
おまえこそ覚えてないのかよ。
…まあ、いいや。
とりあえず、竹叔父さんの家に行かなくてはー…。
まだのだめの唇の感触が残る自分の唇をぬぐいながら、オレは支度を始めた。


48 名前:ミカン [sage]:2007/03/31(土) 00:47:55 ID:22n535sb
以上です。
ちょっと色々つじつまが合わなくてスミマセン!
もし、パリでのぼへキスの前に酔ってキスしちゃってたら?なんて考えて
コタツが好きなので書いてみてしまいました。
それでは・・・。



49 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 00:55:11 ID:51qs39lz
いやー。素敵です!
GJ


50 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 00:59:27 ID:k0tyqWcz
GJ

51 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:01:58 ID:2NveAqvg
>>40
自ブログはめんどくさい…
>>41
wktkしてお待ちします

いつかエロがなくても受け入れられる日を待って、置いておこう…
いつかのこのスレのように…

52 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:10:03 ID:1DK1tQYA
ミカンさんGJ!
日本編でエロ、イイヨ〜。

53 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:10:34 ID:KTyIg5zc
あっー!私も音大時代のSSを書き始めたところだったのに!!
先を越された……ウツだ死のう orz

それはともかくミカンさんGJでした!!やっぱり音大時代は萌えますねww
これでスレ内の空気が変わってくれるといいなー。

54 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:21:02 ID:1DK1tQYA
リレー始まる前に、ひとつ投下…

千秋×のだめ
のだめがピアニストデビューして数年後…です。

55 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:21:55 ID:wvLfOLi+
GJ! 情景が目に浮かぶような描写でした。
ここのところ本誌がアレでさすがにちょっとパロ読むのも辛かったけど
そんな気持ちを吹き飛ばしてくれてありがとう。

56 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:23:31 ID:1DK1tQYA

「真一、のだめさん、今回の公演も大成功おめでとう」
竹叔父さんと善彦、母さんが楽屋を訪れた。時々こうして、オレたちの公演を聴きに来てくれる。
「やっぱりのだめさんとの時が、1番いいんじゃないかな?」
「ムキャー、善彦くん、ほんとデスか?」
「のだめさん、いい歳して抱きついてこないでよ」
クールに退けられて、のだめは不満そうだ。
「あれ、そういえば由衣子ちゃんはどしたんデスか?」
…そう、オレも気になっていた。いつもなら真っ先に飛び込んでくる由衣子がいない。
「それは…」
三人とも口ごもる。…何なんだ?
「あの…由衣子ちゃんは、途中まで一緒だったんだけど、お友達のリサイタルがあるからって…」
母さんが、遠慮がちに答える。
「友達?パリに…?」
「…あっ」
のだめはピンときたらしく、母さんとアイコンタクトしている。
「で…誰?友達って…」
オレの声音にマズイと思ったのか、母さんが再び口を開いた。
「リュカ・ボドリーさんって言って…。真一も知ってるでしょ?」
「リュカ…?」
リュカって、あのリュカ?
振り返ると、のだめはフィっと視線を逸らした。




57 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:24:52 ID:1DK1tQYA

「おまえ、知ってたわけ?」
部屋に戻り、風呂からあがってきたのだめに聞いた。
「由衣子ちゃんデスか?えと…去年、公演に来てくれた時に楽屋であったんですよ。それで、二人とも歳も近いし気があったみたいで…。由衣子ちゃんだけでパリに来た時に、会ったりしてたみたいデスよ?」
「………」
「先輩…そんな、まだ、お嫁に行く訳じゃないんデスから」
「嫁って…由衣子はまだ……」
そこまで口にして、ため息をついた。結婚には早いかもしれないが、恋人がいたっておかしくはない。
「先輩…」
「何?」
「のだめが産んであげますヨ。かわいい女の子」
き、急に何をいいだすんだ!?たしかに子供がいてもいいが、ピアニストとして順調に活動を続けるのだめの事を考えて、避妊には細心の注意を払っているのに。
「先輩に似たら、綺麗な女の子になります。征子ママに似れば、かわいい子に」
…こいつ、本気か?
「……おまえに似るかもしれないぞ?」
「ムキャ…それは……」
真剣に考えている様子がおかしくて、思わず笑みがもれる。

「大丈夫…おまえに似てても…」
「先輩…?」
オレは、風呂あがりでほんのり色づいたのだめの頬に手をのばし、唇を重ねた。





58 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:26:05 ID:1DK1tQYA

公演前…特に二人でコンチェルトをする前は、馴れ合いと睡眠不足を防ぐために一緒に寝ない…。それが暗黙のルールになっていた。
だから、こうしてのだめに触れるのは久しぶりだ。
白くて、柔らかくて、吸いつくような感触を確かめながら、身体中に手をのばしキスの雨を降らせた。その度に、艶を帯び泣いたような声をもらすのだめが、熱く蜜を滴らせる。

「のだめにも…させて下サイ」
荒い息をしながら、のだめが呟き身体を起こした。
ふっくらとした唇を開いて、オレ自身に舌を這わせ、口に含んだ。
「……っ」
すっかりオレのツボを心得たのだめの動きは絶妙で、それでも時折気まぐれな動きをして、それがまた、オレの欲情を高めていく。
「おい…のだ、め……」
「…なんデスか?…あっ」
顔を上げたのだめの腕を掴んで引き寄せ、そのまま仰向けにする。
「もう…十分…」
「え…?」
「…ほんとに…いいのか…………子供…」
「…ハイ」
少し頬を赤らめうなずくのだめは、初めての頃と変わらない。
変態で………誰にも出せない音を出し、誰よりオレに音楽の喜びを与えてくれて、どんな女より魅力的な……。
こんな風に思っている事は、どうやっても伝えられないし、気恥ずかしくて伝える事もできないけれど…。

腕の下でオレを見つめるのだめにキスをして、舌を絡めとる。
「んっ、ふぅ……ん。んんっ!」
咥内を味わいながら、オレは自身をゆっくりのだめの中へ沈めていく。
「んんん…っ」
背中に回された手に力がこもる。
勢いに任せて…という事がなかった訳ではないが、こんな風にのだめと繋がることは…のだめがピアニストとしてデビューしてからはない事で…。直に感じるのだめの中が、熱くしめつけるようにオレを包み込み、それだけで堪らない快感がある。


59 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:27:19 ID:1DK1tQYA

抽送をくりかえす度に、絡み付き締め付けるのだめの中に、ゾクゾクと背筋に快感が走る。
「先輩…なんだか、スゴ…イ…です」
熱を帯びたのだめの声は、たまらなく色っぽい。
中をすりあげ突き上げるたび、吐息がもれいやらしい音が部屋に響く。
「先ぱ…い…あっ、ああっ…ん」
「のだめ……先輩、じゃ…ないだろ?」
「ハイ…あっ、んっ…しん、いちくん……ああっ」
身体のぶつかる音が、溢れる水音が、激しくなっていく。
「真一…くん、のだめ…も……ダメ…」
「あっ…ホントに…あああああっ!」
びくびくと、のだめがオレを締め付ける。
全身で愛しさを感じながら、オレものぼりつめていた。


息がととのうと、のだめがポツリと呟いた。
「先輩…赤ちゃんできましたかね…」
「…そんな簡単じゃないだろ…」
「そですか…」
「それよりおまえ、いいのか…?……ピアノ」
「子供がいても、ピアノは弾けますよ?」
「………まあ…そうだけど。…それから」
「何デスか?」
「いい加減、”先輩”はやめろ…」
…子供が”お父さん”じゃなく、”先輩”って覚えたらどうするんだ?とは言えず、それだけ言ったが、のだめは不満気だ。
「何だよ?」
「じゃあ、先輩も”めぐみ”って呼んで下さい」
「なっ、おまえはのだめでいーんだよ!」
「ムキャー、それはおかしいデスよ!」
「うるせー!」
オレは、まだ何かいいたそうなのだめを抱き寄せ、生意気な唇をふさいだ。



60 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:28:27 ID:1DK1tQYA

「真兄ちゃま、昨日はごめんなさい」
翌日、由衣子が訪ねて来た…リュカも連れて。
「由衣子ちゃん、リュカのリサイタルはどでしたか?」
「とってもステキだった。真兄ちゃまとものだめちゃんとも違うけど、由衣子は大好き」
「そですかー。良かったデスね、リュカ」
「うん。今回は同じ日になったけど、今度はのだめのリサイタルに行けるからね」
「待ってマス」
「のだめちゃんとリュカは仲良しだよね」
無邪気に由衣子が言う。
「同級生で先生ですから」
…のだめは、リュカが自分を好きだった事に気付いてないんだよな…。それがいいのか悪いのか…。オレは小さくため息をついた。
「むむ?先輩、由衣子ちゃんがリュカと仲良しで寂しいのは分かりますけど…先輩には、のだめがかわいい女の子を産んであげますから」
「おいっ!のだめ…」
思わず見ると、リュカが青ざめている。…結婚して数年たってもこれだから……。
「真兄ちゃまとのだめちゃんの赤ちゃん、由衣子楽しみ!ねっ、リュカ」
「そうだね…」
由衣子が気付いていないのが救いか…。
由衣子をとられるのは気に入らないが、変態の森の先輩として、リュカにも幸せが訪れるといい…のだめは渡さないが…オレは、本気でそう思っていた。



END

61 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:30:48 ID:1DK1tQYA
以上です。
あんまりエロになりすぎないようにしてみました。

では〜。

62 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:37:41 ID:hnYtQaIs
>>61
GJ!

63 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:39:23 ID:wSZrd3R1
GJGJ〜!リアルで読めてよかった

64 名前:ミカン [sage]:2007/03/31(土) 01:46:09 ID:22n535sb
GJをありがとうございます!嬉しいです〜。
今回は未遂だったのでそのうち別シチュで
最後まで、にも挑戦してみたい。

>>61さん
GJです!大人の2人もいいですよね〜!


65 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 01:48:10 ID:hnYtQaIs
>>27
>それからパリ夜中のベンチなんて物騒すぎです。
私も、のだめ危機一髪SSになるのとかと、本筋と関係ない部分に気になってしまった。
危機一髪で救い出すナイト千秋の話ならそれも美味しく頂かせて貰うけど。


66 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 02:13:10 ID:Z/PkGlJU
救世主ヽ(´▽`)/

67 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 04:08:11 ID:OU/m8VGK
現実というか、本誌ノリでは、千秋危機一髪で、
のだめがナイトとして活躍してそうだがなw


68 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 05:03:11 ID:KVtoGbtf
そんなヘナチョコ千秋イヤすぎる〜w

てか冗談でなく危ないよ。
いくら飛び蹴りが様になるのだめでも。
爺さんにナンパされても気付かない
抜けたとこもあるし危険。

69 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 06:13:45 ID:r1/wskyX
>>37
1ヶ月前からノエルの一週間後の年越の設定のを書いてたんだよ
びっくりしたあ…
年度末で忙しくて進んでないんだが
がんばりマスよ


70 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 10:54:13 ID:e+P74ofL
>>67
特に海ではねww
のだめが憧れる「もーばかばかぁー」って逆になるよね。

71 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 11:35:58 ID:SzijCPs6
>>61

gj!
でも「善彦」くんじゃなくて、「俊彦」くんねw

72 名前:61[sage]:2007/03/31(土) 13:06:39 ID:1DK1tQYA
GJ下さった皆様、ありがとうございます。

>>71
ぐはぁ、そうでした!
なんでそうなったのか…。スミマセン。よりによって名前間違えるなんて…orz
逝ってきまつ…

73 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 13:41:14 ID:AjcUfI9e
>>61
多分「三善」と「俊彦」がごっちゃになったんでしょ。w
GJです!

74 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 22:38:14 ID:rFg9+lGk
のだめエロ、書こうとしたけどダメだ…
どうしてもただのエロになってしまう
いやただのエロでいいんだろうけど、自分的につまんない…

75 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/03/31(土) 22:44:19 ID:/2o+WFzb
どんなエロでもいいですよ〜
投下キボン

76 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/01(日) 00:12:47 ID:CqGf2K0U
書き手さんが増えるのはうれしいんだけど、誘い受けもほどほどに。。
ただでさえ今言い方がきつい読み手が多いから、雰囲気悪くなりそうでやだな。
でも投下お待ちしてますよー

77 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/01(日) 00:36:41 ID:33D3gR3l
殺したいくらい腹たつことがあっても
ここに来ると癒されマスw

投下wktk



78 名前:37[sage]:2007/04/01(日) 00:41:48 ID:eqtkLmPb
>>69
おお!そういうこともあるんですね〜
年度末、お疲れさまです
気長にお待ちしてマス

79 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/01(日) 02:20:37 ID:HZvlqhRr
これ読むと、リュカと由衣子ちゃんも読みたくなってしまう
贅沢かな〜

80 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/01(日) 12:34:24 ID:mtmTl9Ho
>>79
リュカ×由衣子ちゃんでつか?
自分の中では、リュカはのだめがいつまでも初恋の特別な人でいて欲しいので、具体的に書くのは難しいです…

81 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/01(日) 13:23:05 ID:tJfaOdra
納得した頃に適当に投下すればいいよ>>74
でも誘い受けと思われるようなコメントはNG
投下後のコメントもアッサリで

82 名前:名無しさん@ピンキー [sage]:2007/04/01(日) 21:49:35 ID:9vbfkTWO
最近このスレで遭遇するでつまつ口調が気になる。
久しく見なかったけどwww

83 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/01(日) 22:45:45 ID:mtmTl9Ho
でつまつ駄目でつか?

…週末の間にリレー始まるかと思ったけど、始まりませんでしたね。ちょっと楽しみにしてたので残念でつ

84 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 00:43:30 ID:meKsWmvH
昨日今日は関東人は花見で忙しかったんでつよ…

85 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 01:04:33 ID:VrQblIho
夜桜見ながら、のだめと千秋の夜桜デートを妄想してまったやないか。


86 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 01:33:51 ID:itqs25UG
お花見デート いいでつね
パリでもお花見できるんでしょうか?


87 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 05:42:34 ID:F2OP0BXw
投下します。千秋とのだめ

ノエルのとび蹴り事件後の年越

お初設定です

88 名前:オメデト その1[sage]:2007/04/02(月) 05:46:27 ID:F2OP0BXw
12月31日大晦日、23時20分。


のだめは朝から夕方まで千秋と一緒にのだめの部屋の大掃除をした。
夜は、千秋の手料理や買ってきたケーキやお菓子やワインと共に
こたつでテレビを見ながら千秋と年越しだ。
少しワインを飲んで、ほんのり赤い顔をしたのだめに千秋が言った。
「あ、のだめ、風呂入ってこい。掃除のあと入ってないだろ」
「ぎゃぼ、もうすぐカウントダウンデスよ…」
「せっかく部屋掃除したんだから、おまえもきれいにしてこい!」
「先輩入ったんですか?」
「俺はこっちの部屋にメシ持ってくる前に入ってきた」
「…わかりました。お風呂入ってる間に寝ないでくだサイね」
「カウントダウンだろ…。はいはい」
のだめはバスタオルや服を出してきてバスルームに向かった。


89 名前:オメデト その2[sage]:2007/04/02(月) 05:47:06 ID:F2OP0BXw
パリの町はどこもかしこも盛り上がっている。だが最近の大晦日は
盛り上がりすぎていささか危険だ。
夜の町へ行くより二人でゆっくり過ごすほうがいい。
ノエルの夜に喧嘩をして仲直りをして一週間。
恋人として初めて迎える新年。

「あ、先輩、寝ちゃ駄目っていったのにい」
のだめがシャワーから出ると、千秋がベッドで寝息を立てていた。
白いキャミのセットの上にピンク色のカーデガンを羽織ったのだめは
そっとベッドに腰掛けた。
千秋は目を覚ます様子もなく、すうすう寝息を立てている。
のだめはそうっと、千秋の頬にキスをした。
「今年もおつかれさまでした。」
そう言ってのだめは微笑んだ。あと五分で年が明ける。


90 名前:オメデト その3[sage]:2007/04/02(月) 05:48:23 ID:F2OP0BXw
「のだめ…」
小さい声で、千秋に呼ばれた。
「先輩…?あれ?起きてます?」
のだめが言うと、千秋はまぶしそうに目を開けた。
再び目を閉じ、のだめの手首を握った。
「…寝ろよ」
「のだめのベッドは二人は寝れないデスよー。のだめはおこたで寝マス」
「違う…」
千秋がのだめの手首を引っ張ると、のだめはベッドに倒れこんだ。
「うきゃ…」
二人の視線が会った。のだめは千秋を正視できず、すぐ顔をそむけた。
千秋はのだめの背中に手を回し、ぐっとのだめを引き寄せる。
「嫌か?」
のだめは首をぶんぶん横に振った。
「嫌じゃないデスよ・・・」
顔を真っ赤にして俯いた。
「じゃ、電気消すぞ…」
「待って、カウントダウンもうすぐデス…」
10、9、8、7、6、5、4、3、2、1…
「あけまして…ん」
のだめの唇が千秋の唇で塞がれた。いつもの軽いキスではなく、初めての、キス。
そっと目を瞑ると、舌が入ってきた。のだめはとりあえず、からめるのが精一杯だった。

とうとうこの日が、やってきた。


91 名前:オメデト その4[sage]:2007/04/02(月) 05:49:36 ID:F2OP0BXw
電気を消した千秋がベッドに戻ってきた。何も見えない。
二人とも布団にもぐると、すぐ千秋はのだめのほうへ体を向けた。
長い指で髪を撫でられた。
「お前また髪ちゃんと乾かしてない…」
「は、ごめんなさい…」
「風邪ひくぞ」
「はい…」
千秋の顔が覆いかぶさってくる。唇が重なり、手がのだめの頬をそっと撫でる。
緊張のあまり、のだめは千秋の服ををぐっと握り締めた。

耳たぶを噛まれ、首筋に唇が這うと、のだめはぎゅっと目を閉じた。
服の下から千秋の手が入ってきて、のだめの乳房に触れた。
そのままするりと服を持ち上げ乳首が舌に包まれる。
「ひゃっ…」
言い様のない感覚に体がこわばり、息が苦しい。
千秋の服を握り締める手に力が入ると、千秋はそっとのだめの手を握った。
「そんなに緊張するな」
「無、無理デス…」
千秋はのだめの手をベッドに押し付け、再び乳首を口に含んだ。
「はあ…ああん」
全身の神経が胸に集中したかのようだった。
羞恥心と気持ちよさの間で心が揺れる。
ねっとりと舌がまとわりつく感覚がしばらく続くと、子宮の奥が熱い感じがした。


92 名前:オメデト その5[sage]:2007/04/02(月) 05:51:39 ID:F2OP0BXw
少し目を開けて、暗闇の中の千秋を見た。
ただ黙々とのだめの乳房を愛撫している。
ちゅっ、ぴちゃっという音が暗闇に響く。
長く恋焦がれた人に愛され感じさせられていることに、かあっと全身が熱くなった。
「し、しんいち…んん」
苦しげに千秋の名をを呼ぶ唇が塞がれ、ピンク色のカーデガンとキャミを脱がされた。
さっと右手がのだめの下着の中に入り、秘部に触れた。
「いやっ」
足に力が入り、左手で千秋の服をぐっとつかむ。
「緊張するなって…力抜いて」
あっさりと下着を脱がされ、足を開かされた。
「し、下見ないで、お願いしマス…」
「どうせ真っ暗でわかんないけど…わかった…みないから」
のだめのそこは充分濡れていて、愛液を突起に塗りつけ、円を描くようにこすってやった。
「はああ…ん」
羞恥心が邪魔をするのか、小さな小さな声で、喘いだ。
音楽を奏でるかのように、強弱をつけ速さをかえ、やさしくそこを愛撫すると、
とめどなく蜜が溢れてくる。
「んっ…んっ」
だんだん身体の力が抜け、少しづつ足が開かれていく。
するっと何かが膣に入ったような気がした。のだめはタンポンも使ったことがなく、そこに何かが
入る感覚が良くわからなかった。
ぐちゅ、ぐちゅっという音にのだめ自身が驚き、恥ずかしくなった。
千秋の指がだんだん激しく動き出すと、体まで動くような
力強い感覚が背筋を走る。
違和感があるも快感はない。最初はそんなものなのか、とのだめは思った。
「痛くないか?」
「痛くないですよ…」
千秋は指を九の字に曲げ、のだめの感じるポイントを丁寧に探す。
のだめの体はふんわりと、快感に似た感覚に包まれる。
「あ…気持ちい…デス…」
指を抜きくるくると一番感じるところを刺激する。
また指を入れGスポットを攻める。
何度か繰り返し、のだめから緊張が消えるのを待った。
のだめの息遣いに深い快感が見え隠れするようになり、千秋の興奮も増してきた。
「入れるぞ…」
「はい…」
ズボンから用意していた避妊具を取り出し、服を脱ぎ、準備をした。
のだめの足を開くとそこにあてがい、ゆっくり腰を沈めた。
充分とろけさせてはいたが、やはり入りにくい。


93 名前:オメデト その6[sage]:2007/04/02(月) 05:53:46 ID:F2OP0BXw
ぐっと奥まで入れてみる。のだめの頬に手をあて、撫でると、少し濡れていた。
「泣いてるのか?痛いか?」
「ちょっと、い、痛いです…でも痛いから泣いてるんじゃありまセン」
「やめるか?」
「いやデス!やっと先輩に…抱いてもらえたのに」
のだめがグスっ、と鼻をすする。
「ちょっと感極まっただけデス…」
千秋は指で涙を拭い、のだめの頭を撫でる。
「大丈夫…」
千秋のその言葉は、魔法のように、のだめのいろんな不安を消してしまった。


のだめの様子を伺いながらゆっくりと腰を動かした。
のだめが挿入の痛みから逃れほかに意識を向けられるように、
左手は胸を、右手はクリトリスを愛撫した。
「あっ…ん…」
腰を動かしても気持ちよさそうな声がするようになり、千秋はほっとした。
体を抱き起こし、座位になった。のだめのほうからキスをしてきた。
両手で涙を拭ってやり、乳房を持ち上げるように揉んだ。
「んー…ふふ」
のだめが笑っている。もう緊張はすっかりとけているようだった。
「何だよ…?」
「ちょっと不思議な気分がしただけデス…先輩と、こんなこと」
「俺も不思議…」
胸を揉みながら親指で乳首を刺激すると、いとも簡単に硬くなる。
なんとも言えない甘い声を出し、体をよじらせる。
右手でクリトリスをこすると上半身が揺れ、のだめの中がぐっと締まった。
「うわ…」
強い刺激にたまらず千秋は声を上げた。
左手をのだめのヒップに回し、ぐっと掴み上下に揺らす。
「動いてみて…?」
千秋の問いかけに、のだめは実際に動いて答えた。
ぎこちなく、精一杯動かそうとしているのだめは、可愛かった。
千秋はクスリ、と笑った。
「む、むずかしいデス!」
「まあ、そのうち…」
体を倒して再び正常位に戻す。
動きをだんだん激しくしていく。のだめが痛みをこらえてるのかどうかが
真っ暗で表情が見えないため、わからない。
「痛くないか?」
「だいじょぶデス」
のだめは、本当は少し痛かったが、千秋の体の重みが心地よく、それに酔っていた。
意外なほど重たかったのだが、ほっとするような、暖かさと、安心感に包まれた。


94 名前:オメデト その7[sage]:2007/04/02(月) 05:55:19 ID:F2OP0BXw
千秋はだんだんと上体を起こし、奥を突いて、のだめの反応を伺ってみる。
体の中心に響く重たい刺激が、ずしんずしんとのだめを打つ。
「はああ…すごい…」
「何?何がすごいって?」
息を切らせながら、千秋が聞いた。
「奥が…奥がすごい…デス」
その時、千秋の興奮が頂点に達した。
「あっ…」
のだめの中で一気に果てる。のだめは天井を見つめ、千秋のそれの躍動をじっと感じていた。


95 名前:オメデト その8[sage]:2007/04/02(月) 05:56:34 ID:F2OP0BXw
落ち着くと、のだめをぐっと抱きしめた。
「大丈夫か?」
「はい…」
のだめは自分の上に倒れこんでいる千秋の背中を撫でている。
「…あけましておめでとうが言えてないデス」
「うん…オメデト」
「おめでとうございマス…」
千秋は体を離し、後始末を始めた。
「のだめ…風呂はいる?寝る?」
「こたつに入ります。お腹がすきました…」
のだめは千秋にきれいに拭いてもらい、また服を着た。
電気とテレビを付けて、水を飲んだ。さっきまで愛しい男に愛されていた
身体のほてりがおさまらず、自分の頬に手をあててみる。
陰部になんとなく、痛いような、ひりひりした感覚が残っている。
改めて自分が処女でなくなったことを実感し、はああとため息をつき、
こたつにもぐった。
「あっ…!」
千秋の叫び声がするので、振り向くと、シーツを引っ張っている。
「どしたんですか?」
のだめはあわててベッドにかけよった。
「血が…ついてる」
「あ…」
うす赤いこすれたようなしみがシーツに何箇所もついていた。
二人は赤い顔をして見つめ合った。
「これって…はじめてだからか?」
「…でもホントに血が出るなんて思わなかったデス…」
「おれも…」
のだめがクスっとわらった。
「なんか、はじゅかしーデスね…」
千秋は一瞬、嬉しいような悲しいような表情をして、のだめを抱きしめた。
「せん…ぱい?」
のだめの背中に回した腕に力が入る。のだめが苦しいほどだった。
千秋は何も言わず、じっと抱きしめ続ける。
言葉を発しなくても、千秋の愛情の深さがのだめには伝わっていた。


96 名前:オメデト その9[sage]:2007/04/02(月) 05:57:17 ID:F2OP0BXw
音楽家として、友人として、恋人としてかけがえのない存在。
お互いが決して手放してはならない人。
ずっと前から気づいてはいたが、踏み出せなかった千秋。
一心に彼を想い続け、やっと願いのかなったのだめ。
すべてを言葉にしなくても、通じ合えるふたりは
じっと、互いの身体の暖かさと、余韻にひたっていた。

しばらくして、千秋が言った。
「朝、カフェ開いてるかな?」
「元旦から開いてますか?」
「あ、でも明日雪になるかも知れないな…」
「朝冷え込むんデスかね。でも寄り添って寝れば暖かいデスよ」

替えのシーツをセットして、二人は狭いのだめのベッドで、眠りについた。


97 名前:オメデト その10[sage]:2007/04/02(月) 05:57:54 ID:F2OP0BXw
終わりです。

98 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 06:07:33 ID:yO1cS5s5
朝からGJデス!

99 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 07:21:35 ID:RaEuGyCu
GJです!
公式のイラストからですよね?
あれ好きなんでドキドキしました!

100 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/04/02(月) 07:52:35 ID:XO4fPL4g
GJ!

のだめ千秋らしさが出ていてよかったよ。


戻る 1- 次100 最新50 動画 アダルト動画 ライブチャット