■戻る■ 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50  

のだめカンタービレ3

401 名前:カルメン[sage]:2005/04/29(金) 14:55:25 ID:FpkVsyt5

「ゴメン、急用。先行ってて」
コンサートは大成功で、清良のカルメン幻想曲も最高に良かった。
でも終演後、このメール以来、彼女と連絡がとれなかった。ーーー千秋とも。

その急用のことは、今でも何も言おうとしない。
今の彼女は、一見普通に見えるけど。ーーー身体だって、こうして、前と同じく合わせてるけど。
心が、合ってない感じ・・・。 こいつ、まさか、ーーいや、そんな。
もうすぐウィーンに行ってしまうから、少し不安なだけだろ? 俺も、きっと彼女も。

「い、痛い」
抱き締めていた腕に知らないうちに力が入りすぎてたらしい。腕の中の彼女が小さく叫んだ。
「あ、ゴメン」
そう言って彼女を見たけど、彼女は俺を見ようとしなかった。 カッと身体が熱くなり、
次の瞬間、彼女の中に入っていた俺自身に 一気に熱いものが集まって、
彼女の中がはちきれてしまいそうな程、ぱんぱんになった。
それを合図に俺は、彼女の肩を押さえつけ、激しくピストンを始めた。
「あっ、やだっ・・・きゃぁっ!」

叫ぶ声にもかまわず、無言で、激しく、突き上げ続ける。
わざと音を立てるように荒っぽく、ぐちゃぐちゃにかき混ぜる。
前側のざらざらした部分を、思いきり擦るように腰を打ち付ける。
気持ちいいのかどうかなんて、もうわからない。つか、もうどうでもいい。
俺は、彼女を、俺にできるかぎりで愛してきたのに...。
「イヤぁ・・あぁ、・・もう、やめ・て・・!!   ・・・・・龍?」
彼女が。やっと俺を見た。俺は頬を涙が伝っていたのにやっと気づいた。
「・・・清良」


402 名前:カルメン[sage]:2005/04/29(金) 14:56:14 ID:FpkVsyt5

彼女が千秋と寝たなら、しかたがない。ーー俺は、彼女の何もかもすべてを愛してるんだから。
のだめを迎えに行き東京に連れて帰って来た千秋は、多分こいつを選ばないんだろうし、
こいつも、自分には俺がいるのはよくわかっているんだろう。
その上で、なお、千秋と寝たかったのか・・・。そして、千秋も。
脳裏に、小さかった裂傷が だんだんと大きく深くなっていくさまが浮かんだ。・・・・痛ぇ。・・
誰かを愛したら、こんなに痛い思いをしなくちゃなんねぇのか?


「痛いわ・・・」
彼女は動きを止めた俺から身体を離すと足許に降りて行き、俺のモノをそっと握ってキスをした。
そしてゆっくり口の中に含み入れ、やさしく舐めた。
さっき激しくしすぎたからちょっとヒリヒリする。でも、気持ちいい。清良の、襞の中とはまた違って。
「好き・・・好き。大好き・・・」清良はそうささやきながら、俺を見つめながら舐め回してる。
「好きよ・・・・龍」
こんなこと、彼女が言うなんて珍しい。それに、柔らかい、甘い顔をしてる。 清良・・・・・?
そして彼女に誘われるまま、初めて俺は、彼女の口の中で果てた。


気持ちの整理が ついたのかな・・・。俺の胸にもたれて眠る彼女の顔は、とても安らかだ。
きっと、ずっと前からの千秋への気持ちに、けりをつけたんだよな・・・

清良。オマエはいつだって、オレの真っ赤なルビーだからな。
ーーーどこへ行ったって、どんなことがあったって。


ー fin ー

403 名前:カルメン[sage]:2005/04/29(金) 14:58:12 ID:FpkVsyt5
おしまいです。 どうもありがとうございました!


404 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/04/29(金) 15:26:12 ID:KQiu29uR
昼間からGJです!
読みたくない人は読まなきゃいいだけ。
カルメン書きさん、気にすることないですよー。
最後と言わずまた書いてほしいです。
個人的には龍との甘いの希望。

そして>>382さんの降臨をお待ちしてます。

405 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/04/29(金) 18:43:34 ID:isOkb3f2
380です!萌え死にました(笑)
カルメン書き様、GJです!
私もミネキヨの甘甘希望です☆
読みたいなぁ。。。
 
カルメン書き様素敵小説ありがとうございました!
最後なんて言わないでください!


406 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/04/29(金) 21:30:40 ID:isOkb3f2
GJ☆龍SIDEいいですね。
興奮しますた。

407 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/04/30(土) 00:58:56 ID:woN1gyyM
カルメンさん、GJです! また書いてください
最初、清良はのだめのライバルになるのかと思ったので、
千秋x清良もアリだと思います

カルメンさんと他の神々の降臨を静かにお待ちしています

408 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/04/30(土) 10:25:46 ID:cDfY3VcY
峰の語りのSSは初めてでは? すごく新鮮でよかった! カルメンさんGJ!
もっと読みたいです。最後なんておっしゃらずに名無しでも名蟻でもいいからぜひ書いてください!

409 名前:カルメン[sage]:2005/05/01(日) 22:14:25 ID:Y+cfWwHI
カルメン書きです。
読んで頂いたかた、コメント下さったかた、ありがとうございました。
初めて書いたのですが 反応があるってこんなに嬉しいものなんだと実感しました。
>380様に萌えて頂けて良かったデス)
また まとまったときにはどうぞよろしくお願いいたします。

連投にもかかわらず、忍耐してスルーして下さったかた、スミマセンでした。

>>382様、投下お願いしますー!

410 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/02(月) 01:03:26 ID:lJkUh9zu
カルメンさんGJGJGJ☆
切ないですよねー。
原作でこうなっても
ちっともおかしくない流れだった。
初めはそう思ったし!
こういう展開もアリです☆
またよろしくお願いします☆

328さん!
楽しみにお待ちしております!!

411 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:30:38 ID:Ibtg11CZ

「センパイ! 明日は一日オフですよね!? のだめ、行きたいところがあるんデス…」

シュトレーゼマンのアジア演奏旅行について、ほぼ1年ぶりに日本の土を踏んだ千秋。
ちょうどバカンスということで、のだめも九州の実家に帰ってきていた。
そして3日前、東京で合流したのだ。
あたりまえのようにのだめも三善の家に泊まっていて。

明後日にはまたパリに帰る、その前にやっと一日空いた日を、
のだめとのデートに使うのも悪くない…

日本に来ても毎晩毎晩、六本木だクラブだ…とシュトレーゼマンに連れ回されて
身も心も休まらなかった千秋は、のだめの提案に素直に同意した。
「で、行きたいところってどこだ?」
「うきゅきゅ。 それはヒミツです♪」

「ヒミツ」というのが多少気になりはしたが、すっかり変態の森の住人である千秋には
そのヒミツすら楽しんでしまうようになっていた。


412 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:31:07 ID:Ibtg11CZ

翌日。着いたところは渋谷。
買い物か?それならパリのほうが…と不審に思いつつも、
のだめに腕を引っ張られ、千秋は従うように人込みをかき分けて道玄坂を進む。
まさか…こっちは…
80%の不安と、20%の期待。
やっぱり…
路地を折れるとそこは…日本が誇るラブホテル街、円山町だ。

「お前! せっかくの休日をこんなところで過ごす気か!?」
「のだめ、ラブホテルって一度入ってみたかったんデス。
しんいちくんは経験豊富ですから、一度や二度や三度や四度、入ったことあるでしょうけど…」
と、唇をとがらせて顔をのぞき込んでくるのだめに、千秋は思わず目を反らしてしまう。
「オレはこんな下品なところに入ったことはない!」
「うきゅ。なぜ目をそらすんですか?
ていうか早く入りマショ♪ もう下調べは済んでるんです」
カバンから情報誌を取り出し、誇らしげに千秋に見せる。
見出しには大きく「絶対行きたい! 今一番おもしろいラブホテル」などと
はしたない文字が踊っている。
「この辺のハズなんですよ…」とご丁寧に折り目までつけたページを開き、のだめは辺りを見回す。

「んなもんどこだってヤルことは同じだ!」

413 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:33:02 ID:Ibtg11CZ

誰が見ているというわけではないのだが、その場の空気にいたたまれなくなった千秋は
目の前にあった、趣味の悪いピンクの城へ入る。
けばけばしく並ぶ写真から適当に部屋を選ぶと、鍵を取り、
これまた悪趣味に装飾されたエレベーターへ入る。

「んもう…しんいちくんってばせっかちなんだから。ていうかやっぱり慣れてマスね…」
「慣れてない! あんなところでいつまでもうろうろできるか!」
「でもヤルことは同じって…しんいちくんのすけべ」
そう言って腕をからませ、密着してくるのだめ(の胸)に、千秋は思わず発情してしまう。
「うるさい!黙れ!」
そう呟くとのだめの口を自らの唇でふさいだ。
もちろん、右手はのだめのDカップにしっかり置かれている。

「やっぱりせっかちですけべで、ついでにおっぱい星人じゃないですか…」
エレベーターが目的の階についた音をきっかけに、唇を離すとのだめがつぶやいた。

…こうなったらすけべでもおっぱい星人でも何でも言いやがれ。
事実なんだからしょうがない。


414 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:33:31 ID:Ibtg11CZ
4
「ほわぁああ…大きいベッドです…」
適当に選んだその部屋の中心にはピンクのフリルで飾られた
悪趣味なカバーがかけられた巨大なベッドがおいてあり。
「ぎゃぼー!センパイ!お風呂が大きいうえにガラスで透けてます!」
部屋の奥のガラスの向こうには、ピンクで統一されたバスルームが見える。

「のだめ!風呂入れ!ここで見ててやる!」
「見てるって…一緒に入るほうがよっぽどマシなような…」
「入れ!」
「センパイ…それ、カズオな上に、変態ですよ…」
「変態のお前につきあうオレが変態じゃないはずがないだろ!」

しぶしぶのだめはバスルームに入ると、ゆるゆると服を脱ぎ始めた。
さすがに、脱衣場は透けない…
タオルを身体に巻き付け、おずおずと浴室のドアを開ける。
どうやら、マジックミラーになっているようで、こちらから室内の様子はまったくわからない。
変わりに、タオルを巻き付けた、妙になまめかしい自分が、そのガラスには映っていた。
「ふぅ…」と、ため息をひとつついて椅子に座りシャワーを出す。
頭からシャワーを浴びながら、どうしたものかと考える。
のだめの頭でも、どう考えてもこの状況を打破することはできないのだが。
次第に、身体に巻かれたタオルが水を吸って重くなってきた。

千秋は、ガラス越しにその様子を黙って見ていた。


415 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:34:48 ID:Ibtg11CZ
5
ややうつむいて、迷いながらシャワーを浴びる、困ったような表情。
その表情を半分かくしてしまう、サラサラとこぼれ落ちる髪。
膝に置かれ、握りしめたままになっている、鍵盤の上では軽やかに動き回る大きな手。
巻かれたタオルの上からでも、しっかり分かるその豊満な膨らみ。
無駄な肉のない、なめらかな背中に、くびれた腰のライン。
危うい所で隠され、そこから伸びる適度に肉付きのあるすらりとした脚。

どれもが愛しくて、かわいくて、今すぐ抱き締めたい衝動に駆られる。
その衝動を必死にこらえるが、それもそう長くは持たなかった。

バシャっ

ふとした拍子に、身体を包んでいたタオルが、重力に負けて落ちる。
慌ててのだめは拾い上げるが、その姿がまた千秋の欲情の炎に油を注ぐ。
見慣れているはずののだめの裸身が、ヴィーナスかなにかに見まごうほど美しく感じた。

やばい…もう耐えらんねえ。


416 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:35:55 ID:Ibtg11CZ
6
急かされるように服を脱ぎ、バスルームに入る。
そのドアの音に慌てて立ち上がったのだめを抱き締め、激しく唇を求める。
のだめの口内を隅々までむさぼるように攻めると、のだめもそれに応戦してくる。

「んっ…」

いつの間にか動いていた右手が、のだめの胸を這う。
下からゆっくり包むように揉むと、人さし指が軽くその先端に触れる。
その瞬間、のだめの舌の動きが止まり、吐息が漏れる。
その吐息を合図にするかのように一旦唇を離して視線を合わせると、
二人は憑かれたようにもう一度舌を絡ませた。

いつになく激しいキス。
こうして、のだめをじっくりと味わったのはいつ以来だろう…
長い演奏旅行に出ていた千秋は、その間、この感触を思い出しては悶々と過ごした夜もあった。
3日前に、ほぼ1ヶ月ぶりに会って、やっと二人きりになったときも、
互いの感触を確かめあうかのように何度かキスを交わしたが、
自身の疲労と、三善家の中である、という引け目から、
本能と欲情の赴くままに、というわけにはいかなかった。

互いの甘い唾液を存分に味わい、それでもまだ足りない、というふうに
名残を惜しみながら唇を離すと、千秋はのだめを、もう一度強く抱き締めた。

「会いたかった。早くふたりになりたくて仕方なかったんだよ…」


417 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:37:06 ID:Ibtg11CZ
7
「しんいちくんは相変わらずあまえんぼサンですね…」

千秋の胸の中でつぶやくと、今度はのだめの方から首に手を回して軽く唇に触れる。
そして、耳元に唇をよせて囁いた。

「好きなだけ、甘えていいんデスよ…」

この腕の中にいる女は、どこまでオレを翻弄するのだろう。
気まぐれで、猪突猛進で、変態で、振り回すだけ振り回したかと思えば、
たった一言で、焦りや不安をふわりと包み込んでしまう。
悔しいが、居心地がいい。

少し落ち着いた千秋は、シャワーを停めると、のだめの髪に、耳元に、首筋にゆっくり唇を落とす。
華奢な鎖骨に少し強く吸い付く。
のだめの腕は、自分の胸元に顔を寄せる、愛しい人を優しく包み込む。
皮膚を舌が這う感覚に、思わずその人の髪をかき寄せる。
千秋の手は、ほどよくくびれた腰をゆっくり上下し、
たからものをやっと見つけたかのように、そっとその胸の膨らみに触れる。

ふたりの口から漏れるのは、もう吐息しかなかった。


418 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:38:28 ID:Ibtg11CZ
8
ほどよく湿り、暖まった肌に、ぴたりと吸い付いた手が、ゆっくりと揉みあげる。
指先で、そっと先端に触れてその固さを確認すると、また離れ。
それを何度か繰り返し、滑らかな肌と、膨らみの柔らかさを、唇と舌と手でたっぷりと堪能すると
最後のごちそうを味わうように、ゆっくりと先端を口に含む。
舌でころころと転がすと、自分を抱き締める手にも力がこもる。
軽く噛んでみると、切なげな吐息が漏れる。
もう片方へも、同時に、指でころがし、つまみ…舌で行うのと同じように刺激を与え続ける。
いつしか二人は倒れ込んでいた。

思う存分、そのふたつの膨らみを堪能すると、千秋はのだめを後ろから抱え込むように座らせた。
膝を立たせ脚を開かせると、ゆっくりとその中心部へ右手を這わせた。
そこは、すでに蜜で溢れかえっていた。

「恵。目を開けて」
言われるがままに目を開くと、正面のガラスに、あられもない姿で千秋に抱かれる自分が映っていた。
「イヤぁぁ…」
思わず目を背ける。
「ダメ。ちゃんと見て」
耳元で囁かれ、顎を正面に向けられる。

真っ赤に充血した自分の中心が、千秋を求めて光っているのが見えた。


419 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:39:41 ID:Ibtg11CZ
9
潤みきったそこに手を這わせ、指でそっとなで上げる。
軽くしか触れていないのに、その刺激だけでまた蜜があふれ出す。
くちゅり、くちゅりとこねながら、中指をゆっくりと沈めていく。
同時に左手は、すっかり固くなった胸の先端を、執拗に攻め続ける。
その快感にのだめはのけ反り千秋に背を預けた。

「見て…指、入ってるよ…ほら…2本…3本…」
のだめの顔を正面に向けさせながら、ゆっくりと指を出し入れする。
目に入るのは、3本の指をくわえ込み光る自分。
「乳首も、こんなに固くなって…気持ちいい?」
羞恥心と快感で、言葉が出ない。
なおもあふれ出す蜜は、千秋の手をも光らせる。
「おいしい」
そっと指を抜き、蜜に塗れた指をぺろりと舐める。
「イヤ…あぁ…」

鏡越しに千秋の行為を確認すると、のだめは振り向いて千秋の唇を自分のそれで塞いだ。
一度舌を絡ませると、のだめはくるりと千秋の方に身体を向き変え、
唇を首筋から鎖骨、胸元へと這わせていく。

今度は私が悦ばせてあげる…


420 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:40:52 ID:Ibtg11CZ
10
胸板に舌を這わせながら、長い指で耳から首筋をそっとなでていく。
これが千秋の快感を誘うことをのだめは知っていた。
髪を梳きながら乳首をそっと舐めると、うっとりとしたため息が漏れた。
手を取り、その長い指を一本一本、愛おしさを込めて口に含む。

そして、屹立した千秋自身をゆっくり手に取ると、そっとその先端にくちづけた。

男は千秋しか知らない。
初めてこの行為をしたとき、千秋を悦ばせる、
ただそれだけを考えていたら身体は勝手に動いていた。
千秋は止めたけど、自分から彼自身を求めたのだ。

軽くくわえ、舌だけを割れた部分に動かす。
深くくわえ込み、ゆっくりと前後させる。
根元からそっと舐めあげると、快楽と苦痛に歪む顔が見えた。

その顔がもっと見たくて。
夢中で、鏡に映る自分の姿など気付かなかった。


421 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:41:52 ID:Ibtg11CZ
11
丸い尻を突き出し、はいつくばって千秋自身をくわえ込む姿が、そのままガラスに映る。
その割れ目には、キラキラと蜜が光っている。
快楽をこらえ、そこにそっと指を這わすと、思いがけぬ衝撃にのだめの舌の動きが止まった。

もう限界。

お互い顔を見合わせると、のだめは黙って千秋にまたがり、
ゆっくりと、感覚を確かめるように腰を落とす。
繋がった部分の熱さに酔いしれながら、唇を重ね、しばらくお互いの舌をむさぼる。
むさぼりながら、自然に腰が動いてしまう。
快感に唇を離し、千秋の首に回した手に力が入る。
腰に添えられた大きな手は、ともすれば逃げようとするその腰をしっかりと支え、
ゆっくりと、しかし力強く突き上げられる。
豊かな胸が密着し、突き上げに合わせて千秋の胸と重なり、擦れる。
触れ合う肌の心地よさと突き上げの快感で、声にならない声が漏れる。

しばらく、その行為に没頭していたのだめに、違う衝撃が走った。


422 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:42:53 ID:Ibtg11CZ
12
千秋は自身をのだめから一度抜くと、のだめを床に手を突かせ、
四つんばいになったのだめを後ろから攻める。
先ほどの、ゆっくりした動きとは違う、激しい動き。
さらに手を繋がった部分に這わせ、蜜で溢れかえるそこをこねまわすと、
締めつけはさらに強くなる。

「めぐみ。前、見てごらん」
快感に溺れ、うつろなまま顔をあげると、
そこに映るのは後ろから千秋に犯され、快感に顔を歪めた自分の姿。
思わず肘が崩れるが、そんなのだめを千秋はさらに攻め立てる。
繋がったままのだめを抱え起こし、結合部分が露になるように脚を開かせる。
「ちゃんと見て」
結合部にふたたび手を這わせ、敏感になりすぎた部分を、さらに攻めたてる。
「ほら、こんなに濡れて。溢れてくるよ。気持ちいい?」
のだめはだんだん白くなる意識に溺れながら無我夢中で首を振った。

乱れるのだめを鏡越しに見詰める千秋も、限界が近くなってくる。



423 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:44:06 ID:Ibtg11CZ
13
ふたたびのだめに手を突かせると、千秋は激しい前後運動を繰り返す。
きゅうきゅうと締めつけてくるのだめの腰を支え、一気に精を解き放った。

*****

「しんいちくんの鬼畜…」
「でも、気持ち良かったんだろ?」
シャワーで汗を流し、部屋に戻って大きなベッドにふたり、裸のまま身体を横たえる。
「鏡なんて…恥ずかしいじゃないですか…」
「でも濡れてたし。乱れてたし」
「言わないでください…」
そんな会話をしながらも、千秋はのだめの身体をまさぐりはじめる。
手は胸をゆっくりと這い、さらに下腹部へと伸びていく。
「ま、またですか…?」
「イヤ?」
耳を甘噛みされ、首筋にキスを落とされると、
さっきまでの激しい行為ですっかり敏感になった身体がふたたび反応し始める。
「や…やじゃないデスけど…」
「せっかくこんなところに来たんだから、存分に楽しまないとな…
だいたい、行くって言いだしたのはお前だし。イヤとは言わせないから…」



424 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 00:49:14 ID:Ibtg11CZ
382です。
予告より遅くなりました。
どこかで、鏡プレイの話が出ていたので挑戦してみたのですが
思ったよりエロくなんねぇ。

さらなる精進の上、この続きを書ければいいなぁと
ほんのり思います。
12巻読んだらまた萌えが補充されるかな。
うぅ。早く読みたい。

425 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 01:17:56 ID:RPUaH89O
GJ!言葉責め千秋…w

426 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 02:28:42 ID:8L5oQrc3
GJ!鏡プレイ希望したものです!
まさかリクエストに応えていただけるなんて感激です。
ごちそうさまでした〜。
続きもお待ちしています。

427 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/03(火) 03:08:55 ID:NIKCQiMR
大変素晴らしかったです!GJ!GJ!GJ!GJ!
鏡プレイ大変萌えました!
本当にお上手ですねー。
以前、アホカワイイのだめを書かれていた方でしょうか。
またの降臨ぜひぜひお待ちしています!

428 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/05/04(水) 12:17:59 ID:ak9K/Usa
さがりすぎなのであげ

429 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/04(水) 16:42:46 ID:30bxlBFG
遅れたましたが
鏡プレイSS、GJ!!

ネ申ですな。

430 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/05/04(水) 18:54:25 ID:rNEJTpRl
Sモード千秋プリーズです。

431 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/04(水) 18:55:28 ID:rNEJTpRl
揚げてもうた
さげついでに ↑羞恥系で^^;

432 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/06(金) 22:04:54 ID:MGIgtcXd
誰もいなーい・・・?

433 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/07(土) 01:05:14 ID:Dv+UNvp9
>>思ったよりエロくなんねぇ。
って、いやいや。メタメタエロいよ...? 鏡のまえでM字かいきゃく...? キャー
さらなる精進、て...。382タソ......おそろしい子.....!(ガラカメ風)
ごちそうさまでした!!

434 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/07(土) 22:57:14 ID:pzgZ2HsU
コスプレHでリク☆
のだめと千秋で。

435 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/07(土) 23:19:59 ID:Lr35byDi
どんなコスプレがいいの?


436 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/07(土) 23:23:07 ID:pzgZ2HsU
制服とか?エプロン?
ヨーコが送ってくるとか。

437 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 00:36:41 ID:B1UU7Kzu
エプロンつったら裸エプロンしかないな。
「ヨーコの新作デスよ♪しんいちくん、どうでスカ?」
「ぶほっ。お前なんてカッコ・・・」とかいいつつムラムラするティアキ。


438 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 00:54:31 ID:bpaDnlAm
裸エプロンなんてセンスのないもので
むらむらする千秋やだ。

439 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 00:57:55 ID:Ly+MI08J
ふつうにエプロン着ててもいいんじゃ?
なんせ、ムッツリだし・・・。

440 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 01:03:14 ID:bpaDnlAm
おやじすぎだろ。

441 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 01:07:27 ID:Ly+MI08J
てか、最近ここ活気無い。
カルメンさんや382さんのおかげで盛り上がったけど。
今は、土日なのに、人居ないし。

442 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 01:10:42 ID:bpaDnlAm
みなさん充電不足なんじゃないかな。

443 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 01:12:02 ID:Ly+MI08J
もうすぐだしね、本誌も。
展開次第ではここも盛り上がるかな・・・。

444 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 01:26:16 ID:bpaDnlAm
真のムッツリというのは
裸にエプロンなんていう
あからさまな「どう?むらむらするでしょ」っていうものには
引くものなんだよ。

ただのエプロンがいいんです。

445 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 01:28:03 ID:bpaDnlAm
あ。339タンがかいてましたね>普通にエプロン

446 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 01:33:19 ID:CQKOfCte
和服+割烹着でどうだ

447 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 01:39:26 ID:Ly+MI08J
良いねぇ。つかまえて蝶だい。

448 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 22:11:44 ID:lzYmDMcn
382です。
遅くなりましたが、感想ありがとうございます。
あと、427さん、このスレには初投下です。

千秋はややSでややヘタレ、というのが私の萌えポイントになっておるようです。
筆が遅いので次はいつになるかわかりませんが
12巻&KISS最新号でじゅうでーんができたら
また妄想をしてみたいと思います。
地方なのでどちらも読めるのは来週ですけどね…orz
早く読みたい。うぅ。

449 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 22:26:41 ID:0g0bOrCq
382さん!GJでした!
初めてとは思えないほどとてもよかったです!
どうかまたの投下お待ちしていますね!

あと……ネタバレスレでネタバレが投下されたようです。
祭りですよーーーー!!!
とくに扉絵で悶えそうです!
みなさん、ネタバレスレに今すぐ集合しる!!!

450 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/08(日) 23:05:28 ID:QdsgzNnl
ネタバレ探してくる。

451 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/05/09(月) 13:35:49 ID:Nr3egKrY
ネタバレが見つけられ〜ん(TT)
どこん??

452 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/09(月) 13:46:50 ID:QbKnqzS3
ここやで
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1114821846/l50

453 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/05/09(月) 14:49:15 ID:Nr3egKrY
感謝します〜〜。
これで楽しめる♪

454 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/05/09(月) 19:30:05 ID:q0luk0Mz
ネタバレを見たうえで首輪贈呈と初エチーのSSをキボン

455 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 20:49:48 ID:5TSNCAEp
何でこんな閑散としてるの・・・。
本誌発売直後でしょ?
充電中かな・・・。

456 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 20:52:31 ID:ijIMdqoN
誰かが書いてくれると思っている

457 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 21:14:54 ID:apOQ8hZu
あまりに本誌ののだめとSSののだめがかけ離れてるってか

458 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 21:18:43 ID:ijIMdqoN
うむ。
SSののだめは少女漫画の普通のヒロインと
大差ないからね。
でもそれでいいんじゃないかな。

のだめもベッドでは普通の女だろ!(願望)

459 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 21:27:53 ID:apOQ8hZu
>>458
だから今日はそのギャップで静かなんじゃないの?

460 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 21:35:12 ID:ijIMdqoN
そのギャップがいいと思うんだけど。

暴れ馬だが俺様がベッドで調教してヤル!

461 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 21:36:16 ID:ijIMdqoN
意味取り違い・・スマソ

462 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 21:39:18 ID:apOQ8hZu
そ、そうきたか・・・それもいいかも・・・

463 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 21:42:59 ID:ijIMdqoN
「よくも蹴ってくれたな」
「ご・・ごめんなさい。でも先輩が・・ん!」
「今度こそおまえの態度を改めさせてやる」

なんてね

464 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 21:46:36 ID:apOQ8hZu
いーねぇ!つづきつづき!!!

465 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 21:50:35 ID:ijIMdqoN
ごめ・・
この先は誰かかいてくれんかのお。



466 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 21:51:57 ID:apOQ8hZu
ネ申さま、おねがい・・・

467 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/05/10(火) 22:03:02 ID:xSFN5THD
あれだけ激しいバトルの後だとどうやってノエル過ごせばいいのか
千秋でなくても想像つかんくなるかも(^^;
千秋のような気分になってるSS書きさんが多数いるように思われ。

468 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 22:51:53 ID:apOQ8hZu
でも、涙目のだめが妙に可愛くて、そこからはじまってくんないかなー

469 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 22:56:58 ID:ijIMdqoN
ああいった闘いの後は
男は燃えるものですよ?といってみる。

つーか千秋よ、真の俺様なら
のだめの首を噛んででも屈服させろ

470 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/10(火) 23:01:35 ID:apOQ8hZu
それにしても、のだめに逆襲されるとは夢にも思わなかったんじゃ

471 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/05/12(木) 12:08:19 ID:7okXFZ5J
age

472 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/12(木) 20:28:29 ID:db9XvYS3
無性にカルメンがよみたか

473 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/12(木) 22:36:44 ID:hyWU/z47
いろいろ試した結果、
妄想するときはラフマニノフのピアコン2番をBGMにするのが
いちばんはかどる。


474 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/12(木) 22:51:37 ID:q7xcCaCv
じゃあ、その妄想を!
じゃんじゃんお願いしますよ〜!
受け止めます!

475 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/12(木) 23:28:01 ID:HPNKDvM7
私はラフ3の第2楽章がはかどったな。

476 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/12(木) 23:35:09 ID:vqWUC+x0
私はラヴェルにはまりちゅー

477 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/13(金) 22:57:37 ID:noAVX1AU
〜飛ばし過ぎー!!のLesson72 ノエルの夜、補完してみました  妄想につき *要注意* お願いします。


なんだかんだ言って 千秋のリクエストどおり、バッハを弾いている のだめ。
久しぶりに聴く、のだめのピアノに酔う、千秋。
曲も終わりに近づいて、千秋は、のだめに近寄っていく。
のだめはその気配を感じて、振り返る。
大好きな人にだけ見せる、鮮やかな花がパッと咲いたような、のだめの笑顔。
千秋は、思わず両手をのだめの方へと ーーーーー

『ピンポン!ピンポーン!』

誰だ、今頃・・。ムッシュ長田か? ワインの残り、返しに来たのか?


478 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/13(金) 23:01:07 ID:noAVX1AU

「のだめーー!!」と、ごきげんで のだめに飛びつく小さな客人。
「リュカ・・!?・・・と、くろ木くん!?」
「な、なんで黒木くん・・・」
「だって、やっぱり のだめとノエルしたいんだもん!!」
「ゴメン、恵ちゃん、千秋くん・・・。止めたんだけど、きかなくて・・・。」
青ざめた顔の黒木。

「これ、ノエルのごちそう、ママがのだめに、って! プレゼントもあるんだよ!」
リュカは、黒木に持たせていた大きくてかなり重たそうな包みを指さす。
「・・・って、このヒト、だれ?」
と千秋に向かって、おもいっきりメンチを切るリュカ。

「千秋真一くん。のだめのカレ デス(ハァト)」
「えぇーーー!!」(白目)
「先輩、ガコの友達のリュカ デス。のだめの先生。」
「あぁ。Bonsoir、リュカ。千秋です」
「muー・・・・・」
リュカは口をとがらせて、膨れっ面。


479 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/13(金) 23:03:51 ID:noAVX1AU

千秋は料理を受け取ると、エプロンをして、手早く温めなおし、美しく盛りつけている。
のだめは、小さい方のクリスマスツリーに飾りモールを巻き付ける。
リュカは大きなツリーに釘付け。
「すっごいデッカいツリーだね!てっぺんが曲がっちゃってる・・・。この星☆、いいなー。
 ・・・あ、コレもオーナメント?」
「どれ? 綺麗だね。ルビーのネックレス・・・?」
「アッ、・・・それは」
「くろ木くん、何デスか? それ ・・。・・・あ、もしかして、センパイ、のだめに!?」
「ち、ちがう!!」
「エー、だってこんなオーナメントなかったデスよー・・・ じゃあ、酒屋のデュランさん?」
「ちがうって!!!」
「ぷぷ・・・」黒木は吹き出した。
千秋は なべつかみをした手でネックレスをのだめの手からもぎとると、
赤い顔で即座にエプロンのポケットにしまってしまった。
「(汗)し、シャポン、できたぞ!! テーブルの用意できてんのか!?」
「できたよ、千秋くん。あとはキャンドル灯して。」
「ムー・・・・・・・」
のだめは口をとがらせて、膨れっ面。


480 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/13(金) 23:04:54 ID:noAVX1AU

その夜は遅くなったので 千秋がリュカの家に電話して、黒木とリュカは千秋の部屋に泊まることになった。
黒木は、ハードな馬役の疲れと酔いで、もうすでにダウン。リュカもさすがに眠そう。
隣室に帰ろうとするのだめを、千秋は玄関に送りに来た。

「今日は大変だったな、馬。 あと、K-1も・・・(恥)。ゆっくり休めよ」
「・・・せんぱい? 今日ののだめに何か忘れもの、してまセンか?」
話しながら、ふたりは千秋の部屋から廊下に出る。
「ん? チーズとニシンの酢漬け、旨かったろ?」
「そーじゃなくてぇーー、アレですヨー。ポッケの中のぉ」
「う・・・、アレは・・・・・。 おまえが試験にちゃんと合格したら、そのときやる。」
「エェーーー」
「じゃぁな、早く寝ろ!! 」
「チアキざまーー!!(涙)」
千秋は、ふわっと のだめの頭を抱き寄せて、囁きながら髪にキスをした。
「Joyeux Noe¨l ! 」
(・・・のだめ、放心)
「おやすみ」
真っ赤な顔の のだめを廊下に残し、千秋の部屋のドアが閉まった。


ー fin ー


<あとがき>
そしてのだめの試験合格後、やっとネックレス贈呈式、と。 でも、キスの後でさえ、
つきとばされたり 昇天してたり あへー だったり、どこまでいっても甘くなりきれない二人...。

私は、千秋にとって のだめがあまりに変態すぎて わからなすぎて いまだに抱けてない。に一票。
もうこの際だから、いっそのこと結婚まで貞操守ってあげたらどうでしょう>千秋。
妄想ごめんなさいでした。では神々、降臨お願いしますー

481 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/14(土) 02:55:10 ID:Jc4eQUS8
477サン!GJでした〜☆
千秋がちょぴっとヘタレで、またそこがありそうな展開。


482 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/14(土) 04:27:26 ID:UIjpI4iH
GJ!

試験、6日(雑誌)→6月(コミックス)になってたね。
結果はどうだったんだろう?と気になってたから誤植と分かり納得。


483 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/14(土) 14:31:19 ID:x2YYcotK
のだめはかわいい・・かわいいが・・・
足し算ができるスーパーワンコみたいなかんじでw
それでもって、手のかかるワンコなんだよ・・・

484 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/16(月) 17:36:31 ID:nEV3Rlnn
どっちかというと、理論よりも直感なので
競馬予想犬プリンちゃんでは?

ノエルGJ!
最近、のだめにはまって行く千秋がツボだー。
恋人同士になってものだめの言動にヤキモキする千秋が可愛い。



485 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/17(火) 02:44:27 ID:2SWjwZLV
初めてです。よろしくです

すっかりパリ暮らしに慣れた頃
俺たちは夕飯も済んでまったりとした時間を過ごしていた
「センパイ…」
恋愛ドラマに見入っていたはずののだめが潤んだ目でオレをみている
「のだめもそっちいっていいデスカ?」
のだめ…こいつ完全に今見たドラマに感染してやがる…
「ああ」
できるだけそっけなく答えてやった

……
「おっお前なにしてやがる!!」
のだめは俺のシャツの3つめのボタンをはずす行為に入るとこだった
「えーだってのだめもセンパイとフォーリンラブですぅ」
は、発情したのかー!!!
おれの声にならない声をよそにのだめはキスをしてきた。           つづく

486 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/17(火) 02:48:39 ID:iv0tGqEL
何かに下書きしてから投下するべし。

487 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/05/17(火) 02:56:59 ID:2SWjwZLV
しかしなんだこのキスは…

音楽もだけどこいつはいつもいつも自己中で やりたい放題だ
一方的なのだめからのキスの流れを止めおれはゆっくりと舌を絡ませた
「んんっ」
少しのだめが震えた

もっとおれを感じろ

そのまま長い間キスを続けた
「センパイ…キス上手デスネ…」
当たり前だばか(怒)

でも意外にも抑えがきかなくなったのはおれの方だった
のだめの胸をさわり服を脱がす…
……
「…俺の服は俺が脱ぐ(怒)」
またもやのだめが俺のズボンを下ろそうと鼻息が荒い所を寸止めた

つづく

488 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/05/17(火) 03:06:26 ID:2SWjwZLV
ゴメンナサイ…早まって投下しちゃった…スマソ

489 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/17(火) 03:56:49 ID:E2Dr4aLU
いえいえ!最近ここ寂しかったので、どんどん投下してくださいな!
あと、sageてくれるともっといいかもです!
続き楽しみにしています!
GJ!

490 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/17(火) 04:13:18 ID:iZZLzynj
此処まで読んだ

俺様用のだめカンタービレしおり

491 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/17(火) 06:12:41 ID:2SWjwZLV
ゆっくりとのだめの体をまさぐる
こいつがどこが気持ちいいのか何で感じるのか
おれには知る権利がある

首筋から背中へと愛撫をする
「セッセンパイ…くすぐったいデス…あっ」
「我慢しろ」
後ろから柔らかな胸を揉む
突起した所を可愛がると
のだめの小さく荒い息遣いが聞こえてきた

「シ、シンイチく…ん」
前を向いていたはずののだめがおれを振り返った

「のだめもセンパイに…気持ちよくなってほしいデス…」
いやな予感…
「ま、まて!のだ」

おれの声も虚しく既にのだめがおれのモノをくわえていた
つづく

492 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/05/17(火) 06:22:55 ID:2SWjwZLV
こいつはこいつなりに
頑張ってるんだな…

……
ま、まて…
なん、か…
うっ…

うまくねーか??
や、や
やべぇ…
これは…

ここでイったりなんかしたら俺の輝かしい歴史に泥を塗る…そしてのだめに永遠に笑われてしまう(気がする)          「センパイあのとき…ぷぷっ」←千秋の妄想
            ありえねー!!!!!(絶叫)
獲物を前に息が荒いライオンをまたしても
寸止め。        「セ、センパイ…?」
俺はもう止められない勢いにまかせてのだめを押し倒した
つづく

493 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/05/17(火) 06:38:42 ID:2SWjwZLV
その後のおれはのだめに負けないくらい
やりたい放題だった…のであまり思いだしたくもない(ので省略)
…その際のだめサイドでは
必死で欲望を満たそうとしている千秋に
(またデスカ…カズオ…)
とかなり萎えていたのだめがいたりした…     
ぐったり眠っているのだめを横で
手でのだめの髪を優しくかきあげる千秋がいた
「悪かったな」
久々なもんでペースがつかめなかったんだ←言い訳

ふとベランダに目をやると大量の洗濯物が…
忘れてた…

…その後洗濯物に明け暮れた千秋がいたとさ♪                           おわり
すんませんこんなんで
でもかなりスッキリ

494 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/17(火) 12:09:05 ID:MHHB4L1y
あっさりテイストですね。作者は男性かな?

495 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/17(火) 12:24:12 ID:2SWjwZLV
すいませーん 女です…ラストなぁなぁになっちゃってゴメンナサイ でも気に入ってます

496 名前:名無しさん@ピンキー[]:2005/05/17(火) 13:25:57 ID:6ZedBK67
ここ、21禁だと知ってる?
文章が幼すぎて中学生としか思えない。

497 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/17(火) 20:15:06 ID:+p2LFnRm
>496

そう思うんなら、さげましょうよ。

498 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/17(火) 20:39:05 ID:p0DgoULc
>259
取りあえず、これを読んでみようか。

499 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/17(火) 21:12:17 ID:8FVbkLyd
SS一本製作中です。
ROMオンリーでやって来たんでいまいち勝手がわからないorz
のでもうちょっと時間かかりますが。
 ちなみに 千秋×のだめ です。 エロ不足するかもしれません。


500 名前:名無しさん@ピンキー[sage]:2005/05/18(水) 00:14:03 ID:9dfRVtFT
エロだけがすべてじゃない。
個人的には萌えがあれば全然・・・w


戻る 1- 前100 次100 最新50 動画 アダルト動画 ライブチャット