■戻る■ 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 最新50  

のだめカンタービレ5

1 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/30(火) 12:40:51 ID:VEU/5yry
ここは、のだめカンタービレのエロパロです。
SS投下時はカップリング明記でヨロシコ!
職人さん達が投下しやすいようにまったりsage進行で待ちましょう。

前スレ
のだめカンタービレ4
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1119463129/

のだめカンタービレ・2chの過去ログ保管倉庫
http://www.geocities.jp/nodame2004jp/

※容量が500KBを超えたら書き込みできなくなるので、そのまえに次スレを立てましょう。

2 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/30(火) 12:42:49 ID:TCm1kEnb
2げとー


3 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/30(火) 12:45:14 ID:VEU/5yry
過去スレ

のだめカンタービレ3
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1110996707/

のだめカンタービレ2
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1107877262/

のだめカンタービレ  
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1096824021/

ネタバレスレ
【アラン】のだめネタバレ7【ロラン】
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1122789020/

4 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/30(火) 12:49:44 ID:VEU/5yry
◆ローカルルール◆

職人さん向け
・感想をくれ、と求めるのはやめよう。
・必要以上に自分を卑下するのはやめよう。
・一旦テキストエディタに書き、ある程度まとまったら投下しよう
 (SSを書きながらの投稿はやめましょう。ほかの職人さんや住人にも迷惑となります)
・続く場合は「続きは後日」等、宣言しましょう。
・頂いた感想レスへの全レスはやめよう(スレ私物化の原因になりがち)。

読み手さん向け
・過剰にマンセーした書き込みはやめよう。簡潔な感想とGJ! を。
・職人さん達の食指が動くような萌えシチュをさらりと投下しよう


5 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/30(火) 13:14:51 ID:ULLuqd/I
>>1さん、乙鰈
ついでに貼っときます。参考までに
ttp://kuroneko-y.hp.infoseek.co.jp/index.html

             ノ∩
           ⊂ パクリヽ
            /( 。A。 )っ
            U ∨ ∨
         ・@;∴‥
   ∧_∧ ∩  :: :.
  ( `□´)/  :: ::
  (つ   /  :: :'
  人⌒l ノ  :: ::
  し(_)

パクリは逝ってよし!!!!

6 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/30(火) 13:17:32 ID:VEU/5yry
ここ最近の論争の結果…

基本的にこのスレでは「パクリは逝ってよし!!!! 」となっています。

ttp://kuroneko-y.hp.infoseek.co.jp/index.html
また、パクり云々に関しては、このようなサイトもありますので、参考までに。

偶然似てしまったものと、意図的にパクったものは読み手にも伝わります。
書き手さんのモラルが問われます。なんつてー。

みんななかよく、マターリ進行でイキましょう。

7 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/30(火) 13:18:49 ID:VEU/5yry
うわ!かぶった!!>>5さんスンマセン!!

8 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/30(火) 13:20:15 ID:ULLuqd/I
(・∀・)キニスンナ!!

9 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/30(火) 21:50:14 ID:QK112Whh
>>1>>5-6


10 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/30(火) 22:25:14 ID:G9Vk3ntE
保守

11 名前:名無しさん@ピンキー [sage]:2005/08/30(火) 22:58:42 ID:E0PWtsfg
1−4スレまでをまとめたモノです
(以前スレにUPした分に追加したもの
ぐーぐるで”アップローダー”で検索
2ちゃんねるプロバイダーのリンク先の
”お姉さん”のところにUPしてある
かります
2005-08-30 22:55:33
/up/96c92f1a0e6e.zip (661.00 KB)

Pass は ”nodame"
職人さんへ、いつもイイSSありがとうございます


12 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/30(火) 23:12:13 ID:gVputkC2
>11

いつもありがとうございます

13 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/30(火) 23:48:36 ID:hNmKKnmN
>11
ありがとうございました。でも、2か3に入っていた埋め立て職人さんのSSが入っていないような気がします・・・。

14 名前:11[sage]:2005/08/31(水) 00:33:19 ID:HSWfSRHU
スレの最後の方をチェックできなかったので
一部抜けているかもしれませぬ
不手際で2−3の過去ログも紛失してるっぽいし
上の過去ログを見てもないっぽいです
職人さん(´・ω・`)スマソ


15 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/31(水) 02:22:32 ID:XIMIom9H
前スレ埋め立て完了したのでこちらへ

>アラバマさん
エチーだけじゃなくサブキャラまで自然でワラタ。
変態千秋だけど語り口が上手いと思いマス。
黒木君の「ゴメンね…」なぜ謝る と 一時停止 に吹きました。
あと黒王子のリクにもちゃんと答えててGJです!!
オチもほのぼのでどちらも可愛い〜。次回作も待ってます。

16 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/31(水) 10:43:02 ID:ygoxiGZa
へたれ千秋モノ読みたし。
のだめにメロメロで振り回されっぱなしな感じの。

17 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/31(水) 20:40:21 ID:9c4374r+
リクしてみる。のだめと千秋の普通にベッドでのノーマルな小説希望。
ラブラブたっぷりのw自分には文章能力ないので。。。汗よろしくお願いし(ry

18 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/31(水) 21:04:39 ID:/U1/S6A7
新スレ立て乙〜
へたれ千秋、私も読みたいです…

そういえば8月ももう終わり。
ショコラさんの続きが禿しく待ち遠しいです・・・お待ちしてます

19 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/31(水) 21:18:13 ID:ygoxiGZa
本スレでチラっとみて、VIP板でツンデレ読んでみたら面白かった!
ツンデレ千秋いいなー。てゆうか、千秋がすでに元からツンデレですね。

20 名前:アラバマ[sage]:2005/08/31(水) 21:33:10 ID:7vSOKAsY
>>1さん、乙です。
>>11さん、初めて落としましたが凄いですね。乙でした。
自分のが載ってると照れますな。もう無理だけど脱字直したい…

それにしても、千秋×のだめカプがかなり続いてるんですね。
自分もそれしか書けそうもないんで、別カップルものも読んでみたいなと思います。
あ、前スレの穴埋めリクも面白かった。千秋の裸エプロンとかどうかな。却下だな。

>>前スレ806さん
> ヨーコはプレイ用に送ってくれたんだろうから報告したらよか
報告するオチを書いてたんですけど、結局あんな感じにしちゃいました。
(あんなのでも、自分なりの甘々路線のつもりだったので…)

>>15さん 詳しい感想ありがとうございます。励みになります。
オチの千秋を可愛いと言ってもらえたのが特に嬉しいです。

>>19さん たしかに千秋は素でツンデレですねー。

21 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/31(水) 21:36:36 ID:7QEG7lnP
アラバマさんまた期待しとります
そろそろソコラさんのヨカーン!?゜+.(・∀・)゜+.゜

そして自分もリク
パーチーとかに招かれゴージャス気分の主役二人
(原作でそういう状況ないけども)
千秋がドレスアップしたのだめにムラッときて
どっか別室か同ホテル内の部屋だかに連れ込みセックル

22 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/31(水) 21:40:58 ID:qzRD3SmM
あの…アラバマさん、ローカルルールはお読みになりましたか?
全レスは無しで。

23 名前:アラバマ[sage]:2005/08/31(水) 21:49:56 ID:7vSOKAsY
>>22
はい。もちろん読んでいます。<ローカルルール

いただいた「GJ」や「乙」に全てレスを返してるわけではないので、
全レスにはあたらないと思っていました。

全レス禁止というのが、特定の感想にレスを返してはいけない、
という意味であるなら、今後は守ります。

24 名前:アラバマ[sage]:2005/08/31(水) 21:56:29 ID:7vSOKAsY
>>23の最後の文章、読み返したらちょっと険しい感じなので、補足しますね。

自分は良き住人でありたいので、ルールは守りますとだけ言いたかったのです。
>>20のようなマルチレスが問題あるようでしたら、これからは止めます。
どうぞ、よろしくです。

25 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/31(水) 22:03:07 ID:ygoxiGZa
全レスっていうか、スレ私物化の部分だよね。
現状、他の職人さんは、投下したらしっぱなし、
レスしてもまとめて一回くらいが主流でしょ。
それでマターリうまく成り立ってるとこから見ると、
確かにアラバマさんのレスは、ちょっと今後に不安が…てのもわかる。
以前こうゆう感じで大問題起こした人もいる訳だし。
まぁ、言葉どおりに受け取るのも大事だけど、
「空気嫁」てのもわかっていただければってことなんでは。

ツンデレ千秋としての千秋、読みたいもんですなぁ。


26 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/31(水) 22:33:34 ID:Fwc/NWmH
今更だが>>1タン乙&dクス!
>>11タンGJ!!!

27 名前:アラバマ[sage]:2005/08/31(水) 23:36:45 ID:7vSOKAsY
>>25
> まぁ、言葉どおりに受け取るのも大事だけど、
> 「空気嫁」てのもわかっていただければってことなんでは。

了解しました。ありがとうございます。

確かに、>>20を冷静に読み返すと、なんかはしゃいでるな、と受けとられても
おかしくない内容でしたね。自分にそのつもりはなかったのですが、
単に自覚がないだけだったのかもしれません。

また、全レスでなくても、感想にレスをつけていくことが繰り返されれば、
「そのつもり」でなくてもスレを私物化してるのと同じことになるわけですから、
自分はルールの文章だけ読んで分かった気になって、その意図するところを
理解していなかったと思います。これからは気をつけていきます。

28 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/08/31(水) 23:51:53 ID:7WjRdXzB
月末。。。今日、投下あるかな? 

29 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 00:04:42 ID:7Plm2a2y
>>28
まぁせかすな。マターリ、マターリ。

30 名前:15[sage]:2005/09/01(木) 00:07:51 ID:NeUdw0f+
アラバマさんにレス返してもらえて個人的にはうれしかったんですが、
やっぱりここでは空気嫁になってしまいますね…タイミング遅れてすみません。
どうか引き続き投下を続けて下さいますように。
他職人さんの投下もモチロンお待ちしてます。
好みに合わないものはスルーの代わりに、ツボだった作品には
読み手としてできるだけ詳細なGJを贈りたいと思います。

31 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 00:18:23 ID:7Plm2a2y
>>15
ありゃ…「できるだけ詳細なGJ」はどうかな。 
ローカルルールに読み手は「簡潔な感想とGJ! を」とありますからね。
読み手が長ったらしい感想書いたら書き手も反応せざるをえなくなるから
こーいう決まりできたんじゃないのかな。


32 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 00:49:10 ID:yG34VMeH
うむ、ローカルルールは守らねば。
>>29 禿同。マターリマターリ
漏れも激しく降臨待ちだが催促は程々にしよーぜ!
前スレを教訓に…名指しは論外(結果的に本人サマに迷惑かけちまったしorz)

萌えシチュやらリクやら今結構出てるんで楽しみだなw

33 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 00:59:47 ID:O2fhl/QV
要するに書き手と読み手はウェットではなくドライな関係でいようって
ことだな。あっさりさっぱりまったり。

34 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 01:12:14 ID:7Plm2a2y
ねちこいやりとりしたいんなら、サイトでもブログでも立ち上げればいい訳で。
そういや今日初めてのだめブログちょろっと回ってみたけど、
存じ上げてる神職人さまが素晴らしい連載をされてたな。も、すごい泣けた。
なんかここから巣立っていかれたみたいでうれしくなったよ。
でも自分はここのそのドライな感じもすごく好きなんだけどね。

35 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 01:29:58 ID:JEiVT6e4
ブログ回ってみようかな…
のだめで検索するとすごい数になりそうだが。
神職人に会える日は来るのか。

36 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 01:35:00 ID:7Plm2a2y
前スレですでに立ち上げてる職人さんがアドバイスしてたのは、
「ここにアドさらすんじゃなくて、有名サイトさんにリンク張ってもらって
プロフィール欄にここでのHNいれておく」ってやり方で、
それで逆にたどったらいらっしゃいましたよ。
具体的には教えてあげられないけど…ごめんよー。

37 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 01:41:01 ID:Bo5LnUCJ
サーチ型登録サイトがあるから、そこに登録してみたらいいと思う。
リンク張ってもらって、って簡単に言うけど、そのサイトさんに迷惑かかるかもしれないよ。
だから、自分でブログなりサイトなり作ったら、まずは自分で人に来てもらうようにしないと。
登録型だったら、問題ないわけだし。
その登録サイトを晒すことも出来ないが、検索すればすぐわかるはず。

38 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 01:46:05 ID:Bo5LnUCJ
あ、そういう話ではなかったか……スマソ。

でも、その書きこみにはどうだろうな、と考えていたのだ。
この先ここの書き手さんがブログなりサイトなり作った際には、そうするといいのではないかな。

39 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 01:52:44 ID:7Plm2a2y
現状探す側としては今回のこの方法の逆をたどればいいのでありがたかったが、
確かに、自分がサイト持ったらって考えたら、
リンクの依頼とか大変だろうなとは思った。
ただ読み手としてはとても探しやすくて助かったけど。
ぶっちゃけ登録サイトがなんだかよくわかんないから、
自分は探すのキツそう…。

40 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 07:51:58 ID:e1Y3lnNf
ここで二次創作サイトの話は止めた方がいいと思う。
善意な内容でも職人さんに迷惑がかかるリスクが出てくるわけだし。

41 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 08:30:32 ID:uRCaMK8D
ツンデレ千秋、がんばってみようと思う。

42 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 08:35:37 ID:9+Suu6xn
>>41
がんがれ!!

43 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 10:13:13 ID:yuqObRPW
>>41
ガンガレ

44 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 12:27:26 ID:fO16aESB
やっぱのだめと千秋カポーが1番好きwまぁラブラブならどのカポーでも。。。wwwww

45 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 21:38:49 ID:Dd8uQX8D
>11さんの、表示できない・・・。
賞味期限切れ?

46 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 23:28:14 ID:gR4Ch/en
あぁ もっと変態の千秋が見たいです。 とさりげなくリクしてみたり。

47 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 23:43:58 ID:9T1N75s9
変態ヤダ。
ノーマルで愛があふれてるのキボン。

48 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 23:48:39 ID:6rSMU0+w
>>46
もっと、詳しく。
のだめドレスの中ノーパソ強要とか?のだめのオナニーを覗いてハァハァとか?
むしろのだめのピアノだけで達する千秋とかですか?
なんかいい設定きぼん。

49 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 23:49:00 ID:TzFGA7pj
黒王子キボンヌ。

50 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 23:50:12 ID:TzFGA7pj
変態は前スレでおなかイパーイだヨ!

51 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 23:58:33 ID:K/f9dyvU
>>49
同意!
でも言葉攻めとか焦らしたりしか思いつかない。
千秋が監禁とか陵辱とかちょっと考えられないし…。
あってもネクタイやベルトで手首縛ってソフトSMチックなのまでだ。


52 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/01(木) 23:59:57 ID:NsAoSLik
仕事のストレスで勃たなくなってしまった千秋に
ミルヒが みかねてオトナのおもちゃを渡し
のだめが一人ハァハァさせられ
それを見て千秋ようやく勃ち直る。。。てのは?

そういえばヴァイオリンさんとかのウットリするような甘々も久々に読みたいデスね

53 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/02(金) 00:04:40 ID:0zVSHRD9
甘いの読みたい。
甘いの甘いの。ラブラブ。


54 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/02(金) 00:06:49 ID:i3ayxKSB
黒王子…のだめにやきもちをやかされ、ムッとしたままコトをいたす…
でもそこは千秋、そこはかとなくやさしさはかもしだしつつ、
クールにセックル…

なんか違うな…orz

55 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/02(金) 17:58:17 ID:HoZa82/J
そこはかとなく強引な感じのんきぼん

56 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/02(金) 19:49:19 ID:4QR/XyL9
どのリクにも答えてないが…投下してもよい?今校正中なんだけど。

57 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/02(金) 19:57:42 ID:lRBoucP/
OK!

待ってまつ

58 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/02(金) 19:59:51 ID:jn0y+UIt
イエス!オフコース!
ちなみに自分も「のだめとの初エちに激しくびびる千秋」 TXT作成中
どなたのリクにもこたえてねー

59 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/02(金) 20:15:02 ID:K9wtucpb
初エチもの好き!待ってます!!

60 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/02(金) 20:16:47 ID:HoZa82/J
 +   ∧_∧      +      +
    (0゚・∀・) ドキドキ    。
  oノ∧つ⊂)     +    
  ( (0゚・∀・) ワクワク     。 
  oノ∧つ⊂)              
  ( (0゚-∀-) テカテカ +           
  ∪( ∪ ∪            。   
    と__)__)    +

61 名前:56[sage]:2005/09/02(金) 20:43:57 ID:4QR/XyL9
ありがとう。がんばります。
てゆーか、エロ絡みの会話のみ、直接的なエチーはないんだけど…
最初に書けばよかったですね…スマソ。

62 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/02(金) 21:30:32 ID:iNOG4fYY
>>61
+間接的エロをワクテカ+

63 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/02(金) 22:31:31 ID:K9wtucpb
間接会話エロ萌えっす。ノープロブレム。またーりまたーり。

64 名前:月子[sage]:2005/09/03(土) 02:36:24 ID:oSHQpvkP
スミマセン、56は私でした。
リクまったく無視でスミマセン。ツンデレ私もハマりまして、
赤面顔だけチラホラ入れてみました。
(千秋は明らかにツンデレなんですけど、ツンデレ千秋はむずかしいです)
他の職人さまの投下までのつなぎに。お目汚しドゾー。

65 名前:月子[sage]:2005/09/03(土) 02:37:53 ID:oSHQpvkP
マイブーム

1.

情事のあとのしあわせなおしゃべりの最中、あいつがまたすっとんきょうなことを言いだした…。

「ねぇ、センパイ?」
「…んー?」
「先輩はのだめのどこが好きデスか?」
「ぶっ!…なんだよいきなり」
「あ、先輩がのだめのこと愛しちゃってるのはよ〜くわかってるんデス!妻ですから。
それはわかってるんデスけどぉ、なんて言ったらいいのかなぁ…
つまり、先輩の、のだめマイブームはなにかって聞いてンですよ!」
「はぁーー?なんだよそれ!」
「のだめの千秋先輩マイブームはぁ、…センパイね、ぐっすり寝てても、
ときどきのだめにキスしてるんデス!知ってました?」
「…それ、オレ起きてるときじゃないの?」
「いーえ、先輩熟睡してンですよ!しんいちクンって呼んでも、ほっぺつんつんしても
全然起きないのに、のだめのおでことかほっぺにちゅぅ〜ってするんです!」
「そ、そーなのか……」
「それでね、必ずセットでギュッてしてくれるんですよ?
そのときの先輩ね、ニッコリしててすごくかわいいんです!…あれ?センパイ顔赤いですよ?」
「うるさい!…それはあれだ、そのときたまたま夢でも見てたんだろ!」
「それがぁ〜、最近、先輩お疲れ気味だからのだめより先に寝ちゃうことが多いじゃないデスか?
そしたら、寝入りっぱな、毎晩ですヨ!?」
「……(////)!!!」
「もしかしたら、いっつもしてくれてたのかもしれないですけど、
のだめが気づいたのが最近だから…だから先輩のぐっすりチューがのだめのマイブームなんデス!
先輩は?のだめマイブームはなんですか?」
「マイブームなんて…んなもんねーよ!」
「えぇ〜〜なんか新鮮じゃないデス〜!なんかないんデスかぁ〜〜?
…ちょっとショックですーー…夫のくせに…ぅぅ……」
「ばっ!なーに落ちこんでんだよ」
「だってぇ、のだめ、センパイとはいつもフレッシュな関係でいたいから…」
「なんだよフレッシュって……」


…実を言えば、その、マイブームとやらが無いわけではない。
最近…初めて体がつながってからしばらくたち、いろんな体位も試すようになった訳で。
最初はあいつに無理もさせたくないし、なんといってもあいつの全部を味わいつくすことのできる
正常位がダントツで気に入っていた。
もちろん今でも最後は正常位でイクのがオレは好きだ。
あいつの、最高に気持ちいい顔、ふたつの大きなふくらみ、吐息、可愛い啼き声…
全部がオレのために向かってきてくれるようだから。
ただこの間初めて試した、いわゆる騎乗位が…その…今までの、どの女よりもヨかった訳で…。
オレの胸に両手をつき、それによって寄せ集められたあいつの胸は、
普段の大きさをより強調して…なんというか、グッときた。視覚的に、もう最高だった。
昔、大学時代にお色気作戦デスなんていって、あいつが俗に言う「だっちゅーのポーズ」を
してきたこともあったが(…古いな)、そのときとはまったく別物の官能がそこにあった。
もともとあいつの胸はキライではない、むしろ…大好物な訳で…。
それがぎゅうぎゅうと苦しそうにオレの目の前でひしめき合ってるなんてたまらない。
その胸の向こう側にある、あいつの鎖骨や、のけぞる首筋、快感に眉をひそめる顔がまた…たまらない。
ここ数日、実は今日のセックスでも、オレはできるだけ違和感がないように、
あいつがオレの上にくるようにコトを運んだ。

66 名前:月子[sage]:2005/09/03(土) 02:38:51 ID:oSHQpvkP
2.

「……こーやって、のだめの体は飽きられていくんデスね……」
「バーカ!なに言ってんだよ、そんな簡単に飽きてたまるか!今度言ったら怒るぞ!」
「…う〜…ゴメンナサイ…でもぉ、ほんとにないんですか?のだめマイブーム…?」
「…しつこいヤツだなぁ…まぁ……ないこと、もないけど」

こんなときだけ、あいつの勘はすこぶるいい……。

「あー!センパイもしかして最近毎回ヤッてる、アレ!アレですか!?」
「…ヤッてるって、おまえ…」
「きっとそうです!なんだー、わかっちゃいましたよ!!アレですねぇ!のだめが上になるヤツ!!」

…ビ、ビンゴ……。

「そんでもって腰くねくねですよねぇ!なんだぁ、早く言ってくだサイよ!!」
「えっ!?いや!ちがう!オレはどっちかってーと胸の方が…!!(////)」
「え?おっぱい??」
「ん!?あ、いや…」
「……そっかぁ、やっぱり先輩おっぱい星人ですね!のだめも寄せた甲斐があったってモンです!」
「なっ!?おまえ、あれ意識してやってんの?」
「そですよー、当たり前じゃないですかぁ!センパイおっぱい大好きだから
だっちゅーのは絶対好きだと思ってたんです!
前にやってみたときは、のだめのセクシービームもまだまだ未熟で効きが弱かったみたいですけど、
今ののだめは官能クイーンですからね!今ならセンパイ絶対喜んでくれると思ったんデス!
よかったぁ〜!なんだぁ〜作戦成功だったんだぁ〜!ウキュゥ〜」

…なんだよ、てことは、オレはまんまとのだめの手のひらの上で転がってたってことなのかー!?
(実際はのだめの下で大の字になってるんだが…って、オヤジみたいだな…オレ)

いや…最初は恥ずかしがってばかりだったこいつが、積極的に新しいプレイを模索してるってことは
いいことなんじゃないか…。結果オレも喜んでるんだし。

それから、オレたちは今後のプレイについて話し合った。
あとから考えると、なんだこの会話?と首をかしげる様な内容だが、
トークに勢いがついたのだめを止めることは、このオレ様でもむずかしい。
それにオレもまんざらではなかったし。
ときどき頬を染めながら、一生懸命話すのだめを「変態」と言いつつも、
かわいいと思ってしまったのも事実な訳だから。


 ――――――――――


「じゃあ明日の夜は、のだめが上でイッてみましょ?何事も挑戦あるのみデス!」
「お、おぅ」
「やだー、センパイやけに素直ですねぇ!かわいー!」
「うるさい!もう寝るぞ!!」
「はーいっ。オヤスミナサイ、しんいちくん…」
「ん、おやすみ」

オレはのだめをギュッと抱きしめ、おでこに、ほっぺに…そしてかわいい唇にキスを落とした。
のだめの「オレマイブーム」……意識なくやるのはもったいねーじゃねぇか。
まぁ、寝入りっぱなに、またしっかりしちまうかもしれないけど…。

「ふふっ…大好きです」

のだめの言葉がうれしくて、オレは目を閉じながら満面の笑みとなったまま、
ゆったりと眠りに落ちていった……。

67 名前:月子[sage]:2005/09/03(土) 02:39:53 ID:oSHQpvkP
3.

……翌朝……


「センパイ、ゆうべはのだめのおっぱいコリコリしながら熟睡してましたよ。
なんかグレードアップしてません!?」
「…む、無意識だよ……」
「んもぅ!のだめがその気になっちゃったら、何時だろうと叩き起こして責任取ってもらいマスからね!
のだめだって寝なきゃイケナイのに…気持ちいいんだから……」
「ん?気持ちよかったの?」
「シリマセンー!!」
「……じゃあ、今責任取るよ」
「きゃぁ!センパイ、よる!夜するって約束したじゃないデスか!」
「夜、も する」
「もぉ〜〜〜(////)!!!」


マイブーム、か。
ゆうべの答えも嘘じゃないけど、よくよく考えてみれば、
オレにとってはおまえの存在自体がマイブームなのかもしれないな。
どんなニュースより、いつもおまえの言動、行動に驚かされ、振り回されっぱなしなんだ。
そんなおまえから目が離せない、いつもおまえのことばかり考えてるんだ。
…これって、マイブームってことだろ?

ま、いいか。

とりあえず今は、水蜜のようなおまえを味わうことに集中しよう………。

68 名前:月子[sage]:2005/09/03(土) 02:45:57 ID:oSHQpvkP
以上、おしまいです。(入れ忘れてしまいました!ゴメンナサイ!!)

1巻読み返したら、千秋にはだっちゅーのはやってないようなんですが、
のだめのことなので隙を見てやってたんだろうということにしてしまいました。
駄文ですが、降ってきてしまったので。
お目汚し、失礼しました。では。

69 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/03(土) 06:51:46 ID:ZQXVsqFy
千秋可愛い!
GJ!

70 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/03(土) 06:54:36 ID:6b9oFVoC
ふぉぉぉぉ!月子さんGJデス!
千秋のツンデレ萌えだよ・・・仕事行く前にいいもの読ませてもらったよ・・
てか、のだめってばスゲェ・・

71 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/03(土) 18:56:00 ID:dp7cxiwB
本スレにvipのアドレス貼ったの私ですた。
いいもの読めてテラウレシスwwwwwwwwwwwww
GJ!

72 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/03(土) 22:31:56 ID:TSbOpmR+
vipのツンデレ日常会話とやらをみてみたけど、
いかにここの職人さんたちがスゴイかよく分かった。GJ!!

73 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/03(土) 23:13:05 ID:snq6RV/w
ツンデレの波に乗れず、空気嫁てないっぽいですが投下してもいいでしょうか?

74 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/03(土) 23:23:38 ID:8RMbi1eq
ドゾ

75 名前:七三[sage]:2005/09/03(土) 23:44:19 ID:snq6RV/w
>74氏ドモ
それではチョット長いですが投下します。

------<Isn't It A Pity?>-------


「…のだめ………!!」
せんぱい?
おかえりなさい、真一くん。先輩ったら、そんなにあせってー。
のだめはどこにも行きまセンよ?ああ、先輩…そんなに心配そうな顔しないで。
発情しちゃいます〜ギャハ☆
高慢ちきな高い鼻も、時折見せる不安そうな目も、思わず盗みたくなる雄弁で傲慢な唇も
のだめは全部萌え、デス(はあと)。
充電したいんですケド…体が動きません……。
のだめ何か体ヘンです…熱い……あ…………世界が…歪む………。

…先輩が居ないパリは闇色に曇って、なんにも見えませんヨ……。

------------------------------------------------------------------------------------------

のだめの奴、一体何日ロクに食事も摂らずにピアノを弾いてたんだ…!?
暖房もかけないで!
外は雪のちらつく真冬のパリだぞ!?
頭わいてんのか!?
携帯にも出ないし、虫が知らせたのか何故か無性に心配になって演奏旅行を終えて急いで帰ってきたらこれだ!
バカ………!!
のだめはオレの顔を見るなりバッタリ倒れこんでしまった。
さっき帰った医者によるとただの風邪。
2,3日で治るとのこと。
オレのベッドでのんきにクースカ眠り呆けるのだめの顔を見ていると殺意を覚えると同時に呆れるような……安心するような。
千秋はベッドの端に軽く腰掛けた。
複雑な感情に千秋は苦笑してのだめの髪をくしゃっと乱す。
窓の外はパリの夜景がきらきらと輝いて千秋を幻惑する。
そっと、のだめの頬に指先で触れる。
桃の様な柔らかな感触と熱が千秋の指先からじんわりと伝わってくる。
もつれた髪を指先でやさしく梳かしてやるとのだめは仔猫の様に気持ち良さげに鼻先を動かす。
のだめがあせる気持ちが判る。
何かを求めて、でも、届かなくて……。
日本でのだめに出会う前の自分に重なる…。
そしてのだめがこんなふうに倒れて、今更おかしい程動揺する自分に気付き愕然する。
いつのまに、こんなにこいつの存在が自分の中で大きくなっていたのか。
毎日、ふとした瞬間におまえの事を想う時間が長くなる。
あるいは、もっと早くに出逢っていれば…そんな詮無い事を思ったり…。

恋なのか、愛なのか、憧れなのか、それとも執着か……自分でも、よく解らない…。
知らない内にオレの世界に入ってきて、掻き乱して…今はいつも当然のように傍にいる。
わかるのは、コイツに出会ってからオレの人生は急速に鮮やかに景色を変え、動き始めたって事だ。
以前は、いつも何かに苛立っていた。
それが今は、訪れる事全てが新鮮で、毎日にワクワクしている。
全く、何て奴…。
RUIが言うには女にジュエリーを贈るのは独占欲の表れとか。
…独占欲………マジかよ……しかも相手はのだめだぞ?
部屋は汚いし、性格はずうずうしいし、オレの着替えは覗くし、風呂まで覗くし、時々異臭を放つし、
オレの着用済みシャツを持っていこうとするし、オレの落とした髪の毛集めてるし……オレ正気か?
あんな変態にハマるなんて、俺としたことが…ありえねぇ…。
ありえねぇー、けど………………。

76 名前:七三[sage]:2005/09/03(土) 23:45:30 ID:snq6RV/w
気分転換にCDでも聴こうかと千秋は目に付いたCDを手に取った。
ジョージ・ガーシュイン。
『ラプソディ・イン・ブルー』いつかのだめがオレと組んでやりたいって言ってたっけ…。
千秋はガーシュインのCDの何曲目かの曲に目を止めた。
ゆるやかな音楽が柔らかな声に乗って流れ出す…。
******************************************************************************************
『Isn't It A Pity?』

どうして私はあらゆるところを彷徨ったのだろう 何の理由もなく 貴重な時間を無駄にして

残念でならない 罪に思えてならない
旅は終わった
何もかもが素晴らしい あなたと今日出逢って 素晴らしい考えが浮かんだ
ここに居よう

面白いもので あなたを見ると 今までなかったような スリルを感じる
今まで出逢えなかったなんて 残念でならない

やっと出逢えた 夢のよう 私たち二人は 完璧な組み合わせ
今まで出逢えなかったなんて 残念でならない

今まで無駄にしてきた 孤独な年月を思い浮かべ 鮭釣りに出かけたり バックギャモンに負けたりしていた
味わえなかった喜びの素晴らしいこと 夜は寂しく ショーペンハウアーを読んで過ごした

昔のことは忘れて 合意しよう 私はあなたのためにいて あなたは私のためにいると
今までずっと出逢えなかったなんて
ひどく残念でならない
-------------------------------------------------------------------------------------------
目を覚ますと、千秋先輩の顔が傍にあった。
なーんか頭がクラクラふらふらしマス…。
せんぱい…ずっと看病しててくれたんでしょうか。
…疲れてるのに……。
先輩はベッドの傍に座ったまま布団に突っ伏して安らかな寝息を立てている。
「しんいちくん♪朝デスよ。うふふ…先輩の寝顔、かわいー……」
ほっぺたを人差し指でつつきながら話しかけると、千秋は色っぽい吐息を漏らした。
「ん………もっと…ン…」
ふぉおおお……!ナニをもっとデスか!
先輩の寝姿、モエモエすぎマス!!
な、なんで、シャツの前をそげんか開けとっとデス…!?
やばかー!テラやらしかーーーーー!!!
エロいデス!最高にエロくてかわいくて…のだめ………。
。〇゜。゜〇。゜のだめ発情中。〇゜。゜。〇゜。

-------------------------------------------------------------------------------------
のだめの不穏な気配を感じ取ったのか千秋が目を覚ました。
「ん…のだめ…もう、大丈夫なのか?」
寝起きのぼんやりと焦点の合わない目をこすりながら千秋は体を起こした。
「ハイ、もうすっかり元気デス!」
ガバっと起き上がろうとするのだめを千秋は手で静止する。
「バカ、まだ寝とけ…顔、赤いぞ」
「でも、せんぱい…一週間後には演奏会でショ…のだめ、自分の部屋に帰って寝マス…」
殊勝な言葉で俯くのだめを見る千秋の目が優しく緩む。
「風邪が先輩にうつるとヤですから…」
千秋はなんとはなしに、のだめの茶色っぽい髪を少し手に取っては弄びながら言う。
「いいから…風邪は予防注射済みだし…それに……どうせ…勉強なんか……手につかねぇし……」
はぅ〜…、先輩のハンパな髪への愛撫は…余計ムラムラしますヨ…。
目と目が合った。
キス……するのかな…。

77 名前:七三[sage]:2005/09/03(土) 23:48:44 ID:snq6RV/w
「……とにかく、まだ寝てろ!!」
らしくない言葉に照れたのか、のだめの頭をぐしゃと掻き回すと軽く枕を投げつけた。
踵を返し無言でキッチンの方へ歩いていく千秋。
「せんぱい…」
「何だ!」
「耳が赤いデス」
「うるせぇ!!」
照れる真一くんも◎デス。
「…雑炊でいいか?ハラ、減ってるだろ……?」
キッチンでエプロンを手早く着けてテキパキと家事をこなす千秋はさながら主夫の様だ。
のだめは千秋の後姿をぼんやり目で追う。
まくったシャツから伸びるしなやかな逞しい腕…シャツからパンツにかけての腰のライン……。
そして……引き締まったお尻……先輩のお尻を包むズボンにのだめはなりたい…。
……ブラヴォッ……!…完璧デス…後ろ姿も完璧にのだめのツボですよ、千秋先輩……!
「出来たぞ、喰え!!」
ガチャン、とトレイごとベットサイドの台の上に置く。
「……のだめ食欲ありません」
プイっと横をむくのだめの顎をガシっとつかんで千秋は自分の方に向けた。
「食欲なくても喰え…!」
小皿に雑炊をわけてのだめに差し出す。
美味しそうなにおいとほかほかの湯気とちょと照れくさそうな先輩…普段ののだめなら3杯くらいは軽くイケるんですが…。
今日は胸がムカムカして……でも…。
「………先輩が、食べさせてくれたら……食べれマス」
「ち…調子に乗るな……!な…なんでオレがそこまでっ…」
気まずい沈黙が流れる。
恨めしそうなのだめの視線に千秋は舌打ちするとおもむろにスプーンを掴んだ。
「こ…今回だけだからな!!調子に乗るなよ!」
「ハイ、せんぱい……(はあと)」
-------------------------------------------------------------------------------------

スプーンを颯爽と掴み上げた千秋は「あーん」と言って口を開けるのだめを前に赤面しつつ硬直していた。
クソッ…!なんでオレ様がこんな……!!
気合を入れて一気に済ましてしまえばいい話だ!
勢い良くスプーンにてんこ盛の雑炊を取ってのだめの口元に持っていこうとする。
「せんぱい……フゥフゥは…?」

78 名前:七三[sage]:2005/09/03(土) 23:49:13 ID:snq6RV/w
「は……?」
目を点にして千秋が固まる。
「ちゃんと冷ましてくれないと、のだめ火傷しちゃいマスー☆おんなの子はデリケートなんデス」
いつもなら鉄拳が飛んでくるパターンだが、あらゆる疲労で頭が麻痺し始めた千秋は
「こうか?」とか言いながら唇を尖らせて雑炊を冷ましだした。
「ん…先輩……イイ感じデス…のだめのお口にお願いしマス」
のだめのセリフ…なにげにいやらしいな……。
ちょっと、オレやばい気がする……なんか…反応してきたかも…。
下半身に軽い硬直を感じたが、のだめに気付かれることだけは避けねばならない。
千秋は必死で平常心を装いつつも心が乱れるのを止めることが出来ない。
よく見てみるとパジャマ姿ののだめは当然だがノーブラで…。
パジャマ越しにも乳首の存在が判る。
そう思いだすと雑炊をほおばる可愛らしい唇が妙にエッチに見えてきたり…。
「こぼすなよ……おいしい……?」
「すっごくおいしいデス、真一くん…」
「…そんなにあせんな…ゆっくりで、いいから…」
「のだめ、こんなこと先輩にしてもらうの初めてデス…ラブラブですネ」
「オレだってこんなこと誰にもしたことねぇ…」
「のだめが、初めてなんデスね先輩…(はあと)」
「……うん。まぁ……」
「……んー、先輩…はぅん…もっと………」
「やっぱり、欲しかったんだろ…?」
「や、やだ…先輩ったら……なんか…言い回しがさっきからエッチですよ?」
「な…それは、おまえの方だろ……!」
気分に流されてついつい吐いてしまったセリフをのだめに指摘され千秋は羞恥のあまり顔を背ける。
「……先輩…雑炊食べて、のだめ汗かいちゃいました…のだめの体拭いてもらえませんか…?」
唐突な申し出に一瞬意味が汲み取れず固まる。
千秋は狼狽を隠せず、白目になって青ざめた。
体……拭く…………。

半ば布団に顔を埋めたのだめはエサをもらっていないネコのような恨みのこもった目でこっちを見ている。
「せんぱい…汗が気持ち悪いデス……」
そんなことをしたらもう変態の森から引き返せない気がする…嫌だ……!!
そう思いつつも目の前の誘惑に千秋は揺れる。
「いやっ…でもっ……それは……!」
「先輩はのだめの彼氏デショ。恥ずかしがることなんかありまセンよ!」
「でも…オレ達まだそんな関係じゃないし……物事には段階ってモンがあるだろ……?」
「段階もへったくれもありまセン。先輩はオスでのだめはメス……自然な事デス…」
----------------------------------------------------------------------------------------
妙に説得力のあるのだめの言葉につい了承してしまった…。
この女、魔性か………。
まだふんぎりのつかない千秋を急かすのだめの視線が痛い。
…一度決めてしまったことだ。
パァーと拭いてさっさと終わらせよう。

千秋は勢いよく掛け布団を跳ね上げた。
のだめの体に極力触れないようにしてボタンを外していく。
動悸が、のだめにも聞えそうなくらいに早く打つのを感じる。
顔が熱い。
凝視する視線に耐え切れず左手でのだめの目を塞ぐ。
「あん…せんぱ……」
一つずつボタンを外していくたびに、のだめの白い胸が露になって千秋の動悸が壊れそうな程激しくなる。
見ないでおこうと頭では思いつつも、目がふっくら盛りあがる2つの山に釘づけになるのを止めることが出来ない。
お湯で絞ったタオルを恐る恐るのだめの体の上に乗せる。
まず、胸の間だ。
ピクンと体が反応し、胸が微かに重たげに揺れる。
突然の感覚に不安になったのかのだめは目を覆うオレの手を払いのけようとする。
手の甲にあくまでも柔らかいのだめの胸の感触が伝わる。

79 名前:七三[sage]:2005/09/03(土) 23:50:10 ID:snq6RV/w
何かが千秋の中ではじけた。
我慢…出来る訳がない。
千秋の手をおしのけようとするのだめの両手首を掴むとベッドに押し付けるようにして押し倒した。
いきなりの豹変に戸惑うのだめを無視して両足の間に割るようにして体を押しこむ。
------------------------------------------------------------------------------------------
「せ…せんぱい……!?」
のだめの必死の抗議も無視して舌を鎖骨に這わす。
胸を揉みあげる動きが徐々に激しくなって、荒く、熱い息がのだめにかかる。
「…のだめ……」
耳元で囁く声は情欲にかすれて………凄くセクシーで…。
でも…でも…いきなり…こんな……。
のだめは千秋を押し退ける手に力を込める。
そんな弱々しい抵抗は、逆に今の千秋にとっては煽る行為でしかない。
「オマエの方が誘ったんだろ?あんだけ挑発しといて…。オレ…もう止まんないからな……」
小さく溜息を吐きながら荒々しい行為とは裏腹な耳元で囁く甘い声にのだめは腰が砕けそうなる。
キス、しそうな程の至近距離で見つめる千秋の目は熱を帯びて濡れている。
「俺はオスで、オマエは只のメス……なんだろ?俺は理性を捨てた。オマエも捨てろ」

「待って…せんぱ……」
「嫌だ」
「でもっ!のだめこんなのっ…」
「待てない……これ以上」
切ない溜息がのだめの頬にかかる。
千秋はのだめの唇を舌先でなぞるとゆっくりのだめの口内に入っていった。
ピチャピチャと粘膜のこすれあう音が響く。
千秋はワザと音を響かせるようにして、時折のだめの反応を伺う。
のだめは顔を赤くして、恥ずかしそうに目を伏せて千秋の視線から逃れるように体をよじった。
千秋の片手は胸の頂点をソフトに摘みあげながらももう片方の手はゆっくりと下がって、パジャマのズボンをずり下げる。
のだめの体がびくり、と跳ね上がる。
下着越しにもしっとりと湿り気を帯びているのが判る。
「のだめ、濡れてるのか?」
判りきったことをわざわざ尋ねる千秋の目がとても意地悪く感じてのだめは軽く首を左右に振って
千秋の腕の中から逃れようとするが、執拗に舌先を吸い上げられ、のだめは意識が朦朧と霞んだ。

ひもを片方だけスルリと解くと、隙間からのだめの秘所に指を差し入れる。
「あっ……せんぱ……いやっ…!」
そこはもう、ヌルヌルとした粘液で潤って千秋の指を簡単に呑み込んだ。
「やっぱり……すごく、濡れてる……」
のだめはあまりの羞恥にとうとう耐えらえなくなって真っ赤に紅潮した顔を両手で覆った。
「…………せんぱい…エッチすぎマス…」
千秋はそれも許さないとばかりにのだめの両手を取り、重ねて頭の上に万歳するような形にして自分の片手で押さえつけた。
「いつまでも、王子やってられるかよ……」
言いながらのだめの中の壁の小さな粒を擦り上げる。
「あっ……!せんぱ…」
のだめはきつく眉根を寄せて何かに耐えるように息を詰める。
「ココ、こんな風にするの初めて?」
「ぜんぶ…先輩が…んっ……のだめにするエッチな事…全部…初めてデス…」
「ふーん、あっそう……」
「や…せんぱいの…むっつり…んんっ……」

80 名前:七三[sage]:2005/09/03(土) 23:51:32 ID:snq6RV/w
耳元で千秋がとろけるように低く囁く。
「もっとエッチな事……してやるよ………」
「しんいちく……!」
のだめの足を開くと千秋の指を呑み込んでヒクヒクと震えて蜜を垂らす秘所に顔を寄せた。
千秋の吐息がかかる。
髪が触れる。
あつくて、あつくて、焼け付きそう…。
「っく……んんっ……あぁぁんっ……」
声が……無意識に洩れる。
のだめの声…こんなにエッチになって…全部、千秋先輩のせいなんだから…。
先輩の触れる場所から、体中…痺れて、あったかくって、頭の中で……音楽が…鳴ってマス…体中に満ちて……。
うす黄色にピンク…水色…揺れて滲んで…のだめ、カスタードクリームになったみたい…。
淡い虹色の世界…デス……。
なんて…なんて………………もう何も考えられないーーーーーー………。

のだめは糸がぷっつり切れるように意識を手放した。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
「おい、のだめ!大丈夫か!?」
千秋は急に意識のなくなったのだめを激しく揺すった。
しばらくするとのだめは心配そうに覗き込む蒼白の千秋を安心させるようにうっすら瞼を震わせて口元を綻ばせた。
「せんぱ……つるきはぁ…また今度……デ…ス…」
朦朧としていまいちろれつの回らないのだめは千秋の首に弱々しく抱きつく。
「いいから……もう、しゃべんな………無理させて、ゴメン……」
手を当てると額が沸騰するように熱い。
つい夢中になってのだめが病人であることを忘れていた…なんてことだ……。
千秋は自分で自分の失態が許しがたく、それでいて呆然とするしかない自分の無力さに腹が立った。

いつのまにか規則正しい寝息が聞えてきた。
ほっと胸を撫で下ろすと、氷水に浸したタオルを額に当てる。
千秋はのだめの寝顔を眺めた。
「Isn't It A Pity?…あなたに今まで会えなかった年月が残念でならない……か…」

日毎、夜毎に姿を変える月の様に捕らえどころのない…。
千秋は無意識にのだめの頬にキスを落とす。
千秋は自嘲的な笑みを浮かべてはみたものの、頬がほんのり赤い。
踏み出せそうで、踏み出せない一歩がもどかしい。
「確かにオマエには、今までなかったようなスリルを感じるよ…どうしてくれるんだ……」
これ以上お前の存在が俺の中で大きくなるのが怖いなんて……。
千秋は覗き込むように前かがみになるとのだめの枕元にそのまま突っ伏した。

今は少し休息しよう。
千秋の中にも音楽が満ちる。
ゆっくりと侵食して、広がる…波のように。
二人の夢が重なる、ひと時…。
歌うような優しい静寂が二人を一つにする。


…やっと出逢えた 夢のよう 私たち二人は 完璧な組み合わせー………。
今まで出逢えなかったなんて 残念でならない…。

Fin


81 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/04(日) 00:00:06 ID:fpAhsnqa
ウホッ リアルタイムキタキタ━━━:。・:*:・゚'★,。・:*:♪・゚'☆(゚∀゚):。・:*:・゚'★,。・:*:♪・゚'☆━━━!!!!

しちさんさんGGGGGGJJJJJjj

82 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/04(日) 00:03:16 ID:p+eQfYSk
素敵です!
感激しましたよー!!!
GJ!GJ!です!

83 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/04(日) 00:15:28 ID:1r8xiL02
充分にツンデレ+そこはかとなく強引ー(*´Д`)'`ァ'`ァ
>>71さんもアドレス貼った甲斐ありまくりんぐですね。
GJ!!

84 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/04(日) 00:24:09 ID:ghSY7b7M
GJ!!
こういう、変態の森の直前でさんざんためらった挙げ句プッツンきて
流されちゃう千秋すごいツボです

85 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/04(日) 01:01:06 ID:PZQo1k94
(゜д゜)
GJです!!
寝る前に来たかいがあった…。


86 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/04(日) 01:03:16 ID:hwJSbySo
テラよかったですw

87 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/04(日) 02:36:57 ID:MtVQbTVI
なにげにチャネラなのだめ(・∀・)

88 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/04(日) 06:37:23 ID:BYSni/WS
GJ!!!

89 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/09/04(日) 10:12:03 ID:PR7Z5Wey
ツンデレ書いたのにocn規制で書き込めん

90 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/04(日) 10:21:55 ID:BYSni/WS
ごめんよ、どーでもいいオイラが書き込めて・・ocnだが

91 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/04(日) 11:03:04 ID:1r8xiL02
エロパロ見すぎてアク禁食らった私が来ますたよ。
鬱だ氏のうかと思ったよ

92 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/04(日) 14:33:44 ID:rq+jRIHl
のだめの変態モノローグ(・∀・) イイヨイイヨ

93 名前:月子[sage]:2005/09/04(日) 15:16:55 ID:w5Sq7YWz
GJありがとうございます!
千秋ツンデレになってましたか?よかったですw
でもなんか最後はのだめがツンデレみたくなってますね(勢いで書くからこうなる…)
VIPPERの方(?)にもおほめいただき光栄です!
また、降ってきちゃったら投下させていただきたいと思います。では!

七三さん、乙です!
>>89さん、規制解除になったら是非!!

94 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/04(日) 15:22:33 ID:4ov2rqRS
( σ3σ)<がぼん…ツンデレ千秋先輩モエス

95 名前:[]:2005/09/05(月) 18:38:00 ID:2E/ymQwl
初です。皆さんに少しでも楽しんでいただけたら...



いつものようにいきなりドアが開かれた。

「突撃隣の晩お風呂デス!!!」
・・・訳のわからない台詞で今日もやってきた。
「何だよ。その「晩お風呂」ってのは・・・」
「ぎゃぼっ!先輩あの有名な番組知らないのデスか?○助が一般家庭に
突然お邪魔する・・・」
「・・・晩御飯だろ・・・」
「はい。それのお風呂バージョンです(ハート)」
「・・・・で、何すんだ?」
「のだめ、日本から温泉の素送ってもらったんです。だから先輩、今日は
一緒にお風呂入りましょう」
最後の方はうつむいて小さい声だったが・・・
「えっ?風呂?」
「何回も言わせないで下さいよ・・・」
のだめは顔を真っ赤にしながら手にしていた洗面器をオレに渡してきた。
オレは嬉しいやら、訳わかんないやらで洗面器を受け取ってしまった。
「じゃ、のだめ妻だからお風呂の準備しますね。先輩は待ってて下さい
ね」
そう言うと洗面器の中から温泉の素を取って走ってバスルームに消えて
いった。
一人洗面器を持ったまま取り残され、やっと冷静に考えられる時間が出来た
が・・・風呂って・・・
いったいのだめの頭の中はどーなっているんだ・・



96 名前:[]:2005/09/05(月) 18:43:48 ID:2E/ymQwl

しばらくすると
「準備できました。先輩は先に入って下さい。」
少し頬を赤くしたのだめがオレを強引にバスルームに引っ張っていく・・
「じゃ、シンイチくんまたあ・と・で(ハート)」
・・・一緒に入るんじゃなかったのか??・・
少し落胆しながらも、バスタブから久々の温泉の香りに誘われて服を
脱ぎバスタブに身を沈める。
白く濁ったお湯はオレをやさしくつつんで日頃の疲れを身体の奥から
溶かし出してくれそうだ・・
・・・ふと視線を感じてドアを見ると、ドアの隙間からのだめがのぞいて
いた・・・
「何やってんだ!!」
「先輩・・気持ち良さそうデス・・」
「覘いてないでさっさと来い!!」
ドアを開けてのだめが近づいてきた・・身体にはバスタオルが巻かれて
いた・・・まさか・・・
「・・・バスタオルのまま入るつもりなのか?」
「だって・・こんなに明るかったら恥ずかしいじゃないデスか」
「・・・・・・・・・」
「先輩?どうしたんですか?」
「風呂の湯も濁っててそんなに見えないからバスタオル取れよ」
「じゃ、先輩のだめが良いって言うまで目瞑っててください。」
今まで散々裸を見てきたのに今さら恥ずかしいとは・・・しかも自分か
ら風呂を誘っておいて・・・しょーがない・・・
「はい。瞑ったよ」
「本当デスか?薄目とかじゃないデスか?先輩この指何本かわかります
か?」
オレの顔の前でブンブンと手を振ってるのが感じられる・・
「いいから早く入れ!!」
「ぎゃぼっ!!入ります・・」
ジャブンと勢いよくしぶきがオレの顔にかかる・・・
「はい。目開けていいデスよ」
そんなに広くないバスタブに向かい合って入ると・・少し照れる。
自然と身体の一部が触れ合う・・
「先輩、気持ち良いデスか?最近なんだか忙しいみたいなので温泉の
プレゼントですよ。これで少しでも疲れが取れればいいですね」
のだめなりにオレの事を気遣ってくれているらしい・・・



97 名前:[]:2005/09/05(月) 19:08:39 ID:2E/ymQwl


・・・かわいいな・・・
「のだめ・・もっとこっちに来いよ・・・」
「えっ・・無理デスよ・・狭いし・・」
「いいから・・・」
手を伸ばそうとしてふとある一点に目が止まった・・
・・・胸がお湯に浮いてる??・・・・
オレの視線に気づいたのだめが急いで手で胸を隠す
「やん。先輩!!そんなにじろじろ見ないでください」
「のだめ・・胸隠さないで見せて・・・」
「だって・・・」
真っ赤な顔ののだめがそっと胸から手を退かす・・
恥ずかしく顔が赤いのかのぼせて顔が赤いのかわからないがその姿が
また・・・かわいい・・・
お湯の中に再び解き放たれた胸にそっと手を伸ばす・・・
「・・・やんっ・・・」
のだめが甘い声を出す。
下から持ち上げるようにそっと触れるとやはりお湯の中で浮いている。
元々張りのある胸だが、お湯の中ではいつも以上に弾力があり、敏感に
もなっている・・
だんだんのだめの息遣いも荒くなったきた・・・
「もう・・そんなにいやらしく触らないでください・・・はぁ・・
のだめヘンな気持ちになっちゃいます・・・」
お湯に浮いている胸に感激し、夢中で触っていると、悩ましい声で
のだめが囁いてきた。
その聞いたことないような艶のある声にオレの理性が吹っ飛び、噛み
付くような勢いでキスをした。
お互いの口の中を隅々まで堪能していたら急にのだめから力が抜けて
オレにもたれかかってきた・・・
どうやら・・・のぼせたらしい・・
せっかく盛り上がってたのに残念だが、新しい発見があったからよし
としよう。
「胸はお湯に浮く」
とりあえず、のだめをベッドに運んだら・・・温泉の素を日本から取り
寄せる事にしよう。

       END

お粗末ですんません・・


98 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/05(月) 19:21:31 ID:6T7hg5zA
GJ!!

99 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/05(月) 19:27:47 ID:N5GFSqMJ
トリアーエズsageよう
話はそれからだ。

100 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/09/05(月) 19:53:42 ID:/D2fxYdJ
規制解除きたーー!
やっとうpできます


戻る 1- 次100 最新50 動画 アダルト動画 ライブチャット