■戻る■ 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50  

のだめカンタービレ6

701 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/17(火) 01:22:15 ID:6JBz7wgj
14巻、くろきんが一番美人だと思った私は逝ってよしですか。
腐女ではない、はず、なんだけどorz

もう少し本誌展開が熟したら、クロキンターニャSS来るか?


702 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/18(水) 15:39:12 ID:mfJx8VQ7
ロックオン
もしも千秋本人だったらの巻

のだめが風呂に入っているにもかかわらず、千秋がトイレに入ってきた。
美しい立ち姿だった。千秋はいつみても美しくかっこいい。
千秋はさっとズボンを下げた。

一方、浴槽に入ったままののだめは、入ってマスよ、と言い出せず、
テレてしまって、でも千秋に気付いてほしいし、でも、千秋の秘密の場所が
気になって気になってしょうがなくて、目で追ってしまう。
つい、じっと見てしまう。

千秋の白くて長い美しい指、その手に包まれて、あっ、ペニスが!。
千秋が一瞬、動きが止まった。
のだめも目で追うのが止まった。
「ロック・オン!」
この声に千秋がぎょっとして、こちらを振り向いた。
ペニスからは尿がほとばしっていた。

THE END

703 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/18(水) 17:40:43 ID:7m0D1h1I
千秋もズボン下げ派なのかw

704 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/01/18(水) 23:34:38 ID:ZAVn7nYi
俺にとって、女性の秘所は、グロくてじっくり見られたものではない。
女性のパンツすらも、汚いシミがついてそうなので、
他の男性が有難がるほど、パンチラを有難いとは感じられない。
つか、チラっとしたら、ひくし。
13巻で、のだめがパンチラしてたけど・・・。

女性にとって、男性の秘所やトランクスって、どんな感じなの?
「気になって気になってしょうがなくて、目で追ってしまう」ものなの?
のだめみたいに「ロックオン」したくなるものなの?

スレ違いでスマソ。
のだめスレは女性がいそうなので、訊いてみた。

705 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/18(水) 23:54:30 ID:e/VNqJcp
のだめにとっての千秋を一般に当てはめるのは不可能でしょ。
意味不明な質問乙。
自分の彼女にでも聞いてな。

706 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/19(木) 00:18:42 ID:bVDT93e4
いや普通に釣りだろ

707 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/19(木) 19:59:19 ID:DcqRx8Ga
女かもしれん・・と思ったけど中学生男子かな

708 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/19(木) 21:44:08 ID:mgzXGP0i
6巻P107。
酔った千秋が、のだめの脚を割るシーンがこっそりスキだ
「おらぁ」とか言ってるし

ゴメン、ちっと欲求不満だ…

709 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/20(金) 13:00:34 ID:xhz6BV3o
>>708
禿しく同意!!
今まで出たカラミで一番エロイとおもた
セックルするよりエロイ…かも


710 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/20(金) 18:17:46 ID:vJzCnRks
のだめはセクースシーンなんかで無くても、
ちょっとしたコトに萌えられる

711 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/20(金) 19:38:51 ID:W7rsnP8D
むしろないから萌えられるのかも

712 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/20(金) 23:24:43 ID:EogfO5UL
>>708
のだめが千秋の脚を割るイラストも萌え〜
(知る範囲で2つある)
そしてアイスを舐めさせるのだめ..エロい

713 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 00:31:16 ID:EKpP+5fA
千秋って口で言うほど嫌がってないんだよね
そう考えるとターニャとのからみとか軽くヤバイような

714 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 00:59:50 ID:W6njNKnk
でも全く赤面せずに「腹がヤバイ」って言ってたぞw

715 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 01:08:18 ID:Cea88p4s
次号で同じベッドなんだよね。

そのシーンあると期待しているのは漏れだけ?

716 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 01:24:09 ID:VqpgPKbs
シーンが無くても、夜が明けただけで
「一緒のベッドに寝た」という事実は成立。
それだけで(;´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ

717 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 07:55:22 ID:8sNd6sDj
朝までピアノ練習してたとかいうオチつきませんように。

718 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 11:29:35 ID:eMTNmSay
千秋酔っ払ってぐーすか寝るとかな<姫さまルームで生殺し再来

719 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 13:51:33 ID:KzTU9r2f
逆にのだめが酔っ払ってぐーすか寝て
千秋が悶々としてほしいw

720 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 16:09:14 ID:Cea88p4s
所長が
みんなが思うほど愛について考えてない
といっていたのが気になる

721 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 18:20:45 ID:8sNd6sDj
普通に朝になって普通に演奏会が始まるのかもね。

722 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 18:38:10 ID:b9ODDyCo
>>721
それがいいとおも。

723 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 18:53:41 ID:eMTNmSay
賛成ノシ
描かれればそれはそれで存分に萌えさせていただきますが。

テーマ的には 音楽>愛 てことか。
作者がそのスタンスのほうがストーリーは面白くなるだろうね。
愛はこういう場や妄想で補う。

724 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 18:57:58 ID:gDSEAOVX
次号からイキナリ朝になるのもありかとは思うが
夕食が8時とか微妙に夜にも伏線はってあるからなー

個人的には夫婦同室という設定に特に期待していない
露骨なセックル描写はない方がいい派なので
>>719みたいなのなら見たいけど)

725 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 19:33:54 ID:eMTNmSay
夕食はありそうだね。
ごちそう楽しみにしてたし。
所長曰くじっくり書いてるとのことだから楽しみ。

726 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 19:53:26 ID:VqpgPKbs
いきなり投下。
自慰ネタです。苦手な方はスルーしてください。






727 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 19:53:57 ID:VqpgPKbs
「は……んっ……」

先輩がパリを不在にして10日。
寂しくて……寂しくて……。
ベッドには、大好きな先輩の匂いが染みついていて、だから……。

「っふ……ぁん」

何だかもう我慢できなくて、そっと胸をまさぐって、みた。
いつも先輩がするみたいに、揉んで、てっぺんを突いて、転がして。
目を閉じて先輩がすぐそこにいるみたいに想像すると、私の胸はどんどん感じ始めてきた。
ちゅってして欲しいな……。
赤ちゃんがするみたいに、ちゅーって、右も左も。

「あっ……せん……ぱぁい」

もじもじ足をすり寄せると、自分がちゃんと濡れているのがわかる。
……こんなこと、しちゃいけない……、のに。
でも、とまらなくて。
自分に触れるとそこはもう溢れていて、私は自分を恥ずかしく思った。

「あん……あんっ……やぁ……」

静かな部屋に、私のエッチな音が響く。
きもち、いい……。どうしよう、のだめ、気持ち、いいデス……せんぱい……。

私の、敏感な小さなボタン。
先輩だったらこんな風に……。
先輩の舌だったら……唇だったら……。

「やっ、やあっ……しんいち、くんっ」

名前を呼んだら、余計に恥ずかしくなった。
自分の顔が真っ赤になっているのがわかる。
それから、自分のあそこも……。
指で辿るとひくひくとうごめいて、きゅんっとすると溢れてしまうのを感じる。
あ……。
ほしい……。ここに、欲しい……。

指はあいだまで濡れていて、私は躊躇いながらも自分の中に進入させた。
先輩が入ってくる、その瞬間を想像しながら。

「はぅ……あぁーーん……」

熱い、中。それから、なんか動いてる……?
先輩がいつもそう言うけれど、それってほんとだったんだ。
ゆっくり出し入れしながら、中で指を折り曲げてみたり、ざらざらしているところを強く撫でたり。

「あっあ……や、だめ……ぇ」

728 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 19:55:10 ID:VqpgPKbs
じゅぶじゅぶと音がしてる。指が、とまらない……。
胸、胸も……。
あいた手を胸の上に這わせて、先輩がしているみたいに動かす。
指を唾液で濡らして、尖った乳首を摘んで、弾いて……。

息を吸うと、先輩の匂いがする。
すぐそばに……そこにいるみたいに感じる。
だけど……。

……この指が先輩だったらいいのに。
もっと長い、先輩の指だったら……。
ううん、先輩の……だったなら。
私の中へ押し入って、中をいっぱいに満たして、奥の奥の方まで届いて、私を強く揺さぶって……。

「し……んいち、くんっ……あんっ、いっちゃ……う……!!」


先輩……のだめ……。
さみしい……デス…………。


───────────────


「……っう、ああっ、のだめ……!!」

のだめに覆い被さるような体勢でベッドに伏し、何枚も敷き重ねたティッシュの上に吐き出した。
どく、どく、と波打つ快感と共に精液が吹き出すのを自分で見ている。

いつも感じるが……むなしい……よな。
さっさと後始末を済ませて、ベッドへ仰向けに転がった。

離れている間に何度こんな事しただろう。
申し訳ないような気持ちでいながらも、体の反応には逆らえない。
だから……。
夜な夜な、のだめの体を、のだめとのセックスを思い出しては、こんな行為をしてしまう。
想像するのがよくないんだろうけど、ベッドに入るとどうしてもちらついてしまう。

白く滑らかな肌。
ふんわりとしていて、抱き心地がよくて。
あの体を、柔らかな体を隅々までさぐって、許しを請うまで焦らして焦らして……。
そして、あの熱いのだめの中を味わいたい。

「のだめ……」

元気にしているかな、あいつ。
早く帰りたい。
早く会いたい……そして、抱きたい……。

今日はもうこれ以上変な気持ちにならないようにと、のだめのピアノの音を思い出しながら目を閉じた。


─────おわり



729 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 19:56:13 ID:VqpgPKbs
以上です。
お粗末様でした。さようなら。



730 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 19:59:19 ID:Cea88p4s
リアルでみちゃった。GJ!!


731 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 21:16:50 ID:IQDBKmMZ
む〜ん!
新刊読後直後にGJ!デス!!

732 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/21(土) 21:53:46 ID:+qJ//4av
GJ!! 二人でしてたっつうのがイイ!
ピアノの音 思い出して寝る千秋テラカワユス

733 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/22(日) 01:06:19 ID:3upbkoVA
千秋うつぶせでスル派か??

734 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/01/22(日) 01:51:52 ID:zp6HKJUP
はうん・・・

735 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/22(日) 02:49:57 ID:eB9oA4dc
GJ!!!
久々にムラムラものですた。

736 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/22(日) 04:17:04 ID:MwQtcqS4
726タン
あなたは神?
千秋の‥‥読みたいと思っていたのさー
きれいに終わっていてGJ!!

737 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/22(日) 19:31:31 ID:RcTW4es5
GJ!
私も千秋の「のだめに覆い被さるような体勢」にムラムラしますた。


738 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/24(火) 17:42:13 ID:UB1gCPOX
本誌の萌えを材料とした
職人の 作品投下を待つ!!



739 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/24(火) 21:25:10 ID:fME0lOGf
先週ぐらいから書いてたやつがもうちょいでできそう。
本誌未読だから、テーマもなんもないけど
投下してもいい?

はぁ…はやく本誌見たい。

740 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/24(火) 21:37:39 ID:omEjPnOX
携帯から失礼。
お願いします!


741 名前:739改めメープル[sage]:2006/01/24(火) 22:45:32 ID:ox7fpxZ0
以前に1度投下したメープルです。

本誌萌えの方には物足りないかも知れませんが、
投下します。短いです。
接続環境悪いので、途中で止まったらすみません。

742 名前:1/メープル[sage]:2006/01/24(火) 22:47:43 ID:ox7fpxZ0
しばらくオケの公演もなく、少し気持ちにゆとりができた休日の夕暮れ時。

千秋はヴィエラ先生の新譜のCDをヘッドホンで聞いていた。
総譜を見ながら先生の音楽を感じる。
色々思うことがあったら、その都度楽譜に書き留めていく。

ベッドルーム脇のデスクにはのだめの姿。
学校が休みの日はいつも千秋の部屋でインターネットをしている。

―――あいつ…いつも何見てんだ?

1度パソコンを立ち上げたら2時間はその前を離れない。
いつもは千秋も、公演や練習の準備などでバタバタしていることが多いので
のだめが何をしているのかまでかまっている暇もそうそうないのだが…。

あいつ何気にパソコンに詳しいし。
前に一度フォントをいじられたりしたし。

千秋はCDを止め、パソコンに夢中になっているのだめの背後にそーっと立った。

「おい」
「ぎゃぼっ!」
声をかけたら異常なまでの過剰反応。

「お前いつも何見て…」
「みっ…見ちゃダメデスー!!!」
慌てて画面を隠すのだめ。
その手を強引にひきはがすと…

あからさまなアダルト動画、しかも今まさにクライマックスを迎えようとしていた。
「お…お前!!何見てんだよ!!!」
しかも、慌てたのだめがヘッドホンのコードを絡ませ、パソコンからジャックが抜けてしまった。

部屋中に響く、女優と男優の激しい声。
千秋は唖然となり、一瞬その映像と音声に目を取られた。
しかしすぐにウインドウをOFFにして、のだめを睨む。

「お前…いつもこんなもん見てたのか」
「イエ…あの、いつもってわけでは」
「変態」

743 名前:2/メープル[sage]:2006/01/24(火) 22:49:08 ID:ox7fpxZ0
大きなため息をついて千秋はベッドに腰を下ろした。
「…ったく、下手にこういうサイト開くなよ。変なとこつながったらどーすんだ」
「あ、その辺はだいじょぶデス」
「何が大丈夫なんだよ!大体女がこんなサイト見て…」
千秋はのだめをパソコンの前から押し出しながら、セキュリティソフトをチェックした。

良かった。異常はなさそうだ。

「先輩は見たことないんデスか?」
「は?」
「健全な男子なら絶対見てるハズです!!女子は見ちゃだめって…なんでデスか」
横のベッドに拗ねて突っ伏しながらのだめは恨めしそうに千秋を見る。
AVをこっそり見ていた所を自分の彼氏に見つかって、怒られて。
子供の様に反撃にでるのだめに、千秋は少し焦った。

「…俺は見てない。(最近は)」
「ウソでしょ。何で目をそらすんデスか」
背中を向けた千秋の腕をのだめが引っ張り、千秋はそのままベッドに腰をかけた。

「…だって、別に見る必要ねーじゃねーか。…今は。」
「今は…って、やっぱり見たことあるんじゃないデスか」
「それは…あるけど。普通見るだろ」
「もしかしたら、先輩みたいにブルジョワな人は本当に見たことないかもって」

―――んなわけねーだろ。見たことはある。当たり前だ。
だけど、最近見てないのは本当。
もともと、こういうわざとらしいのは…好きじゃないし。
最近は、見たいと思わない。
この変態はオレがそう言ってる意味、分かってんのか?

「…じゃあ、何でお前は見てんだ?…別に女に見るなって言わないけど…こーいうのはそもそも男が…見るっつーか…使うものじゃ…」
そこまで言って千秋は口をつぐんだ。
まるで自分がそうしていたかの様な言い方。
そんな千秋の態度を見て、のだめは微妙な表情をした。

「先輩、やっぱりなんか不満に思ってるんデスね…」
「…は?」
「だって!…最近、その…したアトとか、先輩、無言の事多いし…。もしかしたら、あんまり…その楽しくないんじゃないかと」
「…何言ってんだ…お前」
いつになく、ちょっと真剣な面差しで、千秋を見るのだめは、
今にも泣きそうだ。

「だから!のだめ、こうして、日々研究してるんデス!…大学のときからずっと研究してるのに…!」
「研究って…」


744 名前:3/メープル[sage]:2006/01/24(火) 22:50:03 ID:ox7fpxZ0
そういえば。
日本にいた時から、のだめは良く千秋のパソコンでアダルトサイトを見ていた。
あの時は単なる変態だと思っていたし、まさかそれをみて日々研究してるなんて
思っても見なかったけど。

―――イヤ、今も変態なのは変わってないか。

「こっそり研究して、先輩をギャフンと言わせたくて」
「…いや、絶対言わないし」
「じゃあ!どうしたら先輩に追いつけるんデスか!?」
「お前何言って…」
「…だって、…先輩はいろんなこととか…いろんな女の人を知ってるじゃないデスか…」

―――なんだそれ。
そんなこと…気にしてたのか…。

いつもは、変態なくせに。
奇声を発して、予測できない発言するくせに。

どうして、ごくたまに、…そういうかわいい事を言うんだ。

―――あ。ヤバイ。今、何か来た。止まらないかも…。

「…別に不満で無言になってるわけじゃねーぞ…?」
「じゃあどうして」
「知りたい?」
「知りたいデス」

そう頷いて無防備に詰め寄るのだめの手を取り、千秋はその長く滑らかな指の付け根に唇を寄せた。
「ぎゃぼ…な…なんデスか!?」
「…」
少し驚くのだめに、千秋は何も言わずに彼女を見つめ、
そっと自分の口元に人差し指を立て、"もう黙って…"と合図する。

のだめの顔がみるみる赤くなる。
23才とは思えないその童顔と、羞恥心を隠せない表情。
そしてまた、すぐにスイッチが入ってしまう千秋に、黙って必死でついて行こうとする姿は
対象が音楽である時と同じだった。


745 名前:4/メープル[sage]:2006/01/24(火) 22:51:24 ID:ox7fpxZ0

美しい旋律を奏でるその指に、慈しむかの様にキス。
短く切りそろえられた爪を食み。
指と指の間のやわらかな皮膚にそっと舌を滑らせる。

「…ん…」
我慢できずに漏れる吐息に、のだめ自身が驚き、とっさに自分で口をふさぐ。
その様子を凝視しながら、千秋は愛撫を続ける。

ベッドの上に向き合って座ったまま、二人の距離は…まだ50センチ。
その間、千秋の視線はのだめの瞳から外れることはなく、
のだめにとってその時間は永遠にも感じられた。

―――つながってるのは指先と唇だけなのに…なんでこんなに苦しいんデスか…?
我慢してるのに、吐息が…とまらない。

千秋はそれを分かっていながら、何も言わない。
ただただ、その瞳だけが、射抜くようにのだめを焦らしている。

「…あの…しんいちくん…」
「…何」
「エット…その…」
「…」
「…ん、…あ」
「…だから、何」
「んっ…その…」
「…言えよ」
「…あのっ…もっと…近くに来てくだサイ…」

のだめが搾り出したその声で、千秋は動きを止めた。
そして、代わりにのだめの首筋にやさしく手を触れた。

一瞬ビクっとなった。
手を触れられただけなのに、過剰なまでの反応。

―――こいつ、自分でわかってないのか?
アダルトサイトなんて見なくたって。
お前自身がいつも本能でそうなることを…オレは知ってる。
知ってて教えてやらないオレこそ…確信犯だ。


746 名前:5/メープル[sage]:2006/01/24(火) 22:52:30 ID:ox7fpxZ0
のだめは近づいてきた千秋の頬を両手で包み込む。
千秋もまたそうした。
引力のようにさらに近づいて…その距離5センチ。
そこからは一瞬で―――二人の影が重なった。

「…ふぁ…んっ」

お互いの唇はすぐに舌を受け入れ、
さっきまでの遠かった距離を埋め尽くすように、複雑に絡み合った。
こぼれた唾液が千秋の頬を包むのだめの長い指をつたい、腕を流れる。
それを追うように千秋はのだめの腕に舌を這わせる。
「あっ…」
這わせた舌を再び、腕から指先へ。指先から唇へ。

唇と唇が再会すると同時に、千秋とのだめはベッドに倒れ込んだ。
「…なんか、今日は、先輩イジワルですネ…」
「…嫌?」
「…イヤ、じゃないデス…」

ワンピースの胸元にかすかに花びらを残しながら、身にまとうものを取り去ってゆく。

「ん…はぁっ…あっ…あんまり見ないでクダサイ…」
「…ん…、暗いから見えてないし…だから隠すな」
先ほどまで窓からのぞいていた夕日はすっかり落ち、
幻想的な黄昏時の光が、わずかにベッドサイドに届いている。

見えるか見えないか。
触れるか触れないか。
見えないから唇や指で触れて確認したい。
触れられない瞳は、見つめていたい。
そんな葛藤が、千秋に焦らされていたのだめの官能のスイッチを、やっとオンにする。

―――先輩と、一緒にいたいんデス。…出来れば、自分の力で。
音楽も。…こういう事も、全部。



747 名前:6/メープル[sage]:2006/01/24(火) 22:53:41 ID:ox7fpxZ0
二人を隔てるものは何もなくなり、
のだめの柔らかな乳房も、すでに千秋の手の中にあった。
指先ではじき、舌でやさしくその頂点をなぞる。
「んん…やぁ」
「嫌じゃ、ないんだろ?」
「…ホントにイジワル…」

のだめの首筋に、隙間なく愛撫をふらせていると、のだめの右手が千秋の下腹部をまさぐる。
左手は、耳たぶをやさしくなぞり、一瞬ひるんだそのすきに、
のだめが千秋を逆に愛撫しはじめた。

「んっ…」
思わず出た声に、のだめは一瞬ふっと笑みを漏らして
まさぐっていた右手で確実にそれを捕らえる。
挑戦的な指使いは、さっきのお返し。

先走りがすでにしたたっていた先端に指を添えて滑らせる。
「……ん…ちょっ…やめろ…」
「イヤです」
耳元でのだめにささやかれて、さらに熱くなる自身に若干の恥ずかしさを感じながら
千秋もまた、のだめの蜜部に手を伸ばす。

「…!あっ…んっ…!」
そこもまた、同じように泉のように溢れて、軽く千秋の長い指を飲み込んだ。

「…んぁっ…しんいち…く…ん」
「…め…ぐみ」
お互いの秘部を刺激しながら、また深く口付けを交わす。
もう、零れ落ちる唾液も、蜜も、とめどなくながれてしまえばいい。

「んっ…あのっ…のだめ…っ…もう…」
「…いいよ…」
「あっ…あっ…ダメっ…指じゃ……イヤです…っ」
「ん…じゃあ、…お前が連れてってくれよ」


748 名前:7/メープル[sage]:2006/01/24(火) 22:54:45 ID:ox7fpxZ0
千秋に頼まれ、のだめは声なくうなずく。

キスしながら起き上がり、向かい合わせになると、
もう限界寸前な自分の泉に、千秋自身をあてがい、腰をゆっくりおろしていく。
「――んっ…ぁ」
「…はぁっ…」

重力にまかせて沈めた蜜部は、千秋の形をしっかりと感じて捉える。
遠慮がちに千秋の肩に両手をおいて、わずかに上下してみた。
のだめは、恥ずかしい水音があんまり響かないようにゆっくり動いたが…

「!…ああっ…んっ!」

その均衡を破るかの様に、千秋は下から突き上げた。

「あっあっ…!んっんっ…しんいちく…ん…っ」
「…めぐみ…!」

指は乳房をもてあそび、唇は再度捕まり…感じられるところすべてが支配されてゆく。
送り込まれる振動と共に、のだめは伝わってくる千秋の思いを感じていた。
何度も何度もやってくる、限界の波に飲まれながら、また食らいついていく。

「はぁっ…んっ…もう…ダメ…っ」
「ん…はぁ…オレも…――っ…」
「…しんいち…くん…んっ…あっ…あいして…ま」
「…っ…知ってるから…言うな」
「―――あっ…あ――」
「――!」

流れ込む鼓動の中、二人はもう一度キスをした。



749 名前:8/メープル[sage]:2006/01/24(火) 22:56:06 ID:ox7fpxZ0
――――――――――――――――――――――――

「―――ホラ、やっぱり無言じゃないデスか」
「え?」

脱ぎ散らかした下着やインナーを、元通りに身に着けていく。
先ほどまでの情事がウソのように、ベッドの上も、そしてのだめと千秋自身も
平常を取り戻したその頃、のだめがぽつりとつぶやいた。

「今、のだめが話しかけるまで15分以上無言でしたヨ…」
「…そんなに?」
「気付いてなかったんデスか?」
「…」

―――オレが無言になるのは、お前のせいじゃねーか。

音楽の事もそうだったけど…
こいつを引き上げたいって思う気持ちは結局思いあがりで――
オレはいつもあんまり周りが見えずに突っ走ってしまうけど…、こいつはいつもついてきてくれる。
そして、それは大概…予想の範疇を超えていく。

―――なんていうか…。その都度パワーアップしてる様な…気がする。


のだめの言う「したアト」、千秋は。
ほんのちょっと前まで、自分自身に起こっていた、艶めかしい時間を、
思い出しながら、反芻しながら、…結局いつも無言になってしまうのだ。

「結局、なんで黙っちゃうのか教えてくだサイ!!」
「…もう、それはいいから」
「教えてくれるって言ってたじゃないデスかー!!嘘つき!!カズオ!!」

―――言えるわけねーだろ。バカ。
なんで…こうも、最中とそうでない時の差が激しいのか…この女。

そう思いながらも千秋はそのギャップに
紛れも無く愛しさを感じていることも分かっていた。
そんな自分に自嘲気味に、鼻で笑う。


750 名前:9/メープル[sage]:2006/01/24(火) 22:56:50 ID:ox7fpxZ0
「なにニヤニヤしてるんデスか…カズオさん」
「ん〜?別に」

千秋の考えている事なんて、全く想像つかないのだめは
終始眉間にしわをよせている。
そんなのだめの頭を、千秋はグシャグシャっと掻きなでた。

「ぎゃぼ…髪が…」
「…それはそうと、追いつかなくていいからな」
「へ?」
「…オレが…いろんな女を知ってるとかなんとか言って…どうしたら追いつけるとか言ってたけど…」
「むー…それはホントの事じゃないデスか」
「いや…お前がどのぐらい想像してるか知らないけど。…そんなでもないし」
「別に…いいデスよ。のだめ、頑張りマスから」
「いや…頑張らなくていいし」
「…なんでデスか」
「頑張られたら、オレが、困る」
「へ?」
「…お前は。オレだけで十分だから」
「…そ…それって、愛の誓い!?ふぉぉ、プロポーズ!?」
「っ…違う、勘違いすんなよ!」

―――経験する人数なんて、張り合わなくていいから。って…言いたかったのに。

「むきゃー☆先輩、愛してマスー☆!!」
「ばっ…くっつくな!!」

ボサボサになった髪を振り乱して、千秋に抱きつくのだめ。
引き剥がそうとしながらも、千秋は、今夜二人で食べる夕食の献立を考えていた―――

END


751 名前:メープル[sage]:2006/01/24(火) 23:02:17 ID:ox7fpxZ0
以上です。

ちょっと改行多すぎました…orz
見にくくてすみません。


752 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/01/24(火) 23:26:52 ID:mwJ3slOk
携帯からでゴメンナサイ

メープルさんGJ!
もうハァハァがとまりまセン!
ファンになりました〜


(*´д`*)ツギモキタイシテイイデスカ?

753 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/25(水) 00:15:06 ID:D9rhHuEy
GJGJGJGJGJGJGJGJGJ!!!!!
萌えましたよメープルさん!
本誌も読めたし、今夜は幸せに眠れそうです。
ありがとうございました!

754 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/25(水) 07:42:29 ID:80qDRydt
神だ神神!
(*゚∀゚)=3ハァハァ

755 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/25(水) 07:57:28 ID:RO+StvzX
メープルさんGJ

756 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/25(水) 17:23:02 ID:hzd3vh7M
メープルさんGJデス!

所でエロパロのだめカンタービレ4が
保管庫にないってないんですがログはどなたもおもちではないのですか?

757 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/25(水) 17:52:27 ID:vzDOnuS4
>>202

758 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/25(水) 18:21:17 ID:hzd3vh7M
ありがとうございマス!

759 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/25(水) 23:31:49 ID:SOGxRLz5
【釣られた読者も】のだめネタバレ11【生き地獄】(難民板)
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1138173102/l50

760 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/26(木) 04:56:50 ID:i3ym8SnJ
メープルさんGJGJGJ!二人の雰囲気が自然で、
原作の雰囲気を残しつつ甘くて素晴らしかったです!
「……ん…ちょっ…やめろ…」
「イヤです」
に激しく萌えました。眉間にシワよせて「やめろ」いう千秋萌え〜
いい夢見られそうです、ありがとうございました!


761 名前:メープル[sage]:2006/01/26(木) 20:53:03 ID:lCeINOae
GJありがとうございます。
歴代の神々には到底及びませんけど…
またネタを思いついたら投下したいと思います。
旦那が出張してる時しか書けませんが…。
(見つかったら恥ずかしくて死ぬ…)

では、名無しにもどりまつ。

762 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/28(土) 04:28:03 ID:qGUVnwis
本誌はすごい寸止め技だね。

763 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/28(土) 14:23:15 ID:RlQTekb1
だがそれがいい。

764 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/28(土) 22:09:29 ID:0xGe9pZ9
リサイタル後妄想






のだめのリサイタルは成功に終わり、千秋とのだめは部屋で祝杯をあげていた。

「のだめ、もっと飲めよ」
「先輩はお酒強すぎデス…のだめはもう充分デスよ…」

のだめは既に顔を赤くして例のダブルベッドの上で蹲っている。
ふぅん、と鼻で返事をした千秋はワイングラスを置くとソファから立ち上がった。

「それで、また一人で先に寝るわけ…?」


千秋の言葉にぴくりと身体を揺らすと、のだめはゆっくりと顔を上げる。
目を伏せ、少し口を尖らせて言った。


「…今日は…先輩も一緒に寝マスか…?」


酒が入っているせいもあってか、身体が熱い。

「……当たり前だ」


千秋が足を掛けると、ベッドはギシリと軋んだ。


****

こんなんどおー?
携帯からで悪いが…





765 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/01/28(土) 22:22:50 ID:GCWtoDo2
>>764 良すぎ(*´д`*) 続き書いちゃったりしてください

766 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/28(土) 23:28:13 ID:oehhu3lC
かなりイイ!

続きをおながいします

767 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/28(土) 23:50:54 ID:0xGe9pZ9
ありがdです。
今から続き作って明日の夜一気に投下しに来る(*゚∀゚)ノ

768 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/29(日) 03:09:52 ID:uRT1sHF2
ワクテカ!
では春日井帰りに寄ります

769 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/29(日) 18:53:21 ID:Xxoalnxu
>>764

   _、_
 ( ,_ノ` )      n
 ̄     \    ( E) グッジョブ!!
フ     /ヽ ヽ_//



770 名前:さぶろく[sage]:2006/01/29(日) 22:45:34 ID:Sy6T84e9
千秋×のだめ。
初エチーのつもりで書きました。
一応最初のも再録します。短いです。

では投下します。




771 名前:さぶろく〈1/4〉[sage]:2006/01/29(日) 22:48:04 ID:Sy6T84e9


のだめのリサイタルは成功に終わり、千秋とのだめは部屋で祝杯をあげていた。

「のだめ、もっと飲めよ」
「先輩はお酒強すぎデス…のだめはもう充分デスよ…」

のだめは既に顔を赤くして例のダブルベッドの上で蹲っている。
ふぅん、と鼻で返事をした千秋はワイングラスを置くとソファから立ち上がった。

「それで、また一人で先に寝るわけ…?」

千秋の言葉にぴくりと身体を揺らすと、のだめはゆっくりと顔を上げる。
目を伏せ、少し口を尖らせて言った。

「…今日は…先輩も一緒に寝マスか…?」



酒が入っているせいもあってか、身体が熱い。

「……当たり前だ」

千秋が足を掛けると、ベッドはギシリと軋んだ。



「のだめ…」

千秋はのだめを抱き寄せ、口付けた。そのまま一緒に身体を倒す。
首筋に舌を這わせながらネグリジェの肩紐を外した。

「…っ!」

のだめは下着を着けていなかった。二つの大きな膨らみが千秋の目の前に現れる。
昨日もこれで平然と人の隣で寝ていたと思うと、無理にでも襲ってしまえば良かったかと千秋は思った。





772 名前:さぶろく〈2/4〉[sage]:2006/01/29(日) 22:50:17 ID:Sy6T84e9


堪らずのだめの白く柔らかな乳房を両手で包んだ。暖かなそれは千秋の掌の中で揺れる。

「…はぅ…ん」

…そんな声を出されたらこちらが保たない、と思いながらも、愛撫を止めることは出来なかった。

千秋は乳房の先端を咥え、舌で弄んだ。吸う度にわざと卑猥な音を立てる。
のだめの呼吸は乱れ、千秋の頭にしがみついた。

「は……あっ…」
「ん…ふっ…のだめ…」

自分の中心が痛い程高ぶっている。
千秋は他の女にこれ程欲情したことはない。

ネグリジェの裾をずり上げながら、下から徐々にのだめの足を撫でる。
艶めかしい白い肌が千秋を煽った。

内腿をなぞり、千秋の手はそのまま秘所へ辿り着く。
紐で留められただけの頼りない下着は、少し湿っているように思えた。

「あっ…」

下着の紐を解き、湿った割れ目に指を這わせる。
千秋はのだめの太腿を掴んで開かせ、そこをぺろりと舐めた。

「ふあぁっ…!真一く…そこ…のだめの…!」
「大丈夫だから…」

千秋はのだめの両足を更に持ち上げ、舌で犯していく。
経験したことのない快感に、のだめの泉は溢れた。




773 名前:さぶろく〈3/4〉[sage]:2006/01/29(日) 22:51:58 ID:Sy6T84e9


「…もう限界」

そう言うと、千秋は自分の服を脱ぎ、のだめの脚の間に身体を入り込ませた。
そして押し寄せる快楽の波に耐えながら、ゆっくりとのだめの中に自身を滑り込ませた。

「ひぁ…っ!」
「う…やべー…」

ぬるりとした感触に全て持っていかれそうになる。
それでなくてもこの体つき…気を抜くと視覚だけで果ててしまいそうだった。

「あん…あっ…!真一くん…っ」

千秋は激しくのだめを突いた。
両足を抱え込むようにして深く中を掻き回す。

「のだめ…のだめ…っ!」

のだめは千秋にされるがまま身体を揺らしている。
やがて締め付けが強くなった。

「ふ…あっ…のだめもう…駄目デス…」

「…あぁぁ…っ!」

のだめが脱力してすぐに、千秋も果てた。




774 名前:さぶろく〈4/4〉[sage]:2006/01/29(日) 22:53:24 ID:Sy6T84e9


*****

暗い部屋に月明りだけが差し込む。
疲れたのか、のだめは深く眠っている。

千秋は煙草を潰すと再びのだめの隣に腰掛けた。
静かに寝息をたてる彼女を見つめる視線は、初めて会った頃と比べると明らかに違うもので。
性格からして言葉にして伝えたことはない、だが千秋はのだめと居ると心が安らぐことに気付いている。

さらりとした栗色の髪を撫でながら、寝ていることを確認する。

そして千秋は呟いた。

「…好きだよ」






〈終わり〉




以上。
お粗末様です。
読んで下さり有り難うございました。




775 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/29(日) 23:34:48 ID:K+RGBjD5
さぶろくさんGJGJGJ!!!!
甘くてしっとりとしていてよかったです〜!!!
おいしゅうございました!

776 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/01/30(月) 01:16:26 ID:zVc5+Jzn
GJGJGJGJ!
スグとんでこれるように
ブックマークしておいたかいがありました!
起きてるときには言えないのね
萌え〜

777 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/01/30(月) 02:18:32 ID:/Ha0rQUQ
さぶろくさん超GJGJGJGJ!
男らしい千秋カッコイイ〜最後のセリフも萌え〜

簡潔ながら情景が目に浮かぶ文章・表現も素晴らしかったです。
あー、久しぶりにメチャメチャ萌えさせていただきました。
どうもありがとうございました!!!

778 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/01/30(月) 21:20:26 ID:T3i4NIXG
うおぉぉーーー
GJGJGJGJ!


779 名前:名無しさん@ピンキー[]:2006/01/30(月) 21:24:24 ID:BqlRE0E8
むほーGJ! ところで・・・氷プレイを書いてくれる勇者はいるかい?

780 名前:さぶろく[sage]:2006/01/30(月) 22:28:20 ID:e86mDvpf
携帯からで不安だったのですがGJ貰えて嬉しいです。
有り難うございました。
では名無しに戻ります。
次どぞ。


781 名前:1[sage]:2006/02/01(水) 21:09:47 ID:GBZimZP7
 やったよ派─┬─ノエルの夜が初だよ派(穏健派)
         │  │
         │  ├ピアノ弾いてるのだめに千秋が近寄った構図だよ派
         │  └ペンダント渡したのはノエルだよ派(ムード重視派)
         │
         ├─ ノエル後の空白の三ヶ月の間だよ派
         │  └ ペンダントやっと渡せた時だよ派(恋するピアノ派)
         │
         ├─ むしろそれ以前だよ派
         │   ├ パリ上陸の夜だよ派
         │   ├ 大学時代だよ派
         │   ├ こたつで一緒に寝てたのは事後だよ派
         │   ├ ラフマの連弾はセックスと同等だよ派
         │   ├ なんにせよ酔った勢いで一回はやってるだろ派(投げやり派) 
         │   └ ていうかのだめと千秋が初めて会った夜だよ派(悲壮過激派)
         │  
         ├─ 千秋はのだめを一回はオカズにしてるよ派
         │     ├所長が公式にオナニー発言してたよ派
         │     ├くろきんに取られまいとしてたのは独占欲だよ派
         │     └のだめにキスしたのはモンモンムラムラの末だよ派
         │
         ├─ 13巻以降だよ派
         │    ├ 枕が二個だよ派(キャラブック重視派)
         │    └ のだめが泊まるのに抵抗無かったよ派
         │        └ 千秋の部屋にワンピ散乱してるよ派
         │                (着替えシーンもついでに指摘派)
         │ 
         ├─ ムッシュに孔雀描かれてたよ派(パリの建物は壁薄いよ派)
         │
         ├─ のだめにムッツリ指摘されてたよ派
         │
         └─ ヤリまくりだよ派(エロパロ派)    
              ├ 千秋はSだよ派
              │   ├ 指揮棒折るような性格だよ!?派
              │   └ 首絞めてするとよく締まるよ派(タイーホ派)
              │
              ├ 千秋はMだよ派
              │    ├のだめはよく千秋をいじめてるから派
              │    └親の愛情に飢えてるよ派(甘えん坊派)
              │
              ├ のだめに色々しこんでるよ派 (千秋ヤリちんだよ派)
              │
              └ のだめかわいいよのだめ派(それNGワード設定だよ派)

782 名前:2[sage]:2006/02/01(水) 21:10:17 ID:GBZimZP7
やってないよ派─┬─ のだめに手を出すチャンス窺ってるよ派 
           │    ├ のだめは処女だからだよ派
           │    ├ 千秋は巨根だから痛いよ派
           │    ├ 千秋がムード作ってもかわしちゃうよ派                            
           │    └ 辰男が怖いよ派(そこでなんばしよっと派)
           │
           ├─ のだめが変態だからだよ派         
           │    ├ のだめはお風呂嫌いだからだよ派
           │    ├ のだめがエロサイトとか見るからだよ派
           │    └ ロックオンされると萎えるよ派(洞窟派)
           │   
           ├─ 千秋はホモだよ派
           │    ├ 3年も女気無しで平気だよ派
           │    └ 真澄ちゃんと高橋君に好かれてるよ派
           │
           ├─ 音楽が恋人だよ派
           │    ├ 音楽でエクスタシー感じてるよ派(処女の発想派)
           │    └ ヤる暇あったら勉強するよ派
           │
           ├─ 性欲普通にあるよ派(千秋ホモ派野派)
           │    ├ 彩子に帰るなよって言ってたよ派
           │    └ 谷間見ると顔赤くするよ派
           │
           ├─ オナニー派だよ派
           │    ├ 女口説くの苦手だよ派(チャンスはいっぱいだよ派)
           │    └ 峰からオカズ輸入してるから大丈夫派
           │
           ├─ 実はロリコンだよ派
           │    ├ 由衣子にメロメロだよ派(ははは来るとも派)
           │    └ リュカも会ったら危ないよ派(ボンジュールサバ派)
           │
           ├─ インポだよ派
           │    └ ロゴワーズはニコチン強いよ派
           │
           └─ 千秋はチンポないよ派(地動説推進新派)
                 ├ 第三の穴しか無いよ派(腐女子派)
                 └ 指揮棒収納の穴があって便利だよ派(ジャパネット派)


783 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/01(水) 21:29:43 ID:HX3+pBeE


784 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/01(水) 22:31:59 ID:O+icYsau
ワロス

785 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/01(水) 22:57:41 ID:SWfwPHAg
お、おつかれさま・・・
(どっかのコピペじゃないんだよね?)

786 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/01(水) 22:59:54 ID:zZUK/Aby
ロゴワーズw

787 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/01(水) 23:00:19 ID:juQC3W8w
>指揮棒収納の穴があって便利だよ派(ジャパネット派)
これいいな。普通に欲しい

元ネタしか知らんが懐かしい

788 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/01(水) 23:54:50 ID:7v6/5ZV0
wa

789 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/01(水) 23:55:44 ID:7v6/5ZV0
禿ワロタww
ははは来るとも派となんばしよっと派w

790 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/02(木) 00:08:01 ID:oXMWRZoq
>それNGワード設定だよ
というのがよくわかんないや??

791 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/02(木) 00:15:05 ID:El6C9V/1
あ、新しいネタですね…
超ウケました。
GJGJGJ!!!!乙華麗!

792 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/02(木) 00:16:41 ID:GQ6huYf7
前からあるやん、これ。

793 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/02(木) 00:20:33 ID:heBhcXhs
>>781
労作ですねー、すごいわ。孔雀描かれてたよ派ww

>>790
専ブラには、表示させたくないレス等を「NGワードに設定」しておくと
自動的にあぼーんしてくれる機能があるのです。



794 名前:781[sage]:2006/02/02(木) 00:22:51 ID:ELHQ7BGV
ありがとうございます。
かなり大変でしたがここの皆様で追加&改変して使ってやってください。
と言っても次号KISSでやったやらない議論は終わるかもしれませんが。

795 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/02(木) 01:35:01 ID:cnJSb4Q6
>>790
「能登かわいいよ能登」ネタからきたやつでそ?

796 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/02(木) 05:09:53 ID:rThPCIUh
>>794
感動シマシタ。
すごい完成度です。
千秋萌えスレの1ですが、コピペさせてもらいますねw。。

797 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/02(木) 08:56:11 ID:zgfaQnTp
本誌の流れでのだめとの夜の仲のよさを
読者に見せるならここだろ!と思ってたのに
モツアルト書簡で肩すかしくらって
ムラムラのモンモンで
トンガリキッズのB-Dashを千秋風にしました。


ちょっと天才かもよ (C-DASH)  ピアノうますぎるかもよ(C-DASH)
料理プロ並みかもよ(C-DASH)  語学できすぎかもよ(C-DASH)
完璧主義かもよ(C-DASH)    案外世話好きかもよ(C-DASH)
千秋オレ様すぎかもよ(C-DASH) のだめすねてるかもよ(C-DASH)

のだめゴミだめピアノで登場 想像以上に部屋臭い
マングースでピアニカ吹くくらい 普通じゃ考えらんないね
呪文料理はただの趣味です、餌付けなんて貴重だわ
ミルヒーに振り回されてたよ まるで下僕みたいだもん
もぉー!ちょっと先輩!
もぉー!楽譜ちらかしすぎ!
もぉー!ごはん食べてくだサイ!
先輩お寺僧さんデスカー?! 

ちょっと天才かもよ(C-DASH)  独占欲つよいかもよ(C-DASH)
頑固すぎるかもよ(C-DASH)   のだめ食べられちゃうかもよ(C-DASH)
それは早すぎるかもよ(C-DASH) 急に止まれないかもよ(C-DASH)
千秋焦っちゃうかもよ(C-DASH) のだめ宇宙人かもよ(C-DASH)

空でフワフワ飛行機のって 機上じゃ子犬みたいで
パリじゃ優雅に夜景見ろって いきなり道で歌いだす
ヴァイオリンもただの趣味です 拍手が貰えりゃ大吉
お酒飲むのが好きだった 今じゃワインは水でしょうよ
もぉー!ちょっと先輩!
もぉー!的外れじゃん!
もぉー!ピアノ弾いてたのに
いきなりちゅーするのやめてー!  

海に近寄るとブルブル緊張 なんかちょっと愉快
ボートで海に入ると硬直しちゃって これはかなり愉快!

ちょっと主夫なのかもよ(C-DASH)  守護霊なのカズオかもよ(C-DASH)
イタリア語話しちゃうかもよ(C-DASH) 黒羽飛ばしちゃうかもよ(C-DASH)
プライド高すぎるかもよ(C-DASH) 強引すぎかもよ(C-DASH)
ロマンチストかもよ(C-DASH) 実はヘタレかもよ(C-DASH)

ちょっと天才かもよ(C-DASH)  独占欲つよいかもよ(C-DASH)
孔雀すぎるかもよ(C-DASH)   のだめ食べられちゃうかもよ(C-DASH)
それは早すぎるかもよ(C-DASH) 急に止まれないかもよ(C-DASH)
千秋昂っちゃうかもよ(C-DASH) やるならここだろ!(C-DASH)

以上です。お粗末様でシタ。神々のSSお待ちしています。

798 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/02(木) 15:17:59 ID:T73gRRdV
守護霊カズオw

799 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/02(木) 16:27:26 ID:PZDIS6QN
今まで引っ張って読者を生殺しにしてきたのに
こんなところで結論は出さないでほしい
デキてそうな、でももしかするとまだ?という可能性も萌えの燃料
作者自らやったやらんにケリはつけないでくれ〜お願いだ〜

個人的にはこの、やったと思いつつ まだ最後のしっぽはつかまれてない
今の状況がイイ

800 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2006/02/02(木) 19:49:32 ID:YgefJ4ar
(元歌が不明だったので子に聞きました。)
最高!ワロタ!
元歌探して合わせてみます。


戻る 1- 前100 次100 最新50 動画 アダルト動画 ライブチャット