■戻る■ 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50  

のだめカンタービレ9

401 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 18:03:48 ID:g3WI29gZ
かなり前のスレにもコタツあったけど
それもこれもイイ!
ほのぼのですな。GJ!!

402 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 18:49:58 ID:nOwCodQ/
こたつGJ!

思ったんだけどさ、千秋の性格からして、意地でも自分から「好きだ」とか「愛してる」とか
甘い言葉言わなさそうじゃない?
だから、さらっと「愛してる…」とか「お前の全てが欲しいんだ…」みたいな台詞があると
なんか違和感を覚えてしまうんだよね。
書いてくれる職人さんの存在はありがたいんだけど、できれば、キャラ設定は忠実に
お願いしたいなあ。文章だけで情景を想像して萌えるには不可欠な要素だと思うんで…。

403 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 19:12:12 ID:MzNCb54+
いわなさそうじゃない?といわれても
いって欲しいって願望を持ってる私はどうしよう…。

そういうのは、キャラ設定から外れるっていうなら
二次創作、エロパロって投下しずらいんじゃないかな



404 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 19:29:31 ID:HvLEFKHV
>>402に同意。気持ちすごく分かる。
けど、気に入らなければスルーの基本ルールにも忠実に。

405 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 19:39:27 ID:nOwCodQ/
そうか、>>403のように「言って欲しい願望」のある人もいるんだね…
そういう考えの人がいることに思い当たっていなかったよ、スマソ

406 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 19:48:14 ID:g3WI29gZ
>>402
すごいその気持ちわかる。
キャラのイメージってあるよね。
でもいろんな職人さんもいるし、読む側もいろんなリクあるだろうから
やっぱ嫌ならスルーだ。

407 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 20:23:34 ID:3bugMxV2
「千秋、私の弟子になりたいなら、
のだめちゃんに今この場所で”愛してる”と言いなさい。
そしたら、明日から千秋は私の弟子です!」
「ふ、ふざけるなっ!」
「先輩、今こそ愛の告白をするチャンスですよ」
「さあ、千秋!」
「バカらしい・・俺は帰る!」
「おや、じゃあ千秋は永遠にワタシの弟子になれませーん」
「うっ・・」
「先輩〜」
「あ、あい・・」

一瞬の沈黙の後

「やっぱ、言えねーっ!」
ぎゃぼーん


>愛してるとか簡単に言わない
こんな感じ?

408 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 20:27:08 ID:BnfihwkG
そういう台詞を話の流れを含めて、違和感なく言わせるのが「神」。

409 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 20:55:38 ID:HvLEFKHV
例えエロパロでも「のだめらしさ」とか「千秋らしさ」は
自分は重要だと思いながら書くけど、
パロだからこそ原作で言わないようなこと言わせたいって人もいるだろうし。

ただ、エロ小説にのだめキャラが出てくるだけなら、
それはエロはあってもパロではない、とは思う。

410 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 20:59:39 ID:juDAq8/9
モノローグで「愛してる」とか「お前が欲しい」って言わせるなら自然だと思うんだ。
でもやっぱ口には出さないのが千秋じゃないかな、と。
まさに私のイメージしてる千秋は>>407みたいな感じだ。

411 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 21:04:18 ID:juDAq8/9
連投スマソ

>パロだからこそ原作で言わないようなこと言わせたい
あの絵で想像できるような範囲ならおk

412 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 21:06:26 ID:BAq+OBz0
>>407さんGJ!
まさに原作に忠実というのはこの事ですね。

413 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 21:16:20 ID:3bugMxV2
407(=某日)です。

>>412
サンクスです
うーん、頑張ってこのノリで
考えてみます。


個人的には好きとかの台詞は
演出次第だと思うんで
是非職人さんにトライしてもらいたいです


414 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 21:20:09 ID:MRz18uNc
でも、普段はクールな千秋も酔っ払ったらポロっと甘い言葉を言うかもしれんね。
それならみんな安心して(?)萌えられるのでは。

他力本願で申し訳ないが、誰かそういう話をお願いします。

415 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 21:58:12 ID:lNIQpqE3
ことあるごとに原作イメージ忠実論は議論されてる気がするので、
まーた始まったよ、とか最初思ったけど
今回は実演込みで名解答が示されてて、大変楽しめましたw
某日さんナイス〜

416 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/10/31(火) 22:46:52 ID:1BkosYLI
てか千秋はベロベロ舐めないよ
やっぱ>>407でしょ

417 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 01:02:37 ID:Us+F8/Bf
>>170ののだめが風呂上がりで下着姿ってどれのことだろう?
教えてエロイ人!!

418 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 01:20:49 ID:jz8thGWa
>>417
ブノア家での本読んでくだサイの時の事じゃないのか?
あれは下着じゃなくてナイトウェアだと思うけど、
下着っぽいデザインに見えないことも無い。

あののだめは可愛かったよな。
千秋は生き地獄に良く耐えたと思うよww

419 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 01:26:07 ID:ZqwZb8gb
ナイトウェアで思い出したけど、のだめが三善家に泊まったときに借りた
ネグリジェ、何巻かは忘れたが千秋ママが千秋と電話で話してるときに
ちゃんと着ててワロス

>>418
>生き地獄
きっと翌日はきっちりヤってるさ、ああヤってるともさ!(希望的推測)

420 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 03:06:59 ID:Jv9LgXVy

「でも、センパイものだめに“好きだ”とか“愛してる”とか言ってくれたことないですよね」

日常の何気ない会話の合間、一瞬の沈黙の後、のだめがポツリと呟いた。

「は?なんでいきなりそんなこと…!?」

「いきなりじゃないですヨ…。のだめ普段から結構気にしてたりするんでデスよ?」

だからって話が飛躍しすぎだろ…。
指摘したい気持ちの一方で、元々大した意味のある話をしていた訳でもなく…。

のだめの少し遠慮がちな、けれども挑むような視線を感じる。

「あるだろ…。たぶん何回かは…?」

「エッチの最中に限れば…。ですけどね」

「!!!」


こういった類の話は苦手中の苦手だ。他の人間(もとい女)が相手だったら、
億劫に感じるあまりに、どうにかして誤魔化そうとするだろうな…と思いをめぐらす。
相手がコイツだから、普段、真っ当な形ではあまりオレに対する執着心をみせないのだめだからこそ、
『結構気にしてたりするんでデスよ』発言は、可愛らしくもあって…。


「ベッドの中での男のコトバは信用するな!ってやつデスかね?」

「バッ、オマエはまたそういうことを…!」

「だって〜!一理ありますよ!のだめがほとんど意識のないときばっかり狙って!
イヤガラセですか!?」

「だ、だから、それは…、オレもそういう無意識に近い状態じゃないと
本音が出せないんだよ!!って、あ?」

顔にあてた指の隙間から、のだめの満面の笑みが見える。
キラキラしていて、まぁ、可愛くはあるんだけれど…。

「モキャー!センパイ!本音って!本音って!そんな大きな声で!恥ずかしい〜!」

「オマエ、少し黙ってろっ!」

のだめの首を掴んで、そのままソファに押し倒す。
結局は、今日ものだめのペースに巻き込まれたっていうことか…。


「さぁ、センパイ!今このタイミングで“のだめ…愛してる”デスよw」

「絶対、言わねぇ…」


421 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 03:16:43 ID:Jv9LgXVy

で、結局は、終結間際に「ぁ、んっセンパイ…大好きデス…」とか言われて、
「うん…。オレも…」ってなっちゃう感じかなぁ〜と。
「愛してる」は滅多なことがないと、口には出せなさそうかな〜と思いますね。

原作イメージがどうこう…はもう良いか、とも思いつつ、
私の考える『千秋愛の睦言論』はこんな感じかな〜と。
ザッと書きで、失礼しました!



422 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 03:31:50 ID:a1ab18oS
萌え!

423 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 04:51:11 ID:rmJFEUy1
GJ!!!!!!

424 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 06:05:17 ID:LqwURbBk
うま!!!GJーー!

425 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 07:13:55 ID:Us+F8/Bf
>>418
サンクス
>>421
GJ!ホントそんな感じですよねー

426 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 10:00:19 ID:blDvHvKH

「・・事故!?」
のだめが事故!?

マルレの事務所で俺はターニャからの電話を手に呆然と立ち尽くした。
「で、病院はどこ!?」
「え、えっと、救急車で運ばれて、それから・・」
ターニャも動揺してるらしく、あたふたしている。
「だから病院は!?」

俺の怒鳴り声を聞いてテオが事務所に飛び込んできた。
「千秋、何かあったの!?」
「あとはパート練習で、頼む!」
「千秋!」
テオの声を背中で聞きながら、俺はタクシーを拾うために道路に飛び出た。


くっそー あのバカ
いつもふらふら歩いてるから!
悪い想像が頭を駆け巡る。どうか無事に…

病院に着くと、タクシーの運転手に札を投げつけ、
病室に走った。


病室には涙ぐんでいるターニャと頭に包帯を巻かれ目を閉じているのだめ。

「!」

その光景に俺は脚が震えた。

「のだめ!?」

のだめの手をとると、暖かいのにぐったりしてる。

まさか、手遅れ・・?

427 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 10:02:07 ID:blDvHvKH

「のだめ!おいっ 起きろ!」

体を揺すっても動かない。

「おいっメシだぞ!のだめっ」

頬を激しく叩くが動かない。
心臓の鼓動が早くなる。まさか・・?
嘘だろ・・

「のだめ、起きろって!」
「ち、千秋!落ち着いて」

俺をおさえようとするターニャの腕を振り切った。

「のだめ!」

俺は、お前に、まだ言わなきゃいけない、言ってないことがあったのに。

「…のだめ、なんで?」

大事な言葉をまだ言ってなかったのに。

足の力が抜け、熱いものが一気にこみ上げてきた。
動かないのだめに突っ伏して、俺は呟いた。

「のだめ・・愛してる・・」



「…のだめもデスよ。先輩」

「…………」

のだめが目を開けてにっこり微笑んでいた。

呆然とした俺から目をそらすように、ターニャが言った。
「千秋ったら! のだめ、食あたりで階段から転げ落ちただけなのに。
すごい勢いで飛び込んできたから、言えなかったじゃない・・」


嘘だろ…

「先輩もう一回言ってくだサイ。愛の告白」

「二度と言うか!アホらしいっ 俺は帰る!!」
「むきゃー 先輩〜」


428 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 10:08:35 ID:blDvHvKH
シリアスが苦手なんで軽くなってしまったけど
こんなノリ?


429 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 16:19:41 ID:nD9Y6VFJ
>>421
>>428
GJ!!!
そんな感じだよね。言葉ひとつでもほんとイメージって違ってくるし。
「こっち来いよ」が「こっちおいで」になるとは思えないタイプ=千秋
でもたまーに言うとそれはそれで萌えなのかな。

430 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 18:16:34 ID:hOt891ro
以前電話エチーとか泥酔のだめに悶々千秋とか書いた者です。
いいですね、照れ千秋…。
皆さんとかぶってますが、いっちょ投下させてください。

- - - - - - - - -


「…お前、本当に納豆でいいのか?誕生日……」
「ハイ。っていうか納豆以上に欲しいものがなくて…」
「………」
「…納豆以外って言われるとー…………あ!」

暫く腕を組んで考え込んでいたのだめが、いかにも"閃いた!"という顔をした。

「してくだサイ!」

固まった。

シて……?

今まで数え切れないほど同じ夜を過ごしてきて…
なのに今更……それも誕生日プレゼントとして…?
しかも納豆以下ってどういうことだ。
キスは散々迫ってくるくせに「そういうとき」は今でも恥ずかしがるのだめが、
自分から…こんな直球で?まぁ積極的なのだめもちょっと魅力的…
いやいやそうじゃなくて…

431 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 18:17:22 ID:hOt891ro
「先輩!聞いてマスか!?」
「えっ?」
「先輩、あの、どうしたんデスか?…顔にやけてますヨ…」
「え、あ、いや、あの………」
「…やらしいこと考えてたんですか?…ムッツリ」
「ち、違う!えっと、で、何だっけ」
「もー…だからー、告白してください!」
「…は?」
「『先輩の愛の言葉』をプレゼントしてくだサイv」
「…断る」
「なっ、何でもいいって言ったじゃないデスか!!」
「で、納豆いくつ欲しいって?」
「ぎゃぼっ、話そらさないでくだサイ!!…じゃあ告白しなかったら先輩も納豆食べるっていうのは」
「はぁ!?何でそうなる!!」
「告白は一言言えば済みますが、納豆は後味強いデスよ」
「うっ…」
「誕生日までに決めておいてくださいネ♪楽しみにしてマス!」

そう言い残すと、呆然と立ち尽くすオレに背を向け、
スキップでピアノのほうへ走っていった。

432 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 18:22:06 ID:hOt891ro
それからのだめの誕生日までの間、
四六時中オレの頭の中で、納豆と告白の天秤が揺れ動いていた。
「好き」だとか「愛してる」だとか、気持ちはもちろんある。普段だって、ベッドの中だって。
…でも改めて言葉にして、面と向かって言うなんて………無理だ、できねー…。
…とはいえ納豆は絶対に嫌だ……。



当日―――

「むきゃあああーー!!すごいデス!!」

のだめが学校に行ってから、すぐ買い物に出かけた。
晩飯の材料と、ちょっと高めのワインとチーズ。


「かんぱーい!!」
「誕生日、おめでとう」
「ありがとうございマス!…で、それから?」
「…それから?」
「もうひとつ、言うことあるでショ?」

…やっぱり忘れてるわけねーよな…
オレはもう逃げ場がないことを悟って、覚悟を決めた。

「…目、瞑れ」

のだめは言われたとおりに瞼をゆっくりと閉じた。
椅子から立ち上がり、目を閉じたままののだめの後ろへ回る。

背中からのだめの身体を抱きしめて、耳元で囁いた。


「…愛してる、のだめ」
「ふぉぉ………あ、あの、あの…あ、ありがとうございマス」
「…何だよ。言われて動揺するくらいなら言わせんな」
「…あの、すごく嬉しいデス……のだめも愛してマス」
「……お前の『愛してる』は聞きすぎて信憑性に欠けるな」
「うきゅきゅ…照れ屋さんですネ」
「うるせー…」



E N D . . .

433 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 19:30:15 ID:cd9Ol5uh
職人様のお出ましデス!!!
ほわぁ〜すごいです!!

千秋はたっっっま〜にダイレクトに囁いてくれると良いですねw
原作通りだろうが無かろうがこの2人の関係の描写すごい好きです!
これからも萌えマジックよろしくお願いします!

434 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 19:30:50 ID:TjEHjb7z
GJ!!!
いい感じ!!
後ろから耳元で…
以前ののだめなら「あへー」で昇天かも。


435 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 20:31:39 ID:Gk5MErVP
GJすぎて鼻血が出そうだ

436 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 21:46:19 ID:a1ab18oS
GJGJGJGJGJ!
のだめの反応もカワイイ〜!

437 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 22:23:16 ID:C7hgVgXI
「どうかしたんですか? 上の空デスね……?」

のだめは重なっていた唇を外して、オレの顔を両手で挟んで覗き込んだ。

「いや、なんでもない……」
「んふん、のだめにしゅーちゅー、してくだサイ」
「バーカ……」

こういうタイミングで言えば、多分そんなに照れないでも言えるんじゃないだろうか。
さらっと自然に言えるんじゃないだろうか。
うん、そうだ。
言うならここだろ。

「……のだめ、……す」
「好きデス! ……真一くん」
「え、あ……うん」


《後日》──────────────────────────────

ふう、と溜息をついたのだめを今一度強く腕に抱きしめた。
こういう時にはオレに抗うことなく、素直に身を任せてくる。

今日は……言おうと思う。
言ってあげたっていいと思うし……というより、言いたいのかもしれない。
本当の事だと思うし。

ほら、こういう時だろ。
素直に口にすればいいんだ、きっと。
ピンク色に染まったのだめの耳に口を寄せた。

「……のだめ、……あい」
「愛してマス……はうん……」
「え、あ……」
「エヘ……」
「うん……」

──────────────────────────────
言う前に言われてしまう千秋だったり。

438 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 22:59:13 ID:owhpfCwS
なにそれ萌える

439 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 23:00:57 ID:ESUU8Xj2
>>437
あはは ワロタ
いえてる あるかも

440 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/11/01(水) 23:29:26 ID:eMaQnL43
>>437
萌え死んだ

441 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/01(水) 23:32:27 ID:Ymryo1UA
間の悪いカポーだよなw

442 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 00:01:36 ID:knS3UBNj
『言う前に言われてしまう千秋』萌え!それイイっ!

443 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 00:07:26 ID:USY4BZJm
こういう風に一つのテーマで、色々な職人さんの短編が読めるのも楽しいっすね。
至福でございます…!

444 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 00:13:27 ID:GSE/6tQ8

のだめ…

ダメですよ、先輩!
えっちなことする前にちゃんと言ってください

何を…?

ちゃんと「愛してる」って言ってくだサイ

…そんな恥ずかしいこと言えるか

じゃあこれ以上はダメです!

う…分かったよ

あっ、ダメです! ちゃんと言って…




もう、今日も言ってくれなかったデスね!
ずるいですよ、先輩

うるせー

445 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 05:17:04 ID:OLFGbdf6
えっ?!ちょっと違う気がする。
で結局これ以上はしたの?
のだめならカズオって言う<最後の「先輩」

446 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 11:07:05 ID:sMrHUY6d
>>445
非寛容もそこまでいくと見上げたもんだなー。
一言一句自分の思う通りでないといやならば、
自作した方が早いんでないかな。

447 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 11:22:10 ID:idB4nVNB
ローカルルールのコピペ

◆職人向けローカルルール◆
・投下は完成してから一気に
・他の書き手の投下中に投下しない
・固定ハンドル&トリップ推奨(タイトル入れると最強)
・全レス返し・感想キボンは鬼門
・長編は自サイト・自ブログで
・パクリは逝ってよし
・カップルや内容の傾向は明記

◆住人向けローカルルール◆
・過剰マンセーは×、感想は簡潔に
・萌シチュのリクはOK、ただしスルーされても泣かない


基本は気に入らなければ完全スルーで。
なんかドラマ化の影響なのか最近、21歳以下のお子様が紛れ込んでいる気がする。
>>446に同意。
ここまで自分の思う通りでないと嫌なら、
自分で書くかここには来ない方がお互いのためだよ。



448 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 14:55:39 ID:HY9lHg19
>>445
意にそわないなら自作しろよ。出来ないなら黙ってろ

449 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 17:04:46 ID:aTL29rM5
まぁまぁ落ち着いて。
サンクス>>447
常連も初心者もこれに従ってまったりいきましょう。

さて、新しい萌えテーマでも出し合いますか。
今までとかぶらないとなるとなかなか難しいな…

450 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 17:16:59 ID:wc5bCEXZ
個人的には第三者に語らせるちあのだが一番萌え。
って王道だけど。

確かに新しいシチュを考えるのは難しい…。

451 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 17:24:33 ID:XFRzYqSB
指フェラ書いてるけど、話が上手く纏められないorz

しかも今チアノダに似過ぎている某刑事ドラマにもハマッてて、口調とかがごっちゃ混ぜ…

助けて神様ぁー…orz

452 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 18:42:45 ID:mTwtd1yV
ここはエロシーンは必須ですか?

嫉妬する千秋とか
のだめにふりまわされる千秋とか
そんなのが好きなんだけど


453 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 18:48:20 ID:aTL29rM5
今はエロ浅めでも萌えがあればまったりしてるけど、
単なるSSだったら自分とこでやれ、ってなると思う。
ちなみに嫉妬千秋は割とお腹いっぱい。

454 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 19:22:17 ID:B1FO94M/
萌えがあれば、歓迎されると思いますよ〜

455 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 19:30:00 ID:idB4nVNB
>>452
作品前に、エロの有無や濃さをきちんと明記しておけば大丈夫だと思うよ。
ただ、萌えナシの単なるSSなら「自ブログへ逝け」と言われる可能性があるので注意。


456 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 20:27:32 ID:cA508/Nz
でもここエロパロスレだろ
だったら普通に考えたら(濃さはともかく)エロは必須なんじゃね?

自分は萌えさえあれば構わないけど

457 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 20:54:20 ID:/v0tr0L5
流れを豚切ってみる。
CMで共演している中の人を見てドライブちあのだを激しく妄想しますた(;゚∀゚)=3
あのCM前からやってたっけ?
どうみてもリアルちあのだです。本当に(ry

458 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 21:23:54 ID:mTwtd1yV
どのCMだろう??
もっと教えて。


そういえば、知人にリアルちあのだカプがいる。
男はクールモデル系オレ様(エリート記者でクラ好き、料理好き)で、
女は天才肌系天然(クリエイターで家事能力ゼロ、奇声を発する)
オレ様キャラと天然キャラは相性がいいのかね?



459 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 21:58:40 ID:/v0tr0L5
>>458
エヌイーシィの(゚∀゚)ラヴィ!のCMです。
初めて見たので一人興奮してしまいましたが、10月からOAしてたみたい。スマソ

でも千秋がのだめ乗せる気で車買ったのに(´・ω・`)なエピがあったので
そこからエロに繋がらないか真剣に考えてるw

460 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 22:01:20 ID:KUz1janp
某PCのCM。
千秋の中の人のHPから辿って行けばメイキング映像も見られるよ。

461 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/02(木) 22:02:47 ID:KUz1janp
遅かった…orz

462 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/11/03(金) 20:55:52 ID:ZEBMklEr
マングースを語るスレ【2000円GET】
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1162553873/

463 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/03(金) 23:32:20 ID:q+8XDFM8
雑談はいいので投下してくだサイ

464 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/04(土) 02:59:12 ID:9fPzmkVg
と、来た後に更に雑談スマソ。
書店員なんだが、ドラマ化をきっかけに凄い勢いで原作が売れ出したので、読んでみたらハマった。
二人の、「好き」という言葉ではとても言い表せない深まり方がいい。
尊敬や慕れ、愛情…時間と共に、何層にも色んな想いが重なって、
手を繋いだり、キスすることが自然なことになって行くような。
千秋はまだのだめを、「好き」という言葉を向ける相手として自覚してなさそうな感じがする(いい意味でね)。
勿論愛しさはあるけど、ひとつの言葉に縛りきれない相手と言うか…。

RuiのことでPCの前で涙ぐむのだめを、千秋が抱き寄せるシーンのヒキ、
ベッドを手前に描いてあるコマに妙に萌えたなぁ。
この後は勿論…的な。もう少し読み込んだら、何か書いてみたい。

465 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/04(土) 07:34:47 ID:O50dIaJE
しょうもないネタですが…。
「積極的なのだめも魅力的…」と書きながら、
ちょっと考えてしまったので。

- - - - - -


「……先輩、気持ちイイですか?」

背中越しに伝わる声と体温。
脇腹から延びた白い手が……オレの…

「……ちょっ…やめ…!!」

細い指に尖端を小さく撫でられる。

「ココ…濡れてきてますヨ…?」
「…っ……のだめ……!」

…どうして抵抗しないんだオレ…!?
抗うことも逃げることもしないで、ただ…されるがまま…どういうことだ…
くそ…嫌だ……そう思うのにやめさせることができない。
その上身体が…反応して…

「…っはぁ…」

しまった、声が―――!
けど…こいつの手の動き………上手い…かも…
その様子を直視できなくて強く目を瞑ると、しばらくして動きが止まり、手が離された。
何かと思い目を開けると、真下に向けた視線の先にのだめがいた。
一瞬オレを見上げてから、既に限界状態のオレを咥えこんだ。

う…わ……やば……!今度こそまともに見ていられない。


466 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/04(土) 07:38:18 ID:O50dIaJE

「………っあ…!」

目を閉じるとますます感覚と聴覚が鮮鋭になる。…ような気がする。


―あ…もう……!

「どけ………の、だめ…!」

このままだと口に……おい…やめろ…………っ!!




ガバッ


思わず飛び起きる。
…夢………。なんてリアルな…
っていうか何て夢見てんだオレは……
別に最近ご無沙汰なわけでもないのに、というか昨晩したのに…
サルかよ……

はぁ、と溜め息をつくと、何やら下半身の違和感に気付いた。
…重い……妙に温かい…
すると何かがモゾっと動いた。

「ひぃぃ――――!!」


467 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/04(土) 07:41:37 ID:O50dIaJE
素早く体を退くのと同時に布団を引っ剥がす。
するとオレの足の間に、太股に抱きつくような格好で眠るのだめがいた。
ちょうど…ソレのすぐ下に頭がある。
しかも勃っ………!

「な、なんてとこで寝てんだバカヤローー!」
「………あ、おはようございマス……」

のだめにソレを気付かれないように、慌てて横へどかして引きずり上げた。
そしてすぐ布団を被る。

「…はぁ………何でそんなとこにいたんだよ…」
「…分かんないデスけど…すごい夢観てました」

夢、と聞いて心臓がドキッと脈打った。
まさかと思って訊いてみる。

「…どんな?」
「…サル………」
「…え?」
「おサルさんになってバナナを食べまくる夢デス……ぶふ…面白かったデス」

なんか…重なる所がなくもない……。

「…木に昇ってたんで…たぶん足にくっついてたのはそういう理由かと…」
「………」
「……アレ…先輩、どうしたんデスか?すごい汗ですヨ。変な夢でも観たんデスか?」
「……知るか」
「何の夢デスか!?教えてくだサイ!」


…言えるわけない…。
教えて教えてとせがむのだめに背中を揺さぶられながら、
オレは静まりそうにないヤツの始末をどうするか考えていた。


End.

ホントすいません…

468 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/04(土) 08:39:12 ID:+lKu8si9
GJ!!
面白かったよー
こういうノリのやつすきなんだー。

469 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/04(土) 08:50:02 ID:uALx/LCr
原作設定ではのだめは寝相が良いんだけどGJ!
もう少し読んでいたかった!w

470 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/04(土) 09:10:38 ID:Lq1lbypu
GJどうもです!携帯からなんでID違いますが465です。

>>469
そうなんです…書き進めながら、のだめ実は寝相いいのに
どうしようかと悩んだんですが、結局そのまま投下しました。
一瞬逆パターン考えたんですがw、どうにも繋がりそうになかったんで…
すみません、そこは目をつむっといてください…。

471 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/04(土) 16:18:04 ID:xnK5zfa1
GJです!
電話エチーの方なんですよね?いつもセリフが萌えますε=(^◇^;
そろそろコテハンいかがでしょう?電話さんて呼んでもいいですか?w

472 名前:手毬[sage]:2006/11/04(土) 17:28:52 ID:Lq1lbypu
コテハン、毎回投下するたび考えてたんですが、
最初、SS投下は「シャワープレイ」一度きりのつもりで、
その後の投下も「たぶんこれで最後」と毎回思いながら、結局ずるずる…
今回もこれで最後のつもりなんですが、なんだかんだでまた参加すると思うので、
とりあえずこれで宜しくお願いします。

473 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/04(土) 18:03:49 ID:uALx/LCr
手毬さん、今後ともよろしく!!

474 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/11/04(土) 23:42:35 ID:/eKN+hv3
sasoiuke

475 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/05(日) 01:56:52 ID:ph8AkJoa
なに?萌えシチュ??

476 名前:sage[]:2006/11/05(日) 08:50:31 ID:QbwHv1gG
よかった!面白いところがイイ!GJ!手毬さん、急にいなくなっちゃったりしたら寂しいので、どうかまったり今後とも。無理しないでかいてください。他の神の降臨も期待。

477 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/05(日) 13:42:10 ID:TB2LhcoV
なんつーか
ドラマ化したら一気にここのふいんき(なぜか(ry が…
まあ仕方ないっちゃ仕方ないのかも試練けど

478 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/05(日) 13:58:23 ID:XovMYMH+
のだめが積極的で、千秋がとまどっちゃうようなシチュになるには
どうすればいいだろう、と妄想した結果、リレーの冒頭かいてみました。
今コミックスを貸し出し中なので、口調があやふやなキャラや
矛盾してる場面などいろいろあるかとおもいますが多目にみてください。
ビミョだったらスルーしてください。続けてくれるかたがいたら嬉しいです。



479 名前:のだちあリレー[sage]:2006/11/05(日) 14:04:36 ID:XovMYMH+
オクレル先生が風邪をひいて、急に今日のレッスンが休講になった。
その知らせを受けた時には、もう先輩が家を出たあとで…
いきなりマルレのリハにお邪魔したら、先輩びっくりしますかね?
うきゅきゅ♪と、家を飛び出したのだった。


■□■

ど、どうして?

何してるんですカ?


前に先輩に「結婚指輪買ってくだサーイvvv」といって、却下された高級アクセサリー専門店の前をとおりかかったとき、
その店内に、いるはずのない人を見つけて、のだめは固まった。

みまちがうはずはない、あの後ろ姿は千秋先輩そのひとだ。
そしてその横には、すらりと痩せた黒髪の女の人がたっている。

あれは…RUI?

なんで先輩と、こんなとこに…。

あ、こっちにくる!

隠れる必要なんて無いはずなのに、
慌てて柱のかげにかくれてしまう。
隠れる瞬間に、ちらりと目に入った千秋の表情は、すごく優ししそうな笑顔をうかべていて…

(のだめ以外の人に、そんな風に笑わないでください!!)

隠れているのだめに気付くことなく、すぐそばを通りすぎる千秋とRUIの会話が一瞬聞こえた。



480 名前:のだちあリレー[sage]:2006/11/05(日) 14:07:32 ID:XovMYMH+

「もう!早くどっちにするか決めてヨ」

「俺はRUIの方が…」

「じゃぁそうすればいいじゃない!」

「でも捨てがたいんだよな…」

「はっきりして!ワタシと、彼女と、どっちが良いのか!」

え…?

「まぁ、あっちは飽きそうだし、RUIの方にするとおもう。次までに決めとくよ。今日はサンキュな。」

「じゃ、またね!チアキ!」


二人の足音と、声が遠ざかっていくのを、ぼんやりした頭で聞いていた。

今のは、何?

今日は、オケのリハじゃなかったんデスカ?

何でRUIと一緒にいるんデスカ?

先輩は、のだめに飽きちゃったんデスカ?

「「俺はRUIの方が…」」

先輩のセリフが頭の中でリピートされる

胸がザワザワして
喉はカラカラに乾いて
足はどうしようもなく震えている


それからどうやって家に帰ったのかは、おぼえていない。



481 名前:リレー[sage]:2006/11/05(日) 14:11:29 ID:XovMYMH+
■□■

今日の練習は急遽午後からになった。最近こんをつめすぎて、体調不良者が続出したからだ。
かといって、一日休んでいられる余裕はない。そこで、練習を午後からにすることになったのだ。

のだめには言っていない。
言ったところであいつは学校だから一緒に過ごせるわけでもないし

…今日は、あいつの為にプレゼントを買うつもりだったからだ。

忙しくて、プレゼントを用意するどころか、誕生日を祝う余裕すらなく、過ぎてしまったのだめの誕生日。
もう寝てしまっていた額にキスをして、小さな声で祝福の言葉をささやいた。

講演がおわったら、ちゃんと祝ってあげようと思っていたのだが、
せっかく空いたこの時間に、プレゼントを決めておくのも悪くない。

そう思って足をふみいれたのは、前にあいつが入りたいといっていたアクセサリーの店だった。



482 名前:リレー[sage]:2006/11/05(日) 14:13:59 ID:XovMYMH+

男が一人ではいるのは恥ずかしい店だったか、
仕方ないとあきらめて、ショーウインドーの中の宝石たちをみつめていると、急に肩をたたかれた。

「うわ…っ!?」
「久しぶり!チアキ!」

「なんだRUIか……ってRUI!?またフランスに来てたのか?」
「ええ。チアキはこんなとこで何してるの?またのだめサンにプレゼント?」
「え…〃まぁ…」

赤面してる俺をみて、RUIは楽しそうに笑った。
彼女は母の誕生日プレゼントを買いにきたのだという。
即決で、迷わず決めたRUIに関心しながらも、俺はずるずる迷っていた。

「今度は指輪にするのね!婚約!?」
「違う!」

婚約指輪でも結婚指輪でもないが、指輪を買うことは決めていた。
あいつは納豆が欲しいとかいってたが…
この店の前を通った時、いいな、指輪欲しいデス…といったあいつの笑顔をよく覚えている。

それに今は、ネックレスを選んだ時とは違う。
ちゃんとピアノとあいつを「分けて」いるつもりだし…



483 名前:リレー[sage]:2006/11/05(日) 14:17:48 ID:XovMYMH+
「チアキ!これなんてどう?」

そういってRUIが指をさしたのは、シンプルなシルバーのリングだった。
小さなピンクの鉱物がうめこまれている。

「のだめサンに似合うと思うヨ!」

のだめが着けているところを想像する。
あいつの白くてすべすべした指に、すっきりと馴染みそうで…
これにしようか、と決めかけたその時。

「お客様!こちらはどうでしょう?」
若い女性店員がケースから出してみせてきたのは、
ハート型のルビーがはめこまれている金色のリングだった。
買った場所は違うのに、あのネックレスに似たデザインだ。
「お連れ様によくおにあいだと思いますよ」
「へ?や、彼女は友達で…」
「まぁ、そうでしたか」

でも、このリングを着けているのだめを想像したら、やっぱりとても似合っているきがした。

「えー、チアキ。シンプルな物にしておいたほうが飽きがこなくていいわよ!」
「たしかに…」

いつまでも悩んでいたら、もう時間が迫ってきていたことにきづいた。
また今度くることにして、RUIと店をでた。




484 名前:リレー[sage]:2006/11/05(日) 14:20:57 ID:XovMYMH+

「結局どっちにしようかな…」

「チアキって、優柔不断だったんだね。もう!早くどっちにするか決めてヨ」

「俺はRUIの(選んだ)方が…」

「じゃぁそうすればいいじゃない!」

「でも捨てがたいんだよな…」

「はっきりして!ワタシ(の選んだほう)と、彼女(の選んだほう)と、どっちが良いのか!」

「まぁ、あっちは飽きそうだし、RUIの方にするとおもう。次までに決めとくよ。今日はサンキュな。」

「じゃ、またね!チアキ!」


■□■

去ってゆく千秋の後ろ姿を見送りながら、RUIはおもった。

(のだめサンは幸せ者ね…のだめサンの話をするだけで、チアキが始終笑顔になるなんて)



続きおねがいします。
携帯からなので改行よみずらいかもしれません…
失礼しました。

485 名前:トカゲ[sage]:2006/11/05(日) 21:57:36 ID:ffHJduAN
……リレーがまだ進まないようなので、短い物を投下します。
ま、場つなぎってことでひとつかるーく読み流してください。
おねだりのだめです。



486 名前:トカゲ[sage]:2006/11/05(日) 21:58:06 ID:ffHJduAN
「は……ぁん、しんいちくぅーん」
「ん、っ……のだめ……」

気持ちいい。
ずんずんと奥に響く感じ……。
熱い塊が私の中で前後する。

や、あ、あ……。
体がふわっと浮くような感じがして、私は先輩にしがみつく。
耳元で聞こえる、先輩の吐息。
甘い声がちょっと混じって、かすれてセクシーな……。

あ、そんな……!
そんなにしたら、のだめ……。
だ、め……あ…………!!

「……っ、っく、あ……」

あ…………?

「は、あ……、のだめ……」

あり?

先輩の体が私に体重をかけて重なってくる。
中で、とくとくと動いてる先輩……。

えと……。

ひとつふたつ大きく深呼吸した先輩は、私にちゅっとキスをして体を離した。
ベッドの端で私に背を向け、ティッシュの中に丸めた物をゴミ箱に放る。

私もティッシュを手にするけれど……。
えーと、うーんと……。

先輩が私の隣に戻ってきて、ぎゅうっと腕に抱きしめてくれる。
あたたかくて、優しい腕の中。
とても嬉しいこんな二人だけの時間。
気持ちとしてはフルじゅうでん、ってほど満足。

けど。
けど……?


487 名前:トカゲ[sage]:2006/11/05(日) 21:59:23 ID:ffHJduAN
「あ……ん……」
「ん、なに?」

耳元にキスして、ぱくっと耳たぶを甘噛みしてみる。
首に腕を絡ませて、まだくすぶったままの体を摺り寄せてみる。

自分でも、ちょっと大胆かなあと思いつつ……でも。

「あのね、せんぱい……」
「どーした?」
「……して」
「え……?」
「……えっち、もっかい…………」

お願い、の気持ちを込めて、びっくりしたような顔の先輩の唇にキスをした。

「ふぅ……んんっ……」
「もっとしたい?」
「は! あう……ん、ハイ……」

お尻のほうからもぐりこんだ先輩の指先が私を撫でる。
まだ熱がこもったままの、先輩を欲しがっているところ。
くちゅ、くちゅ、とやらしい音……。

「も、あん……しんいちくん……指、あぁん」

じゃあもう一回、一緒にえっちになる?
そんな囁きと共に、私の体は再び先輩に組み敷かれる。

「めずらしい、おまえから二度目のおねだりなんて」
「……もっと、しんいちくんとひとつでいたいんデス」
「バーカ……」

────さっき、いけなかったから……
っていうのはきっと言わない方がいいんだろうなあ。
その事はずーっと黙っていよう、と胸に押し込んで、胸の上の先輩の頭を抱きしめた。


今度は連れてって……真っ白できらきら光る、気持ちのいい場所。
一緒に……ね?

────────────END────────────


488 名前:トカゲ[sage]:2006/11/05(日) 22:00:21 ID:ffHJduAN
以上です。
大変お粗末さまでございました。

ではリレーどうぞ。


489 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/05(日) 22:20:17 ID:LJRxdaI2
GJGJ!!!
もももも萌えました!
おねだりで気遣いするのだめがエロ可愛かったです。
てか、いけなかったのだめのSSって初めてだったような?
また次もよろしくです。

あとリレーSSの続きも楽しみにしています。

490 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/05(日) 22:35:43 ID:G7myXfsN
GJです!
のだめにもずいぶん余裕が…w
いつか千秋が「もう勘弁してくれ」って言う日が来たりして。

萌えじゅうでん完了!でもってリレー考え中…。

491 名前:リレー[sage]:2006/11/05(日) 23:49:52 ID:XovMYMH+
トカゲさんGJ!
リレー続きデス↓



午前だけでも休みにしたためか、今日のリハは中々調子がよくて、時間をオーバーすることもなく終わった。アパルトマンの前につくと、俺の部屋の電気はついていなかった。そして、のだめの部屋も。

あいつ、もう寝たのか?にしては早いな。でも帰ってないにしては遅すぎる。
自分の部屋に帰って、上着を脱いでから、のだめの部屋にむかった。ノックをしても、返事がない。
仕方なく部屋にもどった。
また「リュカ」とやらと練習か…?あいつ夕飯食べてくるのかな…

なんとなくおもしろくないまま、一人夕飯の支度をはじめる。
その時、ドアノブのまわるおとがした。

「のだめ?」

「ぎゃぼ!先輩、もう帰ってたんですか…早いですね。」

「ぎゃぼって何だよ。お前、どこいって…」
いいかけて固まった。
キッチンに顔を見せたのだめは、いつもと雰囲気がちがくて…
ナチュラルな化粧をしていて、唇はぷっくりと濡れている。初めてみる黒のワンピースは、胸元がおおきくあいていて、丈は短く、のだめの少し赤く色づいた膝が見えていて…ところどころに黒いレースが使われていて可愛いらしい。


朝見たときは、こんな格好じゃなかった。

「おまえ、誰と何処いってたの?」

不機嫌な声色になるのがわかる。

何故かのだめはビクリとして、
「ターニャと洋服買いにいってたんデス…」と言った。



492 名前:リレー[sage]:2006/11/06(月) 00:07:00 ID:U9aycdlK
(ほんとかよ…)
そう思ったそのとき、廊下で声がした。

「ノダメー?もうチアキの部屋に行ったの?」

「あ、ターニャ!」
バタバタと玄関に行くのだめを追って、俺も玄関にでる。

「私の部屋にカバンわすれてったわよ。今日はがんばってうまくやりなさいね!…って、あ、チアキ!!」

「今日、のだめと出かけたのか?」

「そうよ。…あんたは何処で何やってたんだか知らないけどね。」

「は…?」

そういうと、ターニャはのだめに意味ありげな目配せをして、帰っていった。
なんだ…?
のだめをみると、なにかおもいつめたような顔をしている。
そういえば目が赤いような…まるで泣きはらしたみたいに。

「のだめ…?なんかあったのか?」

「え?…なんもないデスよ?…それより先輩…あの…えと…」

「…?」

「きょ、きょうののだめ…どですか?」


リレーといっておきながら長く一人で書いてしまってごめんなさい。
変なところでふってしまって続けずらいと思ったので少しかいてみました。

では、続きおねがいします。

493 名前:リレー[sage]:2006/11/06(月) 01:17:04 ID:oXsqY+NG
「どうって…別に…。」

帰るのが遅い事に対して、一瞬不機嫌になっていたせいか、ついつい思ってもいない言葉が出てしまった。
本当はすごく…すごくかわいい。黒いワンピースに栗色の髪の毛が美しく映えていて…。
透けるような頬が少し赤く染まっていて、切なげにうるんだ瞳に吸い込まれそうで…。
…なんて口が裂けてもいえるはずがない。

そんな事を悶々と考えていると、気がつけばのだめの大きな瞳から大粒の涙が零れ落ちていた。

「のだめ?!」

のだめはそのまま玄関先にしゃがみ込んでしまった。

「のだめ、とにかく、中に入れよ。」

俺はのだめの手を引いて、なんとかリビングに連れて行き、ソファーに座らせた。
のだめはしゃくり上げていて泣いている理由すら話せる状態ではなさそうだった。
どうして泣いているのか、まったく見当もつかないので早く聞き出したいが、
せかさないように背中や頭を撫でながら、口を開いてくれるのを待った。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「落着いた?」

ホットミルクを少し飲んで、ようやく落着いた様子ののだめに声をかけると、
また涙が溢れそうになっている。…原因は…俺?

「の、のだめ、お料理も出来ないし、掃除も…苦手だし、Ruiみたいに女らしくないかも
しれません…。だけど、先輩の事が大好きな気持ちは、誰にも負けません!」




494 名前:リレー[sage]:2006/11/06(月) 01:31:20 ID:oXsqY+NG
「え…のだめ?」

「のだめ、ピアノ頑張りマスから、のだめにはピアノしかないですから
もっともっと練習して、Ruiに負けないくらいのピアニストになりますから…!」

のだめは俺のシャツを掴み、すがる様な目でそう言った。
こいつ…またホタルになりかけている。今度は何に感化されたんだ?

「のだめ…話が読めないんだけど。」

「のだめ、知ってるんデスよ?先輩がRuiとのだめ、フタマタしてるの…。」

「はぁ?」




あと、お願いします。




495 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/06(月) 05:20:32 ID:KtFpk/of
いいよいいよー続きー

496 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/06(月) 07:43:24 ID:U9aycdlK
「おまえなにいって…うわっ」
「でものだめ…先輩を飽きさせたりしません!!」

気付くとソファーの上におしたおされていた。
のだめの細い指がボタンを外していく。

「上手にできるかわからないけど…!」
何をおもいつめてるのか知らないが、呆気にとられている俺のシャツをぬがすと、のだめは…



497 名前:リレー[sage]:2006/11/06(月) 11:51:28 ID:o4lizVph
俺の首筋に、胸にぎこちなく唇を這わせていった。

「こら、やめっ・・」

これまでにない積極的なのだめに、
口では抵抗しつつも身体がいつも以上に反応してしまう。

「・・・あっ」

胸の敏感な場所を唇でふれられ、
思わずのけぞった。

「先輩、感じてる?」
のだめは俺の手をとり、自分の胸にそっとあてた。

Dカップの胸は予想以上に大きくて・・・




498 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/06(月) 15:37:53 ID:g2Oq6OgK
リレ―、途中でごめん。
これってのだめは「初めて」の設定かな?

499 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/11/06(月) 17:00:16 ID:JW1g4sQ9
どっちでもいい。
繋げる職人さんが好きに判断すれば
いいと思う

500 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/11/06(月) 17:36:36 ID:iR8KVkzW
初めてはないでしょ〜


戻る 1- 前100 次100 最新50 動画 アダルト動画 ライブチャット