■戻る■ 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50  

のだめカンタービレ11

101 名前:969[sage]:2007/01/06(土) 23:27:27 ID:brkTQeKM
千秋は、のだめの息が整うのを待つと、すっかり潤んだその場所に長い指を差し入れていく。
「うっ…」
のだめの表情が曇る。
細い肩を抱きかかえるようにしながら、やさしく唇を食み、舌をとらえつつ、
やわやわと指を動かし、内壁を刺激してみる。
のだめの表情は曇ったままで、千秋の動きに合わせ吐息をもらすだけだ。
中に入った指の動きを続けながら、親指で突起を刺激する。
「はぅ…う」
甘い声と共に、刺激を受けるとのだめ自身が千秋の指を締め付けてくる。
新たな潤いが生まれて、中をまさぐる指もスムーズに動くようになる。
千秋は、そっと、指を増やしていく。
「んんっ…」
のだめの声は、苦痛を訴えている。それを裏付けるように、千秋の指は驚
くほどの強さで圧迫されている。
(きついな…)
初めてのとき、自分自身がここに入っていたことが信じられないくらいの締め付けを感じ、
苦しそうに表情を歪めるのだめが、とてつもなく愛しいものに思えた。
“ダイジョブ です。のだめ、先輩と ひとつになりたい…デス”
あの時、のだめは何度もそう言って、今日はもうやめようという千秋を抱きしめた。
(よく憶えていないらしいけどな…)
のだめの意識からは飛んでいるが、千秋にとっては忘れられない時間だ。
(この様子じゃ、あの日の再現になるんじゃないか…?)
一抹の不安を感じ、のだめの中をまさぐっている指の動きも鈍くなる。
「…ダイジョブ ですよ。そんなに…痛くない…ですから」
ふいにのだめが千秋に囁きかける。
(…痛いんじゃねーか)
千秋の返答が無いことに不安を感じるのか、のだめが続けて囁く。
「のだめ、先輩と ひとつになりたいん デス ヨ…」
千秋はまだ、躊躇している。
「ヘーキ です」
のだめは千秋の頭に腕を回し、ゆっくりと囁く。
「先輩は…のだめを感じたくない、ですか?のだめは、千秋先輩を身体全部で、
感じたい、デス。だから、痛くたって、いいんデス…」
「だから…早く、のだめをイッパイに、して下さい…」

102 名前:969[sage]:2007/01/06(土) 23:28:14 ID:brkTQeKM
甘い声と息遣いが千秋の耳元をくすぐり、欲情をたかめていく。
快感を感じるだけが、この行為の目的ではなくて、ぬくもりを感じて、誰よりも深く
つながっていることが、千秋を満足させる。
他の、誰にも見せたことの無い表情を、声を、身体すべてを独占している瞬間が、
たまらないものだと…。
…のだめもまた、それを感じているのだろうか?

千秋は、のだめの中でうごめいていた指をゆっくりと引き抜いた。
そして、自分の衣服を剥ぎ取るように脱ぐと、手早く準備をし自身をのだめ自身に押し当てる。
「ん…」
ほんの少し、先端が入りこんだだけでのだめの表情が曇る。けれど。
千秋の理性を総動員しても、これ以上我慢はできなかった。
熱く潤んだのだめの中へもっと入りたい…。それでも、精一杯気持ちを抑え
ゆっくりと、のだめの中へ入っていく。
のだめ自身は十分な潤いがあるとはいえ、まだまだきつく、千秋自身を締め付けている。
「あ、うぅ…」
「大丈夫か…?」
「……ハイ…」
(全然、大丈夫じゃなさそうだな…)
痛みと圧迫感できつく目を閉じているのだめにそっと口付ける。
「はぁ…」
唇を、敏感な耳を柔らかくかまれ、のだめの唇から甘い吐息がもれた。
とたんに、中の潤いが増すのが分かる気がして、そっと自身を動かしてみる。
ぐちゅっ…ぐちゅっ
ゆっくり、ゆっくりと動き始める千秋にあわせ、いやらしい水音とのだめの吐息が
重なる。高まる快感を抑えながら、千秋はゆっくりと動いている。
そんな時…
「ゃ…あん」
少し前とは明らかに違う声がもれた。
千秋も、のだめ自身も驚いているようだった。
「…おまえ…」
のだめの中は、明らかに先ほどよりも熱さを増している気がした。
遠慮がちにしていた動きを、少し強めてみる。
「っはぁ…」
千秋自身がのだめの内壁をこするたびに、のだめの唇からは甘い吐息がもれる。
「や…せんぱ…い。変…です…」
「大丈夫…だから」
かすれた声で囁くと、千秋は動きを早めていった。

103 名前:969[sage]:2007/01/06(土) 23:29:00 ID:brkTQeKM
つながる部分から、蜜が溢れ出す。まだ残る痛みと、快感にのだめは翻弄されている
ようだった。
「ひゃぁ、ああ!!」
ふいに、敏感な突起に指を這わせると、そこはすでにはちきれそうになっていて、
千秋が軽く触れるだけで、のだめは千秋自身をきつく締め付けた。
(やば…)
なんとか保っていたものが、一気に高まっていくのを感じた。
千秋は、のだめの足を両腕にかけ、激しくのだめの中へつきたてていく。
「ぁ、あああああああん」
のだめの声も、一際高くなる。その声に煽られるように千秋は強く、深く突き上げていく。
千秋の腕の下で、のだめの身体が揺れ、動きに合わせて甘い声が、細く、高く…
途切れることなく発せられる。
千秋は、自身の快感にまかせて激しい動きを繰り返し…。
「っ…」
鋭い快感に、自身を解放し、ゆっくりとのだめから引き抜いた。
「あ…っ」
千秋が離れていくのを名残惜しむかのように、のだめの唇から吐息がもれた。

「大丈夫か…?」
いたわるようにのだめを抱きしめながら、千秋が囁く。
「ハイ…」
のだめは、この間と同じように千秋の胸に顔をうずめている。
「…千秋先輩の、においがしマス…」
「お、おまえ…!」
思わず身体を離そうとする千秋に、のだめは抱きついてはなれない。
「幸せ…デス」
満足そうに微笑んでいるのだめを見て、抵抗を止めのだめの好きなようにさせることにした。
のだめはただ、胸に顔をうずめているだけだ。
「…先輩…キモチよかったデスか?」
「な…何を急に…」
「キモチよく、無いんですか…?やっぱりのだめじゃ…」
「……」
「ダメですか…?」
上目遣いでのだめが見つめる。
「いや…。十分…」
ようやくそれだけ答えると、千秋はのだめの頭に手を回し、腕枕をしてやる。
「はぅ〜、腕枕〜」
のだめは幸せそうに微笑んでいる。
まぶたにそっと口付けると、千秋もゆっくりと目を閉じた。



104 名前:969[sage]:2007/01/06(土) 23:29:44 ID:brkTQeKM
翌朝

「の、のだめ…?」
目覚めると、のだめの姿が無い。ワンルームの部屋に他にいる場所があるはずも無い。
「どうしたんだ…あいつ?」
とりあえず、服を着て自分の部屋のドアを開けてみる。
そこには、千秋のベッドの半分ですやすやと眠るのだめの姿があった。
「おまえ、何してんだ…?」
思わず尋ねると、のだめが目を覚ました。
「むきゃ、先輩…おはようございマス…」
「おはようって、何でおまえ、ここで寝てるんだよ!」
「…先輩、覚えてないんですか…?」
不機嫌そうなのだめの顔を見て、心当たりのない千秋は必死に昨夜の記憶をたどるが、
どうしてもあの後のことは思い出せない。
「オレ…何かしたわけ?」
おそるおそる尋ねると、のだめは膨れ顔でちろりと千秋を見た。
「昨日、あの後…」
千秋は思わずごくりと唾を飲んだ。
(一体オレが、何をしたっていうんだ!)
「先輩、のだめを羽交い絞めにして、離さなかったんデス。それで、やっと離してくれて
眠れるかなと思ったら、今度は肘鉄と膝蹴りが…」
「なっ」
「それだけですむかと思ったら、のだめを蹴飛ばして。のだめ、ベッドから追い出され
たんデスよ!」
「………」
「のだめ、もう自分の部屋に先輩招待するのは…やめマス」
「ごめん…」
ベッドの上でふてくされているのだめの頭をなで、抱き寄せる。
「蹴ったの…どこ?」
「ここです…」
のだめは身をよじり、小ぶりだけれどまるいヒップを突き出す。
千秋はだまって、のだめの指差す場所をそっとさすってやる。
「他は…?」
「あとは…」
答えようとするのだめの口は、千秋によってふさがれてしまっていた。


105 名前:969[sage]:2007/01/06(土) 23:30:38 ID:brkTQeKM


千秋の部屋のベッドは、のだめの部屋のベッドよりも大きい。
かろうじて追い出されずにすんだのだめと千秋は安らかな眠りの中だ。
“ピンポーン”
来客を告げる合図に、千秋はのろのろと服を着るとドアを開けた。
ドアの向こうには、アパートの面々が…
「何…?」
「いや、ニューイヤーの挨拶に……来たんだけれど」
フランクが赤くなって口篭もる。ターニャも、目が点になっている。
「なんだ、一体…」
と口に出してから、ようやく千秋は置かれている状況を把握した。
「あ、後で挨拶にいくよ…」
千秋がようやく答える。
「そ、そうだね…うん。お邪魔しました……」
「じゃ…ね…」
フランクとターニャの視線をさえぎるようにドアを閉め、千秋はため息をついた。
のだめはまだ、眠りの中だ。
(布団、掛かっててよかったな…)
最悪の事態は免れたものの、この後どうするかを考えると新年早々、憂鬱になる
千秋なのだった。

END



106 名前:969[sage]:2007/01/06(土) 23:32:07 ID:brkTQeKM


以上デス。
それではシツレイイタシマス。

107 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/06(土) 23:45:26 ID:5sJb9Gwo
さすが969さん
萌えをありがとう

108 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 00:05:48 ID:8HQhEdWZ
GJGJ!!
いつも素敵な話で萌えですよ〜!
ストーリー性も感情描写もエロも十分でオチも効いてる
またよろしくです〜!

109 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 00:10:47 ID:Uuj/zn6G
GJ!
のだめが可愛くってよかったよ〜。

110 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 00:41:51 ID:ypxq5A+0
神続々キタ━(゚∀゚)━!!

あの、この話の前の、初エッチは投下されてるのですか?

111 名前:969[sage]:2007/01/07(日) 00:48:09 ID:v0jvqOFJ
皆様、レスありがトンです。

>>110さま
いえいえ。初はかつて神がすでにSS創っているので、とてもとても…かけません。
初めてじゃなくて、2回目っていうのも…なんていうか、微妙な感じでいいかな?
とか思ったりもして。
2回目で、コタツの中で手をのばすか、千秋?みたいなつっこみも自分でしつつ、
それはまあ、ワインのせいにしてます。

112 名前:969[sage]:2007/01/07(日) 00:55:02 ID:v0jvqOFJ
…ちなみに、投下するとき「人大杉」になったらどうしようかとか、
投下中はレスがないのはわかっているものの、無反応だったらどうしようとか…
いろいろ不安になりつつ投下してるので、見ててくださる人たちの反応があると
ホッとします。

それでは…また。

113 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 01:06:12 ID:Q72b5RRD
GJ!
のだめがのだめらしくて自然な仕上がり。乙

114 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 01:23:11 ID:2OMWQ+fl
969さん GJ!・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

いつもありがとうございます。
手が触れただけでびくっとなる純情のだめとお尻をさすってあげる千秋に
萌えました。 そうそう、千秋は寝相が悪いんでしたねw
また書かれたらよろしくお願いします。

115 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 01:26:52 ID:3Fzfgrlg
ぐはーーー!一番萌えた。おれこゆのスキー―!GJでーっす。


116 名前:セツ[sage]:2007/01/07(日) 01:56:58 ID:J6trFRJ0
うおー!仕事終わって戻ってきたら神の光臨が…!!
969さんのだめが可愛くて萌えました〜!新年挨拶部分が気になります。

私の駄作にレスしてくださった方、ありがとうございました。
続きをやると長くなりそうですので、雰囲気で流してくださいませ。

>>91さま
何となく千秋が凹んだ後、のだめが助ける〜みたいなものが
書きたかっただけので特に深い意味は持っておりません。
ただ行為部分は男と女だよな〜なんて思っただけでございます。

117 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 03:10:47 ID:xwjVRItn
969さんもセツさんも上手いなぁ〜!GJ!!
私もSS書いたけど、プロバイダが規制受けてて書き込めなかった orz
早く投下して自パソから消さないと、家族に見つかるのが怖い…

118 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 12:16:41 ID:FAdCyLjU
セツさん、969さんGJです!
セツさんの前半のS千秋、漏れ的にはツボですた
「男・女」ていう表現、イイですね
好きです、こーいうのもw

119 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 17:18:18 ID:xjkcAHN/
969さん、のだめのウブさと千秋の優しさ、GJ!デス。


120 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 19:10:08 ID:pk6SaE1t
過去ログ保管庫見れなくなってませんか?私だけ?

121 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 19:24:11 ID:6zqXvE8z
>>120
>>12

122 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 19:30:26 ID:7ea97NS2
セツさん、969さんGJ!です。

セツさんの文章、新鮮な感じでかつ読みやすかったです。
また書いて下さいね!
969さん、毎回萌えさせていただいてます。
今回の話のちょっと後…ってのも読んでみたいです。
慣れてきた「変態だけど純情な」のだめがちょっと冒険…みたいな。
いかがでしょう?


123 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 21:41:51 ID:ypxq5A+0
ぜひこの話の前の初も書いてくだされ

124 名前:名無しさん@ピンキー[]:2007/01/07(日) 22:16:47 ID:YDQSDQ2L
969さん超GJだけど、オチがわかんない・・・。
説明キボン・・・

125 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/07(日) 22:50:14 ID:iC+HjpAd
>>124
玄関開けたらベッドな間取りってことで

セツさん969さんGJです!
セツさんの話ののだめと千秋の立場逆バージョンが読んでみたいと思った
のだめが切羽詰って千秋を求めまくる でも千秋結構嬉しいみたいな

126 名前:124[]:2007/01/08(月) 00:09:25 ID:r1ws+od6
>>125
d、そゆ事かw

127 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/08(月) 01:44:49 ID:l/AdtjG7
117さんもお待ちしております。

128 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/08(月) 08:18:15 ID:OzflhINX
>>124=126
>>1にsage進行って書いてあるのに
何故sageない。

129 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/08(月) 09:27:57 ID:OPH95oe4
>>125
立場逆バージョン書いてみます。マッタリしてる時にでも

しかし本誌無いと寂しいな。

130 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/08(月) 21:11:19 ID:uV0qp2yV
969です。
皆さまレスありがdです。実はあれからPCがクラッシュしてしまい…当分投下できなくなりました。
しばらくは読み手専門になります。投下まっております。

131 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/08(月) 21:52:20 ID:Eyf5b/Dv
>>130
ぎゃぼー!
それは残念、PCでネットできる環境になったら
またおながいします。

132 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 14:14:35 ID:+84/38gF
Kissに載ってるのだめのアニメインフォメーション…
のだめかわいい!コスプレだよね、これ。
千秋、白目だけどw

133 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 17:13:22 ID:pKdcRJss
胸が…でかいなww萌える。

のだめ妊娠疑惑でヘタレ千秋が慌てるのを見てみたいが、
所長はそんなエピ描かないだろうなあ。



134 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 18:53:51 ID:78FSMx0Z
すっげーみたい!

135 名前:117です[sage]:2007/01/09(火) 19:34:29 ID:xG46+s1Q
ようやく規制解除されたので、投下しますー。

大川弁を話すのだめちゃんがスキだ!!という趣味丸出しです。
「デス・マス口調」じゃないのだめちゃんには萌えねえぜ!!という方はスルーよろしこ。
当方単行本派なので、二人はまだ同じアパートです。たいして話には関係ないですが。
ちんたら書いてる間に他の職人様のSSとかぶった点もあります…。ご容赦ください。

136 名前:千秋×のだめ 大川弁プレイ[sage]:2007/01/09(火) 19:36:15 ID:xG46+s1Q

「風呂入ってくる。のぞくなよ」
「のぞきませんよ〜……毎回そんなこと言って、ホントはのぞいてほしいんデスか?」
「んな訳あるか!もう部屋に帰ってろ!」

お決まりのやりとりを交わして千秋はバスルームに向かった。
のだめは先にひとっ風呂浴びて、今は千秋のベッドに寝そべって譜読みをしている。
実際、のだめの変態行為は相変わらずだ。
一緒に居るとき千秋が風呂に入ると、8割の確率で覗いてくる。
もう深い関係になってずいぶん経つというのに……
毎回あきれる千秋だが、相手の体に見飽きないのはお互い同じだった。
のだめは人の裸を見たがる割に、自分の裸は恥ずかしがって見せないんだよな。それもまぁ、可愛いか…

そんな事を考えながら風呂をすませる。のだめは覗いてこなかった。
「あいつ、本当に帰ったのか?」
呟いてバスルームの扉を開けると、寝室から元気なバカ笑いが聞こえてきた。
「ぎゃはははは!ヨーコひどかやん!」
どうやら、国際電話でのだめの母・ヨーコと会話しているようだ。
「そげんこと言われたくなか〜」
髪を拭きながら千秋が近付くと、のだめは気付いてガバッと起き上がった。

「あ、千秋先輩あがってきたけん喋るね?」
にこにこと振り返ってくるのだめに、千秋は全身でNO!NO!と拒否を示し後ずさる。
「…恥ずかしがっとうごたんw」
のだめはあっさりと引き下がると枕を押しつぶしてベッドに寝っころがった。
恋人の親と話すのはハッキリ言って苦手だ…
しかもヨーロッパに連れ出したあげく処女を奪ったとあっては、きちんとするまで顔向けできない。

137 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 19:36:32 ID:o/9d7gMC
>>133
過去スレ2か3くらいにのだめが産婦人科へ入るのを見て
慌てるのがあったよ。

138 名前:千秋×のだめ 大川弁プレイ[sage]:2007/01/09(火) 19:37:24 ID:xG46+s1Q

千秋は逃げるようにキッチンに行き水を飲みながら、何ともなしにのだめの話し声を聞いていた。

「なんよそれ〜のだめでっちゃ頑張りようとばい!」
「よっくんは?おると?」
「それがたいね、千秋先輩がすごかとよ〜」

延々と続くお喋り。家族と話すのも久しぶりだし嬉しいのだろう。それにしても…
のだめの福岡弁をじっくり聞くのは初めてかもしれない。
大川に行った時もオレにだけは敬語を使っていたし、ケンカの時はじっくり聞く余裕もなかったし。
いつしか千秋は新鮮な気持ちで聞き入っていた。

「それじゃヨーコも頑張りいよ!またねー」
ようやく電話を切ったようだ。
「ずいぶん長かったな。なに話してたんだ?」
千秋が寝室に入ると、のだめは寝そべったままで機嫌よく会話に応じる。
「色々です。ガッコのこととか、リサイタルのこととか、千秋先輩とのラブラブぶりとか!ぎゃは♪」
いきなりいつもの『のだめ語』になった。なんだかおかしくて千秋は笑ってしまう。
「先輩?なんで笑うんデスか〜」
「いや……ころっと言語が変わるもんだから。やっぱお前、日本語のバイリンガルだな」
「えー、そですか?そんなに変えてるつもりはナイんですけど…」
思いっきり違うって。まるで違う人間みたいに。
心の中でツッコミながら、千秋は少し面白くない気もした。
「お前さ、オレと話す時にも大川弁で話してみろよ」
「へ…どしてですか?」
そう聞き返され考え込む。自分といる時に、完全に素のままののだめでいてほしいから……か?

139 名前:千秋×のだめ 大川弁プレイ[sage]:2007/01/09(火) 19:38:23 ID:xG46+s1Q

「……理由なんて別にいいだろ」
急にムスッとした千秋の表情を見て、のだめが困ったように覗き込む。
「真一く〜ん?なに怒ってるんデスか?」
「怒ってない」
そう言いながら視線を逸らしてベッドに寝転がる千秋は、完全にご機嫌ナナメだ。
怒っているというより、拗ねている?
直感的にそんな気がしたのだめは、自分が上機嫌なのも手伝って、千秋のお願いを聞いてやる事にしたのだった。

「真一くん、そげん怒らんでコッチ見いよ」
唐突に聞こえてきた穏やかな訛りに、千秋はちらっと横目でのだめの方を見る。
「聞きたかとやったら大川弁しゃべっちゃあけん、機嫌ば直さんね」
「……だから、別に怒ってないって」
まるで幼子をあやすような物言いに毒気を抜かれたものの、すぐには素直に向き直れない。
「なんか照れるやんね」
もう一度のだめの方を窺うと、はにかむように笑っている。千秋相手に敬語抜きで喋るのは照れくさいらしい。
大川弁で話すのだめは地方の純朴な女性…に見えなくもない。やっぱり、新鮮だ。

「もっと聞かせろよ」
千秋は少しだけ微笑むと、のだめを隣に引き寄せて目を見つめた。
「そげんコト言うても…なんば話すと?先輩が喋りやすかごと、してくれんと」
「喋りやすくか」
少し考え込んでから、おもむろに腕をついて上半身を起こし、のだめにのしかかる体勢になる。
「じゃあ、アノ時の声でも聞かせてもらうかな」
のだめは一瞬にして『アノ時』がどんな時かを察知し青ざめた。
「むぎゃ!?なんでそうなると!!?」
「オレの明日の仕事、午後からだし」
「のだめは朝からガッコばい!?譜読み、譜読みせないかんのに…」
「ま、早起き頑張れ」
「う…ううぅ〜〜〜……ひどかやん…」
がくりと項垂れたのだめは、それでも千秋に口付けられると、どこか嬉しそうに目を閉じた。

140 名前:千秋×のだめ 大川弁プレイ[sage]:2007/01/09(火) 19:39:19 ID:xG46+s1Q

ちゅっ、ちゅっ、と音を立てて繰り返されるキス。
千秋はそっと目を開けて、夢見るようなのだめの表情を窺った。
真上からその細い体を抱き込むと、意外なほどの胸の弾力に押し返される。
「ん…千秋先輩、電気ば消して」
「ああ」
さっと体を離すと部屋の明かりを消しに立つ。その際にデスクの引き出しから避妊具を取り出すのも忘れない。

明かりが消えた寝室に、キッチンからの光が差し込んできた。
消すのを忘れていたな……そう今さら気付いたが、これも好都合か。
薄暗いがしっかり相手の顔も体もよく見える。ちょうどいい間接照明だった。
うっとりとキスの余韻に身をゆだねるのだめが目に映る。
「お前、色気ねー」
千秋はつい苦笑してしまう。のだめは完全に部屋着用のTシャツとジャージ。
「ばってん、エッチするつもりげな無かったとやもん!」
ぷぅとふくれて尖らせた唇をすかさず奪い、千秋は行為を再開した。

ゆったりした白いTシャツを捲り上げると、乙女チックな小花柄のブラジャーが現れる。
「これ初めて見るな」
千秋が目ざとく観察すると、のだめは妙に嬉しそうだ。
「可愛かろ?これ着けとう日にエッチするとは初めてやったもんね」
「ん、結構好き」
呟いてブラの上から乳房に口付け、ついばむ。
硬い生地越しではたいした感触もないはずなのに、自然とのだめの息が上がっていく。

「はぅぅ……先輩〜…直接がよか…」
身悶えながらおねだりする様子が可愛くて、千秋の顔に笑みが浮かんだ。
「じゃあ脱いだら?」
わざと意地悪く言って身を引くと、のだめが恨めしそうな視線を向けてきた。
「先輩が脱がしてくれるんじゃなかとね…」
「オレも自分の服脱ぐから忙しい」
白々しく言い捨てて千秋は着ていたシャツをベッドの端に放り投げる。
むくれたままのだめもそれに倣い、のろのろと衣服を脱ぎ始めた。

141 名前:千秋×のだめ 大川弁プレイ[sage]:2007/01/09(火) 19:40:01 ID:xG46+s1Q

のだめがようやく全ての衣服を脱ぎ終わったとき、千秋は既に避妊具の装着さえ済ませていた。
向かい合って座ったまま、二人はもう一度じっくりと口付け合った。

千秋はのだめの口内に舌を差し入れながら、柔らかな乳房を手で包み込む。
向かい合う体勢だと、どうしても鷲掴みすることになってしまう。
ぐにぐにと全体を押しつぶすように揉み、先端はあくまで優しくつまみ上げた。
「んんっ……むぐ…」
のだめは胸への愛撫に身をよじりながらも、決して離れまいと千秋の唇に吸い付いてくる。
健気な様子に千秋は自身の昂りを感じ、腕を伸ばしてのだめの背中を抱き寄せる。
口付けたまま引き寄せられ、のだめは千秋のあぐらの上にまたいで座る形になっていた。

「ぷは……先輩、もうこげん硬くしとうと♪」
内腿に当たる硬い感触に、のだめはキスを中断してにやけ顔になる。
「おい、つついてないで乗っかれよ」
呆れながら千秋が言うと、のだめはこくりと頷いて腰を浮かした。
のだめが腰を下ろすと先端がわずかに入ったが、そこからなかなか進まない。
「あの…のだめのば慣らしとらんけん、よう入らん…」
いつもは指でしてくれる前戯がないことを非難するように睨んでくる。
「仕方ないな」
のだめの非難も意に介さず、千秋はやれやれといった感じで腰を揺すり上げ始めた。

ぐっ…ぐっ…優しい上下運動によって潤いが増し、二人の結合が深くなる。
「ひゃぁん、はぅぅ」
のだめは目を瞑って千秋にしがみつく。
目を閉じていると、自分の中で千秋のものが動く感覚が、より強く感じられる。
「のだめ……気持ちいい?」
動きを止めずに耳元で囁かれた質問に、のだめはガクガクと首を縦に振る。
「よかっ…すごか…!えらい深かごたん…」
千秋は思わずくすりと笑ってしまう。
言っている内容はとてもいやらしいのに、大川弁だとなんだか色気がなくて面白い。

142 名前:千秋×のだめ 大川弁プレイ[sage]:2007/01/09(火) 19:40:43 ID:xG46+s1Q

「真一くん〜!笑わんどってよ」
またも唇を尖らせたのだめに苦笑しつつ、千秋はその背を抱えると繋がったまま押し倒した。
正常位になると、両手をついて目を合わせる。
「やっぱりこの方が動きやすいし…、もっと聞かせてくれよ」
言うや否や、動きづらかった鬱憤を晴らすように激しく突き入れ始める。
「あっ!やあっ…あん!」
のだめが眉根を寄せて喘ぐ。苦しそうにも、嬉しそうにも見える顔。
角度を変えて浅い出し入れを繰り返すと「物足りない」と言わんばかりに締め付けてきた。

「真一、くん…」
「なに?」
「…もっと、奥まで欲しか…」
じっと目を逸らさずにおねだりする表情は、間違いなく、今まで幾度となく抱いてきたのだめのそれだ。
その濡れた瞳に見据えられると、千秋はいつも愛しさがこみあげてしまう。
「……のだめ…!」
唇をふさぐと同時に、一番奥まで突き入れる。
「んんっ」
熱いキスをしながら、汗ばんだ背中を抱きしめながら、繋がった部分を激しく揺する。
これ以上できないくらい全身で求め合った。

「んむ…んん………はぁーっ」
声も出せずに千秋にしがみ付いていたのだめは、唇が離された瞬間大きく息をついた。
止まない突き上げに甘い声を漏らしながらも、千秋に語り掛ける。
「あっ…真一くん、のだめが敬語やめたっちゃけん…」
千秋は視線で先を促した。
「真一くんも…はぅん…のだめのこと名前で呼ばんと不公平やんね」
「…不公平って、何が…」
「敬語も、あだ名も、使わんで話すとが…夫婦やけん」

143 名前:千秋×のだめ 大川弁プレイ[sage]:2007/01/09(火) 19:41:19 ID:xG46+s1Q

いきなりな発言に、千秋は思わず動きを止めて呆れ顔になる。
「あのな、お前…」
言いかけて、のだめの優しげな表情に見入ってしまった。
「だって真一くんがホントの夫婦になりたがっとうのが分かったけん」
「………」

千秋は胸を突かれる思いがした。
かなり的外れだが、こいつはこいつなりに、オレが気にした事を察知したのか……
恋人になってだいぶ経つのに、常にのだめが敬語を使っていること。
正確には『敬語』ではなく『のだめ語』ではあるが。
でも、完全に素のままのこいつを見せてくれているのか、不安になったんだ……

「夫婦になりたい、ってのは違うけどな」
「ぎゃぼん!?」
「でも、まぁ……もっと近付きたい、とはいつも思ってる」
「のだめもばい」

「…恵」

呼ぶと、本当に嬉しそうな笑顔になった。
軽くキスをして、額に張り付いた髪を撫ぜてやると、千秋はゆっくりと動き出す。
「あ…んっ!ああっ」
再びのだめが眉を寄せる。だけど、本当に嬉しそうな表情だ。
脚を肩にかかげ上げると、一層奥まで押し込んでいく。
「やぁぁ!深か…!」
千秋は膝立ちになりピストン運動を加速させる。
「恵…、気持ち、いい…?」
二度目の問いかけに、のだめはにこっと笑みを浮かべ頷いた。
「ん、気持ちよか…。あっ、真一くん、は?」
「…すごくいい」
千秋も微笑みかけて、強くなる締め付けに自身の限界を知る。
「う……もう、いく…!」
できる限り奥まで進めると、そのまま想いの丈を注ぎ込んだ。

144 名前:千秋×のだめ 大川弁プレイ[sage]:2007/01/09(火) 19:42:06 ID:xG46+s1Q

「はうぅぅんっ……!」
のだめはぎゅっと目を閉じて、千秋のものが中で熱を放っているのを感じた。
と同時に、頭が真っ白になるような快感に襲われる。
「ん…はぁっ…」
千秋がゆっくりと自身を引き抜きゴムをはずす。
のだめが脱力して息を整えている間、千秋は後始末をしながらその幸せそうな顔を見ていた。
千秋が一方的にわだかまりを感じて意地悪な態度をとったのに、のだめは優しく包み込んでくれた。

どんな口調だって、のだめはのだめなんだよな…

「…のだめ、その…ちょっと冷たくして悪かった」
千秋の唐突な謝罪にのだめは少し驚いたようだったが、すぐに笑顔になる。
「いいデスよ、別に。先輩の意地悪は慣れっこですから♪」
聞きなれた『のだめ語』がのだめの口から出てくると、千秋はなんとなくホッとした。
「あ、もう大川弁やめたんだ?」
「んー…やっぱりコッチの方がしっぽりきます」
「しっくりくる、だろ!」
「まぁまぁ。先輩だって呼び方が『のだめ』に戻ってるじゃないですか」
「……この方がしっくりくるからな」

千秋が服を着終えてベッドに寝そべりながら聞いてくる。
「お前さ……オレがあだ名で呼んでるからって、距離を感じたりする?」
のだめはTシャツと紐ショーツだけを身に着けると、千秋の横にもぐり込んだ。
「感じませんよ〜。だって…」
「だって?」
「のだめが大川弁で話したって標準語で話したって、千秋先輩への距離は変わりまセンから」
にっこりと笑うのだめの瞳に、千秋が悩んだ答えは出ていたのだ。
千秋もふわりと微笑んで羽枕を構えると、口を開いた。

「お前の口調は『標準語』じゃねぇーーー!!!」
「ぎゃぼーーー!!」

                            ・・end・・

145 名前:千秋×のだめ 大川弁プレイ[sage]:2007/01/09(火) 19:43:21 ID:xG46+s1Q
ぐだぐだなオチで申し訳ないです… orz
当方一応福岡県人ですが博多なので、リアル大川人いましたら添削・ダメ出しお願いします。
しかし方言でエロ書くのは本当に楽しかったですw

146 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 19:44:25 ID:YGCV2SN9
うわぁ〜リアルタイムで投下に遭遇出来たの初めて!
大川弁ののだめ、新鮮で面白かったです。
職人さん、地元の方ですか?

147 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 20:15:22 ID:o/9d7gMC
大川弁の職人さま GJ!
なんかいつもと違うのでドキドキしました。

それから途中で割り込みレス入れちゃってすみませんでした・・・orz

148 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 20:40:21 ID:BJmoZlSv
いやーすばらしい出来です。
新鮮。


149 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 20:45:57 ID:RQYT9T12
よかとよかとー。(使い方合ってる?)
大川弁も2人の仲の良さも堪能さして頂きました〜。


150 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 20:51:12 ID:OSpgRNs9
GJ!!!ありだよあり!大川弁新鮮!

151 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 21:16:37 ID:aotxFJdm
GJ
普段とのギャップが良かった。

152 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 21:41:13 ID:yinlE20T
GJ!GJ!
大川弁ののだめ可愛か〜

とハリセン府住人が言ってみる。

153 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 23:19:25 ID:78FSMx0Z
このスレは神がすごか!
乙です。萌えた





誰かパイズリ書いてくれないかなー

154 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 23:31:23 ID:PikUnxIo
大川弁いいですね!ごちそうさまでした。

>>129
125ですが、ありがとうございます。楽しみに待ちます。

155 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/09(火) 23:56:03 ID:wpuDK4GV
和みました〜。GJ!
千秋と同じ県出身なので、好きな人の方言聞きたい気持ちがわかる……

156 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/10(水) 02:40:51 ID:PRg0JzbP
はじめてレスります、福岡の親戚の会話からすると、
「しんいちくん」のアクセントの位置が標準語と違うと推測されます、
それってたぶんエロさ倍増かも。
どげんとが正しいっじゃろね?うちげ田舎は九州の南んほうじゃっで、
また違ごう感じやろもんで教えたもんせって・・・おれの標準語はどこへいったオイ

157 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/10(水) 07:58:34 ID:4W1AVtxj
福岡の親戚の口調を脳内リプレイした感じでは
「し」と「いち」にアクセントがかかる感じかな?

158 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/10(水) 08:54:24 ID:hEV0APSX
いいねー。GJ!
私も田舎者だからなんか共感もちました。
でも、相手が標準語で、こっちだけ方言使うのって、本当は難しいのよねw

こういう自然な感じで、千秋が「恵」って呼ぶのっていいなぁ。
ごちそうさまでした♪

159 名前:大川弁プレイ書いた人[sage]:2007/01/10(水) 11:55:02 ID:Gz0vd4IJ
趣味丸出しで書いたものに沢山GJ頂けて、非情に嬉しいです。
皆様、ありがとうございますー。

>>147さん
割り込みナイスでしたよ。
「恋人の親と話すのは苦手だ…」
「のだめが産婦人科に入るのを見て慌てるのがあったよ」て。
そりゃ親御さんに顔向けできんわなww

160 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/10(水) 16:47:52 ID:LSBLFg0q
正直千秋が「恵」って言うと
恵?あぁのだめの事かって思ってしまう。

161 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/10(水) 19:19:38 ID:1IwEKv+c
大川弁パート2キボン

162 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/10(水) 20:24:32 ID:gKAvY1KL
保管庫見れないんだけど自分だけ…?
皆さん見れますか?

163 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/10(水) 20:40:49 ID:wDtdhKI8
つ ttp://eroparolog.h.fc2.com/

164 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/10(水) 20:44:51 ID:gKAvY1KL
163様、ありがとうございました!


165 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/10(水) 21:59:49 ID:Jo8WOZLH
大川弁プレイ、GJでした!
ちなみに「しんいちくん」の発音は「すんいちぐん」で脳内変換したけど
合ってますか?東北だけ?

166 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/10(水) 23:31:53 ID:Cqn84VNw
本誌休みで欠乏中。甘でもSでもいい!充電キボン

167 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/11(木) 00:02:46 ID:G57s6NE/
165>>
微妙だが、すんいちぐんと言うより、すんいぢぐんって感じだなっす
@とうほぐ生まれ

168 名前:大川弁プレイ書いた人[sage]:2007/01/11(木) 00:48:18 ID:YXp/WBxD
のだめちゃんの大川弁講座

  ↑ ↑↑↓
の「しんいちくん」
千「…しんいちくん」(棒読み)

  ↓ → ↑↑
の「好いとっとよw」
千「………」

  → ↑↓
の「とおりもん」
千「…とおりもん…?」


大川人じゃないんで少し違うかも。博多はこんな感じです。
パート2キボンしてくれる方もいますが、完全に単発ネタなんで無理ぽ…です。
前にしたレス誤字あるし恥ずかしいし、そろそろ消えますー ノシ

169 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/11(木) 00:51:00 ID:hf4T9/ly
>>166
それはやっぱ東北じゃない?
普通に、しんいちくんだと思う。@九州人

170 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/11(木) 02:33:11 ID:hLV9lINq
168さんのを見ると、
しんいちくん=>そーそそみ↓って感じか?
標準てゆーか東京在住だと、みふぁふぁふぁふぁって感じだが。

171 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/11(木) 03:42:33 ID:ayEia47V
>>170
とてもわかりやすく、のだめらしい例えだw

172 名前:名無しさん@ピンキー[]:2007/01/11(木) 16:40:38 ID:gAEgTk2M
やりたいだけ

173 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/11(木) 20:47:43 ID:jMWEJGz5
ドラマで「キヨラ」の発音が思ってたのと違っててショック受けたんだけどさ。
ドラマでは「サザエ・ワカメ」の発音だったけど、
「カツオ・マスオ」だと思ってたんだよorz

174 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/11(木) 21:44:44 ID:pcCov6LC
>>173
それはちょっと変だと思うw

175 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/11(木) 21:52:47 ID:n94xe3/L
>>173
それ、あの、なまってるw

176 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/11(木) 23:33:10 ID:LBMiK38d
>>173
その例えw
そして、うん、なまってるw

177 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/11(木) 23:53:03 ID:jMWEJGz5
がぼーーーーん。。やっぱ間違いなんだorz
「シンイチ」は「ナミヘイ」でおkだよね??

178 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/11(木) 23:58:22 ID:pcCov6LC
>>177
それはおKだと思うw

179 名前:名無しさん@ピンキー [sage]:2007/01/12(金) 00:32:07 ID:/cGEmtoZ
「しんいちく」まで上がって「ん」で急降下って感じでない?
説明が難しいけど…大川の近所ですが。
よっくんの「兄さん」はわかりやすいんだけどなぁー

>>173=177 うちに言われとうなかやろばってんワロウタ

180 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 02:05:39 ID:XNbIyXCc
自分は何よりクロキンの発音に衝撃を受けた。
普通に黒木+ン、の発音だとばっかり……

181 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 02:29:43 ID:dhcjqilu
てことは180はたまきんもそっちの発音なの?
なんかへんなかんじー

182 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 02:38:09 ID:XNbIyXCc
そもそもタマキンとか言わない。それって玉木宏?
自分の周りにそういう呼ばれ方をする人がいなくて耐性なかっただけかも。

183 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 02:42:03 ID:dhcjqilu
いや、普通に下ネタのほう。

184 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 02:48:14 ID:XNbIyXCc
>>183
それは確かにその発音だよね。ごめん、納得した。

185 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 02:48:27 ID:RIJFW+m7
↓↑↑↑
タマキン

↑↑↑↓
キンタマ

だな

186 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 07:30:48 ID:36rTaLPQ
くろきん=タマキン派デス。
クロキン⇒ビートルズ↓の人いるの?って字数合わない…
ちなみに真澄ちゃんはかつおちゃん。
峰はフネでございます。
高橋くんはノリスケさん。
なんて便利な例えだ。
関東圏です。

187 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 07:58:03 ID:wJJYQpFC
ここでもこの話題ループかw

188 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 08:02:38 ID:OXbUZBEQ
大川弁プレイはGJだったし方言講座も面白いんだけど……





そろそろこのスレの本道に戻らないか?

189 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 12:42:25 ID:Pnlgov92
シンイチは、コナンの蘭の発音で。

190 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 12:46:57 ID:R/OGpQo2
のだめ部屋で千秋が目を覚ました時、
初めから顔に縦線入ってるのが凄く気になった。
最初はのだめのピアノに夢中で、周りに気付かないでうっとり・・・
で、ハエの応酬で我にかえるんじゃなかったっけ?

191 名前:190[sage]:2007/01/12(金) 12:48:40 ID:R/OGpQo2
すまん、すごい誤爆した。


192 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 13:49:00 ID:dNZOWRxQ
このスレ、連載みたいのはだめ?

193 名前:そんな日もある[sage]:2007/01/12(金) 14:10:41 ID:dNZOWRxQ
まとまった時間ないんで、ぽつぽつ投下させて下さい。
のだちあ・エロあり・時期はマルレオケ演奏会前くらい。


RRRRRRRRRRR----------

[アロー?]
[オレだけど]
[ムキャ、千秋先輩!どしたんデスか?]
[定期演奏会の話で、テオとコンマスにつかまった]
[あ・・・じゃあ今日は]
[悪い、やっぱ帰り遅くなると思う]
[そデスか・・・。了解デス、頑張って下さいね]
[・・・・・・お前今、金多めにある?]
[え?ありマスけど?]
[オレ晩飯食えなさそうだから、サンタルチアでピザ買っといて]
[・・・!マルガリータとシュリンプですよね?]
[うん、9時頃には帰れるから。用意して待ってて]
[待って・・・アヘ〜]
[じゃ]

通話を終えた千秋は、ため息をついた。
ここ最近演奏会のリハが押していて、帰るのはいつも遅い時間。
(でも今日はリハもスムーズで、早く帰れそうだったから、つい・・・)
つい、メールをしてしまった。
二人でゆっくり会うことが、もう随分となかったから。

のだめは忙しい自分を理解してくれるから、すねたりはしない。
大事な時だとわかっているから、余計な干渉もしてこない。でも。
(メールの返事は嬉しそうだった・・・)
遅くなることを告げたのだめの声は、隠そうとはしていたけれど
明らかに落胆していた。楽しみに待っていたのだろう、自分の帰りを。
しばらくしたら、学校も始まってしまう。
今以上に、すれ違うことが多くなるだろう。

(絶対9時までに帰ってやる、あのクソコンマス!)
電話を握りしめると、千秋は二人の待つ事務所へ向かった。





194 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 14:48:21 ID:ChyK1O0b
>2のローカルルール読め
作品の投下は嬉しいけど、全部書いてからココに来て下さい。

195 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 15:13:00 ID:fS3omtM/
自分は特にかまわないな。
でもなるべく、何話かまとめてお願いします。

196 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 16:37:24 ID:W3smHYri
ある程度書き上げて、分割して数レスずつ投下、ならあり。
暇なときにここでつらつら書く、というのはルール違反。
それなら自分でブログ立ち上げるなどして、連載してください。
なかなか終わらないような長編の連載は嫌われるだけ。
簡潔に、スマートに投下できる人が歓迎されます。

197 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 17:17:03 ID:rvPtfSFK
あんまりダラダラはいやかも。
やるなら出来るだけ素早くコンスタントに落として欲しい

198 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 18:46:50 ID:YBj7X8gJ
    ,, -−'" ̄`"'ソノ、
  /彡::::::ミ::::::::::::::::彡
 /:::::::::,r'"~`ヾ)゙`ヾヽ)::ヽ
. i:::::::::シ:::..        l::|
 l:::::イ:: "'==、ハ,=="ソ
 {`V::  `=・=` ':-・=' 〈
 ヽ_:::::    , ヽ   |      ____________
.. ヽl::::::     `ー´   .'    /
   |: 、:::  , -−-、 /   <  のだめは樹里、千秋は玉木の声に聞こえてしまうのぅ・・・。
 ,,-|::::::ヽ、.. ''"'' __/     \
'" (ヽ、_   ̄´ ̄,ノ)ヽ'ー、_    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   `ー、_ ̄`''" ̄ノ      ̄ヽ
     `'ー、,ノ´       i  \
       ::|         ヾ   ヽ
  ,r',ニヽ  :::|      ,-,_   }:     ヽ
  //  '´ __,、cー-7 / 0 )   l::     /ヽ
 i. l  _,( 0 (ノ/7ι//'"´))   |:::     /  ,}
  '、ー',ノ`ニ゙ニ´-~イ_/=='´  イ::   /  __)
    ̄,r'" ,r'"~´  ∠~|    ノヾ,,/_,-´/
    ⌒ー' ::|     ||   i / ̄    /
        :::|     r__コ  く l/      /

199 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 18:48:10 ID:Undigx/2
>>193さん
とりあえず続きも気になるので早めにまとめての投下をお願いしますー
待ってます!

200 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2007/01/12(金) 22:42:35 ID:3lmzYoVv
他の職人の方々も、お待ちしております。


戻る 1- 前100 次100 最新50 動画 アダルト動画 ライブチャット