■戻る■ 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50  

のだめカンタービレ6

901 名前:ドキドキ[sage]:2006/02/27(月) 12:32:14 ID:b00vvN95
ブノワ城の朝2

そーっと唇を触れさせてみる。
まだ起きない。
もういちど…。
今度は先輩の唇を舌で舐めてみる。
もういちど…。
今度は少し強めに私の唇をおしあてて、先輩の下唇をつまんでみる。
だんだん気分が高ぶってきた。
唇から頬に、キスを移動させて…。
いつも先輩が私にしてくれるように、キスの雨を、頬…瞼…耳たぶに振らせる。
(ふふ、いつもの仕返しデス)
耳たぶかんじゃえ…。
「うーんん…のだめ?」
ひゃっ。
寝た振り、寝た振り。
………。
千秋先輩が身動ぎした気配はない。
また寝ちゃった?
顔をそうっと伺ってみると、何だかさっきより穏やかな顔になってる。
「よかった」
なんだか幸せ。
先輩の胸に頭をよせてくっついて寝た。
足…膝もわざと触れるように沿わせて。
二度寝幸せーっ。ふふふ。
………。
何かさっきした事で、股間が熱くなっちゃってた。
つい足をすりあわせちゃう。
うーんどうしよう……。
「のだめ」
どきっ!
起きてた?
恐る恐る千秋先輩を見上げると、先輩はまだ目をつむっている。寝言?


902 名前:ドキドキ[sage]:2006/02/27(月) 12:33:08 ID:b00vvN95
ブノワ城の朝3

「のだめ…」
口だけが動いて眠そうな声色。
息を潜めて返事をしないでいると、千秋先輩が薄目を開けた。
「やる?」
気がついてたんですネ ( ;゜Д゜)
顔に赤みがのぼるのを自覚した。
返事しようか、どうしよう。
でも何だか…したいっ。
はずかしくて、返事をしないで先輩の胸に顔をうずめた。
それがイエスと取られたみたい。
先輩は腕をのだめの身体に回して、ぎゅっと抱き締めてくれて、横に回転すると、のだめは下敷きになっちゃった。
口付けを受ける。
最初から舌が入れられてきて、いやでも高ぶってきちゃう。
あ、まだ歯を磨いてなかったのに…。
「あっ…」
千秋先輩の手が、いきなりネグリジェをひっぱりあげて、私の足の間に入ってきた。
もう、もうパンツのクロッチの所に手が…。
「あん…」
声がでるー。
のだめの足に堅いのが当った。多分…先輩はのアレだ。
先輩の指がクロッチの隙間から私に進入して来た。
「あ、あぁー…」
「お前、朝からすごい事になってるないか。どうしたんだ。」
確かにもう指が2本入って来ちゃって、いやらしい動きをしているのが、びんびん頭まで感じちゃって、すごい。
「あっ…はじめ…そんな…つもりじゃ…。」
「俺の寝込みをねらうなんて、のだめをも進化したなあ。」
先輩はネグリジェの上から、のだめの胸に口をつけて、布越しに乳首を噛んだりしてる。指の動きがどんどん早くなって、あえぐしかできない。


903 名前:ドキドキ[sage]:2006/02/27(月) 12:33:45 ID:b00vvN95
ブノワ城の朝4

クロッチの所が無理に広げられて、パンツが先輩のはげしい動きに窮屈になり、紐の所が痛い。
パンツぬぎたい…。
先輩の肩にまわしていた腕をはずして、自分の腰にそろそろと動かした。
腰の両側から、紐パンの結び目をほどくと、はらり、と解放感があり、楽になった。
と思ったとたん、先輩の指使いも自由になって、さらに突き上げが深く…。
「あっあっあっ感じるっ先輩っ」
ぐちょぐちょと、粘液音が大きくなって、はずかしいけど、もーどうでもいい。
暑いぃ…。
のだめのお腹の所で、丸まってたまっているネグリジェを両手でつかんで、首まで持ち上げようとした。
布越しに乳首をしゃぶってた千秋先輩の顔にぶつかって、先輩は口を離してくれる。
乳首の所が、先輩のよだれでびしょびしょ。
濡れた乳首が空気にさらされて、きゅうっと立つのを感じた。
ところが両腕をあげて首を抜こうとしたところで、ひっかかってしまった。
「ひゃうっダメっ」
腕をを上げてたせいでむき出しになった脇の下に、先輩がキスしてきた。ダメ〜〜っ
「ダメ、っそこは…いやン」
顔が脱げきれず、ネグリジェに埋もれている下から、のだめ必死で訴えたんだけど、なんかこの格好って凄い。
「だって俺の目の前に見せるんだもん」
さらに執拗に舌を這わせる先輩。
「ダメお願い、…先輩も脱がしてあげマスカラ。首取るの手伝って…」
「ホント?」
先輩は脇の下を舐めるのを止めると、片手でのだめのあごにひっかかった所を引き上げて、そのまま上へすぽりとぬがしてくれた。
「はフ」
のだめの上に先輩が立ちヒザで覆い被さっていた。
だんだん窓の光が明るくなってきて、先輩の姿をくっきりと浮かび上がらせて、すごくキレイ。
先輩は今だに、のだめの身体に手を入れたまま。
動かしはしないけど、のだめのお腹の底にぴくぴく痙攣してる所があって、きっと先輩もこれを感じているだろな。


904 名前:ドキドキ[sage]:2006/02/27(月) 12:34:21 ID:b00vvN95
ブノワ城5

そのままの状態で、先輩のTシャツをぬがしてあげた。空いている腕と先輩の首を抜くと、シャツは使っている手の所でたごまって残っちゃった。
でも先輩は指を抜くのを止めない。
しかたがないから諦めて、先輩のズボンをぬがす事にした。
両手をゴムの所に掛けて、下にさげるとピョコっと先輩自身が顔を出した。
「あー、先輩が出たネー」
先輩がちょっと恥ずかしそうな顔をして、腰が引けたので、もう両腕がゴムに届かない。「これじゃ寒かネ、あたためたげるばい」
と子供に言うみたいに言って、両手で先輩を包んだ。
「う…のだめ」
ごしごしさすったり握ったりしてると、先輩の腰がゆるゆるもどって前に出てきた。
片足を上げて、先輩のパンツとパジャマのゴムを、足の指に引っ掛けて足先に下ろす。
すると先輩が片足ずつ膝を浮かしてくれたので、するりと脱がすことができた。
先輩の下着の中にのだめの片足が入って、まだ体温が残っている。
先輩のアレはもう堅く熱くなって、手のなかですごい存在感。むきゃー。
片手を離して、今だのだめの股間にある千秋先輩の手にそっと添えた。
「先輩…もうのだめ…」
いうなり先輩は急に指を抜いた。
「はうっ」
やにわにのだめの頭の所の、まくらのあたりに手をさしこんで、何か捜しだした。
見つけて、手にある物は、小さな四角いビニールの包み…。
(むきゃあ…、昨日から用意してたんデスネ…ゴメンナサイ)
ぱちぱちっと、ゴムのはぜる音が遠くで聞こえた。
先輩はそうしてまた、のだめの上に戻ってくると、がばっと片足を上げて股間に入って来た。
「あ…っ」
ぐーっと先輩が進入してくる。


905 名前:ドキドキ[sage]:2006/02/27(月) 12:35:08 ID:b00vvN95
ブノワ城の朝6

「のだめ、動くぞ」
「あっ!」
先輩の律動がはじまって、のだめの身体もいつも通り上下に揺すられた。
奥に、奥に、気持ち良い、ボタンがあって、当ると、どうしても声がでちゃう。変な、こえ…。
「あっ、ああああっ、あん、あん、あん…」
すっかり外が明るくなって、先輩のちょっと苦しそうな顔がはっきり見える。
ああ、大好きせんぱい。
頭の中が気持ち良いでいっぱいになってきた………。

――――――――――――
「お前、今朝はどうしたんだ」
「エ…」
行為が終わって、のだめの横に身体を横たえた先輩が言った。
まだ呼吸が整わない。
のだめも先輩の余韻が全身に残ってて、頭がじーんとしてる。息を吸いすぎて、ぼんやりしちゃうのだ。
「えへへ…先に目が醒めちゃって…先輩の寝顔見てたんデス。」
「ハア?」
先輩はちょっとイヤそう。目をつむってるトコとか、寝顔みられるのが嫌いなのだ。
「先輩、なんか恐い顔してて、歯ぎしりしてましたヨ」
「あー?」
「何か夢見ていたデスカ?」
「知らん、忘れた」
ぷいっと横向く。
「それでのだめ、先輩の顔みてたらチューしたくなってきてエー、起こすつもりじゃナカタデスヨ」
「嘘つけ。おまえ俺のみみ噛んだろ。」
「ふおーごめんナサイ、ちょっと出来心で…」
「…ったく」
そういって先輩はのだめを抱き寄せてぎゅっとしてくれた。
「まあたまにああいうのもいいけど…ちょっと積極的だからびっくりした…」
「あー」
急にすごく恥ずかしくなって、先輩の胸に顔を隠した。
「本のお礼になったらト…」
すいっと頭をなでられた。
「よく眠れたか?」
「ハイ」
「…良かったな…俺はもう少し寝たいから、起こして…」
それきり先輩はだまってしまった。
そおっと顔を上げると、もう眠ってしまったようだった。
今度は楽そうな、おだやかな寝顔。
時計はまだ5時半。朝御飯は何時だったろう。
のだめも眠いデス。
目覚ましつけといたからきっと大丈夫。
こんな幸せな二度寝はじめて…。
きっと今日は上手くいく気がする。
はじめてのリサイタルで、先輩が一緒にいてくれて良かった。
そのまま、ふうっと眠りに入っちゃって、結局二人で少し寝坊をした。

fin



906 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/27(月) 13:02:59 ID:3iuX0WD0
お、乙です。
すごい臨場感ですね。

朝から互いの欲情が伝播しあって、
体位を変えて、
脱がすの手伝って、
2人とも慣れた感じというか、
ひとつひとつの動きがもう嬉しくて、
次に何が来るのか互いに分かってて、
でもつい焦ったりして。

のだめが自分から脱ぐタイミングとか、
千秋を脱がしにかかるところとか、めちゃくちゃ可愛い・・・
よっぽど欲しかったのね、のだめ。

>昨日から用意してたんデスネ…ゴメンナサイ
がツボでした。

907 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/27(月) 15:05:37 ID:nTotfp0L
ドキドキさん
補完GJ

レスくださった方もThx
アオカンはしない千秋と脳内補完しました。

908 名前:897[sage]:2006/02/27(月) 19:13:41 ID:w6xyxgFT
>>898
うーん。
作者のサイトを読む限りかなあ。
あの作者、そっち方面には最後のオチとかでしか
出させなそう。以前からの作品もそうだけど
ストーリーの軸を主題にして話をすすめる作者さんだから。かな。

909 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/27(月) 19:32:10 ID:j1aCttHH
ならなんでこのスレに出入りしてるんだ?

910 名前:897[sage]:2006/02/27(月) 22:14:30 ID:w6xyxgFT
いや、読むのは面白いですから。
うまい方もおられるんでそういうのは好きなんですが、
・・・まずいですか?

911 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/27(月) 23:02:43 ID:f2ldkmUU
ドキドキさんGJでした!
慣れた雰囲気の二人が新鮮でした〜
萌える〜〜〜

912 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/27(月) 23:54:43 ID:YnO/T7Ho
>>910
どう読もうと自由といえば自由だから、べつにまずくは無い。
けれども、やったやらん論議は散々ループだし、荒れやすいし、
そもそもここはエロパロだし、であなたの胸中にしまっておくのが吉。
ってこだと思います。
またりと職人さんたちの作品を楽しもうよ。

913 名前:ドキドキ[sage]:2006/02/28(火) 09:27:27 ID:6NrUNAL5
GJありがとうございました。うれひい。
いや、ぜったい枕の下に入れてると思ってまして、のだめネグリジェだし。
あまりに千秋かわいそうなので、つい妄想ふくらんで書き下ろしてみました。
私はこのふたり、あんまり毎日とかはしてないと思ってますが。
のだめ寝るの早いし。
千秋へたれっぽいし。
初夜から10回もしてない・・・。

914 名前:ドキドキ[sage]:2006/02/28(火) 14:37:12 ID:6NrUNAL5
887までの続きも少し書いているので、どなたかからの「夜の部」がしばらく投下されないようなら、落としたいと思ってます。
一応初夜なんで、前後しちゃうんですが・・・「朝の部」の方が先に天から降ってきちゃったんです。
千秋へたれで淡泊ぎみ。のだめ天然積極的だけど処女というシチュ。
あんまりないね、こういうの。

915 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 07:44:06 ID:nVXagOTI
淡白な千秋を認めたくないのが女心ってもんだと思。

916 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/03/01(水) 12:50:42 ID:VSKwdqX2
>>915
ふ、深すぎ!!

917 名前:ドキドキ[sage]:2006/03/01(水) 12:53:47 ID:SfLD40jl
やっぱだめっすかね。
ポーカーフェイスのくせにむらむらで悶々で一度はじめたらサルみたいに絶倫な千秋じゃないと萌えないんすかね。
でも女はそういうの実際にはつかれるんだけどなあ。
あいつのセックスは二度といやだってなる事もあるんだけど。

918 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 12:58:34 ID:gIHz/HrH
>917
好きなものを好きなように

919 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/03/01(水) 14:16:59 ID:VSKwdqX2
>>917
そんな千秋はイヤだww

しかし、24,5で盆と正月みたいな千秋はもっとイヤだ・・
どんなに好きでも、恋人としてはやっていけん・・

とはいえ、ここはパロスレ。
>>918が正解!!
投下、たのしみにしてまつ。

920 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 14:37:12 ID:WAwLOa/Q
ドキドキさん、投下楽しみにしています。
ただ、お節介ですが一言。

ただ、あまり作品投下&感想へのお礼や返事以外の雑談や質問を
コテでしない方がいいでしょう。
誘い受けと見なされ、スレが荒れる元になります。
雑談は名無しで、そして自分の好きなように書き、心配な場合は投下前に注意書き、
これ最強です。

では、新作楽しみにしています。



921 名前:ドキドキ[sage]:2006/03/01(水) 14:49:18 ID:SfLD40jl
ありがとうございます。肝にめいじます。失礼しました。ほんとに。
ではまた。

922 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 17:54:56 ID:nVXagOTI
>24,5で盆と正月みたいな千秋

確かに、それは困るw

ほぼ毎日、体調によって1回か2回やるのは
20代半ばで孔雀期で半同棲なら絶倫とはいわんでしょう。
ノエルの後は仕事があまりなくて暇そうにしてたし。
のだめもレッスンと練習があっても、学生だから
課題の間はストレス低い。つーか、規則正しいセックスは
勉強の邪魔になり得ず、むしろ励みであろうというのが
個人的主観。

923 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 18:40:46 ID:68Y9Os0N
毎日1回〜2回なんて猿だよ。
のだめの休みに合わせて夜1回、朝1回
その場の流れでイレギュラが月2〜3回
ってところだろ。

924 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 19:12:27 ID:BvrHaCiV
猿だな。

925 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 19:23:42 ID:nVXagOTI
>イレギュラが月2,3回

ちょ、ちょっとまったw。
(ン年前同棲時代の自分は猿認定なのか?)
付き合い始め、半同棲でこれはあり得ないんじゃ。
これじゃマジ淡白認定だよ。
週の半分ぐらいはしないの?みんな。
まあ濃度の問題もあるけどさ。


926 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 19:35:04 ID:8MX8K0w+
回数は人それぞれだからな。
さかってるかどうかは、昼間にするか・しないかで判断できるかも。
自分を振り返ると。

授業の合間とか、ランチの後のマッタリ時間とかさ。


927 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 19:53:50 ID:68Y9Os0N
のだめの休みに合わせて夜1回、朝1回
プラス
その場の流れでイレギュラが月2〜3回
だ。書き方悪かったか?

毎日なんて、ヒリヒリしそうだよ。
ゆっくりまったり、話してキスしておやすみ、って夜もいいもんだ。

928 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 20:13:14 ID:nVXagOTI
>>927
書き方悪くない。それで頻度少なっ、といっている。
それじゃ週の半分以下だし。てか自分もちつけw。

>>926さんのも分かるよ。いつでもどこでも、
ダラダラとね。

929 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 20:23:09 ID:TBWktApd
鬼女板の方々の性生活垂れ流し時間はまだ続きますか?

930 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 20:25:59 ID:8MX8K0w+
>>927
やけに拒むのだめを不審に思って、千秋が問い詰めると

「だって…せんぱい、いたいんだもん」
「え?」
俯き真っ赤になるのだめの姿に、あることが思い当たりキョドル千秋。

ってのもよいなー

931 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/01(水) 20:55:53 ID:7HaJo/Fh
>>930
あることって何?マジでわからん
千秋が巨根だから?のだめが病気(婦人科系の)だから?

のだめは拒むキャラではないと思っていたので
その設定いいかも

932 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/02(木) 00:20:47 ID:eAYyO664
そろっとキモイ。

933 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/02(木) 00:32:45 ID:kzQeiVhG
キモ過ぎ。
鬼女にカエ(゚∀゚)レ!

934 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/02(木) 00:46:19 ID:eAYyO664
>>933
鬼女からみても充分キモイです。

935 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/02(木) 11:40:02 ID:5qu/Frej
やっぱ原作がさ、テストの虫食い問題みたいに空白を作って進行してるのが、作者の巧いところなんだよね。
きわどいっていうのじゃないけど。
もう完全に釣られてピチピチしている住人ら・・・
どう包丁入れられて、どんな飾り盛りされるかとか、ナニとつけあわせて煮物にされるかとか、ピチピチしながら考えてるお魚ちゃんなんだよ。

936 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/02(木) 14:07:28 ID:nnDxZ9pu
久々に来てびっくりした
本当帰ってください

937 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/03/02(木) 14:13:01 ID:xaAN/A2d
>>931
つ正直やりすぎた_| ̄|○

938 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/02(木) 16:21:38 ID:5qu/Frej
も〜、やめて下さい。しんいちくん。
はあはあ。
涙ぽろり。
・・・ごめん。

へたれ

939 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/02(木) 23:55:16 ID:eAYyO664
性コミまんが・・・

940 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/03(金) 12:12:01 ID:kULim+ww
そこでやめる千秋はもっといやだ


941 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/04(土) 13:10:14 ID:PcMnEmdp
次スレってどうやって立てられるの?
まだ大丈夫なのかな。

942 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/04(土) 15:28:05 ID:0bXzAOK1
KB数見るのってどうすれば見れるんだっけ。

943 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/04(土) 15:29:15 ID:0bXzAOK1
あ。見れたw

>>942までで424KB

944 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/05(日) 07:32:41 ID:WiBhxLfD
L87のつづきというか、エロないんでさらっと読み流しちゃってくださいな。
埋め立て用に書いたんだけど短すぎた…だめじゃん。
どなたか次スレお願いします。
ではどぞ↓

945 名前:944-1[sage]:2006/03/05(日) 07:34:25 ID:WiBhxLfD
「のだめー」

あ…子供たちの声……い、かなきゃ…でも…

「…行くなよ」

いつもより長い長いキスを終えると、先輩がそう呟いて。
また唇を重ねた。
何度も、何度も、繰り返し。

これは頑張ったごほうびですかネ?
先輩のキスは「好きだよ」って言われてるみたいで、堪らなく幸せ…ゲハ。

段々とお互いの体がより近付いてく。
先輩の左手はいつの間にかのだめのウエストに添えられてた。
もぞもぞ撫でてるような…リズムとってるような…微妙な手の動き。

なんだかのだめ、ヘンな気分になってきマス…はうん。

「し、いちく…」

甘いだけのキスじゃ足りなくなってきて…思わず膝立ちになって、先輩の頭を両手で支えた。
さっきよりずっと深く交差する。
先輩の舌が絡んできて、色んなトコをつつかれる。
腰やお尻や太股の裏ッ側も撫でられて…

はうぅ…気持ちイイ…

のだめも負けじと先輩の髪や耳に手を這わせると、熱っぽい吐息が漏れた。
ああ、もう、いつの間にか胸にまで手が伸びてきてるし。

……あ…ヤダ…先輩のが…
でも、も少しこのまま…今離れたくない…

946 名前:944-2[sage]:2006/03/05(日) 07:36:08 ID:WiBhxLfD
「も゛ぉー!!のだめってばー!!!」

さっきより更に大きな子供の声。
びっくりして思わず顔を見合わせる。
酔いが醒めたように我に返って、同時に二人して吹き出した。
いつもの先輩なら、誰がいつ来てもおかしくないこんなトコで、絶対有り得ないのに。

「ほら、行けよ」

ぶぶ。今度は行けだって。
さっきと言ってる事違いマスよ?かなりバツ悪そうだし。

それでも。

最後にぎゅって抱きしめてくれた。

大丈夫。
のだめが帰る所はここしかないんですからネ?

「ではアンドレイ、続きは後で」
「誰がアンドレイだ!」
「アンドレイ、服はそのままで」
「変態!ほんとに誰だよ」
「ベルばらデス。先輩読んだくせに…オスカル様が死ぬとこで泣いてたくせに…」
「あぁアンドレね…ってなんで知ってんだ(泣いたこと)!」
「のだめはなんでも知ってマース」

まだまだですね、先輩。のだめが一枚上手デス!
カメラをさっと拾って中へ戻ろうと体を翻す。
と、その瞬間。腕を掴まれてた。

「お前は昨日のアレ着ろよ?部屋で待ってるから」

そう囁くと、耳にキスしてふっと笑って。
のだめを残して先に中へ入っていった。

あへー。
やっぱり真一くんは二枚も三枚も上手でシタ…

キラキラ星…モツァルト。
ただ今のだめ、ピンクです…



おわり

947 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/05(日) 08:14:16 ID:Pcce5AgD
>>944タン
脳内補完にバッチリでしたヨ GJ!

948 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/05(日) 10:48:41 ID:dtmfxaGo
947の時点で426.3KB。
よっぽどの長編大作でも投下されないかぎり
このペースなら次スレは970〜80くらいでいいよ。

949 名前:名無しの名無し[]:2006/03/05(日) 14:41:13 ID:72vqJRTJ
age

950 名前:花をさがす名無し[]:2006/03/05(日) 17:07:07 ID:72vqJRTJ
ageageageage

951 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/03/05(日) 19:00:20 ID:2sSz0bzn
あへー

952 名前:名無しの名無し[sage]:2006/03/05(日) 19:06:58 ID:72vqJRTJ
千秋萌え〜

953 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/05(日) 20:47:32 ID:NBLzjJiC
>>944
神よthx!! じゅーぶんエロイっすわ
子供に見られるかもしれん背徳感がまた(;´Д`)'`ァ'`ァ
でもそれを抑えられず絡みがエスカレートしてく二人(;´Д`)'`ァ'`ァ
自分のキボン脳内補完にかなり沿ってたお
ええもん見させてもらいますた

954 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/05(日) 21:22:31 ID:tlPvD/+s
よし、次スレで投下出来るように俺が今から千秋のだめエチー小説書き始めよう。
ただし、予定は未定だが


955 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/03/05(日) 21:42:58 ID:72vqJRTJ
>>954
期待して松。

956 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/03/05(日) 21:50:09 ID:2sSz0bzn
誰か次スレたててくれ-たてかたわからん

957 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/03/06(月) 00:25:38 ID:PQkgM15W
立てるよー

958 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/06(月) 00:29:08 ID:PQkgM15W
立てますた。

新スレ
のだめカンタービレ7
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1141572371/l50


959 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/06(月) 09:36:27 ID:jIVKpFtx
994さまGJ!!
すごい萌え!
お腹かゆくなってくる!
子供が、子供が、子供が…もちつけ俺。

960 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/06(月) 09:48:06 ID:MsSimnu+
>994に期待。

961 名前:ドキドキ[sage]:2006/03/06(月) 10:46:27 ID:jIVKpFtx
905の続き千秋編投下します。
ギリギリだな。

962 名前:ドキドキ[sage]:2006/03/06(月) 10:47:51 ID:jIVKpFtx
やっと夜が明ける。
寝苦しくて、何回も目が醒めて、その度に見るのは、ベッドの反対ですやすや眠る、のだめの寝顔だ。
触りたいという考えを、押さえ付けるのに苦労する。
明日はこいつの初リサイタル。
きっちり休ませて、実力が出せるようにしてやらんでどうする。
だったらさっさと俺も、ソファにでも移動すればいいものを、昼間の長距離運転やら、海の緊張やらで、身体は疲れで、泥の様で動かせない。
眠りが浅く、変な夢ばかり見た。
あ…ちくしょう、アレがいこってる。朝だからって…。
うつ伏せになって、治まるのを待つ。
その内にもまた浅い眠りに落ち、金縛りまで起こした。
最低だ…。

―――――――――――――

?…?…。
顔のまわりで何かが触れては離れている。
俺の口と鼻を何か柔らかい、湿ったものがつまんでいった。
頬にも、ちょん、ちょん、とそれは触れていき、俺は昔飼っていた子猫を思い出した。
朝が来ると、エサをせがんで俺を起こしにくる黒い子猫。
あ…なんだ、のだめか…。
のだめがキスを俺にくれているんだ。
どおりで気持ちがいい…。
がり。
あっ、耳まで噛みやがったコノ…。
「〜〜〜っのだめ」
いつの間にか金縛りが解けて、口が利くようになった。
が、まだ瞼が上がらない。
ぱっと身を引く気配がした。
やっぱりのだめか。(ちょっとキスは嬉しい)
返事はない。
待っていたが、また眠りに吸い込まれそうになった。
そこへ、ふわっと暖かい空気がせまって来たと思うと、のだめ(と思われる者)が俺の懐に入って、ぴったり身体を擦り付けてきた。
やっぱりのだめだ。
なんだ朝から、かわいい事するなあ!
俺の胸にじーんと甘酸っぱい感動が沸き上がった。
と同時に俺の股間にもその感動が伝わったのか、急に脈動をはじめて、少しあせった。
のだめは…じっとしている。
多分、俺がまだ寝ていると思っているんだろう。
せっかく夕べは我慢したのに、今も俺に全幅の信頼を寄せて横にはべるのだめに、すけべをいたしていいのだろうか…。
と、のだめに何か異変が起きた。
俺の状態を知ってか知らずか、足までぴったり寄りそって寝ていたのだめから、妙な振動が伝わってきた。
腰のあたりがもぞもぞと、何かかゆいかの様な動きをしている。
これは…もしや…。


963 名前:ドキドキ[sage]:2006/03/06(月) 10:58:00 ID:jIVKpFtx
これは…できるかな。
「のだめ」
もう一度呼びかけたが、返事はない。
妙な律動もやんだ。
俺は重い瞼をようやく開いた。
そこに、少し泣きそうな、いたずらが見つかったような瞳のだめの顔が、至近距離に在った。
かわいいなあ。
「やる?」
と短く呼びかけると、見る見るうちに赤く顔を染めるのだめ。
恥ずかしそうに、縮こまり、布団の中に隠れてしまった。
腕をひろげてのだめの背にまわすと、ぎゅっと俺の脇腹のあたりのシャツをにぎるのだめ。
やるぞ。
気が変わる前にやってやる。
こないだやったのいつだっけ。
こいつときたら、初夜の後こそ何回か連続してやれたけど、学校の課題が多くて疲れるからって、いっつも眠そうにしてる。
、実際メシ食わしたらすぐ寝るし、俺の演奏旅行の間は、うちに入りびたっていたくせしゃあがって。
最近俺の仕事がヒマになって、家にいる事が多くなったのに、コンセルの試験前だからと、練習でいつまでも帰ってこねーし。
どんなに凝ったメシ作ってやっても、喜ぶのはいいけど、またすぐ先に寝るし、とうとうこないだ寝込みを襲ってやったけど、終わる前にやっぱり寝ていて、空しいのは俺ばかり。
縮こまるようにして顔を見せないのだめに、俺も布団にもぐりこんで横抱きに抱く。胸が大きいわりに、背中が筋肉質で薄いのだめの身体は、抱きしめるときゅっと小さく感じる。
まだ恥ずかしそうに目を閉じているのだめを抱いたままで反転して寝台に押さえつけた。
やや、がっついた気分の俺は、襲うような性急さで、のだめの口を割って舌を吸い上げた。
のだめはすぐ応じてくる。
舌を回転させ、のだめのの舌と存分に交流する。
俺の唾液が舌を伝わりのだめの口角に泡を作った。
舌を延ばしたまま唇を重ね、のだめの口内も犯す。
のだめの喉が、二人の唾液を飲み込み上下した。
「ん…ん…」
のだめが甘い鳴き声を漏らしはじめたので唇を離した。
「んあ…あっ…」
薄いネグリジェを通して、のだめの乳首がとかって、その形が透かし見えた。
自ら存在を知らせるソレに布ごしにかぶりついた。


964 名前:ドキドキ[sage]:2006/03/06(月) 10:58:47 ID:jIVKpFtx
唾液でぬれて、はっきりと乳首の形が口の中で判る。
重ねている布越しに刺激をあたえる事に、何やら興奮を覚えて、乳首に湿り気を与えつつ、音を立てて吸い上げる。
反対の乳房も指でつまんだりねじったり。
「あ…はあ…」
気がつくと、のだめの両足がネグリジェをはだけ、俺の腰を挟んで捕らえていた。
乳首から口を離さないまま、右手でそのふとももをなであげ、股間まで這わせる。
そこはすでに沼地のごとく濡れそぼっていた。
(これはこれは…)
下着の端から中指人差指を進入させると、吸い込まれる様にたやすく、のだめの内部に入れた。
「あっあああ〜」
喉をのけぞらして反応する彼女の顔が、凄くせつなそうな、色気のある風情で、たまらない感じ。
「お前、朝からすごい事になってるじゃないか。どうしたんだ。」それならそうと内側を叩くように指をスイングさせる。
「あっ…はじめ…そんな…つもりじゃ…はっ…はっ…。」
「俺の寝込みをねらうなんて、のだめをも進化したなあ。」
「あっ、あっ、あっ、あっ…」
いつの間にか、俺の肩から降りてきたのだめの両手が、自ら下着のリボン止めを解いた。とたんに指を動かしやすくなって、俺は指を3本に増やした。
激しく出し入れを繰り返すうちに、解けた下着は、たちまちくしゃくしゃになって、のだめの身体から離れて行った。
下着を外した後の、のだめの手は、次に自分の腰まわりに溜っていたネグリジェの裾をまとめて掴み、一気に身体から抜こうと持ち上げはじめた。
いつもなら服をぬがすのは俺の仕事だというのに、今日はなんて積極的な…(嬉)
俺の下でみるみるうちに素っ裸になっていくのだめだったが、首を抜こうとした時に、腕が延び切って頭だけが残ってしまった。
(いなり巻き…)
素っ裸の身体の上に、首と差し上げた腕が、くしゃくしゃのネグリジェにロックされて、なんとも奇妙な光景だった。
ぷるぷると二つの乳房が交互に震える
「〜〜っむきゃ〜〜っ」
じたばたするのだめ。その珍妙さに思わず吹き出した。
かわいい!バカすぎるぞのだめ!
あられもないその姿にたまらなく愛しさを感じつつ、同時にからかいたくなり、むきだしの脇の下にキスをした。


965 名前:ドキドキ[sage]:2006/03/06(月) 10:59:28 ID:jIVKpFtx
「ひゃうっ!いやあーダメーっ」
「だって俺の目の前に見せるんだもん。」
こーしたくなっちゃうよ。ぺろり。
「イやめてーーっアッハハハ…」
くねくねと芋虫のように動くしかないのだめだった。
「ひい…ダメお願い…先輩も脱がしてあげマスカラ。首取るの手伝って…」
それもいいな。
俺は左手で、のだめのあごの所を掴むと、ネグリジェを一気に上へ引き抜いた。
「はフぅ…」
上気したのだめの顔が現れると、あらためて全身を眺めた。
すっかり夜が明け、朝日の中で白い躰が、それは美しかった。
腕から胸部にかけて浮き上がった細い上腕筋。
その胸には、大きめだがバランスよく張りきった二つの乳房が、熱い呼吸に上下していた。。
根を詰めてピアノを練習すると、すぐやつれて浮きでてくる肋骨。
その下方のウエスト。
くびれが無いなんて言った事があったか、今は腹筋が縦に現れ出てくっきりと女性らしいラインがあり、かなりイケている。
のだめはだまってりゃ、そのへんの女の子は太刀打ちできないほどかわいい。
言動が変態だから、あまり注目されなかったのは俺にとって幸か不幸か。
あの黒木くんが一目慕れしていた時は、俺が一番理解しかねたのだが、今ではすっかり虜になっているのは実は俺の方だった。
のだめは頭の上に掲げていた腕をけだるげに下ろすと、俺の腰から、寝巻きに来ていたTシャツの裾を、ゆっくりと引き上げはじめた。
俺も左腕を抜き、ネックをくぐり、Tシャツは右手の先まで来た所で止まった。
俺が今だにのだめから右手を抜いていなかったからだ。
ちょっと困ったような顔ののだめだが、うっとりと恍惚の表情にも見える。

966 名前:ドキドキ[sage]:2006/03/06(月) 11:00:25 ID:jIVKpFtx
のだめの膣壁がさっきからぴくんぴくんと痙攣して俺の指を軽く締めつける。
のだめの意思とは別の電気的反応であろうが、なんだか下の口でしゃぶられているような感触で、抜き出すのが名残おしかった。
さあどうするのだめ。
するとあっさりシャツから手を離したのだめは俺のズボンに手を延ばした。
子供の様に脱がされる事が、ここへきて急に軽く羞恥心が湧いた。
ゴムの前側にペニスの先が引っ掛かり、外れる時亀頭を刺激した。
「あ、先輩が出てきたネー。これじゃ寒かネ。あたためてあげるバイ」
のだめは急に脱がすのをやめて突然俺を両手で包んだ。
ズボンと下着が尻でとまったままでコレはちょっと恥ずかしい。仕返しか。
のだめの手が俺をしごきはじめた。
亀頭をにぎりながら手の平ですべらす様に刺激し、元の方も上下にしごく。
(げっ、このままだと負ける…)
気持ち良いぞー。
きゅっと俺の指が締めつけが強くなった。
のだめが片足をあげてたのだ。
足の指で脱げ掛けのパジャマを引っ掛けて足先まで引き降ろした。
これで俺も素っ裸になった。
のだめの指に翻弄されて、息が上がってくる俺。
全身に熱い 血がまわって、気が高ぶってきた。
のだめの体もピンク色に上気して、興奮を表している。
ついにのだめは俺をいじるのを止めて、俺の右手に手を乗せてきた。
「先輩…もうのだめ…」
言われなくても…!
ぐちょっと音をたてて、のだめから手を引き抜いた。
「はうっ」
びくんと、のだめが震える。


967 名前:ドキドキ[sage]:2006/03/06(月) 11:00:55 ID:jIVKpFtx
抜き出した指は、粘液でふやけ、ゆでたように赤くぬらついていた。
手首に残っていたTシャツを、それを拭いながらはずし、ベッドの外に放り投げた。
のだめの頭の上の、いくつもある枕の下に手を入れてアレを捜す。
夕べ、のだめがネグリジェ姿でベッドで待っていたのを見た時から、当然の事と期待を持って忍ばせておいたモノだ。
あった!
焦ってやぶかない様に切口を開け、取り出して手早く被せる。
(…いつも思うけど男ってこの時まぬけだよな。しかたないけど…)
急いでのだめの上に戻ると、のだめも待ち焦がれたような顔をして、両腕を俺に広げていた。
首に巻きついて来てぎゅっとしがみついてくる。
俺はのだめの右足を かかえ上げると、一気に突進した。
「あ、あああ〜ッ」
内部に進入する圧力にのだめが一際高い声であえいだ。
俺にも内壁がねっとりと絡み付いてくる。
ぴっちりと締めつけてきて一体感を持った。
「のだめ、動くぞ」
言い終わらないうちに律動を始めた。
もうこうなると、体と意思はまったく別だ。
「ああっ、ああっ、あん、あん、あん、あん…」
のだめも良い声で啼き始めた。
俺の腰と、のだめの腿が当たる度、ぱん、ぱん、ぱん、ぱんと渇いた音が響きわたる。
「あ…イ…イイっ…しんいちくん…気持ちイイ…イイ…気持ちイイ」
その言葉に俺はますます奮起する。
「アアアアアアア…」
速度をますます速くすると、のだめの声がつながって意味の成さないものになり、だんだん大きくなってきた。
その口を口付けで塞ぐ。
振動にゆれるのだめの乳首の先が、俺の胸にもかする。
その快感も加わって、いやでも昇天したい感じが高まる。
のだめが両足で俺の腰に絡み付いてきた。
俺の押し上げがますます深くなっていく。
「しんいちくーーーん!」
「めぐみ!めぐみ!」
俺の終わりの時が近づいてきた。
頭がスパークする。
「めぐみっ!!」

――――――――――
事の終わった後、余韻に浸っていた時に、のだめが、俺の寝顔を見ていたと言った。
「何か夢見ていたデスカ?」
言えるかよバカ。

fen


968 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/06(月) 12:07:44 ID:cXDvo0rq
ふぇんて……

969 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/06(月) 12:10:19 ID:07UK49ry
あれがいこってる ってなんですか?

前からちょっと気になっていたのですが
ドキドキさん在住地方の方言か何か?がよく混じってるみたいですね。

970 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/06(月) 12:24:33 ID:MsSimnu+
fen

[名]沼地, 沢地;((the Fens))(イングランド東部の)沼沢地帯.
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=02652800&p=%A3%E6%A3%E5%A3%EE&dtype=1&stype=1&dname=1na&pagenum=1

Far East Network 米軍極東放送網.
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=02652900&p=%A3%E6%A3%E5%A3%EE&dtype=1&stype=1&dname=1na&pagenum=1

971 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/03/06(月) 12:45:45 ID:H03Lonuk
ドキドキさん、GJ!!
双方からのを読むのって、たのしいかも。

それにしても千秋、金縛りとは気の毒すぎてワロタ。

972 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/06(月) 13:36:57 ID:xTIiqz0n
GJ!
個人的には千秋視点からのSSが好き。本編が千秋視点だからかな。

973 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/06(月) 16:24:41 ID:QCfh7CV/


974 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/06(月) 16:42:41 ID:rGYswVdm
>970
ワロス

975 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/06(月) 21:00:14 ID:7QFgyZ7w
がああああ!ふぇんって何?最後にまちがえたよおお。
ご指摘サンクス…。

>アレがいこる
しこり、固まる、みたいな意味です。
西日本の形容かなあ。
千秋横浜っこ(?)なのに変だな。
もう使いません。

976 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/06(月) 22:32:29 ID:iywJ5Voa
ドキドキさんGJ!
千秋 寝込みを襲ったことがあるのか..ワロタ!
横浜っ子だと語尾に「〜じゃん」とかですねw

977 名前:名無しさん@ピンキー[saga]:2006/03/06(月) 23:58:34 ID:DlfLL1lN
横浜っ子でも「じゃん」は定番ではありませんが…。


978 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/03/07(火) 00:31:02 ID:3lrZ4ZIJ
神奈川に(母の)実家はあるらしいが、横浜と決まったわけではないのでは。
(標識はチラッと登場したけど)
むしろ、鎌倉なイメージ。

西日本在住だが、その言葉はしらんかったなー。

979 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/07(火) 00:32:18 ID:aS/gZPav
そんなマジレスしなくても..冗談半分だったのに orz

980 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/07(火) 00:35:46 ID:aS/gZPav
ID変わっちゃった
>>977宛て ね

981 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/07(火) 09:30:44 ID:DVNm5uTN
ume

982 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/07(火) 09:56:50 ID:laAyc/3o
ume、梅ってなに

千秋が心の中ではかわいいかわいいって言ってるのってあるのか?


983 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/07(火) 10:09:59 ID:t/LKqBB0
ume 梅 埋め
⇒埋める
http://www.media-k.co.jp/jiten/wiki.cgi?%A1%E3%A4%A6%A1%E4#i44

984 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/07(火) 10:39:18 ID:vZMnaCk1
炭が発火してきてる時に
炭がいこると使うので

あれが沸々と燃え上がってきている様を表現したかったのかな?



985 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/07(火) 12:12:17 ID:P6+OVvGA
>>984
聞いたことない。

いこるという言葉自体、ここではじめて聞いた



986 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/07(火) 12:41:21 ID:laAyc/3o
ああ、アレが熱くなったってぐらいの意味ですね。
エロいですね。

987 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/07(火) 15:17:11 ID:CYX0yWSR
>>985
現在では基本的に茶道用語。
一般では殆ど使わないと思われ。

988 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/07(火) 17:34:45 ID:v/WZtq3+
茶道用語なんて私との育ちの違いを感じた

989 名前:名無し[]:2006/03/07(火) 23:02:42 ID:yKD/zCAv
>>988
同じく。

990 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/08(水) 10:03:47 ID:RcfOQxdn
次スレに新作が落とされているわけだし
さっさと埋めちゃおうよ。
しりとり。コスプレ。

991 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/08(水) 11:17:13 ID:G3K2VxYy
レイプされました

992 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/08(水) 12:08:41 ID:ZYWu6TcK
楽しくピアノをひいて何がわるかとやー!

993 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/08(水) 13:12:46 ID:kDU06K8/
htmlファイルの配布は過去にあったようなのですが
ssのみをのまとめサイトは無い様に思うのですが
勝手にまとめたら職人さんが嫌がりますかね?
感想抜いてきれいにリストにしたいのですが。
だめかな?

994 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/08(水) 13:13:35 ID:kDU06K8/
しりとり 続き

やーん先輩ったら〜

995 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/08(水) 14:04:23 ID:LFaoxiPR
いいんじゃね?>まとめサイト
つーか作ってくれたらすごくうれしいけど。

しりとり

R☆Sオーケストラ

996 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/08(水) 14:29:19 ID:xbUO5UyN
>>993
いいと思うよ

携帯から見れると更に嬉しいが…
無理なら贅沢は言わない


997 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/08(水) 14:31:21 ID:XHjhhQHs
>>993
ヤダ

998 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/08(水) 14:32:46 ID:fC+kLPTG
作家さんたちの意向を聞くべし。私も反対派。
それに蒸し返すようだがあのものすごく長いのはどうするんだ?


999 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/08(水) 14:35:34 ID:7d4RYtGD
書き手としてなら、私も嫌だわ。
読み手はあったほうがいいんだろうけどさ。

1000 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/03/08(水) 14:41:28 ID:fC+kLPTG
げとー


1001 名前:1001[]:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。


戻る 1- 前100 最新50
DAT2HTML 0.35f FIX Converted.
動画 アダルト動画 ライブチャット